disaster.gif

2011年06月30日

応援してあげて下さい

昨日仕事の方でひと段落ついて、ちょっと落ち着きました。それまでが大変だったあせあせ(飛び散る汗)

53匹の案件、ERILINさんが日々頑張ってブログの記事を更新して下さっています。現在8割以上の子達の詳細が既に掲載されていますので、もし里親をご検討くださる方は是非ご覧ください!

47匹の猫と6頭の犬を救いたい!!

それから、この案件の経緯についても書かれていますので、もしまだご覧になっていない方は読んでみてください。

はじめに(案件の経緯についての記事です)
http://ameblo.jp/for-animals/entry-10936631883.html

遺族や周囲の獣医師の理解・協力がほどんと得られない中、この案件を知った多くの方が気にかけてくださり、いろいろご支援を下さっているようです。そんな皆様からのエールのお陰で、ERILINさんも頑張れると思います。

実はこのERILINさんは以前にも同じような飼い主が亡くなって遺された17匹の猫達の案件に関わり、結局大部分の子たちを自宅に引き取りました(壬生里親会のサイトにはそのブログのリンクがあります)。

その子たちも高齢で泌尿器系の持病を持つ子が多く、労力や経費の負担はかなりのものだと思います。それでも救いの必要な子たちのために、ありったけのエネルギーを注いて下さっています。

みなさま、そんなERILINさんを是非応援してあげて下さい!

53匹の仲間の1匹の「リク」君ぴかぴか(新しい)
DSC_0465s.jpg

毎週里親会に参加しています。是非会いに来て下さい。人懐っこくてよくお話しするとっても可愛い子です。りくにご興味のおありの方はこちらをお読みくださいねるんるん


さて、もうひと方、犬猫のためにエネルギーを注いでいるchoiwaruさん。保護犬猫沢山いますが、最近里親会に参加できていません。非常にお疲れで、壬生まで運転して来る時間もないし危ないから。

忙しくてブログの更新もできていないようですが、とうとう抱える犬猫の数は自宅の子たちも含め、震災の前の状態の倍くらいになってしまいました。特にワンコが多いと、お散歩が必要なので猫より手間がかかります。別々の出所の子たちを一緒に散歩はできないから1頭1頭連れて行くしかありません。

「今日のお世話が終わった」というメールが来たのが夜中3時前。仕事もあるのにそんなの毎日続けてたら死んじゃいますたらーっ(汗)

被災した子たちへの世間の方の熱も冷めてしまってきているような気がします。でもまだまだ預かりが必要な子はいます。被災した子たちの預かり協力が可能な方、是非宜しくお願いしますexclamation×2

他にも取り上げたい子たちは沢山いますが、後日書きますね。


最近粗相の疑いがかけられているふーちゃん。

DSC_0448s.jpg

最近うちの子たちの小競り合いが増えてきました。そのストレスか、誰かがいろんなところに粗相しています。昨日発見したのは、ガスコンロの上顔(なに〜) おしっこが中にまで入り込んでいる気がします。う〜ん、困った。どう掃除したらいいんでしょう?IHだったらよかったのにーバッド(下向き矢印)


ランキング参加中!クリックご協力お願いします。
にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへにほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
 
ニックネーム Chirota at 06:41| Comment(2) | TrackBack(0) | 相談案件 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
「シェルター設営が必要」と、優先課題が件のブログに(7/5)明示されましたね。

お身内(団体として)が一致結束して支援に乗り出さないと、外部にネットで呼びかけても個人レベルではハードルは高いのではないでしょうか?

家屋、運営の為の長期にわたる資金調達、等、あらゆる伝手を頼って相談しないと。
団体ならある程度信用も担保できるし。


Posted by ミイ at 2011年07月08日 00:55
ミイさん

あまり詳しいことはかけませんが、先日やり取りした際に、方針を修正していきたいと思うという話を伺いました。前回の下野新聞には里親募集記事を載せたようなので(うちの会ではなくこの案件の関係者の方が)、とにかく里親募集とシェルター探しを並行してということで進めて行くのかなと思っていたのですが、状況も日々変わってくるのでしょうから…。部外者の関わりをご遺族が好ましく思っていないので、こちらは現在は情報をもらうことでしか動くことはできないのですが、現状維持だと所有権がこちらにないことが一番大きいと思います。シェルターに関してはこれまでも水面下では動いてはいますがいい手応えはありません。

会としてというのは、前回のコメントにも書きましたが、いろいろ考え方も異なるので、新たにプロジェクトチームを立ち上げ、そこの組織で進めて行くという方が動きやすいと思います。この案件には会以外の方々も関わっていらっしゃいますし、何より、今の里親会も守らなければならないですから。たとえ小さな案件でも個々の保護主様にとってはそれぞれとても大事なことだと思いますから、それもおろそかにはできません。

ただ他のこの案件のことを伝え聞いているはずの他団体様がどう関わるつもりなのか全く見えないのが個人的には気になるところではあります。社会的認知度・信用度としたらうちみたいなちっちゃなサークル的な集団より絶対あちらの方が上だとは思うのですが…。要するに積極的介入するつもりがなく期待しない方がいいと判断するしかないのでしょう。
Posted by Chirota at 2011年07月08日 12:12
この記事へのトラックバックURL
http://a-thera.com/tb/2728661
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック