disaster.gif

2007年12月30日

今年最後の里親会

image/chirota-2007-12-30T00:21:56-1.JPG


28日から旦那の実家のある宮崎に帰省に来ています。なので携帯からの投稿です。写真も1枚しか載せられないー。

前日までは部屋を片付けたり(でも終わらなかったけど)問い合わせの応対してたり年賀状書いたりで夜も寝たり起きたりでなんとか年賀状だけは終わらせることができました。私の場合片付けするとつい脱線しちゃったりするからはかどんないんですよねー。

日曜日は(といってももう1週間前になっちゃうけど)今年最後の里親会でした。この日は朝里親会前にお届けが1件入ってました。先住犬が2匹いるおうちに生後約4ヶ月弱のニャンコ。いきなり会わせるのはまずいかなぁと思ってうちの2段のケージをお貸しすることにしました。その後の話を聞くと大丈夫そうなので年明けにでもケージを引き取りに行こうと思います。うまくいって良かったです。

この日は他にもこのお届けに行った子と一緒に保護されてたニャンコが決まりました。写真の上の子です。初めは真っ白い猫だと思ったのに段々耳の先や鼻先にクリーム色が出てきてどうもシャム系の柄の子のようです。

保護主さんがとても熱心な方でお届けには自分で行って下さいました。朝のお届けも一緒に行って下さいましたし、スタッフ不足のうちとしてはとてもありがたい存在です。

ワンコはこの日3匹決まり、里親会後急遽お見合いが入ったり後日お見合いが入ったりしてさらに2匹が決定しました。最後に決まったのは写真の下のワンコです。保護されるまでに色々あった子だったから…きっと車掌さんも引き渡しの時にいろんな思いがあったことと思います。幸せになってね。

今月最後の日曜日は里親会はお休みです。次回は年明け1月6日です。ニャンコは相変わらず沢山いるし、ニャンコにとって里親会で寒い中ケージに入れられてるのは辛いと思います。早く落ち着ける場所を探してあげたいです。

みなさんこれからも応援よろしくお願い致します!そうそう、コメントを書いて下さっていたのにずっと気が付かなかった事がありました。ほんとにゴメンナサイ。コメントが書き込まれるとメールでお知らせが来るので気付くはずなんですけどね…なんで気付かなかったんだろ。気を付けますのでまた書き込みして下さいね。

次回の記事は帰省中での出来事でも書こうかなと思います。
ニックネーム Chirota at 00:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 里親会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月22日

祝!コロちゃん

日曜日は里親会の日でした。
いつも前日に持ち込みの方々の情報が車掌さんからメールで連絡が来るのですが、猫が15匹以上、犬は12匹の予定でした。今日は小山の会場がお休みなので、いつも小山のほうに出している方が壬生の方で出すということで、ちょっといつもより件数が多めでした。もう寒い時期なのに、ニャンコはまだまだいます。うちの実家のコロちゃんも。

この日の朝、久々にブログを書きました。7時過ぎくらい。日曜の朝にこんな時間に起きてるの珍しいんですけどね。またまた床で寝ちゃって、気がついたら朝だったので、里親会の書類の整理と帳簿付け(いつもサボってギリギリにやっちゃうんです。やっぱ前大蔵大臣さんのほうが向いてるよー)をして、久々にブログを書こうって思ったんです。

会場に行ったら、スタッフのAさんが「最近ブログ更新してないですね」って言ってきました。なので「え?今朝更新しましたよ。」って言ったら、男性スタッフTさんと2人して、「うそ、今朝チェックしたけど更新されてなかった。」って言うんですよ。なので、更新したの7時過ぎくらいかな、って言ったら2人とも「じゃダメだ、チェックしたのその前だもん。」って。主婦のAさんはともかく、Tさんもなんでそんな早起きなのさーっ。
しかも朝一でブログチェックしてるしー。Aさんは毎日開いてみては、「あ、今日も更新されてない」ってことをやっていたそうです。そんなにみんなが見てるとは…。ほんとサボってゴメンナサイ。朝書いたらすぐに大学時代の友人がコメントをくれたので、もう家を出てしまっていた私は携帯からそのコメントに対してレスしました。携帯でも出来るって便利ですよねー。

この日はほんと今までで一番って言っていいくらい、チョー忙しかったです。なんだか里親希望のお客さんが次から次へと来て、一組応対している横からもう一組「こっちも」って感じで応対を求められたり。アンケートを書いてもらっている間に別の方の応対をしていたら先の人のアンケートが終わって別のスタッフが続きの応対をしてくれたり。「ちょっとお待ちください」って何回言ったことやら。嬉しいことなんですけどね。この日もスタッフ不足を痛感した日でした。

そして、この日、うちのコロちゃんの里親様が決まりました!猫風邪もよくなってとっても可愛くなってました。先週下痢だったのも、母が病院に行ってくれ、検便で回虫が出たので駆虫して、食事を気をつけたら下痢も良くなりました。ほんとはお届けのつもりだったのですが、できれば連れて帰りたいという里親様の希望と、娘さんが連れて帰る!って言っていて、用品ももう揃っているということだったので、とりあえず会場でお渡しして、里親会が終わったら訪問させていただくことにしました。一応、母にも連絡しましたが今回は私に任せるということで、母と同行はやめました。まあ、前回のミーちゃんは別格でしたからね。

里親会の後、里親様のおうちに訪問させていただきましたが、うちにいた時とはうって変わってなんだかおとなしくしているコロちゃん。「全然じゃれないんですよ」と里親様も言っていました。あんなにコロコロ遊んでいたコロちゃんがじゃれない!?やっぱおうちが代わって緊張していたようです。私が訪問した時はちょっとその緊張もほぐれてきたのか、私がじゃらすとじゃれ始めました。それを見た里親様が「あ、じゃれたじゃれた、遊んでるー。」と喜んでくださいました。娘さんもコロちゃんが可愛くて仕方ないようで、じゃれ始めたコロちゃんを見てとても嬉しそうでした。そして、娘さんに抱かれて気持ち良さそうに眠っていました。可愛がってもらってね、コロちゃん。

DSC_0038s.JPG

この日は猫が5匹、犬が1匹決まりました。猫は月齢の小さめの子ばかりがもらわれ、大きめの子達は今回も残ってしまいました。。。4・5ヶ月の子も、ほんのちょっと前までは小さくて可愛い仔猫だったんですよ。でも仔猫はすぐ大きくなってしまって、今はケージを覗くお客さんに「大っきー」とか「成猫かなー」なんて言われちゃう。確かに小さい仔猫の方が可愛いです。あたりまえです。小さい子は人間でも動物でも無条件に可愛い。
でもね、あんまり小さすぎる子は健康面でも不安定だし、ちょっと大きいこの方が安心ですよ。ペットショップなんか行くと生後1ヶ月半くらいの子をよく見かけます。ああいうのを見慣れちゃうと、それより大きいと「大きいじゃん」と言われちゃうんですよね…。

でも、壬生の方はまだいいほうで、動物友の会の小山の方は里親募集の猫が37匹いるそうで、その殆どが大きめの子だそうです。小山は隔週でしか里親会を開催してないから、1回逃すと2週間後。またすぐ大きくなっちゃう。今年はなんだか犬も猫も多いってスタッフが言っていました。ミルク飲みの子がビニールに入れられてゴミステーションに捨てられてたらしいし。なんでそんなことするんだろう・・・。一体命をなんだと思っているのか…。捨てるのもひどいけど、ほんと不妊手術を徹底して欲しい。それをやらないといつまで経っても今の状況は変わりません。エンドレスです。

これからは寒くなってニャンコの出産は減ります。ニャンコが欲しい方、ちょっと大きくなっちゃった行き場のない子をどうか救ってあげてください。そして、代わってワンコはシーズンです。うちの里親会でもチビワンコが増え始めました。数回前の里親会のとき、開催している途中で捨て犬の情報が入ってきて、スタッフが里親会を抜け出して高根沢まで行って保護してきたワンコたちもいます。今とっても可愛い時期です。是非壬生のジャスコまで、この子達に会いに来てくださいね♪

DSC_0024s.JPG


ランキング参加中!クリックご協力お願いします。
にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへにほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ

ニックネーム Chirota at 22:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 里親会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月20日

祝!ミーちゃん

日曜日は里親会でした。いいお天気のポカポカ陽気でした。

この日も近所の保護主さん宅の猫とうちのミーちゃんを迎えに行って、会場へ。荷物積みと2ヶ所のお迎えに手間取って、10時を数分遅刻してしまいました。

近所の保護主さんのところの子は前回まで預かってたことは別の子。先週保護された、猫カゼがひどい長毛の子です。その子の兄弟も一足先に保護されていて、その子はうちのスタッフのおにーさん宅で預かってもらっています。

おにーさん宅の子はグレーの子でこっちはブラウン。おにーさんが里親会前に獣医さんのところで再診してもらったら、なんとコクシジウムがいたそうです。獣医さんの話だと保護時にもいたそうなのですが、保護した方は「回虫がいる」とおっしゃっていました。そこまでは覚えていなかったんでしょうね。

kiyokawasan.JPG

きょうだいにコクシがいたとなると、ブラウンの子にもいる可能性が高いです。落ちにくいから厄介なんですよね…前にうちで保護した「ぼうし」も1ヶ月かかったし、近所の保護主さんのところの子もコクシがいて薬飲ませに通ったもんなぁ…。

ということで、私も里親会を抜け出して、ブラウンの子も病院に連れて行きました。猫カゼはちょっと良くはなっていましたがまだ目がおかしいしくしゃみ鼻水も出てます。あと、日曜になって下痢もしだしたって…やっぱコクシがいるのー!?

って思ったら、検便の結果は異常なし。前回も大丈夫だったそうなので、この子はセーフだったのかな。よかったぁ。下痢は薬の上げすぎと前の獣医さんでもらった栄養剤のせいかもしれないということで、下痢用のフードと追加の目薬をもらって帰ってきました。

私が病院に行って里親会を抜けている間、ミーちゃんのことを宜しくお願いしますね、と大蔵大臣さんたちにお願いしていました。ミーちゃんは里親会に出すようになってからもう1ヶ月以上経つのに、相変わらず毛布の下にもぐってしまっています。何度引っ張り出しても、もぐっちゃう。今日はもぐらないように毛布を洗濯ばさみで留めちゃったんだけど、ミーちゃんはそれでももぐろうとします。ミーちゃん、もっとやる気出してよー。なので、今日はもぐって見えないミーちゃんのかわいい写真をケージに貼っておきました。

DSC_0823s.JPG

里親会会場に戻ってきてからもやることがあってミーちゃんから離れた場所にいたら、どうもミーちゃんを気に入ってくれている人が現れたようでした。その方は別の子とミーちゃんを迷っているようでしたが、結局ミーちゃんを選んでくださいました!お母様と2人で見に来てくださった主婦の方で、猫はずっと飼っていたとか。しかもいつも「ミーちゃん」と名前をつけるそうです。その方は毛布にもぐっちゃってるミーちゃんを見て、「一生懸命頭を隠してるのにお尻が出ちゃっててかわいい」と言ってくださいました。ミーちゃんの保護の経緯や実家での様子を説明したらすごく理解してくださっていました。

なので、この方ならミーちゃんを任せられる、と思い、ミーちゃんをお譲りすることに決めました。お住まいは私の勤め先の近く。実家からはちょっと距離がありますけれど、県外とかじゃないし。一応母の意向も聞こうと思い、電話したら、とても喜んでいました。ただ、そのままお届けとなると、母はもうミーちゃんに会えません。母は1週間待ってもらえないかと言っていました。でも、せっかく決まったのに、里親さんを待たせても悪いでしょ?いつかお別れは来るんだし。ということで、里親会の後に母と一緒に里親さんのお宅にお届けすることになりました。

この日はミーちゃんのほかにお隣にいた茶トラちゃんもお試しが決まりました。先住猫ちゃんがいるので、その相性を見るため、一週間お試しです。仲良くしてくれたらいいけどな。

DSC_0784s.JPG


里親会の片付けの後、実家に寄り母と合流してから里親さん宅に向かいました。なんだか通勤ルートとほぼ同じだから、会社に行くみたい。そして里親さんのお宅でミーちゃんを出したら…予想通りブルブル震えて(母が抱いているにもかかわらず)テレビの後ろにもぐってしまいました。ミーちゃん、ほんとに大丈夫かな?でも里親さんは「気長に慣れてもらうつもりでしたので」とおっしゃってくださいました。新しい名前は…やっぱりミーちゃんだそうです。よかったね。ちょっと暫くは心配だけど、幸せになってね、ミーちゃん。

ミーちゃんを庭先で発見したのが9月24日(保護当時の記事はこちら)。あれから2ヶ月近くが経ってしまいました。里親会に出してからももう1ヶ月以上が経ってしまいました。いつも私は里親会でバタバタしていて、あまりミーちゃんをアピールできていなかったのですが、そんな中大蔵大臣さんがミーちゃんのことをみんなにお勧めしてくださっていたそうです。ミーちゃんが決まったのはきっとそのお陰ですね。ほんとにありがとうございます。

大蔵大臣さんは人を見る目もワンニャンを見る目もあってとっても頼りになります。観察力がすごいんですよね。見に来たものの決めずに帰った人がまた来たとき、ちゃんと前回来たのを覚えてるんですよ。私はどっちかというとそういうのが苦手なほうなので、いつもすごいなぁと思っていました。大蔵大臣さんは残念ながらご家庭のほうが色々忙しくなり、来年からは非常勤になってしまうそうです。それに伴って大蔵大臣も別の人間がやらなくてはなりません。強力な戦力を失うことになって、壬生の里親会はピンチです。本気でボランティア募集しなきゃなぁ。

あ、ミーちゃんがいなくなってうちの実家はさびしくなってると思っていらっしゃる方、例の私の近所で保護されてた子が今度うちの実家に入ることになりました。なのでインターバルなしですあせあせ(飛び散る汗)仔猫らしい元気な子なので、母は「ミーちゃんと正反対」と言っています。早く猫カゼ治るといいねるんるん

kiyokawa_Brown.JPG


ランキング参加中!クリックご協力お願いします。
にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへにほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ

ニックネーム Chirota at 03:13| Comment(2) | TrackBack(0) | 里親会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月14日

愛しい子の面影

日曜日は里親会でした。
この日は雨の予報だったので、里親会を開催するかどうか直前まで未定でした。屋根のあるところならいいんですけどね…。結局、その時点では雨はやんでいたし、お見合いも予定されていたので開催することに。

私はいつものようにミーちゃんのお迎え。その前に今週も近所の保護主さんのニャンコもお迎えに行きました。ミーちゃん、最近私が里親会のお迎えに行くと、察知して逃げまくるんですよ。よっぽど里親会嫌いなんだろうなぁ…。私の姿を見ると一目散に逃げて隠れてしまいます。ひどいよ〜。ミーちゃんのためにやってるんだよ〜。

この日は猫が13匹、犬は2匹でした。ワンコの持込の方は私のブログを読んでくださっているという方でした。私のホームページに記載されている譲渡条件やアンケートを参考に、ご自分で記事を投稿したり、問い合わせの方にアンケートをお願いしたりしていたそうです。それを拝見したところ、とってもきちんとされていて、私のアンケートなんかよりずっと丁寧でいいアンケートだなと思いました。私はどうしても犬の方は専門外なので、あまり参考にはならず、お恥ずかしい限りなのですが…。ワンコの交渉も里親会では車掌さんにお任せ状態ですし。

この日デビューは半年くらいの黒猫兄弟とチビワンコ姉妹。黒猫兄弟のうち1匹は白黒の子だったんですけど、顔がチョーかわいいの。鼻に黒い点々があるんですよ!

DSC_0801.JPG

ね、お鼻の点々、かわいいでしょるんるん
DSC_0804.JPG

でも、スタッフの黒いお兄さんは「かわいくない」だって。鼻の穴みたいだって。私と女性スタッフのAさんは「えー、なんでー、かわいいじゃん」と猛反発。みなさん、どう思います?こんな子珍しいですよねぇ。この子の可愛さが分からないなんて、まだまだ修行が足りないな。この子のブログとか作ったら、ブログのアイドルになる可能性ありますよ!絶対。んでこの子がキャラクター化されて鼻に点々のあるニャンコのマスコットとか作られちゃったりしてぴかぴか(新しい)

この日はなんだか「亡くなった子に似てるから」という言葉をよく耳にした日でした。宇都宮のアパート野良のテンちゃんをもらってくださった里親さんも亡くなった子が茶トラだったからと、茶トラの子を希望していました。でもこの日は茶トラがいなかったので、テンちゃんに決めました。ケージの中の子猫たちの様子を見て、おばあちゃんは亡くなった子を思い出してしまい、泣き出してしまいました。

この子がテンちゃん下
DSC_0757.JPG


ワンコのほうも、ネットを見て亡くなった子に似てるといって遠方からはるばる見に来てくださった方が。でも一歩遅かったんです。そしたら、「亡くなった子に似てたから」と言って泣き出してしまいました。そして、家族全員で来てくださったその方はまた遠い道のりを帰って行かれました…。

それから、里親会が終わってから、「ネットに載ってた三毛の子がほしい」と言う方から問い合わせがありました。ネットに出してた三毛は、うちのミーちゃんと先週デビューの子。ひょっとしてミーちゃん希望者さん!?と思って調べてみたら…先週デビューのちっちゃい子の方でした。この子はこの日の里親会で里親さんが決まっちゃったので、三毛ということでミーちゃんを紹介してみました。そしたら、「亡くなった子に似てたんです、残念です」というお返事でした。ミーちゃんは似てないからダメだそうです。あと1日早く問い合わせてくださっていたら、また話は違ったかもしれませんが…。その子とはタイミングが合わなかったんですね…。申し訳ないけれど、それも縁だと思います。でも〜ミーちゃんも可愛いんですよ〜。

この子がその三毛猫ちゃん下
DSC_0743.JPG

長年一緒に生きてきたかけがえのない存在を失って、飼い主さんは同じ面影を求めるんですね。以前うちの実家で真っ白の仔猫を預かったとき、うちの姉も、何かというと「チロタみたい」を連発していました。私はただ白いだけであまり似てるとは思わなかったんだけど、姉は何とかしてチロタの面影をその子の中に求めていたようです。「このしぐさがチロタみたい」とか「この顔チロタに似てる」とか。

IMG_5587.jpg

里親希望の動機としては、私としては亡くなったこの代わりではなく、その子を見てほしい、と思うのですが、きっかけはそうだったとしても、その子と暮らしていくうちにきっと前のことは違うんだ、その子はその子だと思ってくれると思います。

私はチロタを失って、チロタの面影を別の子を求めることはしなかったけれど、そこら中にチロタの写真を貼りまくっていました。家にも会社にも。今もPCのデスクトップの壁紙はモカではなくチロタですし、最近まで携帯の待ち受け画面はチロタでした(今の携帯は待ち受けがアニメーションなので)。私もやっぱ大切な存在の面影を求め続けてるんでしょうね…。

結局この日の里親会ではニャンコが3組4匹、ワンコが1匹決まりました。ニャンコの里親さん宅に2件伺いましたが、どちらもとてもいいご家庭でした。お届けすると、新しい家族を迎えて家族みんなが笑顔でその子を見ている様子が見れて、私もなんだか幸せな気持ちになります。今日はスタッフ不足でチョー忙しかったけど、いいおうちにお届けできたし、いい1日でした。みんな幸せになってね。

でも、ほんとにほんとに忙しい日でした。スタッフ不足を実感した日でした。興味を持たれた方、是非私達と里親会をやってみませんか?

ランキング参加中!クリックご協力お願いします。
にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへにほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ

ニックネーム Chirota at 04:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 里親会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月07日

また慌しかった

日曜日は里親会でした。
今回は8月で体制が変わって最大の持ち込み件数だったかな?

ニャンコはうちの実家のみーちゃん、小山のスタッフの方に保護して頂いているサビちゃん、宇都宮のアパート野良猫保護の方の4匹、宇都宮の茶トラちゃん、下野市の白黒ちゃん(デビュー!)、小山本部の会員さん宅で保護されてるキジトラ姉妹3匹、下野市の三毛ちゃん、それから二宮のチビ猫ちゃんが1匹はお届け、もう1匹はお見合い予定でした。他に鹿沼の白黒ちゃん(この子は春生まれです)、先週デビューの壬生のサバ×白ちゃんがお休みで、デビュー前の子が2件。

ワンコはいつものビーグルMixが成犬が1匹、1歳未満の子が1匹、チビワンが2匹。白いチビワンが2匹、猫のサビちゃんを保護してくださっている小山のスタッフさんの所の生後半年くらいのきょうだい(うち1匹は里親さん宅で行方不明になった1ヵ月後にようやく無事保護された「なっちゃん」です)。

この日は忙しかったです。ミーちゃんは相変わらず決まらないので実家に取りに行ったのですが、その前にまずうちの近所の会員さんのおうちの子も里親会に出すということで取りに行きました。この子達は初対面です。とっても可愛いキジトラの姉妹。ミーちゃんを私の車まで運んできた母がこの子達を見て「かわい〜い揺れるハート」とニコニコ顔でした。でも、お母ちゃん、ミーちゃんのライバルなんだよー?分かってる?

DSC_0718s.JPG

この日は2週前に里親が決まったチビ猫を保護主様と一緒に10時半に里親様のお宅にお届けする予定でした。その後その子の兄弟のお見合いも入っていて、他にも前日に問い合わせがあったビーグルMixのチビワン希望の方が茨城からお見えになる予定でした。だからなんだかバタバタしちゃってました。まあ、ワンコのお見合いは車掌さんにおまかせですけどね顔(イヒヒ)

会場に着いてすぐ、チビ猫の保護主様とお届けに向かいました。いつもはスタッフ2人でお届けに行くのですが、今回は保護主様と行くことに。このニャンコは目が開いていない状態で捨てられていたのを保護主様が一生懸命ミルクから育ててくださり、この日を迎えることが出来ました。一番お世話をしてくださったお姉さんは「泣いちゃうから」と会場にはいらっしゃいませんでしたが、お届けのために里親様へのアドバイスを紙にまとめてくださっていたり、餌やトイレ砂などを一式セットにしてくださっていました。とってもありがたいです。

お届けにはそのお母様が一緒に行ってくださいましたが、里親様のお宅では色々とアドバイスをしてくださったりと、とっても頼りになる保護主様で、私も本当に助かりました。スタッフだけでのお届けより、やはり実際にお世話をしてくださっていた方の話を直に里親様に聞いて頂くのって、とても大切だなと思いました。その子のことを一番よく分かっている方ですからね。それに保護主様も自分の里子がこれからどんなところで生活するのか、自分の目で確かめることが出来るし、安心だと思うのです。小さな命が幸せになれるよう、最後まで責任を持ってくださるこんな保護主様はほんとにとても頼もしくてありがたい存在です。

DSC_0701s.JPG

この子の兄弟もこの日のお見合いで決まりました。2匹とも同時に里親が決まり、おうちはちょっと寂しくなってしまうかもしれませんね…。嬉しくて寂しい気持ち、私も何度も保護していたのでよく分かります。特にミルクから育てた子は苦労も多いから里子に出すときはほんとに感慨深いですよね。2匹ともとってもいいお宅にもらわれたから、絶対幸せになりますよ!

DSC_0703s.JPG

この日の新聞の広告記事はこのビーグルMixの写真を掲載したのですが、それを見て朝問い合わせをしてきた方もいたそうです。その広告のせいか、この日はワンコ目当てのお客さんが沢山来てくださったようでした。お客さんは沢山いるのに、ニャンコのほうはなんだかさっぱり。

結局ビーグルMixの2匹はどちらも里親様が決まり、これでビーグルMixのチビワン組みはすべて決まりました顔(笑) それからこの日でビューだった白ワンのうち男の子のほうが決まりました。大きい子は残念ながら決まりませんでした。やっぱ仔犬は有利ですね。

DSC_0721s.JPG

ニャンコのほうはやっと希望者が現れ、私が朝取りに行ったニャンコのうちの1匹が決まりました。でも私は夕方に用事があったため、お届けは他のスタッフさんにお任せしてしまいました。突然お願いしてしまって、すみませんでした。

今日も実家のミーちゃんは決まりませんでした。ミーちゃんもデビューから1ヶ月がたち、大きくなりました。新顔ちゃんたちはみんなミーちゃんより小さい子です。ビビリのミーちゃんは里親会に来るといつも隅っこのほうで小さくなっていますが今日は珍しく中に入れてるダンボールの上に乗らずにちゃんと下にいました。でも相変わらず隅っこ。他の子達は猫じゃらしにじゃれたりして愛嬌良くしているのに、ミーちゃんそれじゃダメじゃん。でもね、ミーちゃんの可愛いところは、呼ぶとちゃんと返事するんです。ケージ越しにいろんな方が「ミーちゃん」と呼んで下さっていました。そのたびにミーちゃんは「ニャー」と返事していました。何度呼んでもその度に「ニャー」。可愛いんだから〜。

臆病だけど、家だととっても遊び好きで、抱っこが大好きで、ず〜っと抱っこされてるミーちゃんです。こんなミーちゃんを家族に迎えてくださる方をお待ちしていまするんるん

DSC_0359s.JPG


ランキング参加中!クリックご協力お願いします。
にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへにほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ

ニックネーム Chirota at 20:25| Comment(0) | TrackBack(1) | 里親会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月23日

お誕生日おめでとう

更新がだいぶ遅れてしまいました。書きたいことは一杯あるんだけど、なかなか思うように時間が取れなくて…。

今日は10月23日。父の誕生日です。
お父さん、お誕生日おめでとうぴかぴか(新しい)

父は一見ムスッとしてて、初対面の方には「こわい」と思われるかもしれません。確かに小さい頃は厳しい父でした。でも、動物との事となるととってもやさしい父になります。娘より動物のほうが可愛いんじゃ!?って思うこともありますけどね。

思えば、私の小さい頃からよく動物を拾ってくる人でした。多かったのは鳥かな(野鳥は拾っちゃダメなんですけどね)。母も動物が大好きで、2人の結婚した決め手は動物好き同士だったからでしょうね。私はそんな2人の遺伝子を受け継いでるんだなーとつくづく思います。

私が旅行や帰省のときは実家にうちのモカを預けに行くのですが、きっと一番それを喜んでるのは父でしょうね。モカが来るととっても嬉しそうです。たまにモカを連れずに実家に行くと「なんや、今日は連れてきてないんか」と残念そうです。モカを預けると、まるで孫を抱いているようにモカを抱っこしながら近所を散歩している、と近所の方に言われているそうです。

昔野良ちゃんが仔猫を生んで庭に住み着いたのですが、その時も猫たちのために「猫小屋」を手作りしてくれました。今もニャンコハウスをダンボールで手作りしてくれます。今回うちの実家で保護しているミーちゃんも父が引っかかれながらも捕まえてくれました。ミーちゃんからしたら突然捕まえられて怖かったと思うけど、もし捕まってなかったら今頃寒くてご飯もおなか一杯食べれなかったんだよ。お父さんに感謝しなくちゃね。

このミーちゃんが入ってる箱が父が作ってくれたダンボールハウスです下
DSC_1188s.JPG


前回前々回とちょっと里親会は成果があまりありませんでした。前々回はチビワンが1匹、前回はチビニャンが1匹。やっぱみんなチビちゃんがいいのかな。どっちもまだチビなのでお引渡しは後日。

真ん中の子が決まりました。
仮名は「りんご」ちゃん。
DSC_0318s.JPG


この子は決まったチビニャンコ。
DSC_0309s.JPG


確かにチビちゃんのほうが可愛いです。でも、おうちを求めてる子はチビちゃんだけじゃないんです。半年経っちゃった子も、ちょっと前はチビちゃんだったんです。ちょっと大きくなっちゃった子にも目を向けてもらえるといいな。

この前の土曜日は、車掌さんとワンコを届けに行きました。今回またワンコを通じて素敵な方と出会うことが出来ました。こういう活動をしていると、人間の身勝手のせいで不幸になってる動物たちを数多く目にして、悲しくなることとか嫌になっちゃうこともあるけど、いい方との出会いも沢山あります。私はそんな出会いを大切にしていきたいなと思っています。

ランキング参加中!クリックご協力お願いします。
にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへにほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ

ニックネーム Chirota at 21:48| Comment(0) | TrackBack(1) | 里親会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月13日

里親会と運動会

今日は土曜日です。
里親会の記事を書こう書こうと思いつつ、なかなか書けなくて、明日で1週間になっちゃうところです。

日曜日は恒例の里親会。うちの実家のミーちゃんがデビューすることになっていて、ネットで記事を見た里親希望の方が里親会に来ることになっていました。

でも、近くなるまですっかり忘れてたのですが、この日、自治会の運動会でした!ミーちゃんは出さなきゃいけないので、とりあえず実家に行ってミーちゃんを連れてきて、里親会会場に置いてきてから運動会のほうに向かうことにしました。

ミーちゃんを会場に置いて、運動会に行こうと思ったら、次から持込を希望されているという方の猫の写真を撮ってほしいと頼まれました。自宅付近にいたのを保護したそうです。猫風邪を引いてるので今は里親会をお休みさせたいということでした。お子さんも動物が好きで、また近くに小学校があってよく動物が捨てられていて今までもよく保護されていたそうです。なんでみんな捨てるの??

DSC_0091s.JPG

このくらいの大きさだともらわれやすいけど、白黒はちょっと人気がないんですよね…。早く猫風邪治ってほしいな…。ちょっと休むとすぐ大きくなっちゃうから。

その後自治会の運動会へ。うちの旦那さんは4種目に出場していました。1種目には間に合いませんでしたが、行ったらちょうど2種目が始まるところでした。2種目目はムカデ競争。体格の小さいうちの旦那さんは背の順で一番後ろになっていました。転倒したとき一番前が一番ダメージが大きいから、大きい人が前になったそうです。

DSC_0166s.JPG

うちの自治会の結果は…残念ながらビリでした。

その後お昼になったので、旦那さんと合流しようと思ったら、突然ピンクのおばさんに呼び止められました。「婦人会の出し物をするんだけど、報告書を出すのに写真が必要だから撮ってほしい」ということでした。えぇーなんで私が??って思ったら「カメラマンですか?」って。ちげーよ!一般人ですって!一眼レフに300mm望遠レンズつけてたから?しょうがないので撮ってあげました。

DSC_0172s.JPG

で、出し物が終わったのでおばさんがまた私のところに来ると思ったら、みんな解散してしまって、誰も来やしません。撮ったはいいけど、どうすんの??本部にいたピンクの人を捕まえて事情を説明したら、「じゃあ、連絡先を教えてもらえますか?あとで連絡させます」って言われたので、住所と電話番号を書いて渡しました。その後…何も連絡はありません。いったいなんなのよっ!ご飯食べずに撮ってあげたのに。ていうか、そんなことなら事前に誰かに頼んどくべきでしょっ。

その後ようやくご飯にありつけましたが、案の定お昼の時間が短くなっちゃいました。旦那さんは私が来てるはずなのにどこにもいないから、車に戻って一人でご飯食べてたみたい。みんなと一緒に食べりゃいいのに。まあ後で合流しましたけどね。

その後また旦那さんの出る種目がありました。長縄跳び。うちの自治会の記録は…3回だったかな?年齢問わずだったので、うちの自治会は子供が沢山出ていました。なのでちょっと難しかったみたい。自治会対抗リレーまで見たかったけど、里親会が終わる時間になったので里親会会場に戻りました。

ネットで問い合わせがあった人は無事譲渡できたそうです。

DSC_1141s.JPG

この子がそうです。淡い三毛ちゃん。「タキタニ」ちゃんという名前をつけてもらったそうです。可愛がってもらってね。

その他に3匹決まりました。1匹は一度もらわれたものの先住猫ちゃんと相性が悪く戻されちゃった子。でもこの日決まったということで、里親さんも安心したでしょうね。今度は出戻らないでね〜。

DSC_0109.JPG

あとは宇都宮の近所の野良猫対策をしている方の仔猫。8月末に生まれてこの日デビューでした。5匹きょうだいのうちメス2匹がもらわれました。

この子はぷりんちゃん。
チャップリンのようなおひげがあるので。
DSC_0135s.JPG

この子はまるちゃん。

DSC_0122s.JPG

そしてこの子達は残った男の子たちです。この子たちもカワイイ!

DSC_0138s.JPG

里親会の後、車掌さんは1ヶ月前に里親先で行方不明になった子の情報が入ったということで鹿沼へ。行ってみたらその子だったそうです!その後他のスタッフも加わり捕獲作業したものの、警戒心が強くなっててダメだったようです。翌日もスタッフ数名が行って捕獲を試みましたがやっぱりダメ。

うちの犬好き広報担当スタッフが一番頑張ってくれて、平日も向かってくれたようです。その後、小山支部のスタッフの方がその子のきょうだいを連れて行って一緒に遊ばせて、見事保護することが出来たそうです!よかったぁ。彷徨っていた間、どんな気持ちだったんだろう。でも最後にいたパチンコ店の方には可愛がってもらったみたいだし、よかったです。その子はまた小山支部のほうに戻ることになりました。

今週はきっとみんな動物関係のことでいろいろ大変だったと思います。体制が変わってから、みんな以前に比べて確実に変化している気がします。みんな自分の意思で行動し、動物のために一生懸命になっています。いい仲間に恵まれて良かったなぁと思います。

ランキング参加中!クリックご協力お願いします。
にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへにほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ

ニックネーム Chirota at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 里親会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月08日

いっちゃんお届け

土曜日はシャムのいっちゃんを里親様のところに届けに行きました。この日の予定は、

@新宿へいっちゃんお届け
A南麻布へワンコ「ムック」里親様のお宅訪問
B横浜へワンコ「さくらちゃん」里親様のお宅訪問

でした。けっこう盛りだくさん。3件回るから早めに出たほうがいいなと思って、私は8時くらいにこっちを出たらいいかなと思ってたのですが、一緒に行ってくださる車掌さんが前日に「9時くらいに出発かな」と言っていました。道に慣れてる方なので時間の感覚は私よりあると思いますが、えーそれで間に合うのか?と思ったので、9時より早く出たいと伝えました。

そして、当日、私は実家でいっちゃんの準備をして待機していたのですが、案の定8時半になっても連絡が来ません。母にも「何時に待ち合わせなの?」って言われちゃった。結局9時前に連絡が入り、待ち合わせしたんですけど、その待ち合わせ場所がかみ合ってなくて、結局合流できたのは9時半過ぎ。結局出遅れちゃったよー。予想通りまたしても車掌さんは朝から動物関係のことでいろいろ動いていたようです。しょうがないなぁ、もう。でも、待ち合わせ時間くらいはっきり決めてくださいよっ!

移動でウ○チしちゃういっちゃんは、前回の病院のときの方法で連れて行きました。いっちゃんをチロタ袋に入れて私が抱っこして、車掌さんに運転して頂きました。いっちゃん、移動中私の顔を見てしょっちゅう「ニ゙ャー」と鳴いていましたが暴れまわることもなく心配していたウ○チもせずいい子でした。

一応地図も持っていったのですが、道に詳しい車掌さんにはほとんど必要なかったみたい。気がついたら1件目のいっちゃんの里親さんのおうちの付近に来ていてびっくりしました。結局お昼前の到着になってしまい、里親さんがお昼を用意してくださっていました。なんだかご飯を頂に来たようで申し訳なかったです。

早速先住の猫ちゃんたちがいっちゃんに挨拶に来ました。ロシアンのオスちゃんはとっても怖がりだそうで、私たちもなかなか姿が見れませんでした。他の子はとりあえずいっちゃんのところに来てすごくにおいをかいでお決まりの「フーッ!」。いっちゃんもチロタ袋に入ったまま固まってしました。でもわりとすぐ慣れちゃったみたいで、ケージに入れてもらったらとってもくつろいでいました。

icchan5

いままでも、いっちゃんはわりと知らないところでもへっちゃらでした。新しい里親さんに抱っこされてもとってもいい子のいっっちゃん。正式に名前が決まったらどんな名前になるのかな。先住猫ちゃんたちにちゃんと受け入れてもらえるといいけど。たぶんあの調子じゃ、いっちゃんのほうはきっと大丈夫でしょう。耳ダニの治療が終わらなかったことが申し訳なかったです。すみませんが、いっちゃんのこと、宜しくお願いしますね。

DSC_0044s.JPG

次は南麻布のワンコ「ムック」のおうち訪問です。この子は私が問い合わせには応じていましたが、お見合い当日は帰省で欠席してしまったので里親様にお会いするのは初めてです。しかも都会のど真ん中にとっても広いマンションに住んでいらっしゃるし、田舎もんの私としてはそれだけで緊張してしまいます。

おうちに上がらせていただくと、大きな油絵が何枚も飾られていたり、ピアノやヴァイオリンもあるし家具もとっても素敵でした。私がそれに見とれていると、そこへ「ムック」がやってきたので、私は大喜びでムックをなでちゃいました。でもムック、最初私のところに来てくれたくせにそのまま私をトンネルにしてくぐっていき、後ろにいた車掌さんにひたすら甘えていました。ムック〜それはひどいよ〜。私にも触らせてよー。

DSC_0048s.JPG

おもちゃも沢山もらってるみたいで、ケージの中から加えて運んでは、私たちの足元に落としました。沢山おもちゃもらってよかったね。トイレのしつけも、最初は失敗したものの、今ではシートでしかやらないというので安心しました。この子は将来どんな大きさになるか分かりません。4人の獣医さんに聞いて、2人は20kgクラスの大型になるだろう、と言い、2人はそんなに大きくならず、10kgちょい程度だろう、と言っていたそうです。里親様は「将来どんな大きさになるか楽しみ」と言ってくださいました。小さい犬が喜ばれる今の世の中、里親を希望される人の中には「あんまり大きくなるのは困る」と言う方もいます。そんな中でこういう言葉は嬉しいですよね。

DSC_0060s.JPG

3件目は横浜の「さくらちゃん」里親様。ちょっと道が込んでて遅くなってしまいました。ちょうど夕飯時の忙しい時間だったでしょうに、お邪魔してしまって申し訳なかったです。この日は午前中運動会で、連れて行ってもらったらしく、ちょっとお疲れモードで私たちが行った時もサークルで寝ていました。

DSC_0072s.JPG

ここのおうちはお子さんが2人いて、さくらちゃん効果絶大で早起きするようになったとか。家族がみんなでお世話してくださっているそうで、とってもうれしいです。子犬の頃は無条件に可愛いですよね。みんなお世話したくてしょうがないかもしれません。それが今だけの話ではなく、この子が大きくなっても変わることなく是非続けて欲しいです。
お庭もこの子のために改造してくれるとか。どんな風になるのかな。子供たちとともにこの子がここで成長していくのが楽しみです。

訪問させて頂いた皆さんにもまだお礼メールが出せていません。あとで必ず出しますね。申し訳ありません。「いっちゃん」「ムック」「さくらちゃん」をこれからも宜しくお願いしますね。

日曜日の里親会の事も書きたかったけど、ここまでで結構盛りだくさんになっちゃったからまた別記事で書くことにします。


ニックネーム Chirota at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 里親会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月03日

冷たい雨だったけど

日曜日は里親会の日でした。
天気予報は雨雨。しかも気温20℃を下回っていました。なんでいきなり寒くなるのexclamation&questionしかも先週も雨だったし。大蔵大臣さんがお仕事でお休みだったので、スタッフは1人欠員。でも小山支部の方のスタッフさんが来てくださることになっていたり、持ち込みの方でずっと前から近所の野良猫を保護しては里親会に出していた方が来てくれることになっていたので、助かりました。この持込の方はスタッフではないのですが、来てくださるとほとんどスタッフと同じような働きっぷりなので、私たちも心強いです。

雨の天気の上に、この日は色々な所で里親会が開催されていたようだったので、お客さんは少ないだろうなー、と思っていたのですが、思いのほか沢山のお客さんが。しかも今回の新聞広告は先週デビューの壬生町の保育園に住みついている仔猫を出したのですが、その新聞を見て来てくださった方が新聞に載っていた子を希望され、めでたく里親さんに決定しました!

DSC_1104.JPG

その子のきょうだいの三毛ちゃんも決まりました。この子達は普段外にいて、先週里親会に出すのに保育園の職員さんが捕まえてきてくれたのですが、とってもノミだらけだったんです。先週は大蔵大臣さんとスタッフのAさんがせっせとノミ取りをしてくださいました。残る1匹は薄い三毛の子。以前ブログにも書きましたが、「ダイリュートキャリコ」です。この日デビューだったので、Aさんがフロントライン&ノミ取りをしてくださいました。

下この子は決まった三毛ちゃんです。
DSC_1115.JPG

あと決まったのが、小山支部の方の保護していた茶トラのニャンコ。白黒のニャンコと2匹で出されていましたが、この2匹、オス同士ですがとっても仲良しなんだそうです。白黒くんがとっても面倒見がよくて、茶トラくんをとっても可愛がってくれているそうです。そして、この日、茶トラくんだけ里親さんが決まりました。ケージから茶トラだけ出され、一人になると白黒くんは落ち着かない様子で鳴き始めました。ずっと一緒だったのにね。さみしいね。

DSC_1132.JPG

翌日、その茶トラくんの里親さんから問い合わせがあったそうです。なんでも、茶トラくんは里親さんのおうちで落ち着かず、暴れまわったり物陰からずっと出てこなかったり、誰かを探すように鳴くんだとか。きっと白黒君を探してるんですね…。それで、里親さんに白黒君のことを伝えて、2匹の仲の良さを話したところ、なんと、その白黒君も里子に迎えてくれることになったそうです!

Tom.jpg

保護していた小山のスタッフさんが白黒君を届けに行くと、どこかに隠れていた茶トラ君が出てきて白黒君の後をついて歩いたそうです。それだけ2匹の絆は強かったんですね。オス同士なのが気になるところですけど、様子を見ることにしたそうです。理解のある里親さんで2匹が幸せになりました。なんか心があったまりますね。せっかく仲良かったのに、2匹一緒の写真撮り忘れちゃった顔(泣)

この日デビューの子もいました。1匹はキジトラの4ヶ月の男の子。里親会のケージに入れたらちょっと怖がってビクビクしてかわいそうでした。でもたいていの猫は1回目はそうですからね。

DSC00102_R.jpg

あともう1匹もこれまたちょっと大きくなってしまった5ヶ月の男の子。見た感じメインクーンの血が入ってそうな感じです。毛が柔らかくてふさふさしてて、尻尾の毛も長くてゴージャスです。指の隙間からも長い毛が出ていて、長毛種の血を感じさせます。模様は白×黒トラだけど、トラ模様もきれい。それからちょっと足が短い感じがします。マンチカンの血も入ってるのかな?

DSC_1137.JPG

スタッフのAさんは、この子のことを「デブ猫ピヤ君みたい!」って言ってました。皆さん動物奇想天外はご覧になってますか?あれで登場するデブ猫ちゃん。確かにちょっと似てるかも??ちょっと大きくなっちゃってるけど、この子なら里親さん見つかるんじゃないかな。

火曜日は実家で預かってるシャムのいっちゃんを病院に連れて行きました。その事とか、実家で保護した三毛ちゃんの事も書きたいけど、すでに結構長くなっちゃったので、また日を改めて書くことにします。

ランキング参加中!クリックご協力お願いします。
にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへにほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ



ニックネーム Chirota at 22:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 里親会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月24日

三連休もいろいろありました

宮崎から金曜日に帰ってきました。
前回のブログの記事の件は、依頼者の方から連絡があり、預かり先がなんとか見つかったそうです。心配してくださった皆さん、預かりを申し出て下さった方々、ありがとうございました。

今週末は3連休でしたね。
この3連休はどの日も里親会関係の用事が入っていました。

まず土曜日は…
日曜日の里親会で、シャム猫いっちゃんのお見合いが入っていました。里親希望者さんは東京の新宿にお住まいのご夫婦。先住猫が(4匹)いるので、エイズ・白血病陰性が条件でした。その後夫婦、なんと前日入りして一泊して里親会に来るというのです。そして、「夜餃子でもご一緒しませんか」というお誘いが!

icchan.jpg

里親希望者さんとお食事できる機会なんてめったにありません。しかもずっとメールでやり取りしてたから、やっぱり直接色々お話もしてみたい。私は喜んでご一緒させてもらうことにしました。でも餃子やさんでゆっくりお話…それはムリじゃないか??

ということで、餃子はお二人で先に食べてもらって、夜どこかでご一緒しましょうということになったので、私はどこに行こうかとネットで色々探しました。宇都宮といえば、餃子もそうだけど一応ジャズとカクテルの街です。なので、ジャズの生演奏が聴けるカクテルバーを探しました。土曜日に生演奏しているところというと限定されます。その中で「Free Flight」というお店に決めました。
http://www.tochinavi.net/shop/shop1.shtml?s=771

6時か7時くらいに合流できたらいいなと思っていたのですが、夕方4時くらいになって突然胃腸が痛くなって来ました。なんかムカムカして胃薬飲んだら吐いちゃって、さらに正露丸飲んで暫く寝てたらまた吐いちゃって、お腹のほうもゴロゴロ。どうも何かにあたってしまったようです。考えられるものはというと、帰省前から冷蔵庫に入ってたお茶を飲んじゃったことか、前日の夜から直射日光の当たる窓の近くにおいてあったおはぎを食べちゃったことか…。数時間ぶっ倒れてましたが、なんとか7時くらいに復活し、その後準備して出かけました。里親希望者さんにはお待たせしちゃって申し訳なかったです。用事のあるときは怪しいもの食べちゃダメですね。あ、その後は胃腸は全然大丈夫でした。

里親希望者さんご夫妻と私とうちの旦那さんとで飲んで、暫くしてから車掌さんが合流してくれました。きっと里親会のこと色々聞かれると思ったのですが…里親希望者さんの旦那様がとってもお話好きの方でしかも色々楽しい話をしてくださって、とっても楽しい時間を過ごす事ができました。

翌日の日曜日は里親会。
前日入りしてくださったシャムのいっちゃん希望者さんの依頼で、いっちゃんを朝一で病院に連れて行きました。飼い主さんのおうちに取りに行って病院に向かったら、なんと途中でウ○チされちゃって、しかもそれが下痢っぽく、その上キャリーの中で暴れてウ○チまみれに顔(なに〜)病院に着いたらシャムちゃんに付いたウ○チを拭き、キャリーは看護婦さんがきれいにしてくれ、やっと検査したら…エイズも白血病も陰性でしたClap

その後希望者さんと面会してもらって、めでたく交渉成立。里親さんは下痢をしているいっちゃんが気になってしまって、一刻も早く自分のかかりつけに診せたいと言います。でも私はあの移動中のいっちゃんの様子を見るとあの状態で連れて行って欲しくなかった。結局いろいろあって、後日お届けすることで落ち着きました。その間は、私の実家で預かって、下痢と耳ダニの治療をすることになりました。時間もあまりなかったのになかなか決断できなくてゴメンナサイ。

その他に、この日は横浜からワンコ希望の方がお見合いに来ることになっていました。この方も私がずっとやり取りしていて、お会いできるのを楽しみにしていました。ご家族みんなで来て下さって子供さんたちもワンコを見てとっても喜んでました。飼い主さんのところでピンクの首輪をつけてもらっていたら上のお姉ちゃんが「ピンクの首輪してるから『さくら』ちゃん」って名前をつけていました。来る時事故渋滞だったと言っていました。遠いところ、わざわざこのワンコに会いに来て下さってほんとにありがとうございました。

sakura.jpg

この日は他にもニャンコが2匹決まりました。1匹は今日持ち込まれてすぐ決まっちゃいました。なので、私はシャムのいっちゃんのほうに追われててその子を見てないんです。どんな子だったのかな?でも、幸せになってくれれば別にいいや。

この子もこの日もらわれた子です下
ssannyan1.jpg

今日月曜日は午後いっちゃんの再診に行って来ました。実家にいっちゃんを取りに行って、病院に向かう途中、またウ○チされちゃいました。今日は助手席にキャリーを置いといたから、あ、やった!と思ったらすぐに車を近くに止めていっちゃんが踏む前にシーツを片付けました。そしてまた病院に向かうと…またやってる!なんでこの子はキャリーに入れて移動するとウ○チするの??困った子だなぁ。

診察を受けると、昨日の診察では検便では虫はいないがよくない細菌がいると言われたのですが、今日はいなくなっていました。なので耳ダニの治療と整腸剤をもらって帰って来ました。帰りにケージが必要だったのでスタッフのAさんのおうちに寄って、ケージだけもらうつもりが1時間くらい立ち話しちゃいました。夕飯どきなのにゴメンナサイあせあせ(飛び散る汗)

そうそう、いっちゃんを実家に迎えに行くときに、実家でちょっと事件がありました。でもそれも書くと長くなっちゃうのでそれはまた別の日に書きますね。

ランキング参加中!クリックご協力お願いします。
にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへにほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ

ニックネーム Chirota at 23:37| Comment(0) | TrackBack(3) | 里親会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月20日

【緊急募集!】2匹の猫の半年間の一時預かり

まだ帰省先の宮崎にいます。なのでまた携帯から投稿です。

先日の里親会は私は行けなかったけどお見合い予定だったワンコも無事里親が決まったようです。保護主さんも里親さんもとっても良い方でとってもいい譲渡ができたと車掌さんから報告がありました。私も会いたかったよー。

他にもニャンコが3匹決まったそうです。うち1人は先日子猫を里子に出した保護主さんでした。先住猫ちゃんが保護してた子猫を里子に出したら元気がなくなっちゃったので、やっぱりもう1匹飼おうという事で里親会に来たいと私に連絡があったんです。なんだかそのまま保護した子を残せば良かったですねぇ。でもいなくならないと分からないことですしね。

私は里親会に行けないので大蔵大臣さんに託しておいたのですが、無事お気に入りの子を見つけて里親に決まったそうです。先住猫ちゃん、気に入ってくれるかな。

宮崎に着いたとたんに、ある問い合わせが来ました。猫2匹を事情により飼えなくなったので引き取ってもらいたいと。メールの様子からして緊急度が高そうだったし、こういう問い合わせはいろいろ大変なのでちょっと帰省先からはやりにくいなぁと思い、車掌さんに対応をお願いしました。

その後車掌さんがその方に連絡して下さったところ相談者の方はすごく泣いていたそうです。何とかしてあげたくて、ブログの記事にすることをその方に了承してもらったので書かせていただきますね。

なんでも、旦那様の海外出張が決まり、会社が用意してくれた物件はペット不可だそうで、ペット可の物件に変えてもらえるよう頼んだもののそれは認めてもらえなかったそうです。親兄弟や友人知人に相談しても全て断られてしまったそうです。最悪の手段をすすめる人もいたりしたということでした。私は旦那さんの単身赴任をすすめてみたのですが健康面での不安があり1人では行かせられないとか。そして今週中には何とかしないと引っ越しの期限が迫っているというのです。

こういう活動をしているとどうしてもそんな話を聞くと「飼育放棄だ」と言いたくなります。私たちとしては飼う時には何があっても手放さない決心のもとで飼ってほしいから。でもこの方もそれは充分分かっているようでした。だからこそこの状況に納得できず、だからといってどうすることも出来ず、タイムリミットも迫り、まさに八方塞がり状態で、辛くてどうしようもなくて泣いてしまったのでしょう。

活動家の方の中には納得できないところもあるかもしれませんね。でもこのままではその方もその家族も、もちろん猫たちも不幸です。何とか納得できる形にしてあげたいと思いました。と言ってもうちの会では預かりの出来る者がおらず、私の出来ることは預かり先を探してあげることくらいしかできません。それでも出来ることはしてあげようとネットで募集をかけることにしました。

幸いなことに相談者さんの努力のおかげでその方のお姉さんが来年3月末からなら預かれると言って下さったそうです!相談者さんもその方がこれからも会うことが出来るからそうしたいと。でもそのためにはそれまでの約半年の期間預かってくれるところを探さなければなりません。

猫は2匹いて1匹は2歳のキジトラMixの男の子、ワクチン、去勢手術済みだそうです。もう1匹は4月生まれの三毛の女の子。ワクチンは済んでいるそうです。今日の写真はこの子達です。男の子の方がとっても臆病さんだそうで、沢山の子達の中に入れない方がいいだろうというのが車掌さんの意見です。そして2匹はとっても仲がいいそうなので2匹を離すこともしたくない。

1.JPG


ruru.JPG


この問題が解決しないので引越を10月2日まで延ばしたそうです。それまでにこのニャンコ達を半年の間受け入れてくれる所を探さなきゃいけません。

ruru_jiji.JPG


このブログを読んで下さっている方々、どうか力を貸していただけないでしょうか。そしてここで動物を飼っている方や飼おうとしている方にお願いしたいことがあります。それはこんな状況になることがあるということを忘れないでほしいんです。人間が生きていく中ではいろいろな状況の変化があります。その変化の時に放棄され不幸になる動物達が後を絶ちません。飼われている動物達は飼い主さんがいないと生きていけないんです。そのことをきちんと頭に入れて、その子が生涯を閉じる時まで責任をって飼って欲しいと思います。
ニックネーム Chirota at 20:57| Comment(0) | TrackBack(2) | 里親会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月16日

なかなか更新できない

image/chirota-2007-09-16T12:51:13-1.JPG

今日から金曜日までうちの旦那さんの実家のある宮崎に帰省します。今日は初めて携帯から記事を投稿してみます。うまく行くかなぁ?

前のブログの記事からだいぶ経ってしまいました。こないだの日曜日の里親会のことも書けなかったし。更新がなくて心配して下さっている方もいらっしゃって、申し訳ないです。

頑張れば書けるんですけどねぇ、私ブログ書くと長くなっちゃうんですよ。みなさんもうお分かりだと思いますが。ちょこっと書くだけなら短時間でできるけど欲張りな私はついあれもこれもと書いてしまいます。だからまとまった時間がないと書けない。

今週も書きたいことは沢山ありました。
●里親会のこと
●里親会後のつくば市へのワンコのお届けのこと
●6月にお届けしたうちの実家で預かってた子たちの里親さんからのメール(あのYahoo!動画ランキングですごいアクセス多かった子たちです)
●協力者宅の黒ニャンコ達のこと
などなど。

今週はちょっとブログを書くような時間が取れませんでした。土曜日に家の2年目点検があったので平日も少しずつ片付けをしてました。そんなの普段からやっておけ、とこれを読む父は言うかもしれませんねぇ。まぁすごく散らかってたわけではないのですけどね。

あと先週の里親会後から協力者のところで預かってもらってるニャン5匹が検便で回虫とコクシジウムが出ちゃって、その預かってくれてる人が「薬が飲ませられない!」というので私たちスタッフが日替わりで薬をあげに行ってました。私も何日か会社帰りに寄ってあげてきました。

コクシの薬、とっても苦いらしく処方された薬は子猫には大っきい錠剤(1/4にカットしても)。そのままあげたらチョー苦いのか泡吹いてヨダレだらだら。初日はかなり苦労しました。その後いろいろ工夫を重ねあまり苦労せずあげられるようにはなりました。今日再検便の予定ですが、どうだったかな…。

それとネットに載せてるワンニャンの問い合わせも今週は結構ありました。といっても大きい団体さんに比べると少ないんだろうけど。
私はどうもメールも長文になってしまいます。だから1つ1つのメールにもすごい時間をかけてしまいます。まぁそれがいい方向につながることも多いので出来る限り1つ1つじっくり応対したいと思っています。こちらが一生懸命説明するとこちらを信頼して下さる人も沢山います。会話もそうだけど。まぁ中にはめんどくさく思われる方もいますけどね。

私のところに来る問い合わせは、1匹の子に複数来ることもあります。でもその子の里親になれるのは1組。じゃそれ以外の方は残念でしたーということになってしまうのですが、せっかくその子を通じて希望者さんと私の間で一つの縁ができたわけですから、たとえ今回はその子と縁がなかったとしても別の子との縁ができるかもしれない。だから私は1つ1つの縁を大切にしていきたいと思ってます。

今壬生では里親会を開いてる時間です。スタッフから私のところに里親が決まった報告メールが来ています。みんな幸せになるんだよ♪

メールで記事投稿すると写真は1枚しか送れないそうです。じゃ、下野新聞に出した今日の里親会用の写真を送ってみようかな。

あ、しまった、ランキングバナーが載せられないのかぁ。みなさん、ぜひ左上のバナーを押していって下さいね。



ニックネーム Chirota at 12:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 里親会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月04日

新聞効果絶大!

昨日は里親会でした。
小山支部の方がお休みなので、小山の子達をこちらで何匹か出すことになっていました。ワンコが2+3、ニャンコが1。それから公園で子犬を拾ったという方の持ち込みがありました。あとはいつものビーグルMixといつものニャンたち。

この日は朝からなんだか大盛況でした。何ヶ月も全く決まらずず〜っと残っていた白黒猫のんちゃんとシャム兄弟を写真つきで新聞広告に載せたら、それを見て来てくださったという方が沢山!新聞ってすご〜い。

新聞に載せたのはこの写真です下
forShimotsuke1.JPG

新聞に載ってた白黒の子がいいという方が。新聞の白黒はのんちゃんです。のんちゃんは5月からずーっと来てるのに全然決まらなかったんです。いろいろお話して、先住のオス猫がいることだけが気になりましたが(のんちゃんもオスなので)…最終的には保護主さんが納得すれば決めましょうということになり、以前もオス同士で飼われていたということもあって、のんちゃんをこの方に託すことに決まりました。

今回は会場でお引渡しし、後日保護主様が里親様のお宅に会いに行くことになりました。お引渡しの時、保護主様の目には涙が。もうずっと一緒にいましたからね。家族です。決まって嬉しいけど、いなくなることは悲しい。複雑な心境は私も保護した事のある身ですからよく分かります。

のんちゃん、幸せになってね。
DSC_0542s.JPG

この保護主さんのお住まいの近くは野良猫だらけです。のんちゃんは春生まれですが、今度は秋生まれの子が出てきています。この日、次の子達が捕まえられたので連れてきて下さいました。ちょうど生後1ヶ月くらいということです。実はこの子達の次にも、8/27に生まれた子が5匹いるそうです。ここの野良猫問題、なんとかしないといけませんね。

この子達が秋生まれ第1弾。
次回の里親会にも出します。
DSC_0592s.JPG

そして、他にもず〜っと決まらなかった子たちが続々と決まりました。シャム3兄弟のうち2匹がこの日決まりました!すごーい。
保護主さんは3匹に「いち、に、さん」と名前をつけていました。決まったのは「にーちゃん」と「さんちゃん」です。残るは「いっちゃん」。新聞に載せた写真は「いっちゃん」です。
「にーちゃん」の里親様は、佐野の方で、実は先週もこちらに来てくださったそうです。近い距離ではないのに、毎週見に来てくださるなんて…。嬉しいです。

この子が「にーちゃん」
nichan.JPG

そして、「さんちゃん」。この子は一度もらわれて、その日に戻されちゃった子です。臆病でいつも里親会に出す時に取りに行くとどっか隠れちゃって引っ張り出すのが大変な子でした。里親様に一度出戻った時の事をお話したところ、今飼っている子も臆病ちゃんだとか。理解のある人だから、今度は大丈夫かな。幸せになってね。

DSC_0544s.JPG

あと今日はチビ猫「おはぎ」ちゃんの里親さんが決まりました!4匹兄弟で3匹はとってもいいところにもらわれていき、1匹残っていました。お届けに行ってきましたが、4号沿いのコンビニを経営されている方。お店のすぐ裏にいる形になるようですけど、店から道路に出てしまわないか心配です。おうちの方はいい方そうなので、それだけが心配かな。前の猫はメインクーンだったそうです。盗まれたとかいってたけど!?ご両親は洋猫がお好みだったようですが、娘さんがおはぎちゃんを気に入ったようです。お引渡しの時とっても嬉しそうな顔をしてました。あそこならいつでも見に行けそうだし(お店に行けば会えるし)、よかったですね。

DSC_0545s.JPG

あと、この日事件がありました。
この日は小山支部の黒いワンコが1匹もらわれたのですが、もらわれた先で逃げてしまったと連絡が入ったんです。とりあえずスタッフが抜け出して捜索したものの、行方知れず。里親会が終わったあとも捜索を続けたようですが目撃情報もなく全く手掛かりなし。

今日(月曜日)大蔵大臣が仕事がお休みだったそうなのですが、せっかくのお休みのところをワンコの捜索に行ってくださったようです。でもやっぱり手掛かりなし。どこ行っちゃったんだろう…顔(汗)

西方付近で彷徨っている黒いワンコを見かけた方がいらっしゃいましたら、是非情報をこちらまでお願いします!

ちなみに、保護元は下野市(旧石橋町)です。残念ながら、写真撮らなかったんですよーゴメンナサイ顔(え〜ん)

前にもスタッフがお盆休みのところを猫のお見合いに奔走してくれましたが、今回もスタッフがお休みにもかかわらずワンコのために時間を費やしてくれました。みんな責任感があって、情熱があって、私の周りはとってもいい仲間に恵まれています。こんな仲間と活動してるからこそ、自分もやる気がおきますよね。

そうそう、猫のお見合いに奔走してくれた男性スタッフが、実は私と同い年だったことが判明しました。なーんだ、そうと分かればいろいろ頼み事をしやすくなったぞー。バンバンお願い事しちゃおうっとるんるん日曜日も早速チラシの掲示をお願いしちゃいました。既に2ヶ所貼ってくれたとか。仕事が速くていいですねーClap広報担当決定だな。

5人の仕事分担、なんとなくこれで決まったのかな。

車掌さん:渉外担当
Oさん:財務担当(大蔵大臣)
Aさん:管理担当
Tさん:広報担当?
わたし:Web担当

スタッフの方々、いかがでしょうか?

またまたかわいい猫グッズを頂きました。
Aさん、ありがとうございます!
みんなにお祝いされて、すごく嬉しかったです黒ハート

070903_2133~0001.jpg


ランキング参加中!クリックご協力お願いします。
にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへにほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ

ニックネーム Chirota at 02:31| Comment(3) | TrackBack(2) | 里親会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月31日

おじいさんニャンズ手詰まり状態!?

前回のブログでも少し書きましたが、例の宇都宮市のおじいさんの所のニャンコはそのうち1匹がエイズ検査で陽性が出ちゃったこともあって、今後の里親探しに暗雲が立ち込めています。

今回のブログはその猫たちについて書きたいと思います。

宇都宮市在住のおじいさん宅で野良猫が今年の春6匹の仔猫を生みました。私は初め、おじいさんの飼い猫の避妊手術をしなかったために生まれてしまったのだと思っていたのですが、よくよく話を聞くと、野良が庭先で生んだという話でした。うち2匹のオスはおじいさんが自力で里親を探しましたが、それ以外のメス4匹は生後4ヶ月の現在も里親が決まっていません。

Gnyan1.JPG

おじいさんは息子さんと2人でお住まいで、家には外中自由に飼われている猫がオスメス3匹(内訳は確認できていません)います。話を聞くと、その3匹も同じ野良猫が生んだ猫で、去年の春の子1匹から始まり、秋の子2匹もおじいさんが飼い猫にしたようです。そして今回の6匹が3回目ということになります。

現在、この春生まれた仔猫は、自宅の屋根つき駐車場の下に2つのケージ(40cm×60cmくらい?)が出入り口で合わせる形でつないであり、うち1つの中にトイレとフードが入っており、もう1つの中に仔猫が4匹とも入っている状態です。生後4ヶ月という大きさを考えても窮屈な状態ですが、1日中その中で生活しているそうです。朝だけはいまだに親猫が来て母乳を与えるそうなのでその間だけ仔猫たちにリードをつけてケージから出しているそうです。おじいさんとしては、仔猫なので道路に出ると車が通って危ないからということでケージに入れているようです。

こんな状態では、遊び盛りの仔猫にとってはストレスですし、ずっとケージのまま外に置かれているというのは万一心無い人が危害を加えようとした時にも逃げようがなく、とても危険な状態だと思います。

前回のブログにも書きましたが、先日その子猫のうちの1匹に里親希望者が現れました。その方は先住猫がいるためにエイズ・白血病が陰性であるのが条件だったので、希望の子だけをとりあえず検査したところ、白血病は陰性でしたが、残念ながらエイズは陽性という結果でした(→猫エイズについて)。
ただ獣医師の話では、まだ親の影響が残っている可能性があるから、正確な結果を知る為にはあと3ヵ月後くらいに再検査した方がいいと言われました。でも、そんな時期まで待つことも出来ず、残念ながらその希望者様との話は破談になりました。

Gnyan2.JPG

月齢の若い仔猫は、検査しても正確な結果が得られないため、この陽性反応の子が絶対にエイズキャリアかどうかは分かりません。他の姉妹もそうです。ただ、残る3匹も姉妹だし、あの狭いところで一緒に生活していることを考えると、検査しても恐らくみんな陽性反応が出るでしょう。そうなると、エイズキャリアとして里親募集をする必要があり、里親探しが困難な状況となってしまいました。初めからエイズと分かっていて里親になってくださる方を探し出すのは至難の業だと感じています。

でもこのままあのケージの中で大きくなっていくのを黙って見ているわけにもいかないし、なんとか解決の方法はないかといろいろ考えていますが、糸口が見えません。

万一、里親が見つからなかった場合、里親探しをあきらめて去年の猫たちのようにおじいさんの家の猫として飼ってもらうことになってしまいますが、そうなった場合、大元の母猫・今の飼い猫・子猫たちの合わせて6〜7匹はメス猫だから手術の必要があるし、年金暮らしのおじいちゃんにはそんな負担かなり痛いです。

Gnyan3.JPG

それに仮にみんな手術できたとしても、おじいちゃんにもし何かあったとき、あの猫たちはどうなるんだろう、と思ってしまいます。同居している息子さんがその時全ての猫たちの面倒を見てくれるかどうかも分かりませんし。

猫エイズと言っても、発症しない場合もあります。エイズキャリアだからと言ってすぐ死んでしまうわけではありません。猫が安心して快適に暮らせる環境を用意してあげて、健康状態に注意を払えば、エイズでも長く生きられる子もいます。中にはエイズキャリアのまま天寿を全うする子もいるんです。

猫エイズなんて怖くない

でもきっと最初から分かってたらみんな敬遠しますよね。誰だって健康な子がいいでしょうし。初めから医療費がかかることが予想される子を里子にしたくないでしょう。でも、この子達にも幸せになって欲しいんです。

Gnyan4.JPG

この間、このおじいさんのおうちに行きました。ケージに入れられた4匹が、ケージの中から私のほうを見てニャーニャー鳴いていました。あの様子を見てしまったら…何とかしてあげたいと思ってしまいます。なんだか仕事中もあの子達のあの表情が頭から離れなくて…。

この子達の解決方法、なにかありましたら教えて下さい…。

ランキング参加中!クリックご協力お願いします。
にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへにほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ

ニックネーム Chirota at 01:50| Comment(3) | TrackBack(2) | 里親会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月27日

盛り沢山で人手不足だ〜

昨日は里親会の日でした。
この日は、あのおじいちゃんの猫をいつも迎えに行ってくれていたスタッフがお休みだったので、私と車掌さんがお迎えに行く予定でした。

うちは自治医大、おじいちゃんちは宇都宮の鶴田。日曜日で道がすいてるとは言っても、結構距離があります。しかも、一旦壬生の会場に行ってから車掌さんは別のワンコのお迎えに行くというので、9時半くらいには壬生の会場に着いている必要がありました。そうすると逆算すると遅くとも8時から8時半の間に家を出ないといけないよなーって思っていました。むこうでおじいちゃんの話に捕まらないとも限らないし。

前の日に車掌さんと合流時間の約束をしたら8時半より前くらいに、というので、8時過ぎくらいからスタンバイしていました。でも8時を過ぎても一向に連絡がない。やっと8時20分頃にメールが入り、ワンコのお迎えが必要なくなったので、8時45分くらいに自治医大駅に行くということでした。なんだよー、こっちは8時10分くらいからいつ連絡が来ても大丈夫なように車の中で待機してたのにー。で、結局着いたのは9時でした。10時まであと1時間しかないじゃん!

でもね、車掌さんは気になるニャンコのために朝小山に行っていたそうです。寝坊じゃなく動物のためだったからまあ大目に見てあげるけど、待ってる方の気持ちも考えてよー。

この日はお見合いも3件予定があって、しかも私に問い合わせしてきた仔猫の保護主さんが里親会に猫を出しに来る約束をしていました。だから私はその方を迎えるために10時には行っておきたかったんですよ。で、結局10時は過ぎてしまいました。鈍行列車でほんとゴメンナサイ。鈍行っていうか、ダイヤの乱れじゃん!信用問題に関わるじゃん!

今日新たに持ち込まれた仔猫は私がお約束していた子(淡い茶トラの女の子)とまだ生後1ヶ月くらいの小さな三毛猫ちゃん。その両方が今日里親さんが決まりました!

DSC_0504s.JPG
DSC_0506s.JPG


この上の写真の淡い茶トラちゃんの里親さんは、前にも里親希望でご来場くださった方でした。今回やっとニャンコが迎えられて良かったですね!この方が再び来てくれて、あのニャンコが今回からの参加で、これも運命だったのでしょうね。もらって下さったお母さんも娘さんもとっても幸せそうな顔でニャンコを抱いていました。この人たちならきっとニャンコも幸せになるね。

なんだか何ヶ月もずっと里親会に来ている子もいるのに、新入りがその日のうちに決まるなんて、ちょっとずっと決まらない子には申し訳ない気もしますが、こればかりは縁ですからね…。

nonchan.JPG

この子は4月生まれのノンちゃん。もうずっと里親会に来ています。兄弟はとっくにもらわれたのに、この子だけずーっと残ってしまっています。目がきれいな、抱っこしているとおとなしい(家では元気一杯のようですが)可愛い子です。白黒、人気ないのかなぁ?やっぱりちっちゃい子がいるとおっきい子は不利になってしまいます。いろんな面を考えるとこのくらいのこの方が手間もかからないし、いいのですが、やっぱりみなさん欲しがるのは生後1ヵ月半から2ヶ月あたりの子なんですよね…。

ワンコのほうはもともと2組のお見合いが予定されていました。前々回持ち込みのワンと前回持ち込みのワン。今日めでたく交渉が成立しました。

DSC_0515s.JPG

このワンコの希望の方も実は2回目の問い合わせでした。1回目は残念ながら交渉成立しなかったのですが、根気よく里子探しをしてくださったようです。今回はこのワンコのために、改修工事までするとか。すごい愛されっぷりです。お届けはその工事が完了してから。どんなおうちなんだろー。

あと今日他にもワンコ1匹里親さんが決まりました。

DSC_0508s.JPG

これでビーグルMixの半年強の男の子はみんな決定。あとはまだ女の子数匹と成犬はまだ丸ごと残ってる。いつも会場に来ているのは女の子なのに、男の子の成立率が高いなぁ。なんでだろ?避妊手術イヤなの??

あと今日はおじいちゃんのニャンコに1件お見合いが入っていました。なんと東京の方です。わざわざ壬生まで会いに来て下さいました。先住猫がいるからエイズ・白血病陰性の子が希望でした。でもうちは事前に検査をするお金の余裕がないんです。だから、確実に「この子がいい」と考えてくださっている人からの要望なら検査しますが、全ての子に検査をしてあげることができません。その事を先方にお話したらとても理解のある方で、わざわざ東京から来るというのに、一旦お見合いに来てくださるということになりました。そしてその後検査をすることに。

DSC_0456s.JPG

11時くらいにその方が会場に来て下さいました。面会して、猫を抱いてもらって、「この子にしよう」とおっしゃってくれたので、その方を連れて動物病院へ。検査結果は10分くらいで出ます。その結果は…残念ながらエイズが陽性でした…。まだ3〜4ヶ月程度なら、親の影響が残っている可能性もあるので正確な結果ではないこともある、きちんとした結果が欲しいならあと3ヵ月後くらいのほうがいいと獣医さんには言われました。でも…そんなに待ってもらえないよ。「先住猫と隔離して飼うことができれば問題ないです」とも言うけど、そんなの、悲しいですよねぇ。

希望者の方は「先住猫がいなければエイズでも別に連れて帰るんだけど」といって下さいました。そう言ってもらえるだけ幸せです。今回1匹しか検査しなかったけど、あの子達は狭いケージの中で4姉妹で生活しているんです。きっと他の3匹も感染していると考えた方が自然でしょう。そうなるとあの子達の里親探しが難しくなってしまいました。エイズに理解のある方が現れてくれればいいけど、大抵は断りますよね…。発症しない場合もあるけど、発症しない確証もないし、発症したら治療費もかかるし精神的にもダメージがあるでしょう。あの子達の今後をどうするかが今回の課題になってしまいました。

このニャンたちの話はまた改めて詳しく書きます。

今日はなんだかバタバタして、お客さんを沢山待たせてしまいました。やっぱ今の状態だと人手が足りないなぁ。今日は持ち込みの保護主さんが手伝ってくれたりしたから助かりました。抜け出してお届け行ったり、病院行ったり、ってするとほんと手が足りなくなります。忙しいのはいいことなんですけどね。閑散としてるより。

この日、女性先輩ボランティアさん(うちの蔵相です!)から贈り物をもらいました。「ちょっと早いけど、来週来れないから」って。いつもいつもありがとうございます。家に帰って開けてみたら、可愛いニャンコの置物が3つ。益子焼の作家さんの作品のようです。

070826_2038~0001.jpg

先輩ボランティアさんは好きで新作が出ると行くんだとか。私も陶芸ではありませんが手芸は好きなので、こういう作品見ると、猫の表情とかに注目してしまいます。こんな可愛い表情をつけられるのって、この作家さんも猫好きなんだなーって思います。

モカがイタズラしようとしてます。
モカの来ない場所に飾らなきゃ。
070826_2040~0001.jpg


ランキング参加中!クリックご協力お願いします。
にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへにほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ

ニックネーム Chirota at 22:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 里親会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月22日

「石橋支部」改め「壬生支部」

日曜日は里親会の日でした。
新体制になって3回目。まだまだバタバタしていますが、最初の頃のような不安は段々無くなってきました。9月以降もこのまま継続できそうです。宿題沢山あるんですけどね。

この日は、「夏休みの間ボランティア活動に参加したい」という学生さん姉妹が、お手伝いに来てくださる約束でした。
来てくださったのはとっても可愛い姉妹でした。お姉さんは動物関係の学校に通われているとか。妹さんは…聞くの忘れちゃった顔(え〜ん)

でもせっかくお2人が来て下さったのに、なんだかこの日はお客さんが少ない。みんな夏休みも終わりに近いから遊びにいっちゃったの!?って思ったらなんだか手違いで下野新聞に広告が載らなかったらしい。そのせいなのかな?

この日は猫は12匹。ワンコは1匹のみ。
ワンコは下野市在住の方が市の施設内で保護した子です。保護主さんはとってもお調子者でしたが顔(イヒヒ)ワンコに対してはとても誠実で一生懸命でした。うちの「車掌さん」のことも勝手に「先生」と呼んでましたよ。まあ、今日は「車掌さん」が、学生さん姉妹に対してもいろいろ話してる様子を見て、なんだか先生と生徒みたいだなーと思ってしまいましたけど。

これがそのワンコ。かわいいです〜。
DSC_0473s.JPG

こちらは今回新しく持ち込まれたニャンコです。
DSC_0460s.JPG

このニャンコで、ひと騒動ありました。
持ち込んだ保護主さんは、「じゃ、あとはよろしくお願いします」と言って、猫を置いていきそうになっていました。あれ?なんかおかしいぞと、思って確認したら、やっぱりこちらに持ってくればそのまま預かってもらえると勘違いされていたようです。「預かってくれると思ったから連れてきたのに」と言われました。

車掌さんをはじめ、みんなが事情を説明をしたら、保護主さんは「もういいですから、連れて帰りますから」と言って、帰ろうとしてしまいました。そこを車掌さんが頑張って説得して、最終的には納得して頂いてまた次回も出していただくことになりました。よかったよかった。さすが頼れる車掌さんです。保護主さん、私達も頑張って里親探ししますので一緒に頑張りましょうね。

なんだか学生さん姉妹にも見苦しい場面を見せてしまったなーと思っていたのですが、学生さんは「その人の言いなりにならず猫のために説得している姿を見て感心していました。情熱がすごく伝わってきました!」とメールに書いてきてくれました。車掌さん、好印象じゃないですかるんるん

ここでもお伝えしておこうと思いますが、支部長さんが脱会された今、ここのメンバーで預かりのできるものはいなくなりました。だからこの壬生の里親会は現在持ち込みの方のためだけの里親会となっているんです。持込だけといっても猫は12匹。まだこれから出す予定の子もいます。預かりができないというのは会にとっても痛いことですが、ご理解頂きたいと思います。

それに、一箇所に沢山の犬猫が集まるのは大変危険です。前のあのパルボの一件のこともありましたし。犬猫のためには預からない方がいいこともあるんです。沢山預かったばかりに助けた命が逆に命を落とすなんてことになったら、とても悲しいことですよね。

この日は嬉しいこともありました。前にここからワンコをもらってくださった里親さんが、私のブログを読んで壬生里親会が大変なことになっていると思って、心配してきてくださったんです。「やっと今日は仕事が休みが取れたので」と言って、日光市からはるばる来て下さいました。私は来てくださるなんて思ってなかったので、お姿を見てびっくりしてしまいました。

こうやって、温かい目で壬生の里親会を見守っていてくださる方がいます。そういう方々とのつながりってとっても大切だし、こんな出会いがあるからこそ、この活動をしていてよかったなぁとつくづく思います。

その方はもともと猫を飼いたいと言っていた方でした。そして今回、なんと2匹のニャンコをもらってくださったんです。4匹きょうだいで、1匹は里親がほぼ決まり状態、残り3匹のなかでどうしようか迷われていました。「2匹までなら飼えるけどそしたら残った1匹が可哀想だし」と言って。

そして悩んだ末、茶×白の男の子とグレーのトラの子をもらってくださいました。ありがとうございます!

DSC_0345s.JPG
DSC_0441s.JPG

同じきょうだいのうちの1匹も、もともとお見合い予定だったこともあって交渉成立しました。おめでとー。
DSC_0347s.JPG

壬生の里親会ですが、これからは「石橋支部」の名称を変えて、「壬生支部」にしよう、ということになりました。今までは支部長さんのお住まいが石橋だったので「石橋支部」を名乗っていましたが、もうその必要もありません。里親会会場は壬生だから、会場のある壬生の名にしたほうが分かりやすいと思ってこの名称にしました。今までも、「石橋支部」といいながら、話の中では「壬生」と言ってましたし。

次回の里親会はワンコのお見合いが2件入っています。
ニャンコはサッパリ。困ったなぁ。チラシ作戦…やらなきゃかも。

ランキング参加中!クリックご協力お願いします。
にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへにほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ

ニックネーム Chirota at 02:20| Comment(2) | TrackBack(1) | 里親会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月17日

鈍行列車の乗務員たち

新体制となってから半月が経ちました。
スタッフ間ではこの新体制を鈍行電車に例えていますが、この鈍行電車の「車掌さん」から今後についてのメールが届きました。
今後の石橋支部がどうなるか、いろいろな方が心配してくださっているので、ここでちょっと今分かっている事をまとめようと思います。

まず、8月3日の記事で「1ヶ月の猶予」と書きましたが、今の体制で行けそうなら9月以降もこのままやらせてくださるそうです。まだまだ決めなきゃいけないことも用意しなきゃいけないことも沢山あるけど、このまま今のスタッフが壬生に残ってくれれば何とかやっていけそうな感じです。責任者は動物友の会の会長ということだそうです。

まったく一からやり直す感じなので、足りないものだらけです。里親会グッズも、揃えなおさなきゃいけないものが沢山あります。こないだの里親会では他のスタッフがいろんなものを気を利かせて用意してくれていました。とりあえず、ケージも不足していたのですが、ネットで安いものを見つけたので買うことに。資金も一から集めないと。

居なくなった支部長さんは別のところで活動をするために今準備されているのでしょう。下野新聞には別の名前で募集記事を出していらっしゃるようです。今里親会が開けない分、各種記事に頼るしかないですが、やっぱり実際にお客さんに見てもらえる里親会の効果は大きいと思います。ネットにも記事を掲載しているものの、全然問い合わせが来ないと聞きました。のんびりしていたら子犬はすぐ大きくなります。早くなんとか再出発できるといいのですが…。

DSC_0208s.JPG

今週は皆さんお盆休みでしたか?
そのお盆の真っ只中、うちの「乗務員」の一人がニャンコのために奔走してくれました。

とある方から、「里親希望の方とお見合い予定だったのに猫が逃げてしまった、せっかくお見合いまで設定したのにもったいないから、どこかに里親募集の猫がいてお見合い時間に間に合いそうだったら連絡を、という話が来ている」という連絡がありました。私はその日、出勤でしたので、何もできなかったのですが、同じ連絡をもらったうちの男性「乗務員」が、前回のあの宇都宮市鶴田のおじーちゃんの猫(記事はこちら)のために動いてくれたようです。ただ、残念ながら間に合わなかったようです。

この男性「乗務員」、うちの里親会に来るようになったきっかけは、私のホームページで壬生の里親会を知り、ワンコと触れ合うために来ていたんです。ほぼ毎週のように現れ、なんとなく片付けとか荷物運びとかのお手伝いもしてくれるようになったものの、誰も正体を知らない。そのことを私がブログに書いたら(記事はこちら)私にメールを送ってきてくれました。そして今では大切な仲間の一人となりました。

もともと犬が好きで、ワンコに触れ合うために里親会に来ていたということもあり、今回あのおじーちゃんの猫の件で行動に出てくれたことにはとても驚きました。自分は譲渡に必要な書類も持ってないし交渉の経験もない、まして犬ではなくて猫、ということでかなり悩んだそうです。今回は残念ながら交渉まで至りませんでしたが、自分も壬生のメンバーの一人であるという自覚を持ち、抱えている保護主さんのために行動してくれたという事実が、私はとっても嬉しくなりました。「車掌さん」も「嬉しい誤算」と言っていました。

譲渡交渉、これはやっぱり経験がないと最初は難しいです。私もいつの間にかやらされるようになりましたが、初めは「え〜、私がやっていいの!?」ってすごい心配でした。何言っていいか分かんないし。

今の壬生の会場のスタッフの中で、長く活動をされてきたのは「車掌さん」だけです。10年以上活動されているベテランさん。毎週里親会に来るために烏山から電車を乗り継いで毎週来てくれています。支部長さんとともにずっと壬生を支えてきてくれました。お届けで夜中まで動いてくれたり、動物のためなら車の中で何泊もしたり、動物の事をまず第一にするような人です。それだけでなく、人の付き合いも大切にする人です。いつも里親会に来てくださるお客さんや里親さんにとても丁寧に応対されています。そして、今回の里親会存続の危機の件も、会長と支部長さんの間に挟まれて、一番苦労されている方です。その中で、なんとか壬生を守ろうと私達の知らないところで沢山動いてくれています。だからこそ私も、そんな「車掌さん」を尊敬し、壬生に残ろうと決めたんです。

私がここで活動するようになったきっかけは、ネットの掲示板に、石橋支部の女性スタッフが記事を投稿していて、その連絡先に問い合わせたことです。その方は自分の保護した猫を壬生の里親会に出したのがきっかけで出入りするようになり、支部長さんからお手伝いを頼まれ、メンバーとなったそうです。職場でもお母さん的存在で、実際も成人されたお子さんをお持ちです。いつもいろいろ気を配ってくださって、あの細やかな気配りがあるからこそ、里親会が円滑に動いているんじゃないかなぁと思います。私は全然そういうこと得意じゃないですしふらふら。お仕事もされて、おうちのこともきちんとやって、親の介護もして、その上ボランティアにも来てくださっています。私は爪の垢を煎じて飲ませてもらわなきゃいけないですね。ちなみに、新体制では大蔵大臣を務められることになりました。ベテラン主婦の力でうまくやりくりしてもらいましょうるんるん

そしてもう一人、いつも里親会で使った毛布等を洗ってくださったり、里親会グッズを置かせてくださることになった女性メンバー。里親会グッズは今まで支部長さん宅に置いていたのですが、支部長さん退会で置く場所がなくなってしまい困っていたんです。それを「うちに置いていいよ」と言ってくださいました。壬生の会場からも近いのでとてもありがたいです。この方は私のブログもいつも読んでくださっているそうです。そして会う度にその話題をしてくださいます。以前「チロタの命日」の記事でも「ななちゃん急死」の記事でも「涙が出た」とメールをくださるような、とっても心のあったかい方です。「大蔵大臣」さんと同様、いつも私に気を遣ってくださっていて、面白いブログを教えてくれたり気遣いのメールをくださったりします。私はいつもこのメールに癒されています。

壬生のメンバーはこんな風に、とってもいい仲間ばかりです。私はこの仲間たちがとっても大好きです。だから、今は大変だけど、なんとか軌道に乗せてこの仲間たちと一緒にこれからも里親会を続けていきたい、そしてその仲間が協力し合って、壬生から巣立って行った里子たちが幸せになってもらいたい、それが私の願いです。

今のメンバーはみんな住んでいる地域もバラバラで、仕事も持っています。今の状態では一人一人の負担も大きくなってしまいます。もしこの記事を読んで壬生の里親会に興味を持ってくださった方がいらっしゃいましたら、ほんの少しでもいいですからお手伝いに来てくださいませんか?「壬生の鈍行列車」は現在新しい「乗務員」を募集しています!

次の里親会には、埼玉在住で実家が宇都宮市という方が、夏休みの間実家に帰る時だけでもボランティアに参加したい、と言ってくださり、お見えになる予定です。「臨時乗務員」ですねるんるん
まだまだ体制が整っていない時ですので、いろいろ不手際があるかもしれませんが…実際に体験していただいて、私達の活動を理解していただければと思います。

今日は写真もほとんどなく、長文になってしまって、読みにくかったと思います。ゴメンナサイ。

ランキング参加中!クリックご協力お願いします。
にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへにほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ

ニックネーム Chirota at 23:16| Comment(0) | TrackBack(5) | 里親会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月14日

軌道に乗り出したかな?

日曜日は里親会でした。
支部長さんがいなくなって2回目です。
前回の里親会の後、スタッフ数名で今後の事を話しました。
今後の方向についてはそこでなんとなくわかりましたが、まだまだ具体的に決めなきゃいけないことが沢山あります。

でも里親会に来ると、里親希望社さんとの対応に追われ、忙しくてそんなの話す暇もありません。といっても忙しいのは中心になってやってくださっている男性ボランティアさんだけっぽいんですけどね。うちらはやっぱりまだ勝手が分からずその人の判断を仰ぐしかない。まだまだ役立たずで申し訳ないですー顔(え〜ん)

先輩の女性ボランティアさんが、この新体制を「電車」と呼んでいます。私のの中ではなんとなく「船」のイメージだったのですが(救助船のイメージ)、「電車」もなんか楽しそうだしいいかなーって。中心になってやってくれている男性ボランティアさんは「自分は上に立つタイプじゃない」と言っていましたが、とりあえず「車掌」の役割を担ってくれるそうです。うちらは「乗務員」。友の会の会長は…鉄道会社の社長かなぁ?じゃ、お客さんは?と聞かれたので、「里子と保護主さん」と言っておきました。駅は里親さんかなー。電車に乗ってきた里子と保護主さんを里親さんの駅まで乗せていくのが役目かな?

この日の持ち込みはニャンが5組11匹、ワンが2組8匹でした。
当日の朝うちの「車掌さん」のところにとあるおじーちゃんから電話があり、猫の持込がしたいということだったそうです。このおじーちゃん、話が長くて大変。おじーちゃんは宇都宮からタクシーで壬生の会場まで猫を連れてきました。タクシーで来るって…片道5000円弱位かかったそうです。帰りもそれじゃ、1回来ると9000円もかかっちゃう!

おじーちゃんは2匹のニャンを連れてきました。家の猫が6匹仔猫を生んでオータニにチラシをはって2匹は決まった、4匹残ってるけどキャリーに2匹しか入んないから2匹連れてきた、残ってる2匹も今日連れてきた2匹と不思議なくらい同じ柄をしてる。おじーちゃんは何度も何度も何度も説明してくれました。

20070812_nyan.JPG

これがそのニャンコ。今日は残念ながら決まりませんでした。おじーちゃん、またタクシーで帰って、また次回タクシーで連れてくるなんて言うから、おじーちゃんのおうちに近いうちのスタッフが送っていくことに。おじーちゃん、「送っていくから」と言ってるのに、「いい」と言って聞きませんでしたが、最終的には送ってあげることに落ち着きました。「それじゃ猫も大変だから」と説得して。次回はそのスタッフがケージを持っていって、4匹全員連れてくることにしたのですが、おじーちゃん分かってくれたかな?

この日は猫が2匹決まりました。旧粟野町から持ち込んできてくださっていた方の猫。2匹一緒にもらわれることになりました。良かったね!保護主さんもこれで全部決まって安心ですね。他の子たちにも早くいい貰い手が決まると言いな。

DSC_0191s.JPG
DSC_0201s.JPG


ワンも2匹決まりました。ビーグル多頭飼いレスキューのワンコのうちの2匹。1匹は写真取れなかったー顔(泣)

DSC_0432s.JPG


あと当日急に持込が決まったワンコが。
ラブのクオーターというワンコです。ワクチン打ってないからワンコサークルには入れられないということでニャンコケージに入れようとしていたのですが、そうだ!昨日友人から届いたケージがあるじゃん!ということで、昨日友人から届けてもらったケージを組み立てて早速使わせていただきました。「わち」の皆さん、ありがとうございます!

これ下がそう。いい感じでするんるん
DSC_0411s.JPG

今日決まったのは全部で猫2匹、犬2匹の合計4匹。まだまだ本格始動というには足りない部分がありますが、なんとか軌道に乗れそうな感じです。いろいろ決めなきゃいけないことは山積だから、ちょっとずつ、試行錯誤しながら頑張っていきましょうねるんるん

ランキング参加中!クリックご協力お願いします。
にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへにほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ

ニックネーム Chirota at 01:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 里親会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月07日

日曜日何とか里親会やりました!

日曜日は里親会の日でした。
支部長さんがいなくなって初めての里親会。
この日は持ち込みのワンコが来るはずだったのに、結局来れませんでした。なのでワンコはなし。ワンコがいないと、なんとなくお客さんも少ないような…。

でも、ニャンコを見に来てくれた方も何組かいました。
そのうち鹿沼の持込の方のニャンコが決まりました!以前会から犬をもらってくださった方だそうです。きょうだい2匹でもらわれることに。

DSC_1137s.JPG
DSC_1098s.JPG

また来週見に来るといってくれた方もいました。来週ならその後お盆でお休みが取れるから、猫を迎えるならそのほうがいいと。こういうのを見るとやっぱりここは続けたいと思うんですよね…。来週はお盆の直前。来てくれる人が沢山いればいいんだけど。

里親会終了後に壬生の今後について話をしました。でもまだまだ先行き不安です。とりあえず、次回の里親会は開催します!
やり方も、残ったメンバーでどういう方法でできるのか、まだ分かりません。
でも支部長さんのおかげで少しずつでも定着してきたこの壬生の里親会です。なんとか存続させたいですよね…。

この子下は今回から持ち込まれた子。
全身茶トラの男の子です。とってもキレイです。
フリスキーのニャンコみたいでしょ?
来週も来ますよ!
DSC_0341s.JPG

来週は例のビーグルMixの半年の子犬(笑)が持ち込まれる予定。飼い主さんん、今度はちゃんと寝坊しないでワンコを洗って来てくれるかな顔(イヒヒ)


ランキング参加中!クリックご協力お願いします。
にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへにほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ

ニックネーム Chirota at 01:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 里親会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月03日

一ヶ月の猶予期間

先日の記事で「存続の危機」と書きましたが、何が起こったかというと…。

「動物友の会石橋支部」の要だった支部長さんが「動物友の会」離れ、独立されることになりました。会の内部でもいろいろあったようですが…。支部長さんは独立後、新たに里親会会場を確保し、そこを拠点に活動をされるようです。

支部長さんが去った石橋支部、今後どうなるのかというと…先行き不透明です。大元の「動物友の会」から別の方が来て里親会を開催される可能性があります。そうなった時、今まで支部長さんとともに活動を続けてきた石橋支部のメンバーには以下の選択肢があります。

@「動物友の会」を脱会し、支部長さんとともに活動を続ける
A新たな責任者の下で「動物友の会」のメンバーとして活動を続ける
B全く別のところで活動するか、活動をやめる

石橋支部には、支部長さん以外自宅で一時預かりができるメンバーがいませんでした。なので、支部長さんが抜けるということは、保護の要請が来ても受けることができないということです。でも、石橋支部は今、里親会に持ち込みという形で里親探しをしている一般の方を多数抱えています。先日の仔猫を保護した大学生さんもそうです。その方達のためには、なんとしても里親会を開催しなければなりません。

自分が今後どうするのか、全く決められない状態でいたところに、支部長さんとともに石橋支部を立ち上げ、長年ずっとともに活動を続けて来られた男性ボランティアさんが、「8月末まで、今のメンバーで壬生の会場で持ち込みの方のための里親会を開催する許可を会長から得た」と連絡が来ました。

今そのための様々な手配をするために、男性ボランティアさんが奔走されています。「壬生を今のメンバーで守ります」と会長におっしゃったそうです。
メンバー全て、今後どうするかは未定ですが、とりあえず会長から「好きなようにやってごらん」と言われた1ヶ月間は仲間とともに私も頑張ってみようと思います。

直近で困っていることといえば、ニャンコが沢山持ち込まれるのに、ケージが足りないんです。前は支部長さんのところのと、他のメンバーが会のために買ってくれたやつで事足りてたのですが(他にも借りたりしてましたが)、支部長さんのところのあてがなくなったので、今ケージが必要数確保できていませんふらふら。他のところにも打診はしているのですが…。最悪購入しなければならないかもしれません。

近郊にお住まいの方、もしおうちで眠っているペットケージ(折り畳み)があるようでしたら譲っていただけないでしょうか??

ランキング参加中!クリックご協力お願いします。
にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへにほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ


ニックネーム Chirota at 21:00| Comment(4) | TrackBack(1) | 里親会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする