disaster.gif

2009年09月26日

心結ちゃん抜糸終了

隻眼の猫心結ちゃん、抜糸が無事終了しました!
明日の里親会の前に病院にお迎えに行きます。
そしていよいよ里親会デビューですぴかぴか(新しい)

まだちょっと小さめですし、退院直後ですからちょっと控え目に出すと思います。みなさま、心結ちゃんに是非会いに来てください。

心結ちゃんのブログにもう少し詳しいことを書いておきます。

【心結ちゃんのブログ】
http://one-eyed-cat.jugem.jp/


あっ、そうそう、ヒマワリも里親会デビューですかわいい


ランキング参加中!クリックご協力お願いします。
にほんブログ・ 犬ブログ 犬 ボランティアへにほんブログ・ 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ


ニックネーム Chirota at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 保護日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月25日

お悔やみ

友人宅でミルク飲みの頃に保護された「みかんちゃん」が、24日の早朝亡くなりました。

みかんちゃんは猫伝染性腹膜炎(FIP)の診断を受け、月齢4ヶ月の頃から闘病生活を送っていましたが、もう少しで1歳のお誕生日を揃えるという矢先、旅立っていったそうです。

FIPの治療は非常に困難で、里親会でもチラシを掲示したり募金箱を設置していたこともあるので、ご来場下さった方で気にしてくださっていた方もいらっしゃるかと思いますので、ここにご報告させていただきます。

ワクチンもなく有効な治療方法もないこのFIP。本当に憎い病です。もし猫の飼い主さまでこの病気をご存じない方には、どんな病気なのかを是非知って欲しいと思います。

>FIPに関するサイト

短くはありましたが、友人に愛情いっぱい育ててもらい、みかんちゃんは幸せな生涯だったと思います。小さい体で難病と闘い、その命を懸命に生き抜いたみかんちゃんのご冥福を心からお祈りいたします。

そして、最後までみかんちゃんの回復を信じ、沢山の愛情を持ってみかんちゃんを支え続けた友人にも、「ありがとう」という言葉を伝えたいです。

友人から送られてきたみかんちゃんの写真をここに掲載したいと思います。

Image0801.jpg

Image0861.jpg

Image2190.jpg

Image5021.jpg

Image5811.jpg



みかんちゃん、生まれて来てくれてありがとう。
また会おうね…。
Image1530.jpg


みかんちゃんへのカンパを下さった方々をはじめ、応援して下さった皆様、本当にありがとうございました。保護主様に代わりまして、心よりお礼申し上げます。


ランキング参加中!クリックご協力お願いします。
にほんブログ・ 犬ブログ 犬 ボランティアへにほんブログ・ 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ


ニックネーム Chirota at 13:20| Comment(2) | TrackBack(0) | 保護日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月24日

心結ちゃん報告&うちの子報告

心結ちゃんへのカンパをくださった皆様、本当にありがとうございました。入金確認に行き、皆様から頂いたご支援のご報告を、心結ちゃんのブログのほうにアップしました。よかったらご確認下さい。

あ、昨日撮った心結ちゃんの動画もアップしました!
心結ちゃんの動いている姿を是非ご覧下さい。

【心結ちゃんのブログ】
http://one-eyed-cat.jugem.jp/


★★★★★★★★★★

なかなかうちの子を報告できないので、今日はうちの子の写真を載せます。

エイミーとメグがトライアルに出てしまい、残ったジョーは、今まで2匹よりは控えめであまり鳴かない子だったのに、急に一人にされたせいか、悲しそうな声で鳴き続けています。

私が様子を見に行くともうスリスリゴロゴロ攻撃。どうしてほしいのか、抱っこしてもなでても満足しない。ずっと落ち着かなくてゴロゴロスリスリ手はモミモミ。しばらくしたら慣れると思ったのに、何日経っても一向に鳴きやみません。

うちの子と引き戸越しに対面させたら遊びたくてしょうがない様子。これじゃ、先住猫がいるおうちか、留守が少なくてずっと一緒にいてもらえるようなおうちじゃないと難しいかも…。困ったなぁ。実は今も鳴いてる…たらーっ(汗)


とっても美人さんですぴかぴか(新しい)
DSC_0131ms.jpg


ヒマワリも2ヶ月が過ぎ、ワクチンを打ちました。そろそろ里親会デビューでしょうか。大きい子がなかなか決まらない今、出すのもちょっと気が引けるのですが…。

DSC_0132s.JPG


ヒマワリ、顔も体型も可愛いくせに、結構やんちゃです。ケージの中のものを出し入れする隙にあっという間に飛び出します。しかもそれがものすごく速い。けっこう勝気かもしれません。

引き戸越しにシューちゃんとやりあってますあせあせ(飛び散る汗)
DSC_0140m.JPG


ヒマワリのワクチンを打ちに病院に行ったら、私も授乳を手伝った諭吉くんと小町ちゃん改めアラシ君とサクラちゃんと偶然逢いましたグッド(上向き矢印) 今週末手術だそう。

こんなにチビだった子たちが、
DSC_0601ss.jpg


こんなに大きくなりましたぴかぴか(新しい)
090924_1826.jpg
090924_1828.jpg


スタッフのAさんとOさんによろしくお伝え下さいと言われました。とってもいいご家族でした。ヒマワリも抱っこしてもらっちゃったるんるん

シューちゃんはもう5ヶ月くらいになるので、FeLVを再検査し、(-)だったので白血病ワクチンを打ちました。

ふーちゃんと一緒のことが多いですが、
DSC_1395.JPG


モカとも同じ姿勢を取っている姿も頻繁に見られるように。
DSC_1472.JPG
DSC_1471.JPG


現在体重2.8kg。だいぶ大きくなりました。骨格が大きい感じなので、おとなになったらちょっと大きめのニャンコになるかも。

DSC_1474.JPG


成長とともに、以前旦那さんのほうにも愛想振りまいてたのが、やっぱりモカやふーちゃんと同じく私のほうばかり来るようになってしまいましたあせあせ(飛び散る汗) 旦那さんが帰って来ても出迎えもしない。私が不在で帰宅すると、玄関が「カチャ」というだけで3匹とも飛んで玄関に行くそうです。可愛いなぁ顔(メロメロ)

みんな素敵な里親さんを待っています。よろしくお願いします。まぁ、焦ってないので気長にいい人を探しまするんるん

DSC_1473 - コピー.JPG


でも、里親会はほんとここ最近譲渡数が少ないです。里親会のこと自体ご存じない方も多いようです。どうしたらもっと多くの人に里親会を知ってもらえるんでしょう?なかなか決まらないのに参加希望者は続々と来るし…預かり先を探さないといけない子も沢山います。

特に離乳前の仔猫を預かって下さる方急募です!現在続々とチビ猫の情報が入りつつあります。離乳前だとどうしても日中在宅の方しかお願いできないので、預かり先を探すのも非常に困難です。

離乳が済んだ頃からなら預かれるという方はいても、それまでの預かりができる人は非常に少ない。もし日中在宅で「やってもいい」という方がいらっしゃいましたらご連絡をお待ちしていますかわいい


ランキング参加中!クリックご協力お願いします。
にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへにほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ



ニックネーム Chirota at 23:59| Comment(5) | TrackBack(0) | 保護日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月19日

片目のキジトラちゃんの件

ご報告が遅くなり申し訳ありませんでした。

9/14の記事に緊急案件として書いた、片目眼球突出のキジトラの仔猫の件ですが、ありがたいことに2組の方から一時預かりの申し出をいただき、そのうちの1組の方に、この子をお願いすることになりました。

預かり先が確保できたので、直ちに保護主様宅へ行き、仔猫を引き取って病院に連れて行ったところ、早急に手術したほうがいいということだったので、あまりに体重が少なくて心配ではあったのですが、先生の判断に従い、手術を行っていただきました。

手術前の様子。かなり突出がひどくなっています。
before.jpg


それまで元気もなくなり、辛そうだったニャンコですが、手術した翌日はすっかり元気になり、スリスリゴロゴロ、「出せー」「遊んでー」と表情も明るくなっていました。無事手術を乗り越えられて良かったです。

DSC_1496.JPG


抜糸までは入院となり、その後預かり様のお宅にお届けする予定となっています。もうだいぶ涼しくなってきたから、化膿する心配も少ないかな。

あの緊急案件の記事の時に使った写真を撮ってくれたスタッフさんが、この子に名前をつけてくれました。

心結(みゆう)」ちゃんですぴかぴか(新しい)

みんなの「助けたい」という心が結んだ命、という意味だそう。素敵な名前をありがとう四葉

この子の里親募集はおそらく健常な猫に比べて困難なことが予想されたので、この子の専用のブログを立ち上げました。

One-Eyed Cat 〜隻眼の猫「心結(みゆう)」の里親探し〜

この子の保護日記などはこちらに付けていこうと思います。心結ちゃんのブログのほうも宜しくお願い致しますかわいい

と同時に、手術費用などの医療費のカンパを募集したいと思います。詳しくはこの心結ちゃんのブログ内のカンパに関する記事をご覧下さい。

皆様のおかげで処分という危機からなんとか脱することができました。本当にありがとうございますぴかぴか(新しい)


★★★★★

話は変わって、白血病キャリアく〜ちゃんの預かりをしてくださっているchoiwaru101さん、今大変なことになっているようです。

マイホームを建てられ、やっと引っ越しが終わって、後は研究室にいる保護犬猫を連れてきたらようやくひと段落、という状況だったところ、なんとへその緒つきミルク飲み猫を4匹世話する羽目になったとかあせあせ(飛び散る汗)

何回か電話がかかってきて、そうとうお困りのようでした。どうもチビたちがミルクを飲んでくれないとかたらーっ(汗)

そんなチビ4匹、専業主婦だって大変なのに、仕事を持つ授乳ほぼ未経験の独身男性。しかも今引っ越し後でバタバタしてただでさえブログの更新もままならない状態だったところに…とどめを刺すかのようなこの出来事。

埼玉のお知り合いの方が引き継いでくれるそうなのですが、いつから引き渡せるのかまだ未定だそう。仕事ある人が3時間おきのミルクはそーとーキツイぞあせあせ(飛び散る汗)

誰か、大田原市近郊にお住まいの方、choiwaruさんを助けてあげて下さいexclamation×2 choiwaruさん、行ってあげられなくてごめ〜んふらふら


ランキング参加中!クリックご協力お願いします。
にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへにほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ


ニックネーム Chirota at 02:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 保護日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月15日

無くならない捨て猫という犯罪

日曜日、また捨て猫がありましたむかっ(怒り)

生後1ヶ月半くらいの5匹の仔猫たち…。

目ヤニがひどく、中にはぐったりしている子も。
すぐ病院に連れて行き、目薬を貰ってきました。
ウェットフードは食べられていたので、ミルク飲みよりを置いていかれるよりはマシですが、それでも遺棄は遺棄。犯罪です。

といっても、捨て犬・捨て猫は犯罪であるということを知っている人は正直少ないのが現実です。だって、犯罪者を取り締まる警察官ですら、知らないんですよ。意味ないじゃん。仮に遺棄現場を見たという場合だって、警察に通報する人なんてほとんどいないのでは?

環境省ポスター.jpg

↑環境省のHPから、PDFファイルがダウンロードできます。


おそらく、このブログをご覧になっている方々は当たり前のように知っていることだと思います。犯罪を繰り返すのは、逆にこういうサイトを見ない人。こういう人たちに、どうすれば遺棄をやめさせることができるんでしょう?

捨てられてた5匹のチビ猫たちは、里親会が終わった後一時預かり先探しをしまくりました。なかなかいい返事が貰えずあたりは暗くなり…そしてなんとか預かりを引き受けてくださる方が見つかりました猫(泣)

急なお話にも関わらず、当日から預かりを引き受けて下さり、急いでその方のお宅へ。嬉しいことに私の自宅の近くの方でした。うちの会の里親様だったのですが、私が担当してなかったので、こんなに頻繁に近くを通っていたところに里親様がいらっしゃるのは知りませんでした。

チビ猫たちのために、お嬢さんのお部屋を提供して下さることになりました。そこにケージを設置し、やっと晩ご飯。

5匹並んでかわいいですハートたち(複数ハート)
預かりさんご一家も次々に写真撮ってましたカメラ
090913_2224~0001.jpg


薄暗い所でしかもよく動くチビたちを撮ったので、あまり画像が良くありませんが…1匹ずつの写真を。

女の子組黒ハート
DSC_1457m.jpg
DSC_1464m.jpg

男の子組黒ハート
DSC_1456m.jpg
DSC_1458m.jpg
DSC_1461m.jpg


みんな目がぐしゅぐしゅですが、これでも昼間よりだいぶきれいになったんです。目ヤニで眼がくっついて開かない状態でしたから。

昼間元気がない子もいたようですが、夜はちゃんと元気に動いてました。その後の話でも、5匹みんな元気にしているそうです。

預かりのK様、どうぞよろしくお願い致します。

猫が飽和状態の現在、新規で仔猫が入るのは非常に気を使います。せっかく健康に育っているのに、後から入った子のために、前からいる子が感染症を移されてしまうと困るからです。なので、うちの会では基本案件ごとに隔離。健康チェックし最終的に一緒にしても大丈夫、という状態にならない限りは隔離します。

私も、ワクチン未接種のチビ猫ひまわりがいますから、この5匹を触ることすら控えてました。だから、一時預かりをお願いする際も、ワクチンを打っていないような飼い猫がいらっしゃる所は絶対不可です。お願いする以上、そのおうちの猫も守らなければいけません。

うちの会では、基本的に会での引き取りは行っていません。でもこういうことがあるから、どうしても一時預かり先は必要なんです。引き取りを簡単に考えていらっしゃる方がいらっしゃったら、その考えは改めてください。

昨日の記事の片目のキジトラちゃん、緊急里親&一時預かり先募集継続中です!その記事は自由に転載可ですので、もしお力をお貸しくださる方がいらっしゃいましたら、宜しくお願い致します四葉


ランキング参加中!クリックご協力お願いします。
にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへにほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ


ニックネーム Chirota at 19:46| Comment(2) | TrackBack(0) | 保護日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月27日

ウチの預かりっ子たち

またシュガーとの共同生活が始まりました。ちょっとお兄ちゃんになったシューちゃん。でも甘ったれは健在です。

DSC_1263m.JPG

シューちゃんが帰って来て、最初はにおいをかぎまくっていたモカとふーちゃんでしたが、覚えのあるにおいだったのか、一通り嗅いだ後は何事もなかったかのようにシューちゃんを受け入れてました。そしてシューちゃんとふーちゃんは早速プロレスごっこ。

やっぱり仲良しです。またしても同じ格好。
090823_2012~02.jpg


3人で猫草を食んでいます。
DSC_1254 - コピー.JPG


「これボクの」
DSC_1251 - コピー.JPG

奔放なシューちゃんです。


ヒマワリが自力で排泄ができるようになり、ウェットフードも食べれるようになりました。隔離する場所がないので、布製サークルがヒマワリのお城になりました。これだと手を突っ込まれないのでいい感じです。

DSC_1256 - コピー.JPG


白姉妹は先日の里親会でデビューしましたが、40匹も参加しているので、なかなかすぐには決まらなさそうです。

先週末は「オイデちゃん」の預かりさんが不在になってしまうため、「オイデちゃん」を2日間ウチで預かりました。

DSC_1106 - コピー.JPG


うちはワンコを置いておけるような環境ではないですし、ワンコ飼育経験もないので、週末の預かり先を考えたのですが、時間でいえば1日半程度のことですし、仔犬と違ってそれほど手がかからないので、昼間は木陰に係留し、夜はバリケンと大きめのケージをドッキングさせ、そこに入れておくことに。オイデちゃん、居心地悪くてゴメンネあせあせ(飛び散る汗)


モカちんがかなり怒ってましたあせあせ(飛び散る汗)
メチャメチャ太い声を出して威嚇するモカちん。
DSC_1142m.JPG

オイデちゃんは最初モカと遊びたい様子だったのですが、威嚇されてちょっとビビってました。

散歩はうちの旦那さんも付き合ってくれました(というか行きたがった?)

近くの恐竜公園へ。
DSC_1131.JPG


ティラノサウルスにビビるオイデちゃん。
DSC_1132m.JPG


なーんだ、怖くないじゃん、コイツ。
DSC_1133m.JPG


預かりさんも絶賛するほど、オイデちゃんはいい子です。8/13のコメント読んでくださいね。

オイデちゃんはいろんな場所を転々としてジプシー状態です。早く落ち着いた生活を送らせてあげたいです。

かわいいわたしを家族にしてねかわいい
DSC_1122 - コピー.JPG


ランキング参加中!クリックご協力お願いします。
にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへにほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ

ニックネーム Chirota at 22:27| Comment(2) | TrackBack(0) | 保護日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月26日

一重二重お届け

7/25、母と一緒にチビ牡丹の最後の2匹、一重ちゃんと二重ちゃんをお届けに行ってきました。

7/1の記事に書いたとおり、旦那様は私の大学時代のサークルの先輩、奥様は私が参加していた市民オケの仲間でした。

新築のマイホームはうちの実家から歩いても行けそうなくらいの近さ。運動のためによく歩いて行動する母ですから、近くを歩いてると窓越しに2匹の姿を見ることができるかもしれませんね。

DSC_0736ms.JPG

牡丹を含め5匹いた実家はみんな巣立っていき、またしばらく静かになります。

牡丹ちゃん→小梅ちゃん
八重ちゃん→さくらちゃん
三重ちゃん→リンちゃん
一重ちゃん→ココちゃん
二重ちゃん→ネネちゃん

みんな幸せになってね四葉

シュガー用の首輪を作りました。市販のは仔猫には大きすぎるので。ネットでは仔猫用のいいの売ってますよね。それを参考に。

DSC_0744s.JPG

材料は100円ショップ品(テープは1mで100円、ボタンは10個で100円)、真ん中は連絡先の書いてあるテプラの布シールです。

DSC_0738s.JPG

シュガー、市販のつけた時はごつすぎてうっとうしかったみたいですが、今回は特に嫌がったりしませんでした。

うちの旦那さんはシュガーが可愛くてしょうがないみたい。ふーちゃんの時と反応が違うたらーっ(汗) まぁ、それだけシュガーは愛想がよくてかわいい性格なんですよグッド(上向き矢印) 旦那さんは先週、シュガーのことが気になって里親会に様子を見に来たくらいです。決まらず連れて帰ったら喜んでました。ダメだよ、シュガーは預かりっ子なんだからね。

DSC_0532s.JPG

ということで、本日も里親会です。宜しくお願いします。

ランキング参加中!クリックご協力お願いします。
にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへにほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ


ニックネーム Chirota at 05:33| Comment(2) | TrackBack(0) | 保護日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月01日

牡丹ちゃん八重ちゃんお届け

猫の毛色と性格の関係についての記事が出てましたね。「ねこのきもち」で調査したようですが、うちのモカはどの毛色に入るのかな??

http://life-cdn.oricon.co.jp/news/67338.html

茶トラ→活発で甘えん坊、明るい性格
黒白→人懐っこくて大人しく温和

ってのは分かる気がする〜。里親会に来てる子を見るとそんな傾向があります。

ん、でもふーちゃんは黒白。大人しく温和…??
まぁ、毛色以外の要素もあるでしょうからねあせあせ(飛び散る汗)

さて、なかなかブログ更新しなくてごめんなさい。この間の里親会にはブログを読んでるという方が募金をしに来てくださったようです。ご挨拶できずすみませんでしたあせあせ(飛び散る汗) ありがとうございます。

土曜日は牡丹ちゃん&八重ちゃんのお届けに那須塩原まで行ってきました。親子で迎えてくださるという、猫飼育初心者の里親様です。

移動のため、牡丹ちゃんと八重ちゃんをキャリーに入れたら、残る3匹がわらわらと寄って来て離れません。姉が「もうママとバイバイだよ、もう会えないよ」と言うので、最後のお別れにとキャリーをあけると、みんな中に入ってしまいました。みんなママのそばにいたいんだよね…。ごめんね。でも、八重ちゃんはずっとママといっしょです。牡丹ちゃん、八重ちゃん、良かったね。

090627_1142~0001.jpg

里親様は事前にこちらから説明しておいたものをきちんと揃えて準備してくださっていました。

20090627-1.JPG

成猫の牡丹ちゃん、新しいおうちに慣れるまではケージから始めてもらうようお願いしました。牡丹ちゃんは早速ケージの2階でくつろいでました。でも早々にお子さんのお膝で丸くなっていたので、すぐ慣れるでしょうねグッド(上向き矢印)

牡丹ちゃん、一緒に連れて行ったうちのミルク飲みの子に最後の母乳をあげてくれました。自分の子じゃないのに面倒を見てくれた優しいお母さんです。

20090627-2.JPG

牡丹ちゃんは「小梅」ちゃん、八重ちゃんは「さくら」ちゃんになりました。幸せになってね四葉

20090627-3.JPG


残った3姉妹、その日の夜は鳴いていたそうです。初めてのママのいない夜です。でも姉妹でいるからまだマシですね。

翌日の里親会で一重ちゃん、二重ちゃんも里親が決まりました!実は私の大学時代の先輩ご夫婦です。私がこういうことしているとは知らずに里親会に来てくださったんですけどね。

一重ちゃんは旦那さま担当
20090614-hitoe.JPG

二重ちゃんは奥さま担当
20090614-futae.JPG

マイホームを建てられて、お引っ越ししてからお引き渡しです。しかも牡丹たちを保護してもらっていたうちの実家からは歩いても行けそうなくらいのご近所。嬉しい限りです。

2匹のこと、宜しくお願いしますかわいい

三重ちゃんだけ残っちゃった。賢くてお姉さん肌の三重ちゃん。宜しくお願いしますぴかぴか(新しい)

20090614-mie.JPG


うちの白姉妹も順調に育ってますグッド(上向き矢印)
DSC_0439ss.JPG


ランキング参加中!クリックご協力お願いします。
にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへにほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ


ニックネーム Chirota at 23:15| Comment(2) | TrackBack(0) | 保護日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月22日

ごめんね

前回の記事からだいぶ経ってしまいました。

あのあといろんなことがあり、ブログに書きたいことは山ほどあるのに書く余裕がありませんでした。短くてもいいからメモ程度でもいいから書けばいいのにね。一度書き始めると欲張って沢山書いてしまうのがいけないんですよね。

前回の記事に書いた5匹のミルク飲み猫。みなさんは私はこの子たちのお世話で大変なんだろうなぁと思ってるかもしれませんね。

でもいろいろ状況が変わって、今私は別の子を保護しています。

5匹組のうち2匹を預かってくださる予定になっていた方に、クリちゃんモモちゃんをお願いし、うちの預かりは3匹になり、大きくなってきたし、ミルクの間隔も長くしてちょっと楽になるなーと思っていたら…

6/8の朝、へその緒が付いている状態の仔猫が4匹捨てられているという情報が。

その子たちはスーパーの駐車場に段ボールに入った状態で捨てられていました。従業員さんがなんとか面倒を見ていてくださったようなのですが、こちらで引き取ることに。すぐに保温してミルクを飲ませました。

DSC_0379s.JPG

うちには既に3匹のミルク飲み猫。この子たちも面倒を見たら7匹になってしまいます。しかも前の子たちよりお世話の大変な大きさです。さすがにムリ、と思い、3匹はなんとか別の方に預かってもらうことになり、うちでその目の開いてない4匹を預かることになりました。

白い4匹姉妹です。一番小さい子は80gでした。大きい子でも110gしかありません。そのうち1匹が最初から飲みが悪く、皮膚には細菌感染のできものができてたり、風邪の症状も一番ひどかったのですが、小さすぎて使える薬も少なく、病院で点眼薬と免疫力を高めるサプリをいただいて、あとは頑張ってミルクを飲ませて抵抗力をつけるしかない状態でした。

DSC_0383s.JPG

80gの小さな体。飲みが悪いため成長も遅く、なかなか体重も増えてくれませんでした。まだ開いてない目から目ヤニがしみ出していて、拭いてあげたらようやく目が開いて…でもそこから膿のように眼ヤニがあふれてきました。開いた目の中に白い塊があって、「なんだこれ!?」と驚いてしまいました。取ってみると目ヤニが中で大きな固まりになっていました。

その後、点眼薬のおかげで目は良くなっていましたがくしゃみが一向に治らず…でも少しずつでも飲んでくれていたので、大きくなれば体力もついて良くなっていくだろうと思っていました。

19日(金)の夜あたりから、鼻から呼吸がしづらいようで、口で息をしていました。飲む力も弱くなってきて、自分からあまり吸ってくれなくなりました。自力で飲めない場合は食道までチューブを通してシリンジでゆっくりあげるようにと、それも頂いてきていたので、飲めなくなってきたらそうするしかないなと思っていました。

それでも何とか少しずつでも吸おうとしていたので、ゆっくり時間をかけてミルクをあげていました。翌日病院に連れて行くと鼻気管炎ということでインターフェロンを打ってもらいました。その後は吸う気力もなくなってきてしまったので、チューブを使ってミルクをあげました。

090620_2311~0001.jpg

6月21日の早朝、ちょっと症状が落ち着いたかな、と思って2時間ほど仮眠を取り、いやな感じがしながらも起きてキャリーを覗いてみたら…その子は姉妹2匹の間で旅立ってしまっていました。発見したときはまだ体にぬくもりがありました。最期を看取ってあげることができませんでした。寝るんじゃなかったと後悔しました…。

小さな小さな体で、頑張っていましたが、とうとう力尽きてしまいました。生を受けてわずか2週間ほどの短い命でした…。

今までも何度も経験していることですが、実家の協力なしで自分で保護して亡くした子は初めてでした。母にも「保護するってことは、こういうことも覚悟してやらなきゃダメなんだよね…。」と言われました。

仔猫はほんとに弱いです。いくら頑張っても助けられない…その度に自分の無力さを感じます。どうしてあげたら助かったのか、それを考えてしまいます。インターフェロンもあまり小さい子にはなるべくやらないほうがいいということでしたから打ったことが逆効果だったのか、飲みたがってないのにミルクをあげすぎたのか、誤嚥には気をつけていたつもりだったけどうまく飲めてなかったのか、保温が足りなかったのか…。

そして、なぜこんなに小さい子を捨てるんだという、捨てた犯人に対してとても憤りを感じます。もともと飲みが弱い子だったので、初乳もまともに飲めていなかったかもしれません。捨てた人は目の開いてない仔猫の面倒をみるのがいかに大変か、そしてこうやって助けられなかった時のこちらの心の傷みなど、考えてもいないんでしょうね。

この子にはまだちゃんと名前を付けていませんでした。でも考えていた名前があります。なのでちゃんとつけてあげることにしました。

4姉妹なので、若草物語の4姉妹から名前をとりました。「メグ(マーガレット)、ジョー(ジョゼフィーン)、ベス(エリザベス)、エイミー」です。

亡くなった子はベス。真っ白4姉妹でしたが、この子だけ耳や鼻の先が黒くなり出していたので、成長したらシャム系の色になったと思います。成長した姿を見たかったです…。大きくしてあげられなくてごめんなさい…。ベスのまともな写真を撮ってあげられず、いい写真がありません。ちょっと垂れ目でぱっちりしてるけどいつもうるんだ目をして、すごく可愛い子でした。

090620_1756~0001.jpg

実は他の子も下痢がひどくここのところ調子が悪かったのですが、一番症状が悪かったエイミーも今日ようやく自分で吸う力が戻り、一安心になりました。小さいのでまだまだ油断できませんけれど。この子たちは絶対無事に成長させて、いい里親さんのところに送り出します!

この子はいちばん体も大きくて活発な「メグ」
ベスの分まで幸せになろうね
DSC_0435s.JPG


他にもご報告はいろいろあるのですが、今日はこれだけにしておきます。メールを下さっている方でお返事がまだできていない方、ごめんなさい。

ランキング参加中!クリックご協力お願いします。
にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへにほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
追記-ベスの亡くなったあと(記録として書いておきます)
ニックネーム Chirota at 21:27| Comment(3) | TrackBack(0) | 保護日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月03日

ミルク飲み育児日記

更新が滞ってます。申し訳ありません。

下この子たちのお世話でいっぱいいっぱいなのであせあせ(飛び散る汗)
DSC_0984s.JPG


うちの会で預かり協力をしてくださっている方が、ワンコの散歩中に9匹の仔猫を保護しました。ミルク飲み9匹顔(なに〜) さすがに全部見られないだろうと思い、いつも協力してくださっている方ですから、私もできる協力をしたいと思い、とりあえず預かり猫1匹(メイちゃん)はいましたがその子はそれほど手がかからないので何匹か引き受けることに。

前回の里親会に全員連れて来てくださったのですが、1匹ずつ確認をしたら大きい組4匹と小さい組5匹で分けたほうがよさそうだったので、小さいほうの5匹をとりあえず引き取り、さらにそれを2匹と3匹に分けてもう1組預かり先を探すことにしました。

もう1組の預かり先はなんとか見つかったのですが、その方が受け入れオーケーなのは来週から。なので、その間別の人を探そうかなと思ったのですが、探す手間より自分で面倒見ちゃったほうが楽!と思って、そのまま5匹面倒見てます。でも、今週末は友人の結婚式で名古屋へ…ニャンコはその間別の方に預かってもらう必要があります。今のところスタッフの方が私のいない2日間面倒見るとおっしゃってくださっているのですが…5匹お願いするのも申し訳ないし…。メイちゃんはうちの旦那さんが見てくれるそうです。最初は「ちび(メイちゃんのこと)の面倒見れないからね!」と言ってたのですが…まぁあの子はご飯もトイレも大丈夫なのでやり方さえ教えればできるでしょう。

やっぱ、ミルクやり出来る人開拓しておかなきゃダメですねぇ。もし、「そういうときやってもいいよ!」という方いらっしゃいましたら、ご連絡いただけませんか?(実は他にも相談案件はいっぱいあるんですたらーっ(汗))

5匹のうちの1匹は超未熟児、というかんじで、大きい組は確か200g超えてたのに、その子は90gしかなかったそうです。なんとか無事に育ってくれればいいのですが…。

5匹いるので、5匹セットの名前がいいなと思っていろいろ考えましたが、中国の五行説の中の「五果(くだもの)」の名前が可愛いなと思って、それに決めました。

五果というのはこれ下
p_goka.jpg

ポッキーのことじゃないですよ。そこに書いてある5つの漢字です。栗・桃・李・棗・杏をまとめて五果といいます。

ではでは、1匹ずつごしょうか〜いるんるん

猫栗(くり) →黒っぽいキジトラで鼻に点がある男の子
DSC_0972s.JPG

猫桃(もも) →黒っぽいキジトラで鼻がピンクの女の子
DSC_0956s.JPG

猫李(すもも) →黒っぽいキジトラで鼻が黒い女の子
DSC_0962s.JPG

猫棗(なつめ) →黄土色のトラの男の子
DSC_0970s.JPG

猫杏(あんず) →三毛のトラの女の子
DSC_0976s.JPG


このあんずちゃんが未熟児です。あ、未熟児って言い方良くないか。人間で言うと低体重児ってことなのかな。生まれた時から小さかったのか、生まれた後母乳争奪戦で勝てずうまく吸えてなかったのか…。

とにかく、頑張ります!

メールの返信などが滞っていてすみません。緊急案件以外はすぐにお返事しないかもしれませんので、大変申し訳ありませんがご了承ください。

他にも書きたいこと盛りだくさんなんですけど〜、時間ができたら書きます。

里親会報告もできずすみません。とにかく今犬も猫もいっぱいです!HP更新できてませんが、犬猫を迎えたいとお考えの方、是非里親会に足を運んでくださいね。ちなみに今年は大人の猫ちゃんの参加が多いです。仔猫だけでなく、成猫ちゃんにも目を向けてあげてくださいね。

このこも!
DSC_0943s.JPG

このこも!
DSC_0941s.JPG

もちろん牡丹親子も!
二重ちゃんです。大きくなりましたよぴかぴか(新しい)
090602_1951~0001.jpg

人工哺乳が長かったせいか、他の子は牡丹ちゃんにくっついててもこの子は人間のお膝にすぐ乗ってきます。甘えん坊で可愛い子です顔(メロメロ)

ランキング参加中!クリックご協力お願いします。
にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへにほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ



ニックネーム Chirota at 19:40| Comment(2) | TrackBack(0) | 保護日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月26日

迷子犬やら捨て犬やら…

日曜日は里親会でしたが、里親会報告はまた後ほどということで、今回は別の記事を。

日曜日はなんだかいろいろありました。って、いつもこう書いている気がするバッド(下向き矢印)

この日は朝から捨て犬の情報があり、現地に行ってみるとダンボールに生後2ヶ月くらいの仔犬が6匹捨てられてました。

その場所は以前にも2回捨てられていた場所。しかも手口がいつも同じ。絶対同一犯と思われます。今回はさすがに警察を呼ぶことに。

でも遺棄現場を目撃したわけでもなく、証拠もないので、捜査は難しいとのこと。捨てるのは犯罪なのに、そのことを警察官すら知らないってのは、どういうこと?なかなか動いてくれそうにない警察に対して、こちらが「立派な犯罪ですよねっ!?」と言うと、「そうなんですか?」と言ったそう。警察がそんなんじゃ、一般の人はますます知らないはずですよ。

捨てられた場所の人はこう何度もあると困るだろうし、なんとか犯人を突き止めたい。どうしたらいいんでしょう?なんだか「捨てたもん勝ち」になってる現状をどうにかできないでしょうか。

前回の時はお腹にジアルジアがいて、その前の時もいたので、「絶対おんなじ人だよね」ってみんなで言ってました。前回はその子たちがパルボで、隔離だの病院だので大変だったし、当然医療費もえらいかかってしまいました。ほんと迷惑です。どうにかしてほしい。処分場に直行する人よりはましなのかもしれないけど…。

里親会でそのうち1匹はその日里親が決まりましたClap 病院に連れて行ったらその移動のときにゲーしちゃったりウ○チしちゃったりして、会場に着いた時にはグチョグチョでキタナ〜い状態だったのですが、スタッフがみんな拭いてくれてきれいになりました。みんなお疲れさま!里親様はそのグチョグチョ状態も見てたはずですが、その中から決めてくださいました。

DSC_0904s.JPG


突然捨て犬があったとき、困るのは預かり先。うちの会は預からず保護主に通ってもらうという方針でやっています。だけど、保護主がいない捨て犬の場合はどうしようもありません。猫の場合はまだ預かりやすいですが、犬となると預かり協力者も少ないので困ってしまいます。

前回の親子犬の時は相談者さんが自力で探してくれたから良かったですが、今回のようなケースはほんと困ります。行政について前の記事でも書いたけど、あんな立派な施設あるなら、保護施設にしてよ!って思っちゃいます。

今回はなんとか数匹ずつに分けて一時預かり先ができましたが、そこには他にも保護動物がいます。前回のこともあるし、パルボはほんと怖いので、いつも保護している人のところにむやみに入れたくないのが正直なところです。1週間から10日くらいはやっぱり隔離しておきたいですしね。

もし「そんな時に一時預かりしてもいいよ!」という方がいらっしゃいましたら、是非ご連絡ください。

この日は、他にも、小型犬の迷子?を保護しました。里親会会場付近をウロウロしてました。

DSC_0908ms.JPG

トイプーとシーズーのMixっぽい子。トリミングもしてあり、体もきれいで耳もきれい。人懐っこくて人の後をついて回ります。センターと警察には連絡しましたが情報なし。首輪はしてあるけど監察・迷子札なし。

私、数日前にもあの親子犬の母犬の件でセンターに問い合わせしたんだけど、応対した人によって言うことが違うのはなぜだろ??チラシ持って警察に行ったら、警察の落し物担当のオジサンには「こないだと別の子?」って顔されちゃった。他の警察署には「書類作るから犬を連れて最寄り警察に行くように」と言われたけど、前回はそんなこと言われなかったし。迷子のワンちゃん保護された経験のある方、みなさんいつもどうしているんでしょうか?

犬猫の飼い主さんがこの記事を見ていましたら、ご自分のワンニャンに迷子札等が付いてるかどうか今一度確認してください!「室内飼いだから」と油断しないで!

ランキング参加中!クリックご協力お願いします。
にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへにほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ



ニックネーム Chirota at 15:15| Comment(2) | TrackBack(0) | 保護日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月23日

牡丹ちゃん子育て日記

牡丹の子供たちもそろそろ生後1ヶ月くらいになりました。ずいぶん猫らしくなって、可愛くなりました〜ぴかぴか(新しい)

名前は「一重・二重・八重・千重」に一度決めたのですが、母が、「三毛ちゃん3匹は1・2・3のほうが覚えやすい!」というので「一重・二重・三重・千重」ちゃんに変更!

親子勢ぞろい。
DSC_0889s.JPG
ちょうどいい順番に並んでましたグッド(上向き矢印)

右から
一重ちゃん(額が1色の三毛)
二重ちゃん(額が2色の三毛)
三重ちゃん(三毛の面積が多い)
千重ちゃん(キジトラ(正確にはサビトラ))
やらせじゃないですよ。自分たちで並びました。


「一重ちゃん」はおめめクリクリさんです。そのクリクリのおめめでいつも人の顔をジ〜ッと見ています。

一重です
DSC_0902s.JPG


あの体温下がって成長が遅かった「二重ちゃん」も、しっかり母乳を飲んで元気にすくすく育っています。秤を持っていくのを忘れちゃったので、体重は量りませんでしたが、他のこと持ってみた感じもあまり変わらない感じ。

二重です
DSC_0898s.JPG
やっぱこの子が姉妹の中で一番可愛い気がする〜顔(メロメロ)
自分でミルクをあげてた子だからって、ひいきじゃないですよ。


八重ちゃん改め「三重ちゃん」は一番成長の早い子。おそらく長女でしょう。顔つきもほかの子より大人びていて、お姉さんの顔をしてます。

三重です
DSC_0900s.JPG


「千重(ちえ)ちゃん」は小柄だけど一番おてんばさん。一重ちゃんと同じくおめめクリクリです。いつもはしゃいでピョンピョン跳ねてます。

千重です
DSC_0892s.JPG


あと2週間したらレボリューションする予定。そしたら里親会にデビューさせます。引き渡しはもう少し先かな。

動画もどうぞ〜かわいい


ランキング参加中!クリックご協力お願いします。
にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへにほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ

ニックネーム Chirota at 15:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 保護日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月20日

ずぶ濡れの公園の親子犬

先週の土曜日の夜、「上三川の緑地公園に親子の犬がいるので引き取ってもらえませんか」という電話を受けました。

私は電話の窓口になってないので、「なんで私のところにかかってきたんだろ?」と思いながらも、こちらの会では里親探しはするが引き取りはやっていないこと、頑張って自分で保護するか一時預かり先を探してもらえれば里親探しはできますということを伝えました。

でも猫と違って犬の場合、行政に捕獲されてしまったらおしまいです。土日は行政は捕獲しないでしょうから猶予はありましたが、日曜日に何とかしないと、月曜日に捕獲されたら最後です。ほっとくこともできず、日曜日の里親会に行く前に現地を見に行くことに。

日曜日は朝から冷たい雨。相談者の方と落ち合い、ワンコ達のいるところに行ってみると、母犬と1匹の仔犬がずぶ濡れでウロウロしてました。他の3匹の仔犬は茂みの中で丸くなっていたので、雨はしのげていました。

DSC_0731s.JPG
DSC_0732s.JPG


預かり先のアテもなく、里親会に間に合わなくなるので、現地確認だけして里親会へ。そして、里親会が終わって再度現地に行きました。

他3匹の仔犬はいたものの、朝ウロウロしてたずぶ濡れチビワンコの姿がありませんでした。雨はやんでいましたが、うち1匹がなんだかぐったりしてる。

とりあえず3匹の仔犬を抱き上げ体を拭いて毛布にくるみました。もう1匹の仔犬の姿がないので、しばらく母犬をほっておいて様子を見ていたのですが、子犬を探す様子もなく、茂みの横に穴を掘って丸くうずくまってしまいました。

今から預かってもらうにしてももう夜です。さすがに今からじゃ頼めないし…と思っていたら、スタッフの方が1晩くらいならと預かりを引き受けてくださいました。なので、お母さんワンコも捕まえ、おうちの車庫の車を路駐させ(おまわりさんごめんなさい!)、そこにワンコ達を置くスペースを作ってくださいました。

なんとか1晩居場所が確保されたワンコ達。その夜相談者の方が自力で預かり先を見つけてくださり、翌日にそのおうちへワンコ達を移動させることになりました。

いなくなっていた仔犬1匹は、相談者の方が立てた掲示板の記事を見た方が矢板からわざわざ現地に来てくださり、全員は連れて行けないからと1匹だけ引き取って行ったということが後から分かりました。私たちがその1匹が取り残されてるかもしれないというのを心配しているのを知って、電話をかけて来てくださいました。現地に1匹置き去りになってたらまずいなぁと思ってたので、無事が分かって安心しました。

翌日は朝から動物病院へ。その後全頭シャンプーして、夜一時預かり先へお願いしてきました。一時預かり先では、娘さんが預かりに手を挙げてくださったのですが、ご両親が正式に知ったのはその日だったそう。それでもちゃんと引き受けてくださったご両親に感謝ですぴかぴか(新しい)

お父様は犬を預かるからと、その日に日曜大工で濡れ縁のところに広く床を作り、屋根までかけてくださいました。「間柱」とかちゃんと用語が出てきたので大工さんかと思ったら、別にそうじゃなくて、電気屋さんだとか。でも聞いたその日に作っちゃうなんて、すご〜い。

お母さんワンコは推定2〜3歳、フィラリア(-)、体重はガリガリの状態で16kg、おなかの虫も大丈夫でした。
DSC_0799s.JPG


仔犬たちは推定1ヶ月強。

この子は女の子。
お母さんにの毛色になるのかな。
DSC_0834s.JPG

この子は男の子。ウシみたい。
DSC_0825s.JPG

この子も男の子です。
DSC_0780ms.JPG


里親会に出すにはまだちょっと月齢が早いので、まずネットで募集をかけようと思います。おそらく仔犬はすぐに決まるでしょう。あとは…お母さんですよね。

お母さん、大人しくてとってもいい子なんです。捕獲も全く手がかかりませんでした。「おいで」というと素直に来てくれる。ただ、どうも男の人が苦手のようで、男の人が近付くと唸って吠えてました。でも捕まってしまえば、そういうこともありませんでした。棒状のものを見てちょっとおびえる様子があるので、棒で叩かれた経験があるのかもしれません。

DSC_0807s.JPG


お散歩もきちんと人間の歩く速さに合わせて歩いてくれますし、歩いている途中で「じゃああっちいくよ〜」と指をさしたら、それを見てその方向に進んでくれます。ちょっとサイズは大きめですが、室内で飼っても全然問題なさそうなワンコです。

今回はなんとか相談者の方が頑張って一時預かり先を見つけてくださったので、とりあえずは危機は脱しましたが、こういうときほんと困ります。一般の方は「ボランティア団体=引き取ってくれるところ」と思っていて、ほんとに「引き取ってくれ」という相談が多いです。でも実際には預かり先はこっちが探したいくらいで、かといって一度受けた相談をほっとくこともできないし…。行政は処分にお金を使うんじゃなくあんなに立派な建物持ってるんだから保護施設にしてよ〜と思ってしまいます。そのためにはまず増やさないようにする対策を取らないといけないですけどね。

今回の親ワンちゃんは飼い犬であったにもかかわらず避妊手術をしてなかった。はっきり言って、「飼い犬は不妊手術をする」というのを義務化してほしいと思っちゃいますよ。手術には反対意見の人もいると思うけど、そういう人はどんどん殺されていく犬猫の現状をその目で見たことがあるんでしょうか…。せめて、助成金を全市町村で実施してほしい。

とにかく、この親子たち里親募集しま〜す!あ、お母さんは一応元の飼い主探しもしなきゃですけど。

ランキング参加中!クリックご協力お願いします。
にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへにほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ

ニックネーム Chirota at 23:27| Comment(4) | TrackBack(0) | 保護日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月17日

17日の里親会について&1泊預かりニャン

日曜日は天気が悪いそうですね。

17日(日)は里親会の日ですが、宇都宮の出張里親会と壬生の通常里親会の2会場で開催予定でしたが、天気が悪いので、チビ猫たちに風邪引かせてもよくないということで、壬生の里親会は中止になりました。

宇都宮のアイフルホーム鶴田展示場で予定している里親会は、予定通り行いますので、里親会にご来場予定の方は壬生ではなく宇都宮の会場のほうにお越しください。

現在のところ、猫が2〜4匹?、犬はまだ確定ではありませんが来る可能性があります。

いつも日曜日がお仕事で参加できないという方の猫を、今夜私が預かり、明日の里親会に参加させることになりました。

大人の猫ちゃんです。
DSC_0702s.JPG

名前は「ふーちゃん」…どっかで聞き覚えのある名前だなぁあせあせ(飛び散る汗)

\ふーちゃんはわたしだよ/
DSC_0459s.JPG

そだね、おんなじ名前だね。でもあっちのふーちゃんは男の子だよ。ふーちゃんと呼んだら反応良かったんだって。って、うちのふー姫、どこに入っちゃってるの?ぬいぐるみと一緒にしまっちゃうよあせあせ(飛び散る汗)

この茶白の男の子「ふーちゃん」はとってもスリスリゴロゴロの甘えんぼさん。とても野良ちゃんとは思えないそうで、外にいるのを保護されたのですが家に入れてもマーキングもせず、すぐにちゃんとトイレでしたし、室内で落ち着いてるそうです。飼い主さんを探してみたけど現れなかったということで里親探しすることに。

DSC_0715s.JPG
DSC_0705s.JPG

なんか目つき悪く写っちゃいますが、ほんとにべたべたの甘ったれちゃんです。すごく落ち着いてて、保護主さんも「全然手がかからなくて楽な子です」とおっしゃっていました。

DSC_0718s.JPG

この子は明日しか参加できません。とってもいい子なので、宜しくお願いします!

あと、前の記事でもご紹介した、動物病院に入院している黒猫ちゃんも明日参加予定です。この子もスリスリゴロゴロちゃんですハートたち(複数ハート)


ランキング参加中!クリックご協力お願いします。
にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへにほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ


ニックネーム Chirota at 01:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 保護日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月14日

治療の甲斐なく…

昨日お知らせした入院中の仔猫(生後約1ヶ月半)ですが、いつも面会に行ってくださっていたスタッフのAさんから、今朝「ダメだった」と連絡がありました。

病院から連絡があったのではなく、行ってみて知ったそうです。

保護主さんに連絡を取ったところ、すぐに引き取りに来てくださることになり、その後保護主さんがお迎えに来てくださったそうです。保護主さんは泣きながらニャンコに謝っていたそうです。

昨日私が病院に行った時に、動物病院の先生に「病院も最善を尽くしてやってるんだけど、それでもこうなってしまっているから…」とおっしゃっていました。

保護主さんはご家族の介護もあって忙しく、とても猫のほうにかまっている余裕はない、とおっしゃっていたのですが、病院にかける前も保護主さんは自分なりに一生懸命目薬をやったりして頑張ってくれていました。

でも、あの小さな体には病気に打ち勝つ抵抗力がなかったのでしょう。昨日私が見たとき、もともと小さかった体が食事が取れなくなりますますやせ細っていました。

ニャンコの死因はおそらくウィルス性鼻気管炎。きっと多くの野良ちゃんが同じ病気で命を落としていることと思います。せっかく救った命を助けることができず、とても残念で悔しいです。

残った子は結膜炎をおこしていて目の状態がひどいですが、自力でご飯も食べれて元気になってきています。この子には絶対良くなってもらって、亡くなった子の分まで幸せになってほしいです。

亡くなった仔猫ちゃんは、保護主さまのお庭に埋葬してくださるそうです。

助けてあげられなくて…ごめんね…。
そして、こんな小さな命を捨てる人間にとても憤りを感じます…。

ランキング参加中!クリックご協力お願いします。
にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへにほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ

ニックネーム Chirota at 23:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 保護日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

里親募集中の子たちと入院猫

筍をもらいました。さっさとゆでないと。母に下茹でしてもらおうと思ったら、「じぶんでやんなさい」って言われました。

なにこれ?
090510_2044~0001.jpg
たべれるの?
090510_2045~0001.jpg



里親会関係ですが、現在里親募集してる猫は…

猫チビちゃん(♀シャム系・成猫)  里親会参加中!
猫茶ちゃまる(♂茶白・ほぼ成猫)  里親会参加中!
猫レオ君(♂茶トラ・成猫)      里親会参加中!
猫まーぶる(♀三毛・生後1ヶ月半)  里親会参加中!
猫るか(♂キジ白・生後1ヶ月半)   里親会参加中!
猫キイナ(♂キジ白・生後1ヶ月半)  里親会参加中!
猫ミイナ(♀三毛トラ・生後1ヶ月半) 里親会参加中!

これはまーぶる&るか下
MarbleRuka.JPG


あと、
猫チャトラッシュ(♂茶トラ・1歳弱) 宇都宮で募集中!
猫チホちゃん(♀茶トラ・ほぼ成猫)  大田原で募集中!
猫ク〜ちゃん(♀黒長毛・生後半年)  大田原で治療中!

もいます!

それから、今度の里親会から参加になる子をご紹介。

猫佐野市M様保護猫「ふーちゃん」(♂1歳半)
ふーちゃん.jpg


猫壬生町病院猫(♀生後半年弱?)
後ろ脚に大けがをしていて入院中でしたが、傷も良くなったので里親会参加です!(今はエリザベスカラーは取れてます)
narabunyan.JPG



あとは里親会に出せるくらいの月齢の子が今少ないのですが、控え組はたくさんいます。

猫もちろん牡丹親子
090510_1720~01.JPG
デビューは6月頭かな。


猫ミルク飲み黒4匹兄弟→これは6月中旬くらいかな
猫宇都宮市の野良ちゃんの子6匹→これも6月中旬〜下旬?

6月になったら、一斉に参加になって忙しくなりそうです。

あと、今治療中で回復したら参加できる子がいます。生後1ヶ月半くらいの2匹です。保護主さんが保護したときから猫風邪をひいていたのですが、悪化してしまったので動物病院に入院させました。

2匹いて、うち1匹は回復に向かっていますが、もう1匹は…ムリかもしれません…。今日面会に行ったら、起き上がることもできず、結膜炎で目も開けられず、鼻で呼吸ができず口で苦しそうに息をしています。クーちゃんの時もひどかったけど、くーちゃんはまだ体格もあったし、強制的にえさを口に入れれば自分で飲みこんでいましたが、この子は強制給餌も厳しそうな感じです。

私はただ見ているしかできなくて、でも苦しそうな様子を見たら帰る気にもなれず、ケージの横でずっと見ていました。突然苦しそうな呼吸をして痙攣してるみたいになったので、思わずケージのドアを開けてその子に手をあてました。そんなことしたからって良くなるわけじゃないんだけど。

そのまま逝ってしまうんじゃないかと思ったのですが、なんとか呼吸は落ち着きを取り戻しました。相変わらず苦しそうではありましたが。

苦しそうで可哀想な写真なのですが、いつも面会に来てくれていたスタッフのAさんに写真を送ったら「可哀想で見たくないけど、頑張って生きてる姿だからちゃんと見てあげなきゃダメ」って言ってました。その後Aさんも病院に駆けつけてくださいました。

見ると辛い写真なので、直接は載せません。頑張って病気と闘ってる姿を見ておきたい方だけ、見てあげてください。
写真はこちら

なんとか頑張って助かってほしいです…。

ランキング参加中!クリックご協力お願いします。
にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへにほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ



ニックネーム Chirota at 01:16| Comment(2) | TrackBack(0) | 保護日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月06日

牡丹ベビー子育て日記

GWももうすぐ終わりですね。
ずっとほったらかしだった庭でしたが、昨日やっと高枝切りバサミを買って少し手入れしました。って、思ったら雨が降り出したので中途半端に終了。高枝切りバサミって楽しいですね。切ったらそのまま枝が挟めるので、マジックハンドみたい。

牡丹が実家に来てから1週間がたちました。その後子供たちもなんとか無事育ってます。保護時体温低下してた子は2日間私が人工哺乳で世話した後、体重が増えて母乳の吸い方も問題なさそうだったので、牡丹ママに帰し、飲みの悪かったキジトラの子をやっぱり数日間人工哺乳するため預かりました。

090504_0035~0001.jpg

おととい、その子をまた牡丹のところに連れて行ったら、他の子とほとんど同じ体重で、飲み方もしっかりしていたので、牡丹ママに戻すことにしました。

1匹ずつ体重を測ったら、

ミケ1
DSC_0711s.JPG

ミケ2
DSC_0709s.JPG

ミケ3
DSC_0710s.JPG

キジトラ
DSC_0713ms.JPG


ミケ3ちゃんだけ体重が軽い。この子は例の体温下がってた子です。うちで人工哺乳してた時最後に量った体重は155gでした。そのあと数日たってて増えてるべきなのに、減ってるってどゆこと??

ということで、またこの子を連れて帰ることになりましたたらーっ(汗)

最初にうちに来たときはまだ目がちょびっとしか開いてなくて
変な顔でしたが…
090501_2123~0002.jpg

今はこんな感じ。
DSC_0722s.JPG

目がぱっちり開いて、チョー可愛くなりましたハートたち(複数ハート)

DSC_0724s.JPG

この子、またきたの?
DSC_0727s.JPG
あ、モカとは基本的に隔離です、念のため。

相変わらずこの子は飲み方が弱い気がします。体重は増えましたが、今日の時点でまだ170g。他の子は200gくらいあるから、まだ小さいですね。あのまま床下で牡丹が子育てしていたらきっとこの子は自然淘汰の対象だったでしょうね。

こうして命を救われた子はほんの一握りです。世の中には沢山の野良ちゃんが人知れず命を落としていくんでしょうね…。イエネコは野生動物ではありません。野良猫を作り出したのは人間です。自然淘汰される猫、捨てられる猫、殺処分される猫、彼らは何のために生まれてきたのでしょう?そういう命を作らない方法、それは不妊手術で増やさないようにするしかありません。

行政で処分されている猫のほとんどが仔猫です。野良だと親は捕まらなくても仔猫は捕まえやすいから、飼い猫の場合は仔猫は要らないからと持ち込まれる。そしてまたその親猫は仔猫を産み、仔猫が産まれたら捕まえて処分。こんなこといつまで繰り返すんでしょうか。これじゃエンドレスですよね。そんな終わりのないことにずっと税金使って…だったらそれを食い止めるための不妊手術にお金を使って欲しいです。

栃木県も、こんなに立派な目標掲げてるんなら、もっと頑張ってよ!って思います。
↓栃木県動物愛護推進計画のページ
http://www.tochigi-douai.net/suisin.html

\あたちもいっしょうけんめいいきてるよ〜!/
DSC_0717s.JPG


ランキング参加中!クリックご協力お願いします。
にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへにほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ

ニックネーム Chirota at 21:59| Comment(2) | TrackBack(0) | 保護日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月05日

白血病クーちゃん一時預かりさん宅へ

動物病院で入院中だった、白血病猫クーちゃん、前回記事でちょこっとお知らせしたとおり、先日の里親会の後に一時預かりさんの所へお願いしてきました。

DSC_0694s.JPG

預かりさんは大田原にお住まいのchoiwaru101さん。職場の一角で犬猫を保護されている活動家さんです。4/12の壬生の里親会に4匹の猫を参加させ、うち3匹に里親が決まりました。

choiwaruさんのブログは以前から拝見していたものの、直接やり取りすることはなかったのですが、少し前からメールのやり取りをするようになりました。実はうちで保護している牡丹親子の一件にもchoiwaruさんが絡んでたりしますあせあせ(飛び散る汗)

クーちゃんのことも、保護当時から気にしてくださっていて、預かりを名乗り出てくださっていました。でも、choiwaruさんはお仕事もされながら、他にも保護猫が沢山いるし、年老いたワンちゃんの介護もされていました。健康な子ならまだしも、管理の大変な白血病キャリアの猫です。いくらなんでも頼めないよ…と思っていました。

そうしているうちにクーちゃんの入院生活は2週間以上が過ぎ、症状もだい良くなってきたので退院できると言われ、クーちゃんの落ち着き先を見つけなければならなくなりました。

choiwaruさんは獣医師の資格をお持ちなので、薬の知識はもちろんのことホメオパシーなどの知識もおありで(フードも手作りされてます!)、最良のケアをしてくださることを考えると、choiwaruさんにお願いするのがクーちゃんにとって一番いい方法なのではないかと思い、決心しました。

クーちゃんをchoiwaruさんのところにお届けした時、他の保護猫ちゃん達にも会ってきました。そして、職場の一角にはchoiwaruさんが最後まで献身的に介護され5/1に19歳で亡くなった「レオ」くんの祭壇が飾られていました。レオくんの骨壷が贈られた沢山のお花に囲まれている様子を見ても、沢山の人に愛されたワンちゃんだったんだなということが伝わってきました。それもきっとchoiwaruさんが沢山の愛情をもってレオ君に接してきたからでしょうね。

ほんとはそんなことのあった直後にお願いするのはとっても気がひけたんですが…快く引き受けてくださったchiowaruさんのご厚意に甘えさせていただこうと思います。大変だと思いますが、クーちゃんのこと、宜しくお願います。病気もそうですが、人馴れ訓練もですからねあせあせ(飛び散る汗) クーちゃんはまだ若いですし、陰転の可能性もあると思います。希望を持って頑張りましょうね。

20090503-2.JPG


それから、クーちゃんカンパについて。
おかげさまで83000円のカンパが集まりましたぴかぴか(新しい) 本当にありがとうございますかわいい たった1度だけ記事に書いただけなのに、沢山の方がご支援くださいました。見も知らずの猫のことを気にしてくださり支援してくださるなんて、ほんとに感謝の気持ちでいっぱいです。そして、そんな方々に支えられていることをありがたく思っています。これからもそんな皆さんに恥じないような活動をしていこうと思います。

カンパをくださった皆様には、改めてお礼とカンパの使い道についてのメールをお送りさせて頂こうと思っています。4/19に会場に募金くださったジルセルさん、もしこの記事を読んでいらっしゃったら、宜しければ連絡先を教えていただけないでしょうか。ご連絡はこちらまでお願いします。

クーちゃんを応援してくださっている皆様、これからもクーちゃんのこと見守っていてくださいね。一時預かり先は決まりましたが、里親募集は継続です!ハンデはありますが、それを承知でクーちゃんを家族に迎えてくださるという方がいらっしゃいましたら、是非宜しくお願いします!

これからのクーちゃんの預かり記録についてはchoiwaruさんのブログをご覧くださいね。

choiwaruさんのところは犬猫のこととは関係ない部分でもとっても面白い場所でした。次回訪問させていただく時はどこを見せてもらおうかなーグッド(上向き矢印)

ランキング参加中!クリックご協力お願いします。
にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへにほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ



ニックネーム Chirota at 19:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 保護日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月02日

牡丹ベビー救出作戦

今週はなんだかいろんなことがありました。
書きたいことは盛りだくさんなのですが、とても全部は書けそうにありません。

そのうちの1つ、前回の記事でご紹介した「牡丹」ちゃんについて。

4/26(日)
お腹が大きい野良がいるということで餌やりさんが捕獲器を使って保護

4/27(月)
その方のおうちを訪問、今後の方針を相談

4/28(水)
動物病院で落ち合い、診察の後私が受け取り実家へ預ける
→この時点までおそらく妊婦だろうという判断

ここまでが前回の記事に書いた内容です。

そして、4/29(木)夕方、相談者の方から「床下から仔猫の声が聞こえる」と連絡が入り、急遽牡丹を取りに実家へ行ったあと現地に向かいました。状況からして、牡丹の子であるのは間違いなさそうです。

なんとか、仔猫だけ救出できないか考えました。仔猫がいるのは、ちょうどキッチンの真下の床下部分です。ここのおうちは基礎の通気口が一ヶ所格子が外れており、さらにそこが床下の点検口になっているのか、通気口付近の基礎部分が広く削り取られて人間が入れるくらいの大きさの開口部になっていました。牡丹はそこから出入りし、床下で出産したんです。

相談者の方がご自分で床下を潜ってくださったのですが、仔猫のいるところまではたどり着けないということで、翌日明るくなってから改めて捕獲作業をするしかない、ということになったのですが、鳴き声の感じからして、日齢は浅いと思われたので、親と離れていた日数を考えても牡丹を戻すしかない、でも今までに2回捕獲を試みている牡丹です、ここでリリースするとさらに警戒してもう捕まらないかもしれないし…。

いろいろ考えた末、牡丹を仔猫のところに戻すことに。そして、通気口の中に餌と水を入れてやり、入口をふさいで明るくなってから床下に入って親子ごと保護することにしました。

牡丹を通気口から床下に入れると、その時仔猫たちは鳴いていなかったのに、牡丹は仔猫のいる方向へとまっすぐ歩いて行きました。やっぱり牡丹ちゃんの子だったんだね。引き離されて辛かったね。ごめんね。

翌日、スタッフのAさんとSさんが捕獲作戦に協力してくださることになり、作戦開始。

ふさいでいた通気口から抜け出した形跡はなく、中に入れていたフードも減っていませんでした。そして、私とAさんが外で待機し、Sさんが床下へと潜り、匍匐前進で仔猫のいるところまで進んでいきました。

ほどなくして、Sさんが仔猫4匹を連れ入口に戻ってきました。うち1匹は体温が下がって危ない状態でした。触ると明らかに冷たい体。一刻も早く病院に連れて行かなくては助からないかもしれない。Aさんがその子だけ先に病院に連れていくことになりました。

私は入口にケージを設置し、ケージより広い部分はふさいで、牡丹がそこから出てきたらケージに入るようにセットしました。元気な仔猫の声を使って牡丹を誘導したものの、牡丹は警戒してケージに入りません。通気口まで来たり、元いたほうへ戻ったりの繰り返し。やっとケージに入りそうな様子になっても、警戒しているのですぐ出てしまいます。ここで焦って捕まえ損ねると、長期戦になってしまいます。私は牡丹がケージの中で落ち着くまでその脇でじっと見守っていました。

090501_1420~0001.jpg

そして、ようやくケージの中で落ち着いた牡丹を私は抱き抱え、万一パニックになって中で暴れた場合を考え、仔猫と別のケージに移しました。牡丹を無事ケージに入れたとき、心臓がバクバク言ってましたよあせあせ(飛び散る汗)

牡丹を無事保護したことを伝えると、床下から土まみれになったSさんが出てきました。ほんとにありがとう!!感謝の気持ちでいっぱいです。

そして、一足先に病院に行った1匹も、砂糖水を飲ませ、保温したら体温が回復して元気が出たということでした。Aさん、ほんとにありがとうございます。もう少し遅かったら、命はなかったかもしれません。

その後、その子はやっぱり自力でおっぱいを吸うことができなかったので、少し体力がついてママの元に戻せるようになるまで、私が預かり、人工哺乳することになりました。

090501_2122~0001.jpg

目が開きかけているので、生後1週間から10日くらいでしょう。ほんとよく生きててくれたと思います。

牡丹にとっては散々な1週間だったと思います。でも牡丹はとってもいい子で、あんなにやな思いをしたはずなのに、人間が仔猫をいじりまくってしまったのに、動じることなくうちの実家で子育てを再開しました。人間にもとてもなつっこく、なでてやるととても気持ちよさそうにして、仔猫をなめるついでに私の手もなめてくれました。

実家の家族も、無事保護できて牡丹が戻ってきてすごく喜んでいました。一晩元の場所に戻っていた牡丹を「おかえり、牡丹ちゃん」と言って温かく迎えてくれました。

090502_2015~0001.jpg

仔猫たちも4日間も離れていたのに助かってほんとによかったです。強い生命力と強運の持ち主、きっとみんな元気に成長してくれると思います。

今日はうちで預かった子を牡丹に戻してみたら、積極的におっぱいを吸っていました。これならママの元に戻して大丈夫そうです。ただ、もう1匹の体格の小さい子がどうもおっぱいを飲めていないようです。今度はその子をうちで預かることになりました。体力付けて1日でも早く牡丹ママのところに戻してあげたいです。

090502_1226~0001.jpg

長くなってしまってすみません。とにかく今回の教訓、妊婦かどうか怪しいニャンコは無理言ってでもエコーをかけてもらうべきですねあせあせ(飛び散る汗)

ランキング参加中!クリックご協力お願いします。
にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへにほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ

ニックネーム Chirota at 23:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 保護日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月29日

妊婦猫?

うちの実家で猫を預かることになりました。

餌やりさんからご飯をもらっていたという野良ちゃん。秋にも子猫を産んだそうで、今回2回目の試みで捕獲に成功、おそらくお腹に赤ちゃんがいて間もなく生まれるだろうとのことでした。

DSC_0595s.JPG

捕獲前に、相談者の方からの話を聞いた感じだと、「馴れてない」とのことだったのですが、捕獲してみたらスリスリの甘えんぼちゃんでした。ケージのドアを開けたら、まっすぐ私の膝に乗ってきて、そのまま丸くなって寝ちゃいましたあせあせ(飛び散る汗)

餌やりさんは「お母ちゃん」と呼んでいたそうなのですが、うちの母は私たち娘に「お母ちゃん」と呼ばれています。母は「お母ちゃんがお母ちゃんと呼ぶとなんか呼びにくい顔(汗)」というので、名前を付けることにしました。

去年預かった親子猫は4月の桜の咲く時期にうちに来たため「さくらちゃん」と名付けました。今回はつつじが咲く時期なので「つつじちゃん」も考えたのですが、発音しにくいということで却下。あとは「すみれちゃん」とか「すずらんちゃん」とかも挙がりましたが、なんとなくそういうイメージの子じゃないんですよね。

いろいろ今咲いてる花の中から、「牡丹」はどう?と提案してみたら、それに決まりました。体型的にも似合ってるかな〜とあせあせ(飛び散る汗)

ということで、「牡丹」ちゃん、しばらくの間よろしくね。

DSC_0592s.JPG


昨日からYottiさんが子育てしている3ニャンを、Yottiさんご旅行のため3日間ベビーシッターしてます。その記事はまたあらためて。

DSC_0601s.JPG

左から「ゆきちくん」♂
「こまちちゃん」♀
「ねねちゃん」♀
です。元気に育ってね。


ランキング参加中!クリックご協力お願いします。
にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへにほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ

ニックネーム Chirota at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 保護日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする