disaster.gif

2012年01月19日

トラちゃん退院しました

〜しばらく記事内トップに記載しておきます〜

★飼い主急死で遺された53匹の犬猫を助けたい!
詳しくはERILINさんのブログへ
53.gif
※里親様・シェルター用地および運営協力者・支援物資・支援金大募集中です。(関連記事はこちら


★福島被災犬猫救済にご協力下さい!
詳しくはchoiwaru101さんのブログへ下
101.gif
※里親様・預かり協力者・お世話のお手伝いして下さる方大募集中です。(関連記事はこちら


★ブリーダー放棄小型犬40匹の里親様・里親探し協力者募集中!
詳細記事は
こちら (一部の子の写真もあります)


★栃木市でヨークシャーテリア♂が行方不明になっています!
横浜にお住まいの飼い主様が必死で探していらっしゃいます。お近くの方捜索にご協力をお願い致します。
詳細記事は
こちら
飼い主様のブログはこちら


※バナー作成協力:オニイサンさん

職場猫トラちゃん。
 
その後ほんとに徐々に徐々にですが回復して来て、なでるとお腹も見せるようになってくれ、歩くこともできるようになりました。

SH3G0179.JPG

 
ただ、残念ながら自力で食べることはできず、自力排泄もできません。先生曰く、後遺症でこの状態のままの可能性もある、ということでした。
 
SH3G0166.JPG


とりあえず唾液による検査で白血病が陽性と出ましたが、再度血液で検査をしたところ、予想通りエイズも白血病も陽性のダブルキャリアであるということが分かりました。

SH3G0161.JPG

 
入院中は点滴もしながらロイカナの退院サポートをお湯でといてシリンジで強制給餌していたのですが、今後も継続して強制給餌ができれば点滴は外して退院しても大丈夫、ということになりました。
 
職場の猫達は、私が来る前にTNR活動をしてくださり、その後も継続してフード提供して下さっていた外部の方がいらっしゃいました。
 
今回の件を知り、その方は入院中のトラちゃんにも何度も会いに来て下さって、全ての事情を承知の上で、トラの保護を申し出て下さいました。ずっと外の過酷な環境で暮らして苦労してきた子だから、これからは穏やかに暮らしてほしい、そうおっしゃっていました。
 
その方のお宅には他にも飼い猫ちゃんがいるので、家の中を自由にはしてあげられず、他の猫と接触しないよう1部屋に隔離する形になるので、もしトラをもっといい環境で迎えて下さる方がいればそちらにお願いしたいということで、里親探しもしていくことになりました。もちろん大切に面倒を見て下さるおつもりですが、一部屋に隔離した状態はトラにとってはいい環境とは言えないので、ということでした。
 
今日の夕方、一緒にトラちゃんをお迎えに行きました。お迎えに行ったら、トラちゃんきれいにシャンプーしてもらってました。

SH3G0184.JPG

 
可愛いリボンなんか付けてもらっちゃって。男の子だけどあせあせ(飛び散る汗)
病院からの「退院おめでとう」リボンですからねるんるん

SH3G0186.JPG

 
トラに声をかけてなでていたら、ゴロゴロ言いだしてお腹を見せてくれました。ゴロゴロ言えるようにまでなったなんて、本当に嬉しいです猫(泣)

SH3G0187.JPG

 
病院から痙攣が起こって厳しい状態だと連絡があった日、眼を見開いて口も開いて苦しそうにもがいていたトラを見て、正直言って、私は「今夜かな」と思いました。 でも皆さんが応援して下さったのがトラに届いたのか、山を越えることができて、こんなに回復しました。先生も「ダメかと思った」とおっしゃっていました。
 
この後、自力で食べられるようになるのか分かりませんが、沢山の人のおかげで命を取りとめることができました。大晦日にトラのために動いて下さった職場の方々、年末年始世間はお正月なのに状態の悪いトラを看病して下さったchoiwaruさん、その後懸命に治療して下さった病院の先生やスタッフの皆様、本当にありがとうございましたぴかぴか(新しい)
 
そしてダブルキャリアで要介護状態となったトラを「うちでお預かりしたいと思います」と申し出て下さったKさん、ほんとにありがとうございます。ずっと昔からトラやチョビを見て来てくださった方でトラの性格もご飯の好みもとてもよく分かっていらっしゃいますから、安心してトラちゃんをお願いできます。トラちゃんのこと、宜しくお願いします。 
 
私の予想では、白血病は以前から感染していたのではなく、最近感染したんじゃないかと思うので、なんとか白血病だけでも陰転することを期待して、これからもトラちゃんのことを応援していこうと思います。
 
エイズも白血病もストレスが発症の引き金となるので、なるべくストレスのない穏やかな生活を送らせてあげたいですが、どうしてもキャリアの子は他の子への感染を防ぐためにケージ飼いとか隔離となってしまうことが多いです。 ダブルキャリアで要介護となると正直里親は難しいと思いますが、もしそんなトラちゃんをうちで、という方がいらっしゃいましたらご連絡下さい。

ランキング参加中!クリックご協力お願いします。
にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへにほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ

ニックネーム Chirota at 21:16| Comment(4) | TrackBack(0) | 保護日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
まだこれからが大変でしょうが退院おめでとうございます。
先日コメントでお話したこちらの入院中の地域猫もやっと退院の許可が出ました。しかも先生のご厚意で春まで置いてくださるそう。ありがたいお話です。
Posted by オニイサン at 2012年01月19日 23:56
トラちゃん退院おめでとうございます!
気になって日記を見ていましたが、正直退院できると思っていませんでしたたらーっ(汗)
本当に、これからが大変だと思いますが、良いご縁にも恵まれているようですし、前途は明るいと思います。

トラちゃんが良い猫生を送れますよう、祈っています。
Posted by 君島 at 2012年01月21日 00:39
>オニイサン

いつもありがとうございます。そちらの猫ちゃんも退院許可が下りたのですね。病み上がりの子を今の厳しい寒さの中に戻したくないですよね。こういう子たちに理解のある病院の先生は本当にありがたいですよね。そういう獣医さんがもっと沢山いてもいいのになぁと思ってしまいます。
Posted by Chirota at 2012年01月21日 23:28
>君島さん

ありがとうございます。皆様の応援のおかげでトラちゃん退院することができました。私もあの一番状態の悪かった時は覚悟しなきゃと思っていましたから、無事に退院できて本当に嬉しいです。

あの時は本当に見ている方が辛くて辛くて…こんなに苦しがっているなら安楽死させてあげたほうがいいんじゃないかという人もいるかもしれないなと思いました。でも、動物は最期まで生きることを諦めないですからね。それを人間の方で絶つことは絶対にできないと私は思います。

その後の報告で、トラが好きだったフードを出してみたらほんとにちょっとですが自分から食べたんだそうです!嬉しいです。高栄養のフードを食べさせて、徐々にそうやって自分の好きなご飯を自分で食べてくれるようになれば、きっと普通の生活に戻れると思います。トラちゃん頑張って!

Posted by Chirota at 2012年01月21日 23:35
この記事へのトラックバックURL
http://a-thera.com/tb/3015644
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック