disaster.gif

2011年03月01日

首をケガしたニャンコ

先週の木曜日にいただいた相談案件です。

首にひどい傷を負ってい猫が、とある家の外で暮らしていたそうなのですが、その暮らしていた家の人が急に引っ越してしまい、無人になった家に一匹置き去りにされ、お腹をすかせているということでした。

写真を見たところ、首がぐるっとただれていてとても痛そうです。話を聞くと昨年夏ごろからケガを負っていて、まともな治療をしてもらえなかったために炎症がひどくなってしまったようです。

F1001620.jpg

この子のことはすでに全国版の里親募集サイトに掲載されていて、投稿直後から沢山の問い合わせがあったようです。カンパの申し出もあったそう。

何とかしてあげたいという気持ちはあるものの、どうしていいか分からない、そんな相談者さんと電話でいろいろお話させていただき、とにかく保護して治療してあげましょうという話になりました。人馴れがイマイチかもしれないということで、もし難しそうならこちらで捕獲を手伝いますということになりました。

でも、いざ保護するぞ!となったら、その子は現場で見当たらなくなってしまい…相談者さんは夜通し張り込みをしたようです。近くに住むスタッフも探してくれたり、現場近くに住む相談者さんのご実家も様子を見てくださいました。が、それでも姿を現さないニャンコ…。無人になってしまったその場所から移動してしまった可能性もあります。

土曜日になっても捕獲の報告がなかったため、私も現場に向かうことにしました。すると相談者さんのご実家から「猫がいた、今なら捕まえられる」との情報が入りました。相談者さんは早朝から午後イチまで仕事なので、とにかく先に私が現地に行くことに。

SH3G0418.jpg

現地に着くと茶白の猫ちゃんがニャーニャー言って近寄ってきました。あまり馴れてなくて捕獲できるかどうか分からないという話だったのですが、スリスリゴロゴロちゃんでした


それで、相談者さんが来る前にあっさり保護。ケージに入れられて「ナニ!?ナニ!?」という顔をしていましたが、ご飯をもらったら無我夢中で平らげました。

SH3G0419.jpg

その後相談者さんと合流、病院に向かいました。

SH3G0420.jpg

首はただれて炎症が広がっていましたが、皮はあるようなので縫ったりしないで大丈夫のようです。ただ酷くただれてるので、しばらく治療はかかるそうです。検査していただいたところ、細菌感染による炎症だろうとのことでした。

SH3G0421.jpg

まず周囲の毛をハサミで刈り、汚れてかたまっている部分やかさぶたになっているところをお湯でふやかしながら取っていきました。

SH3G0425.jpg

痛いはずなのに、じっと大人しく処置を受けるニャンコ。ケガの部分をいじられて、痛いと思うのですが…処置している間ずっとゴロゴロ言っていましたあせあせ(飛び散る汗)

処置していただいている間、先生も交えて保護主さんともいろいろお話したのですが、このニャンコはケガをしているし汚れているからということで、近所の人に水や熱湯をかけられたり、至近距離から石をおもいっきりぶつけられていたそう。

人間にそんなひどいことをされていたのに、人懐っこくてゴロゴロいう人間が大好きなニャンコ…。そんな健気なニャンコを見てなんだか悲しくなってしまいました。

SH3G0426.jpg

薬を塗ってもらって、テープを貼ってもらって、傷を引っ掻かないよう服を着せてもらいました。口も炎症が見られたので飲み薬ではなく化膿止めを打ってもらいました。

最後は顔を拭いてもらって、

SH3G0429.jpg

爪も切ってもらって

SH3G0427.jpg

フロントラインと検便もしてもらって終了〜!

SH3G0432.jpg

歯を見ると前歯が全部抜けていたので、おそらくシニアだろうということでした。他の猫たちにも数匹に取り囲まれていじめられていたというこのニャンコ…辛い思いをいっぱいしてきたね。

この子は1年ほど前に突然現れたそうです。これだけ人懐っこいところを見ると、生粋の野良ではありません。捨てられてしまったんでしょうか…。ベタベタ甘えん坊さんだけど、少しビビリなところがある子です。現地にいるときも知らない人に対しては「シャーッ」と言ったりもしていたそうです。だから保護主さんは人馴れはイマイチだと思ったそう。だけど本当は甘えたかったんだよね。呼びかけたらすぐ来てくれてゴロンゴロンしてくれたもんね。

ご自分では保護ができないと、でも何とかしてあげたいと悩んでいた保護主さん。でも勇気を出して保護する決心をしてくれました。そして、「できればどこかに預かってほしい」と言っていたのですが、「里親が決まるまでうちで保護します!」と言ってくださいました。翌日も病院に行って治療してきたそうです。

DSC_0003m.jpg

温かい場所で安心して眠れるようになったニャンコ。早くケガが治るといいね。そして素敵な里親様のもとに行けるよう、頑張ろうね。

関わるのが誰かによって、その猫の未来が変わってきます。この子は運良くとってもいい方に巡り合いました。そんな機会もなく、人知れず死んでいく命や、人間の手によって処分場で消される命も沢山あります。

もちろんそのすべてを救うことは残念ながらできません。でも目の前に助けるべき命があって、勇気を持って行動してくれた保護主さんはとても立派だと思います。私はそんな保護主さんのサポートくらいしかすることはできませんが、この子が幸せになれるよう一緒に頑張りたいと思います。

保護主さんがブログを立ち上げました。仕事が忙しくてなかなか更新できていないようですが、できるだけ時間を作ってこの子の報告をアップしていきたいとのことでした。
mayutoroのブログ

うちの会の心結ちゃんの時のブログを参考に作っていきたいということだったので、個人ではなかなか難しい点などが出てくるかもしれませんが、その時はサポートしていこうと思っています。皆さんこの子も応援してあげてくださいね。


ランキング参加中!クリックご協力お願いします。
 にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへにほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ

ニックネーム Chirota at 03:43| Comment(12) | TrackBack(0) | 保護日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
Chirota さんご協力頂いた皆様ありがとうございました。
私もいつ里を観て何か出来ないかと
心を痛めていた一人でした。
無事保護が出来て治療をしてもらい
暖かい部屋で休む猫さんの姿をみてホットしました。
小さな勇気は人に出会う事で
大きな勇気に変わるのだと改めて感じました。
本当にありがとうございました<(_ _)>
Posted by たいが at 2011年03月01日 10:12
>たいがさん♪

報告が遅くなってしまってすみませんでした。やっとアップできました。里親希望者さんの話はあるようですが、保護主さんと詳しいお話ができていないので、また何か動きがありましたらメールでお知らせしますね猫(足)
Posted by Chirota at 2011年03月01日 13:11
ご無沙汰しています<(_ _)>
怪我を負った猫ちゃん、無事に保護出来て
良かったですね
それにしても痛々しくて・・・
頑張って良くなって欲しいです

chirotaさんもいつも御苦労さまです
季節の変わり目、ご自愛くださいね^^
Posted by ハルまま at 2011年03月01日 23:26
>ハルままさん♪

ありがとうございます。沢山の人からの応援があったからこそ、保護主さんは勇気が出せたんだと思います。こんなにひどくなる前に病院にかけてもらえてたら良かったのですが…保護主さんがやってあげようにもこの子の居た家の人に「うちでちゃんと面倒見てる」と言われ、手が出せなかったそうです。

私は自分自身で保護できる状況ではないので、困っている命を助けたいと頑張る人の手助けくらいしかできないんですよね。できないことだらけで歯がゆい気持ちになることも多いです。

インフルエンザにも今のところかからず至って元気ですが、床で寝たりソファで寝たりしてるからいつかカゼひくかもです〜。そしてダンナさんに叱られるバッド(下向き矢印)
Posted by Chirota at 2011年03月02日 22:18
はじめまして。
いつもブログを拝見しています。

今回猫ちゃんを保護できてよかったですね。
お疲れ様でした!
危害をくわえていた人もいたそうで。。。
こんな状態の子に酷いことをする人がいたなんて、本当に腹立たしい限りです。
現在諸事情により里親にはなれませんが、陰ながら応援しています。



Posted by うた at 2011年03月03日 19:33
人間の勝手な都合で・・・
小さな命たちに申し訳ないです。

保護活動をしてくださっている皆さんに
は本当に頭が下がります。

ありがとうございます。
Posted by e91-320i at 2011年03月06日 11:59
>うたさん

読んでくださっているとのこと、ありがとうございます。
保護猫ちゃんですが、その後も通院しているとの報告をいただきました。
心配していたエイズ・白血病も今のところ陰性という結果のようです。
里親希望者とのやり取りをしているそうですが、まだどうなったかの報告をもらっていないので確認したいと思っています。

>e91-320i さん

こんなに馴れている子ですから、ずっと人のそばで暮らしていた子ですよね。それがこんなことになってしまうなんて本当に同じ人間として申し訳ない気持ちです。
保護活動は特別な誰かがやるものではなく、助けを求めている小さな命に手を差し伸べるといった誰にでもできそうなことなのですが、実際はなかなかそういうわけにいかないのが現実です。
だからその中で勇気を出して保護しようとする方々には本当に感謝ですね。
Posted by Chirota at 2011年03月07日 13:15
初めまして。
ずっと気になっていたのですが、
里親様は決まったのでしょうか?
保護主様のブログも更新がないのですが・・・
Posted by ミンミン at 2011年03月13日 21:41
ミンミンさん

コメントありがとうございます。私も保護主さんにどうなったかメールしているのですが、近況についてはまだ報告がありません。地震の後にメールをいただいて、そこには災害時の猫対策はどうしたらいいかという質問が書かれていましたが、ケガニャンコについては何も書いてなかったので、気になっていました。私の方からも再度聞いてみますね。
Posted by Chirota at 2011年03月13日 23:30
こんにちは。
保護主さんはどうされているのでしょうか。
chirotaさんにも連絡がないようでしたら、保護猫ちゃんが本当に心配です。
Posted by うた at 2011年03月16日 11:15
>うたさん

保護主さんと連絡が取れました!帯状疱疹でダウンしているそうです。地震の被害はなかったようです。
保護猫ちゃんはその後通院継続しているそうです。里親希望者も何組かいたのに、徐々に皆さんフェードアウトしてしまい、1組の方と現在話を進めてはいるものの保護主さんの状況とこの国内の状況などからなかなか前に進めないようで、結局その方もダメになったら1から里親探しをやり直しだと不安がっていらっしゃいました。
「皆さんが心配しているので簡単にでもいいのでブログ更新してくださいね」とお伝えしたところ、今日にでも頑張ってアップします!とのことでしたので様子を見てみてください。
Posted by Chirota at 2011年03月16日 21:41
こんばんは。
保護主さんは体調を崩されていたのですね。
早くお体が良くなりますよう願っています。
猫ちゃんは病院に連れて行って頂いているそうで安心いたしました。
chirotaさん、ご報告ありがとうございました!
Posted by うた at 2011年03月17日 00:11
この記事へのトラックバックURL
http://a-thera.com/tb/2576807
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック