disaster.gif

2007年07月10日

ニャンコ続々と

ニャンコシーズンはまだまだ続きそうです。
先日のブログにも書きましたが、来週は新たに猫の持込がありそうです。

一つは里親会会場として使わせていただいているスーパーの従業員の方の話でした。急いでたので詳細を確認し忘れてしまったのですが、この間の里親会の時、会場を抜け出してその方のおうちに行き、仔猫たちの写真を取ってきました。3匹いて、みんなオスだそうです。外見はほぼシャム。お母さんもシャムの外見でした。おうちの外には野良ちゃんが沢山。仔猫たちもけっこう大きくなってたから、早く里親探ししないと、遅くなったら貰い手が見つかりにくくなっちゃう。

DSC_1043s.JPG
DSC_1044s.JPG
DSC_1048s.JPG

それから、宇都宮市の鬼怒川ホームレスのワンコたち(鬼怒ワンについての詳細はこちら)をお世話してくださっている方が、仔猫を保護したとの情報あり。先日写真を送っていただきました。先日のダブルブッキングでキャンセルして頂いた方にこの子達の写真を送ったところ、このうちグレーのトラのオスを気に入ってくださっているようです。ただ、当初はメス希望でしたので・・・う〜ん、どうだろう?

やや長毛のグレーのトラがオス、シャムっぽい子がメスです。毛色が全然違うけど、同腹だろうとのこと。猫の場合、別の父親の子を同時に身ごもることが出来るので、ひょっとしたらお父さんが違うのかなー。

SA330200s.JPG
SA330199s.JPG

あとは鹿沼市で3匹仔猫の情報がありますが、写真などはまだ入手できていません。次の里親会に来るのかな。

でも今までの持込のニャンコもまだ決まってない子が沢山います。

もう何回も里親会に来ている4月中旬生まれのノンちゃん(↓)。野良ちゃんの子です。兄弟はみんなもらわれたのに1匹残ってしまいました。

DSC_0994s.JPG

前々回からデビューの4匹兄弟(↓)。1匹は先日のダブルブッキンググレーニャンコ。毛色の違ったその子だけ決まって、残りの白黒組みは残ってしまっています。

DSC_1005s.JPG
DSC_1013s.JPG
DSC_1020s.JPG

あと、先日はお休みでしたが、この子も何度も里親会に来ています。ブチの男の子(↓)。すごく可愛いので、すぐ決まりそうだと思ったのですが・・・。

DSC_0982s.JPG


みんな早くおうちが決まるといいなぁ・・・。
もしこの記事を見て気に入ってくださった方がいらっしゃいましたら、是非ご連絡ください!Chirotaのホームページから問い合わせが出来ます。

ランキング参加中!クリックご協力お願いします。
にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへにほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ

ニックネーム Chirota at 23:42| Comment(4) | TrackBack(0) | 里親会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
動物友の会には良い印象がありません。まずは人との触れ合いを大切にしてみてはいかがでしょうか?そしてもっと人を信じて下さい。確かに動物にも命があって大切なのは理解できます。しかし、人の“心”をもっと感じでほしいと思います。動物愛護センターに行って来ましたが、そこには動物友の会の譲渡会に行き、イヤな思いをした人が沢山来るそうです。「あんなことを言われたら動物は飼えないって言う人が沢山いるんですよ。」って職員の方がお話してくれました。動物を飼うのはしっかりとした意思や責任が必要です。そう思ってこちらも参加しているのに、残念な思いをする人が沢山いるってことをもっと解ってほしいですね。人を馬鹿にしているのかって思いました。動物を大切にする心を持つと共に人の気持ちを大切にする心を持てたらイイですね。
Posted by at 2007年07月12日 22:04
匿名の方、コメントありがとうございました。
当方の里親会に足を運んでくださったにもかかわらず、不快な思いをされてお帰りになられた方が多数いらっしゃるとか。それはとても残念で大変申し訳ないことです。
このブログは、他のスタッフも目にするかもしれませんが、だからこそ、あえてこの場で私の意見を述べさせて頂きたいと思います。

私はこの活動に参加させて頂くようになってから、まだそんなに長い期間が経っておりません。今までお手伝いさせて頂いている間にも、正直言って「条件が厳しすぎるのでは」とか「もう少し里親希望者の方を信用してもいいのでは」と思ったことがありました。でも長く活動されている他のスタッフは、相手を信頼して里子を託したのに、信頼を裏切るような飼い方をされていたという辛い経験を何度もしているようです。そんな経験を繰り返し、どんどんと譲渡条件は厳しくなっていき、交渉の段階でもどうしても厳い事を言ってしまうのだと思います。経験の浅い私には、そんな背景を聞かされると「もっと条件を緩めたら」なんてなかなか言えません・・・。

人の触れ合い、それはとても重要なことだと思います。里親の交渉はお互いの信頼関係がないと成立しません。
「動物を飼うのはしっかりとした意思や責任が必要」それは当然のことです。でも残念ながらその意識の甘い方がいるのも事実です。その意思を持ってきてくださる方ならば、信頼できる段階までいけると思うのですが、なぜ交渉が決裂してしまったのでしょう・・・。恐らく、こちら側も飼育方法に関して厳しい意見を言ったのかもしれません。たいていの人なら、自分の飼育方法を否定されるようなことを言われたら腹が立つでしょう。でも、できればそこで腹を立てて帰ってしまうのではなく、自分がいかに真剣にその里子の事を考えているのかをとことん伝えて欲しい、なぜ自分の飼い方が相手に納得してもらえないのか、納得してもらえるまで話し合って欲しい。飼い方に対する意見の相違はあるかもしれないけれど、真剣な気持ちで里子の事を考えているならば、保護主も里親希望者も里子を大切に思う気持ちは同じはず。お互いが歩み寄ることで里子にとって一番ふさわしい方法が見つかるのではないでしょうか。

私が里親希望者さんと交渉させて頂けるようになったのは最近のことですが、その中で、それまでことごとく他のボランティア団体に里親を申し込んだものの一人暮らしということがネックで断られ続けたという方がいました。その方は私に問い合わせをしてきた時、とても怒っていらっしゃいました。他団体で断られ続け、人を馬鹿にしている、と。当団体も、一人暮らしの方には基本的に譲渡をお断りしているというスタンスを取っています。一人暮らしは家族持ちよりいろいろな点でリスクが高いからです。でも私は個人的な意見としては「一人暮らしの人にも動物を飼う楽しみを味わってもらいたい」と思っていました。私はその方とメールで交渉を進め、お互いの意見を交換していくことで、この人ならそんなリスクがあったとしても里子をお任せできる、という確信を得て、当方の責任者に話を持っていきました。そして、めでたく譲渡契約まで至ることが出来ました。

お互いが努力することで、道は拓けてくると思います。ですから、当方ももっと里親希望者様に誠意を持って接する事は重要ですし、願わくば、里親希望者様にも、感情的にならず、こちらの意見を聞く耳を持っていただきたいと思っています。こう考えるのは間違っていることでしょうか・・・。

このコメントを他のスタッフが読んで、それぞれがこの事についてじっくり考る機会になってくれたらと思います。
ただ、不特定多数の方が閲覧できるブログのコメントでは、書くことが出来ない内容があったりします。もしもっとご意見があるようでしたら、ホームページから直接お問い合わせして頂ければありがたいです。
Posted by Chirota at 2007年07月13日 02:58
ご丁寧意なコメントありがとうございます。チロタさんが動物たちを真剣に、そして一生懸命に想う気持ちが伝わってきました。
アナタみたな人だったら私も意見をぶつけられ、そして受け入れられたと思います。私がお会いした人は、私を見下す感じでした。これでも2回ほど足を運んだのですが・・・。12年近く飼っていた犬を亡くし、また飼おうと思っていたのですが諦めました。
確かに、色々な人がいて交渉は大変かと思います。きっとチロタさんがおっしゃるように動物をすぐに手放してしまった人もいるのでしょう・・・。それで厳しくなる、それもよくわかりました。相手を信じて裏切られた時というのは、
例えられないほどの悲しみを覚えます。
一生懸命・・・様々なことに言えることですね。チロタさんの一生懸命!なんだか応援したくなりました!
正直、友の会にはまだまだイイ印象はありません。でも、チロタさん・・・私のために応えてくれたことに感謝します。これからも時々、ブログを覗きにきます。頑張って下さい!
Posted by at 2007年07月14日 02:05
温かいお言葉、ありがとうございます!
2回も来て下さったのですね。本当に申し訳ありません。当団体は小山支部と石橋支部とありますが、どちらの里親会会場にお越しくださったのでしょう…。
同じ団体ではありますが、支部によって運営の仕方も譲渡条件も全く異なります。小山支部の方が譲渡条件は比較的緩いです。石橋支部は条件が厳しいのと、里親会会場が分かりにくいことから小山支部に比べて譲渡数が多くありません。そのためになるべく宣伝になるようにと思い、私の独断でホームページやブログを作らせて頂いています。
最近は私のHPやブログを見て里親会に来てくださる方や支援物資を提供してくださる方も増え、少しでも活動の手助けになっているのかなと思うとちょっと嬉しいです。私が出来ることはほんの些細なことですが、それでもやれることを自分の出来る範囲でやっていこうと思います。
これからも気になる点がありましたら遠慮なくおっしゃって下さい。ありがとうございました!
Posted by Chirota at 2007年07月15日 23:00
この記事へのトラックバックURL
http://a-thera.com/tb/931051
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック