disaster.gif

2011年07月12日

53匹(一部除く)の写真を1枚にまとめてみました

〜しばらくトップに記載しておきます〜

飼い主急死で遺された犬猫たちを助けて下さい
次項有47匹の猫と6頭の犬を救いたい!! (by ERILINさん)

福島被災犬猫救済にご協力下さい
次項有チョい悪101☆ドンとこい迷い猫(by choiwaru101さん)



【2011.7.13追記】
時間的余裕がないため、この記事は転載歓迎いたします。ブログをお持ちの方、取り上げていただけたら嬉しいです。

53匹の案件のワンニャンたちの写真を1枚の画像にまとめてみましたひらめき

クリックすると大きな画像で見れます
53rescue-20110712.jpg

あ、日付が7/5になってますけど、情報は本日現在と思って下さい。あと、ご自宅組の数匹は体調が不安定でサイトの方にも載っていない(非公開)にしてあるそうなので、ここにも載っていません。

このなかで、上から2段目左から2番目の「タム」と、一番左側の下から2番目の「リク」と、一番下の段のワン2匹「ソヨン&キムチ」が里親会に参加しています。

先日四十九日が過ぎたそうで、一つ節目迎えたことになりますが、ここから本格的に遺品整理・不動産売却の方向に進んでいくのではないかと思います。

里親探しをするにも、所有権は遺族にあるため、慎重に進めていかなければなりません。周囲の獣医師もたった1人の先生だけがこの子たちを救おうとしているだけで、後は「安楽死」。

遺族に所有権がある以上、いつ「安楽死」という結論を出されるかもしれないという、非常に危うい状態にこの子たちはあると思います。今の場所に居る限り、所有権は遺族のまま。だからこの子たちをどこかに移さない限り、ずっと命の危険にさらされています。

移すにしても場所がないです。不動産関係に明るい方、どうかお力を貸していただけないでしょうか。場所は栃木県南部が望ましいです。

また、無事全頭移動できたとして、シェルター運営となると、資金はどうするか、どうやって維持するか、そういった問題を解決していかなければならないので、やはり個人レベルでは難しいところがあります。不動産取得するにしても法人でなければ個人名義でやらなければならないですし…。

そうなると法人格を取って、不動産を取得し、事業を行っていく、というのが現実的な解決策なのかもしれませんが、私達の仲間内ではノウハウもなければ、その余裕もありません、

この問題の解決に向けて、一緒に考えて下さる方はいらっしゃいませんか?私自身もこの案件の突っ込んだところまでは分かっておりませんし、この場に書けないようなこともありますので、もしご協力いただけるという方は、コメントではなく下記フォームよりご連絡いただけますでしょうか。

PCからのお問い合わせ
http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P26454941
携帯からのお問い合わせ
http://www.formzu.net/mfgen.ex?ID=P26454941

※タイトルには「53匹の案件について」とお書き下さい。

被災地の子たちのシェルターなどが各地で設置されている中で、一個人が遺した犬猫の救済に動いてくれる人はいないかもしれませんが…ここの問題は、動物の保護に関わっている人達にとっては、決して他人ごとではなく、明日は我が身だと思います。

命を助けるためにご尽力くださった方が遺した犬猫を殺させるわけにはいきません。シェルター用地、資金調達、法人経営、いいアイディアがある方、是非お力を貸して下さい!

案件の詳細・現在の状況については、下記ブログのほうをご覧ください。

「47匹の猫と6頭の犬を救いたい!!」

http://ameblo.jp/for-animals/

ランキング参加中!クリックご協力お願いします。
 にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへにほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ

ニックネーム Chirota at 23:38| Comment(6) | TrackBack(0) | 相談案件 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは。以前友人の拾った猫の里親探しで間接的に(?)お世話になったモノです。アレから時々お邪魔しては何か協力できないかと思ってましたが、今回こちらのブログを自分のブログで紹介させて貰いました。事後報告ですみません。もし問題があるようでしたらコメントかメッセージください。
今はこの位の事しか出来ませんが応援してます!
Posted by 笛吹き朝菜 at 2011年07月14日 01:14
笛吹き朝菜さん

コメントありがとうございます!読んで下さっていたなんて嬉しいです顔(笑)
ブログへのご紹介、ありがとうございます。1人でも多くの方が関心を持って頂けたらと思います。
ちなみに、7/11のお届け報告の記事にあったワンコは去年のあのご友人が保護した仔猫たちの預かり様が預かって下さっていた子ですよ。「ひなてん」さんがお手伝いに行っている団体様によって福島で保護され、個人ボラを経由して預かり様宅に来ました。去年のあの子たち同様、とっても愛情たっぷりに育てていただいていました。
1匹の犬を救うのに沢山の人の協力があり、そのおかげであの子は幸せな暮らしを掴むことができました。この活動は沢山の方の協力があってこそ成り立つものだと思います。そのためにも、多くの方にこの現実を知っていただくことが大切だと考えています。
Posted by Chirota at 2011年07月14日 02:06
>>>「不動産を取得し、事業を行っていく、>>>というのが現実的な解決策」

土地家屋購入となれば、どんなにやすくても数百万は必要ですよね。猫さんたちに遺産があるとか、里親会の積立資金でシェルター購入だけはめどが立ちそうとか??

もし不動産購入資金もこれから調達なら、短期間では難しいのでは??運営資金(食費・医療費など)は寄付やバザーなどを検討するとしても。。。。

簡単ではないけれど、ロハで借りられる所を捜すのも一つの手段かと思います。猫好きの家で、一人娘が嫁に行って別棟や二階が空いているとか。年寄の一人暮らしで離れが空いているとか。農家の蔵や倉庫とか。家賃ロハの代わりに、猫の世話ついでにばあさんの買物してあげるとか、農繁期は出荷手伝いするとか。その場合、立地が栃木南に限られているようなので、縁故、知人、地域密着で捜す方がいいと思います。

写真を見ると、みんなどのこもかわいらしいですね。処分は不憫とはいえ、よい解決策も無し!!!
Posted by ミイ at 2011年07月17日 10:41
ミイさん

いつもありがとうございます。そうですね、いきなり不動産購入はキビシイと思います。そうなるとまずは借りる、となるのですが、頭数が頭数だけに普通に不動産業者でペット可物件探しても難しいですし、とにかくこの問題を知ってもらって協力者を探すしかないかなと。

仕事で農業関係にはツテがあるのでそちら方面もあたってみてはいますが、今のところいい情報はナシです。

私は現場には入れてないので、里親会に参加している子くらいしか実際には見てないのですが、関わった命です。ちょっと別の動きもあるようなことを耳にしたので、連携を取りながらあきらめずに頑張りたいです。
Posted by Chirota at 2011年07月21日 22:54
突然の訪問失礼いたします。こちらのコメントにはならないのですが、どうしたらいいかわからず、すいません。傷のある生後半年くらいの子猫を拾いました。里親探しは難しいでしょうか?うちはマンションで猫が飼えません。お返事ください。
Posted by みぃ at 2012年06月21日 21:54
>みぃさん

先ほどご記入いただいたメールアドレスの方にメールをお送りさせていただきましたので、ご確認いただけますでしょうか。

もし届いていないという場合は下記フォームよりご連絡下さい。

http://p.tl/vTyb

宜しくお願い致します。
Posted by Chirota at 2012年06月22日 00:26
この記事へのトラックバックURL
http://a-thera.com/tb/2746434
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック