disaster.gif

2013年04月12日

保護主さんの現場のワンコが・・・

Facebookページではご報告を書きましたが、先日の里親会は猛烈低気圧が来るということで開催するかどうか微妙な状況でした。

当日の朝の状況を見てやるかどうかを決めましょうということになったのですが、午前中は汗ばむくらいの陽気に。ということで里親会開催しました。やっても「外出は控えるように」とさんざん言われていたので、人も来ないだろうなと思ったのですが、思いのほか多くの方にご来場いただきました。

この子もトライアル予定になりました!
DSC_0135.jpg


先日のブログに書いた3匹のチビワンコ達。疥癬が治ったということで、前回の里親会に参加しました。うち1匹がトライアルに入る予定!のはずでしたが、スタッフさんがお届けに伺ったところ飼育環境が適切でなかったようで、その辺を説明しキャンセルになったそうです。

ご自宅を訪問してみないと分からないこともあります。ですからうちの会では希望者様のご自宅へお伺いして引き渡す形を取っています。環境を確認しておくと、譲渡後に何か問題があった時にアドバイスもしやすくなりますし。

また日曜日頑張ろうね!

DSC_0073.jpg


前の記事にも書きましたが、この子たちの母犬やきょうだいが捕まらず現場に残っているので、保護主さんは現場に通い、餌付けしてなんとか保護しようと頑張っていらっしゃっています。

そんななか、そのきょうだいの子達がセンターに捕獲されてしまいました顔(なに〜) 前回の記事のケガワンコに続いてまたしてもです。

収容情報を見て、もしやと思い、すぐ保護主さんに連絡、保護主さんに収容情報を確認してもらうと、「そうです、この子たちです!」とのこと。

仔犬なのでもしかすると他団体が譲渡希望を申し出る可能性もあるかと思い、センターに連絡をして事情を話し、保護主さんの方で保護したい旨伝えました。

保護主さんが、センターに登録しているうめめさんの預かりメンバーに加わる形で、無事ワンコ達は引き出せる段取りを組みました。

おそらく仲間達の誰かしらがそのうち収容情報に気付いたとは思いますが・・・誰も見てなかったらと思うと、怖いですね・・・。

私は助けられない子達を見るのが辛かったので、いままで積極的に収容情報は見ていませんでしたが、周囲でもセンターの子たちに関心を持つ方も増えたこともあり、最近は少し見るようになっていました。

が、今回早く発見できたのは、とある方のブログを購読するようになったおかげでした。

数週間前に、ある方が里親会に来て下さり、いろいろ話を聞いて行かれたそうです。私はあとでその方にメールを頂くまで気付きませんでした。その時対応してくれたのはスタッフのERILINさんだったようです。

「とても勉強になりました」というメッセージを頂き、訪問した際の記事をご本人のブログに書いて下さったということで、私もそのブログを訪問してみました。すると、数年前からずっとセンターの収容情報をブログにアップしている方で、ご自身もセンターの譲渡事業に個人で登録し、行政から2頭保護されている「つくしんぼ」さんという方でした。

ブログはこちら右 つくしんぼのブログ

そういう方がいらっしゃるということは耳にしていたのですが、やり取りをさせていただいたのは今回が初めてでした。その後メッセージのやり取りをさせていただき、それ以降、つくしんぼさんのブログをRSSで購読するようになりました。

そして今回、つくしんぼさんのブログの更新情報をリーダーで読んで、あの子たちの情報に気付きました。

センターの情報はRSS配信されませんので、自分から情報を見に行かないと更新が分かりません。何年も毎日情報をチェックし掲載するというのは大変な作業だと思いますが、収容されている子たちが1頭でも多く助かって欲しいというつくしんぼさんの思いが伝わってきます。

収容期限が終わるとセンターのサイトからは削除されてしまいますが、ブログにはずっと情報が残ります。掲載された子のほとんどが処分されてしまっていると思うととても辛いですが、その中でも助かった子もいます。ブログの中には関わったワンコの写真も残っていました。

つくしんぼさんのブログの存在を、沢山の方に知っていただきたいですひらめき

あともう一つ。

このセンターの収容情報に仔犬がほとんど掲載されていないという問題が最近浮き彫りになりました。

日本動物福祉協会栃木支部さんがその問題を指摘し、センターに改善を求めたお陰で、以前は掲載されていなかったような仔犬がここ最近掲載されるようになりました(まだ全頭かどうか怪しい部分はありますが)。

今回の保護主さんの現場の子たちも、以前だったらひょっとしたら掲載されていなかったかもしれません。前回の記事に書いた、ケガワンコも。

いろんな人の力のおかげで、今回の子たちは助け出すことができそうです。

ただ、誰からも救いの手が差し伸べられないまま殺されていく命は沢山あります。私達が関われるのはほんのわずか。そう思うと辛いのですが、今は自分たちのやれることをやるしかないと思って、前進していくしかありません。

今回の保護主さんのようなケースの場合、保護主さんがなかなか捕獲できずに仔犬が大きくなってしまったり(人馴れに苦労するのでできるだけ小さいうちに保護したい)、事故等で亡くなってしまったり、また母犬が出産してしまう可能性もあります。そういう時、捕獲だけセンターがやってくれて、保護主さんに引き渡してくれたらいいのですが・・・それはできないようです。

予めその地域の子を保護したい旨センターに伝えておき、もし捕獲依頼が来て捕獲したら、連絡をくれて引き渡してくれたらいいだけの話なのですが・・・なんでできないのかなぁバッド(下向き矢印) 収容数も減らせてセンター側も助かると思うし、難しい話じゃないと思うのですが・・・。殺処分をゼロにしたいと本気で思っているのなら、それくらいやってくれてもいいんじゃないでしょうか?口先だけですか?

センターも徐々に良くなって来ているとは思いますが、まだまだセンターへの要望は沢山あります。どうやって働きかけをしていったらいいか・・・仲間たちと情報交換しながら・・・思案中。


前回のケガワンコ、「桜助くん」という名前をいただいたようですが、2回目の手術が終わったようです。通常1時間くらいのところ3時間かかる難しい手術だったそう。よく頑張ったね。詳しくはうめめさんのブログで!

桜助くんを診て下さっている病院に、里親探しの相談があったそうです。ラブMix系の3ヶ月くらいの仔犬が公園に捨てられていたんだそう。1匹は保護主さんが自力で里親探しをし、もう1匹について里親探しの協力をして欲しいそうなので、情報が来た里親会のホームページにアップします。

捨てんなよ!まったくむかっ(怒り)

う〜〜ん、ワンコ祭り・・・。

引き続きワンコ預かり協力者大募集中!

DSC_0137.jpg


ランキング参加中!クリックご協力お願いします。
にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへにほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ


ニックネーム Chirota at 20:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
この記事へのトラックバックURL
http://a-thera.com/tb/3444508
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック