disaster.gif

2012年07月14日

事故に遭ったと思われる仔猫

日曜日は4組のニャンにご縁がありました。ここ最近の中では多かった方かな。いつも1組とか2組でしたから。

そのうち2組は、前回の里親会で希望の子のお話を進めさせていただいた方。とりあえずもう一度帰ってご家族でよく検討していただいて、改めてご来場して下さった方々でした。

これから先長く一緒に暮らすことになる大切な家族を迎えるわけですからね。じっくり考えていただくということは大切だと思います。

もう1組は、以前里親会に一度来られたことのあるという方でした。その時は猫を飼うつもりがなく立ち寄っただけだったそうです。でも来場を機に猫を飼うことをご家族内で前向きに検討し、ネットで色々調べてまたうちの会の里親会に足を運んで下さったんだそう。

そのご家族が選んだのは、以前記事でもご紹介した白いオッドアイのニャンコ、「ラブ」君でした。ラブ君は里親会が終わってから保護主様と一緒にお届けしてきました。最初は猫かぶっていましたが、元気いっぱいいたずら盛りのようです(^^)

ラブ君幸せにね
DSC_0200s.jpg


もう1組はうちのボスがコンビニで保護したニャンコ「ほたる」。しまった、写真取り損ねた。里親希望者様は私のブログを見て、別の子を見に来たのですが、その子はこの日お休みで、ほたるを見つけて一目惚れしたとおっしゃっていました。

ほたる君はまだ生後1ヶ月半くらいの時に保護されましたが、コンビニのエアコン室外機の影に籠城してしまって、保護するのに1時間かかったそうです。

うちのボスがちっこい仔猫相手に1時間格闘しているその時の様子を想像すると、なんか微笑ましくなってしまうのは私だけでしょうか??

明日の里親会は3連休の中日なので、来場数はちょっと期待できないかもしれませんが・・・猫の相談は次々入ってきます。ケージを貸すので頑張って自分で保護して下さい、と伝えているのですが、倉庫をよく見てみたら2段ケージの在庫が少ない!貸したまんまになってるのもあるので、返してもらわなきゃですね。

ERILINさんが相談者さんの依頼でミルクで育てた子たちも月齢2ヶ月、明日からデビューかな。

DSC_0186.JPG
DSC_0189.JPG
DSC_0195.JPG


さて、話は変わって。

数日前、うちのスタッフOさん(スタッフでいいよね)から、「猫を保護した」という知らせがありました。あ、Oさん2人いるんだった。なんて書こう・・・エクパパ?

仕事中に道路脇でうずくまっている仔猫を発見、死んでるのかと思ったら走って行ったそうです。ケガをしてたので、保護しなきゃと思い、高い所に登ったところをGet!

犬のことはとっても詳しいOさんですが、猫はさっぱり分からない。

私も仕事帰りに合流して一緒に病院に行き、ケージを貸して、何が必要かとかご飯はどうしたらいいかなどを伝えました。

トイレの砂を渡してやり方を教えたら、「おしっこもこの中でするのexclamation&question」と驚くOさん。初めてのニャンコとの生活、きっといろいろ新鮮でしょうね。

顎と左足を痛めていて、左足は骨折ではなく神経がやられてしまったようなので、回復するかどうか分からず、3本脚になるかもしれません。おそらく事故に遭ったんだろう、ということでした。

image0006.jpg


保護した場所は周囲に民家のない山の中。それほど威嚇しないので、生粋の野良ではなさそうです。仔猫の足でそこまで来るとも思えませんから、おそらく遺棄されたんじゃないかと思います。

遺棄された場所から道路に出たところをぶつかってしまったのかもしれません。怪我は負いましたが命は助かってよかったです。しかも優しい人に保護してもらって、このニャンコは強運の持ち主だと思います。

そんなラッキーな子がいる一方で、人知れず命を落としている子も沢山いると思うと、とても辛いですね・・・。

ハンデを持つ子になってしまうかもしれませんが、治療が落ち着いたらこの子も里親探しの予定です。この子については今後もご紹介していきたいと思いますので、皆様応援よろしくお願いします!

スタッフAさんが病院通いして治療して下さっている、猫カゼがひどかったニャンコ、仮名をレイくんと付けてもらいました。心配していた目の状態も、だいぶ良くなってきました。Aさんが頻繁に目のケアをして下さったおかげで再癒着の心配もなくなってきたそうです。ありがとうございます!

image0008.jpg


保護当時300gしかなかった体重も、倍の600gを越えたそうです。ただ、まだ目と鼻のズビズビが続いています。懐っこくていい子だそうですから、可愛い子に成長しそうですねるんるん

里親を検討して下さる方の多くは五体満足で健康な子を希望されるとは思いますが、こういう子達も健康な子と変わらず幸せになってもらいたいです。

ランキング参加中!クリックご協力お願いします。
にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへにほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ


ニックネーム Chirota at 20:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 里親募集中の子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
この記事へのトラックバックURL
http://a-thera.com/tb/3208355
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック