disaster.gif

2011年02月26日

Hanaちゃん無事帰還!

先日の記事で迷子情報を載せていたHanaちゃんが、木曜日の夜中無事戻ってきたという知らせを昨日いただきました!

その夜12時半ごろ、飼い主さんからメールをいただいた時は、新聞広告のお礼と、外に置いていたフードが食べられていたこと、その近くにHanaちゃんのらしきウンチがあったという報告だったのですが、そのメールのわずか30分後くらいのことだったようです。

飼い主さんが就寝前にかすかに猫の鳴き声がすることに気が付き、窓の外を見てみても姿はなく、正面ドアを開けたら飼い主さんの家のドアを探して鳴いていたそうです。

本当に良かったです!飼い主さんも協力してくださった皆さんに感謝していました。心配してくださった方、実際に捜索してくださった方、チラシ貼りやポスティングをしてくださった方、本当にありがとうございました。

飼い主さんのお母様曰く、今回のことはHanaちゃんの飼い主である息子さんにとって、動物を飼う大変さと責任の重さ、動物たち1匹1匹の命の尊さ、世の中は人と人との繋がりと助け合いでうまく生活していけるということなどを学ぶ貴重な体験になったとのことでした。

残念ながらHanaちゃんはこれから手放さなければならない子です。Hanaちゃんが無事戻りこれから里親探しを進めて行くことになりますが、今回の脱走事件のことも含め多くの人がHanaちゃんと関わったことが、飼い主としては未熟だった飼い主さんが様々な大切なことを知り、理解するきっかけとなって欲しいと思っています。


ランキング参加中!クリックご協力お願いします。
 にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへにほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ

ニックネーム Chirota at 05:43| Comment(4) | TrackBack(0) | 迷子動物情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
24日の新聞見ました〜
まだ仔猫なのにちゃんとお家に帰って来たなんて…感動です!
家猫ちゃんは外界が怖くて近くをうろうろしていたのかもしれませんね。
よかったよかった(^_^)v

チロタさん、ご苦労様でした。
Posted by ちゃまま at 2011年02月26日 15:10
本当に良かったです!

しかし、この事で「猫は脱走しても帰ってくるから、探さなくてもいい」と思ってしまう人がいたら困ります。

今回はまれに見るラッキーな事例で、多くは車にひかれたり、野良猫に追い回されて遠くに追いやられたり、ケンカで怪我をしたりで弱って死んでしまうのです。

帰って来ても、命にかかわる伝染病や寄生虫をもらってくる可能性もあります。

野良猫の平均寿命は長くて4年という統計もあります。

昔と違って外の世界は過酷であり、脱走は死に直結していることを飼い主は肝に銘じるべきである、と改めて申し上げたいと思います。
Posted by モモパンダ at 2011年02月26日 19:03
よかったですね。
Posted by オニイサン at 2011年02月27日 08:32
>ちゃままさん♪

チラシ配布や新聞掲載してもほとんど有力な情報が入ってこなかったので、とても心配でした。ご飯を置いておいてくれたのもよかったのかもしれませんね。ありがとうございました(^^)


>モモパンダさん♪

過去に会から里親に出た子が行方不明になってしまって見つからず…ということはありました。なので本当に脱走は怖いです。脱走直後に目の前で車にはねられて亡くなったという話も聞いたりしますので、飼い主さんは本当にほんの一瞬の油断が命取りになるということを忘れないでいてほしいと思います。Hanaちゃんは念のためしばらくインターフェロンを打っておくことになりました。


>オニイサン♪

いつもありがとうございます。飼い主さん本人もこの1週間は辛かったようです。今回のことでいろいろ学んだことでしょう。


Posted by Chirota at 2011年03月01日 13:08
この記事へのトラックバックURL
http://a-thera.com/tb/2573709
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック