disaster.gif

2007年06月10日

切実な願い

今日は書くこと盛り沢山です。

今日は里親会の日。
前日に支部長さんから「ちろたのホームページを見たという猫希望の方が大田原から来るからよろしく」と言われていました。なんだか今日はお客さんだらけで、来る人来る人応対しているとその大田原からの方がお見えになりました。

今日は仔猫は始めは持込の2組計6匹出ていました。どちらももう3週間目です。すっかり大きくなってきました。大田原の方はその中の三毛ちゃんを気に入ってくださり、交渉成立!今日の夕方、支部長さんがお届けに行くことになりました。

これがその子です。よかったねーるんるん
DSC_0123s.JPG

その方に夕方お届けに行くことになったので、夕方行くはずだった池ワン(お隣の県で相互協力しているところです)に、支部長さんと男性ボランティアさんが里親会を抜け出して行くことになりました。その時間に行けばなんとか里親会が終わる1時かちょっと遅れるくらいには帰って来れるだろうということで。

あと今日は先輩ボランティアさんがお休みでした。観察力が鋭くて、てきぱきと仕事をこなし、いつも細かなところまで気を配ってくださる、人間的にも私がとっても尊敬する方でするんるん今日も、自分がお休みだということで心配してメールをしてきてくださいました。

「こちらでは雨が降ってきましたよ」と教えてくださったので、里親会会場はまだ雨が降ってなかったけどそのうち降ってくるだろうと思い、早めにニャンたちをテントの中へ。屋根のないところに置いてあった荷物も移動させました。そしてとうとう雨が降ってきました。

その時はたいした雨ではありませんでした。雨は一旦止んだものの、空を見るとまだ黒い雲がこちらに流れてきています。う〜ん、また降るかも。なんとか終わるまで持ちこたえてくれればいいんだけど、と思っていました。

そうしていると、ダンボールを抱えた方がやってきました。会場にしているジャスコの駐車場に置かれていたそうです。あ〜、またやられちゃいました。

見ると「子ねこ捨ってください」と書いてあります。ん?漢字間違ってるよ??「拾って」でしょ?中を見ると洗濯ネットに入れられて仔猫が4匹入っています。生後2ヶ月くらいといったところでしょうか。

070610_1407.JPG

しかも周りにいた人の話を聞くと、不審な車があったそうです。
ここで里親会をやってるのを知ってて、置いていったんです。しかも、私たちがいる間に。だって、さっき雨降ったのに濡れてないんです。ってことはそのあと来て置いて行ったということです。

とりあえず、いつもワンコサークルの番をしてくださっている男性ボランティアさんがその子たちをケージに移そうとしたところ、油断してしまったらしくニャンコが逃走!しかも2匹。みんなで追いかけてなんとか2匹とも無事捕まりました。以前ここで逃走した仔猫が車に轢かれ、亡くなってしまうという事故がありました。あの光景が脳裏に浮かんできて一瞬ヒヤッとしてしまいました。でも捕まってよかったぁ。気をつけなきゃね。特に初めてこの会場に来た猫は一見おとなしいと思っても心の中はパニックですから、ちょっと油断すると隙を見て逃走してしまいますから。

逃走猫のうちの1匹です
おびえてます
DSC_0860.JPG

それにしても、何で捨てるんだろう。うちらがいるの分かってるなら直接来ればいいのに。まあ、そんなことしたら私たちに小言を言われるだろうからイヤなんでしょうけど。でも捨てるという行為が犯罪だと分かってないのか??今支部長宅は仔猫だらけ。それをほぼ一人で面倒見ています。それが分かってるの?面倒なことは人に押し付ければいいと思ってる??2ヶ月くらいまで捨てずにいたんだったらその間里親探しすればいいのに。そんな協力なら惜しまないのに。まあ生後すぐの状態で捨てるような人よりはましだけど。でも捨てたという無責任さに変わりはありません。

しかも洗濯ネットに入れてダンボールに入れるなんて、一般の人っぽくないです。たいてい、持込する人だって洗濯ネットに子猫入れるなんてこと知らない人ばかりなのに。仔猫は犬と違ってすばしっこく逃走の恐れが高いので、洗濯ネットに入れて持ってきてもらいます。それを知っているということです。なんか怪しいですよね。ひょっとしたら前科のある人かも、ってみんなで話してました。前に持ち込んで自家繁殖させて注意されたもののまた生ませてしまったとか・・・そしたらまた持って行くと怒られるでしょうから捨てて行ったとか。

まあ、そんな憶測、もうどうでもいいです。ジャスコに置いていかれれるのは今日に始まったことではありません。でも、ほんと、うちの団体はシェルターは無いんです。持ち込まれた行き場のない子達は全て支部長宅のお世話になることになります。支部長さんのお宅、知ってます?ごくごく一般的な、閑静な住宅地の中の一軒家です。そんな、普通だったらあの家にそんな何10匹もの犬猫がいるとは思えないかもしれません。それを日中はたった1人でお世話してくださっているんです。その状況、分かって欲しい!

ここ数週間で仔猫がいきなり増えました。知ってるだけでも
●離乳が始まった4匹
●先週まだミルク飲みだった4匹
●やっと目が開いた1匹
●先週拾った4匹
●今日拾った3匹(捨てられてたのは4匹だけど1匹もらわれました!)
●今日保護することになった1匹(もしかしたらもう1匹)

の計17匹が今支部長さん宅にいます。

これはここ最近保護された子、しかも猫だけの数です。他にこれまでに保護されて貰い手がついていない子も沢山いるし、犬もいます。今日仔犬がまた2匹やってきました。それをたった1人で面倒を見るなんて、みなさんできますか?今うちの団体で必要なもの、それは里親さんと一時預かりさんかも。飼うことはできなくても、ほんの1〜2ヶ月面倒を見てくださる人がいればとっても助かるんです。

今日拾われたジャスコでの捨て猫ですが、1匹は里親さんが決まりました。買い物に来ていた方がその捨てられてるのを目撃し、その中の1匹が前飼ってた猫にそっくりで、帰ろうと思ってたのに帰れなくなってしまったとか。これも運命かもしれません。お話を伺い、この人なら大丈夫、ということで、いつもはお届けするのですが、特例でそのまま持って帰っていただくことに。あの、もともと入っていた洗濯ネットに入れて顔(イヒヒ)

その方と譲渡の手続きをしている時、雷雨が襲ってきました。土砂降りの中手続きをして下さいました。ほんとうにありがとうございます。もらわれたあの子はほんとラッキーでした。前に飼ったいた子も長寿だったようですし、きっと大切にしてもらえますね。

DSC_0857.JPG

豪雨なのに、支部長さんの車が池ワンに行ってしまったから撤収もできずただ池ワンに行ったメンバーを待つしかありませんでした。ニャンコは寒くてブルブルしてたのでとりあえず他のメンバーの車に避難。荷物は手分けして各スタッフの車に乗せました。でもワンコたちは乗せられないのでテントの下で我慢してもらいました。テントなんてあっても、雨が吹き込んでワンコサークルの中はビチョビチョ。チビワンコはずっと鳴いていました。かわいそうに顔(泣)

やっと池ワンから戻ってきて撤収できたのは2時半頃でした。雷雨のなか撤収もできなかったのはかなりキツかったです。

今日は小山支部のほうの会場でも捨て猫のお土産があったそうです。ほんとここ最近の捨て猫の多さを考えるととても胸が痛くなります。でも捨てられもせず処分場行きの子も沢山いるはず。拾ってもらえた子達は運が良かったんです。私のブログを読んでくださっているような人にはもう分かりきったことだとは思うのですが、ほんと、

生き物を捨てないでください!
簡単に「処分」とか言わないでください!
きちんと不妊手術して増やさない努力をしてください!!

他にも今日保護された仔猫1匹の件や仔犬たちのことなんかも書きたかったけど、今日はこの辺で。

ランキング参加中!クリックご協力お願いします。
にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへにほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ

ニックネーム Chirota at 23:10| Comment(0) | TrackBack(1) | 里親会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
この記事へのトラックバックURL
http://a-thera.com/tb/879785
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

サークルとは?
Excerpt: サークルとは?しつけに関するE-bookも期間限定無料プレゼント中
Weblog: チワワのしつけ徹底研究
Tracked: 2007-06-12 11:24