disaster.gif

2011年01月14日

里親募集ワンコのシローくん

先日、成犬を保護しているという方から里親探しの相談がありました。

その方の記事はすでに他のサイトで拝見していたので、気になっていたところでした。

一昨年の10月頃、うろついているところをご近所の方が保護したそうですが、その方の家では飼えないということで、警察・動物愛護センターに連絡し、相談者様が保護したそうです。

その後、インターネットの里親募集の掲示板にも投稿したりと、自力で里親探しをしていましたが、里親になって下さる方がなかなか見つからないそうです。

ご家庭の事情で、現在その子の保護ができず、近所のご親戚のところに預かっていただいているそうなのですが、そこも春頃までしか保護できないということで、里親になってくれる方を探しているということでした。

里親会にも、3月くらいにならないと参加できないそうで、それまで他の手段で里親探しをすることになります。待機期間が長いため、ブログでも紹介させていただきます。詳細は下記の通りです。

【仮名】シロー
【性別】オス(手術の有無は確認中)
【年齢】推定4〜5歳(保護時は3〜4歳)
【毛色】ほとんど白〜クリーム色で、耳や目の周りが少し黄土色

【性格等】(保護主さんより)
6歳の子供がいますが、最初は自分よりも大きく、おっかなびっくりでしたが、子供が餌に手を伸ばしても、噛み付くこともなく今では、とても仲良しです。

【医療行為】
血液検査異常なし
2010年10月8種混合ワクチン接種
フィラリア予防
狂犬病ワクチン接種

シロー.jpg

成犬を保護する方、とても多いです。もとはどこかで飼われていたはずのワンちゃん。飼い主さんは探さないのでしょうか?そのうち帰ってくると思って探しもしないのでしょうか?ちょっと探してみて、いなかったらあきらめちゃうのでしょうか?

シローくんの写真をいただきましたが、賢そうでどこかちょっと寂しそうな眼をしています。どんな境遇でそこにやってきたのでしょうか、保護場所も転々とし、シローくんもきっと自分の置かれている状況や立場を理解しているんじゃないでしょうか。お子さんとも仲がいいというシローくん、子供に対して優しいいい子なんですね。

シローくん、いい人に保護されてよかったね。もしかしたら、そのままセンターに連れて行かれていたかもしれないよ…。そしたらもうこの世にはいなかったかもしれない。

栃木県動物愛護指導センターのサイトには行政機関に収容されている動物の情報のほか、一般の方が保護した犬の情報が過去3ヶ月分エクセルファイルで閲覧できるようになっています。

それを見ると1ヶ月30匹前後の犬が保護されています。1日1匹のペースで保護されているわけです。そのうち8割近くがう首輪をしています。飼い主はなぜそこに迷子札や鑑札をつけないのでしょう?

http://www.tochigi-douai.net/syuuyou.html
「リンク・連絡先等」の項目の「保護犬情報」というところです

探しもしてくれないような飼い主の元に戻すより、もっともっと大切にしてくれる里親さんを探してあげたいと思います。シローくんに興味をもたれた方、是非お問い合わせください。


ランキング参加中!クリックご協力お願いします。
 にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへにほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ

ニックネーム Chirota at 23:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 里親募集中の子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
この記事へのトラックバックURL
http://a-thera.com/tb/2524237
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック