disaster.gif

2007年03月12日

ひばり逃走&えびちゃんおめでとう!

昨日は里親会でした。
雨の予報でしたが、予報どおり、冷たい雨雨
ワンコサークルの上にテントを組み立てて、ニャンコは車の中にケージを組み立ててその中に入れました。

この日は2月25日の里親会で保護したバンダナのワンコも来ていました。というのも、「うちの子かも」という問い合わせがあり、この日の里親会場に見に来るということでしたので。リードでつないでいたのですが、雨があたって濡れちゃうのでリードをはずしてワンコサークルへ。

バンダナワンコは仮の名前を支部長さんから「ひばり」と付けてもらっていました。あの保護した日、2時間私たちと根競べしている間上空でヒバリが鳴いていて、私が支部長さんに「ヒバリが鳴いてますねー、春ですねー」と話していた事からつけてもらったそうです。

しばらく経つと雨は上がり、日が差し始めました。なのでテントをまた片付けていたら・・・なんとあのバンダナ犬「ひばり」がサークルを飛び越えて逃走顔(なに〜)!私と支部長さんの奥さんがすぐに「ひばり」を追いかけました。

「ひばり」はジャスコの前の大きい通りを横切り、北へと走っていきました。この間とは別の方向です。後を追いかけていくと、広い空き地が。そこで「ひばり」とまた根競べする羽目になりました。

hibari


前回と同じように、支部長さんの旦那さんがオヤツと水を持って現れました。初めはオヤツに釣られて寄ってきた「ひばり」でしたが、前回のようには空腹ではないようで、なかなか近づいてきません。あれこれ手を変えて「ひばり」が寄ってくるようにしてみるものの、無常にも時間ばかり過ぎていきます。
この日もまた、上空でヒバリが鳴いていました・・・。つくづくヒバリに縁のある「ひばり」ですたらーっ(汗)

そうしているうちに、男性ボランティアさんから「子犬の里親希望者がいるから戻って欲しい」と連絡があり、支部長さんの奥さんと男性ボランティアさんがバトンタッチ。またにらめっこが続きました。

そして、「ひばり」が男性ボランティアさんのオヤツに釣られて寄ってきたとき・・・いきなり男性ボランティアさんが「ひばり」にタックルしました。びっくりした「ひばり」は逃げようとたものの、その逃げた方向には支部長さんが。ボランティアさんと支部長さんの2人が「ひばり」を押さえ込み、無事保護することが出来ました。

「ひばり」はとっても怖かったのか、その後しばらくはビクビクしちゃってたので、一生懸命なでてあげました。やれやれです。結局、飼い主さんらしき人は里親会場に来ませんでした。来ないんだったら会場に連れてこないのに!そしたらこんな苦労もしなくて済んだのに!まったくもう顔(ぷんっ)
それにしても、早く飼い主さんの元に返してあげたいものです。

この日はジャスコで保護された生後2ヶ月のチビワン「右京」と去年の春生まれのニャンコが決まりました。ニャンコの方は会場で2匹のうちどちらにしようか迷っていた方で、住所を聞いたら支部長さんのおうちの超ご近所さんでした。里親会終了後におうちに行って、会場に来られなかった娘さんにも2匹を見てもらって、最終的に真っ白オッドアイの「えびちゃん」に決まりました。とっても人懐っこいえびちゃん、きっと可愛がってもらえるねるんるん

UkyoEbi

ニックネーム Chirota at 21:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 里親会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
この記事へのトラックバックURL
http://a-thera.com/tb/766684
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック