disaster.gif

2011年08月09日

福島県小野町で捨てられていた親子猫

〜しばらくトップに記載しておきます〜

飼い主急死で遺された53匹の犬猫たちを助けて下さい!(ERILINさん)
53.gif
※里親様・シェルター用地および運営協力者・支援物資・支援金大募集中です。(関連記事はこちら


福島被災犬猫救済にご協力下さい!(choiwaru101さん)
101.gif
※里親様・預かり協力者・お世話のお手伝いして下さる方大募集中です。(関連記事はこちら

※バナー作成協力:オニイサンさん



1週間以上サボってしまいました。サボればサボるほど、書くことたまっちゃって自分の首絞めるのになぁ。

先週も疲れてくると背中の筋が痛くなってきて・・・夜あまりにひどかったので、今週後半から行くはずだった出張をキャンセルしてもらいました。そしたらなんだかちょっと体が楽に!?その話をうちのボスにしたら、「それって、仮病だよね。」と言われました。いや違うもん。ほんとに痛かったし、しんどくて寝れなかったんだもん。ひどいや。

ここのところ里親会は譲渡数が伸び悩んでいます。毎年暑い時期は仕方がないのですが。

先日の記事のロシアン君、「いつ里」には出したものの、反応なし。他のサイトにも登録を考えています。すんごく性格がいい子だそうです。初期のあの人馴れが厳しそうだった話もウソのように、全く何の問題がないとのこと。募集記事内容も修正しようかなと思っています。

7/24に里親会会場に相談に来られたお父さん。親子の猫を保護したので里親会に参加させたいとのことでした。

詳しく話を聞いたら、お仕事の関係で、福島県小野町に行った時のこと。野球場の照明が震災で被害を受けたので、その修理に行った際、段ボールに入れられて親子が捨てられていたそうです。

保護時、仔猫はまだミルク飲みだったそう。カラスに襲われそうだったため、見かねて福島から栃木県壬生町のご自宅に連れて帰って来たそうです。

DSC_0874s.jpg

小野市というと原発からは40q弱くらいの位置。どういう経緯で捨てられたのか分かりませんが、お母さんニャンコはとても人懐っこいいい子です。明らかにそれまで人に飼われていたはずのお母さんニャンコ。

キジ白の男の子。
DSC_0680s.jpg

もう1匹の男の子。
DSC_0682s.jpg

キジ白の女の子。美人さん。
DSC_0685s.jpg

キジ白の女の子。
DSC_0683s.jpg

そして、三毛ブチの美人なお母さん。
DSC_0689s.jpg

写真を撮らせていただいていたら、よく見ると入っているケージがピカピカ。「もしかしてわざわざ買ったんですか?」とお父さんに聞いてみたら、「落ち着いて子育てできるように買ったんだ。」

いい人に助けられて、本当にラッキーなニャンコです。普通だったら、たまたま仕事で行った場所に捨てられていても、見て見ぬふりをする方が多いのではないでしょうか。しかも自宅から遠く離れた土地です。

里親会2回参加しましたが、残念ながら1度も1匹もお声をかけていただいておりません。そんなお父さんに助けられたニャンコたちを是非迎えてあげてくださいひらめき


さて、自分のほうの話ですが、4月10日からお預かりしていたシナモン&シフォンが、明日飼い主様の元に帰ります。

富岡町に帰れる目処は立たず、新天地での新しい生活を選択された飼い主様。今日(8/9)の夜栃木を出発、関西へと車で移動されます。

シナモン、シフォン、やっとパパママおねえちゃんと暮らせるよ。

DSC_0812s.jpg

DSC_0766s.jpg


ちなみに、シナモンが載ってるのはココ。
忍者猫シナモン。
DSC_0767s.jpg

シナモン・シフォンの門出に関してはまた明日以降、ご報告しますね。


実家にまた猫が入りました。入ったって、私が頼まない限り入らないけど。

choiwaruさんに「一生のお願い!」と言われたチビ猫3匹。
DSC_0703s.jpg

県北に用事があった日の帰り、フードを届けにchoiwaruさん宅に寄ってみたところ、近くで捨てられていた猫を発見してしまったということで現場に行ってきました。

ギブアンドテイクだからね。引き受けました。でもタイミングよく私が立ち寄った時で良かったです。じゃなければきっとどんなにしんどくてもご自分でその日は面倒見たんでしょう。

まだ哺乳瓶の必要な月齢のニャンコたち。片目もちょっとおかしいので病院に行って目薬をもらってきました。

DSC_0709s.jpg

早期治療できたおかげで今は目はすっかりきれいになっています。まだデビューは先ですね。それまでに今里親会に参加してる子たちが決まってくれるといいんだけどな。


今週末の里親会は、土曜日のアイフルはお盆のためお休みになりました。日曜日も、参加できるスタッフが私くらいしかいないため(うちのボスは被災地のお手伝いに行く予定とのこと)、お休みという話になりつつあったのですが、多数抱えている保護主さんのことを考えると1回でもチャンスが欲しいところ。なので、日曜日は私のみで小規模で開催したいと思っています。

いくら小規模とはいえ、一人で回すのは大変なので、どなたか助っ人に来てくださる方がいらっしゃいましたら是非お願い致しますexclamation×2

スタッフさんとこにもミルク飲み猫情報が・・・。ミルクまた大量に買わなきゃ。いつまで経っても楽になりません。


ランキング参加中!クリックご協力お願いします。
にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへにほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ

ニックネーム Chirota at 06:56| Comment(7) | TrackBack(0) | 里親募集中の子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
Chirotaさん、日曜日は、大変お世話になりました。メール差し上げましたけど届いていますよね。最近、パソコン調子悪いので心配です。

福島の親子猫さん達のこういう事情だったのですね。気になっていたら記事になっていました。私のブログのほうに紹介させていただきましたが
よろしかったでしょうか?
(事後報告ですいません)

うちでミルク1缶あまっていて、この
前の譲渡会に持参するの忘れてしまいました。次回にお渡しできるといいのですが。。。








Posted by jini at 2011年08月10日 15:47
痛み:内科、外科的要因でなければ、ストレスによる筋肉などのけいれん発作の類?神経過敏質の人にありがち。コメントにも丁寧に応じているくらいだから、A型?

副交感神経をリラックスさせたり、自立神経の働きを高めるといいです。ストレスってあなどれません。熱めのお風呂に入ったり、サウナへ行ったり。

ストレスに向かいあい、厄介・未経験の仕事は何でもトライしてやるというプロ意識を持つ反面、失敗したり間違っても今のキャリアでは仕方ないと開き直ることも大切ね。

「仮病」だなんて、鈍ねえ。上がその程度なんだから、ケセラセラ!
Posted by ミイ at 2011年08月12日 01:16
>jiniさん

レスが大変遅くなり申し訳ありませんでした。土曜日のお届お疲れさまでした。2ニャン3日目には仲良くなってくっついて歩いてるそうですよぴかぴか(新しい) 今日2匹とも2回目のワクチン打ちに行ってくださったそうです。

福島の親子ニャンの紹介もありがとうございます。今のところ一度もお声のかかっていない子たちですので、何とかアピールしないと!と思っています。

>ミイさん

レスが大変遅くなり申し訳ありませんでした。お風呂…最近シャワーで済ませちゃってますもうやだ〜(悲しい顔) 筋の痛みの原因は…ソファで寝てるせいかなーと思います。旦那さんにはちゃんと布団で寝るようにと怒られてます。

私は初対面の方とかあまり深く付き合いのない方にはA型と言われますね〜。でも実はA型とは水と油の血液型でするんるん 付き合いが深くなると典型的だと言われますあせあせ(飛び散る汗) 前に自分の血液型の本を読んだら「あー、これ私のマニュアルじゃん!」って思っちゃいました。

あ、ボスというのは職場のではなく里親会のボスです…。
Posted by Chirota at 2011年08月18日 20:04
xxさんが嫌でソファで寝る選択もありね。

出張に行く時、仕事の成果を得る以外に、個人的な愉しみを持つといいです。現地の美味しいものとか。

昔、某国駐在時、TKYから時々来る顧客のYさんは、良い製品を買う以外に出張経費をポッポに入れて出張太り、夜は現地の若い娘たちと二週間毎晩朝まで楽しく飲み明かし、一石二鳥どころか、三鳥、四鳥。こういう方は、公私とも元気です。

疲労、ストレスで肺に穴あいた人何人も見たから(気胸)、どうぞご自愛を。
Posted by ミイ at 2011年08月20日 00:43
>ミイさん

出張でいろんなところに行けるとそれはそれでその土地の美味しいものとか食べれるから嬉しいのですが、やっぱ置いてきたうちのニャン達やその他もろもろの宿題(もちろん動物関係の)が気になってしまって落ち着きませんたらーっ(汗)

でも来月の出張はシナモン達に再会できるかも!と思うと楽しみができましたひらめき

気胸…私の周りでもよく聞きます。でも、学生さんばっかなんですけど。今の20代の人ってそんなにストレスたまってるんでしょうか。なんか可哀そう。温室育ちで打たれ弱いのかな?雑草のようにたくましく生きられたらいいなぁと思います。
Posted by Chirota at 2011年08月24日 20:53
責任あるポジションに就くと仕事を優先しなければならず、おうちの猫さんが病気したりすると悩みますね。

猫シェルター(本人はそう呼ばないけど)をつくった女性がいて、仕事は勤めから自営に変え、事務所兼猫施設には50匹以上保護。家庭も持たず日曜も夏休みも関係なく飛び回り、雇った従業員さんには予め猫の世話の手伝いも業務と含めてあります。
「既存の生活は固持できないけど、自由に責任もてるから」と意欲的です。

昔に比べ、学生数は減ったのに大学は増え進学率も上がりましたね。企業は採用基準を落とさないから、必然大変なこともでてくるでしょうね。
Posted by ミイ at 2011年08月28日 17:14
>ミイさん

うちの上司はとても理解のある人なので、猫達の病院に行くのに朝遅めの出勤とかも認めてくれるので助かってます。

でもやっぱり動物のことをやってる人はミイさんのおっしゃる方のような、自分の仕事のスタイルを変えて両立していらっしゃる方も多いですよね。

学生数は減ったのに大学は増え進学率も上がった…。でも今の学生さんを見ているとどうして大学に進学したんだろうなぁと思ってしまう子も多いです。目的意識がないというか自分から行動できない子が多いというか…。本人達は「ゆとり教育だったんで」と言ってますけど、その状態で社会に出て荒波にもまれたら大変だろうなぁと思ってしまいますねたらーっ(汗)
Posted by Chirota at 2011年08月31日 00:48
この記事へのトラックバックURL
http://a-thera.com/tb/2785572
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック