disaster.gif

2010年05月14日

【情報求む!】猫が行方不明になっています

悲しいお知らせが相次いでおります。

里親さんのところで幸せに暮らしていた猫たちが、ちょっとした油断で脱走し行方不明になっているケースが2件発生しています。




ismfileget0001.jpg

【名前】 ちーちゃん
【毛色】 キジトラ×白
【性別】 メス(避妊手術済み)
【年齢】 約1歳(2009年5月中旬生まれ)
【特徴】 赤い首輪をしています

【いなくなった日】
2010年4月29日

【いなくなった場所】
栃木県栃木市藤岡町中根

【いなくなった状況】
自宅のサッシの取り付け工事中、工事の音に驚いたため脱走し行方不明に

【届け済みの機関】
動物愛護指導センター、警察、役場、近隣の動物病院



【名前】 チャチャ
【毛色】 茶トラ×白
【性別】 オス
【年齢】 1歳未満
【特徴】 首輪をしています

【いなくなった日】
2010年5月2日

【いなくなった場所】
栃木県日光市 川治ダム資料館

【いなくなった状況】
家族旅行中、猫にトイレをさせるため上記施設駐車場にてリードをつけて車外に出したところ、リードが外れて脱走。周辺はダムとその資料館しかなく、民家はない。現在捕獲器を設置しているものの反応はない。

※更に詳細が確認でき次第アップします



里親様たちはもちろん、その子たちの保護主様、そしてスタッフもみな心配し心を傷めています。

周辺の方々、またはその周辺に行かれる方で何か情報をお持ちの方がいらっしゃいましたら宜しくお願い致します!

里親の皆様、もし自宅で脱走が起こってしまった場合は、「そのうち帰ってくるだろう」と思わず、すぐにスタッフにご相談ください。猫の場合、周囲の野良に追われどんどん自宅から離れてしまい、自力で帰ってくることができなくなってしまう可能性があります。そうなると自力で食べ物を確保することもできず、時間が経てば経つほど衰弱したり、最悪死に至るケースもあります。

そして、当会の里親様をはじめ犬猫を飼われている皆様へ。ほんのちょっとした心の油断で大変なことが起きてしまいます。どうかくれぐれも脱走・家庭内の事故には十分お気を付け下さい。


ランキング参加中!クリックご協力お願いします。
 にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへにほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ

ニックネーム Chirota at 21:16| Comment(5) | TrackBack(0) | 迷子動物情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
行方不明は、本当に心が痛みますね。

今回の事は人ごとと思わず、つい緩みがちな気持ちを引き締めたいと思います。

2匹が無事に帰って来られます様に願っています。
Posted by モモパンダ at 2010年05月14日 23:13
モモパンダさん

そうですね。皆さん他人事とは思わず、細心の注意を払ってほしいですね。一瞬のことであっても、そのせいで愛猫が命の危険にさらされることもあるわけですから…。

2匹はまだいい情報が入ってきていません。寒い思いをしているのではないか、ご飯が食べれていないのではないか、怖い思いをしているのではないかと思うと、辛くなります…。
Posted by Chirota at 2010年05月16日 08:08
注意が足りなかったといえば簡単ですが、里親さんには猫を初めて飼う方とか、猫のことをよく知らない方もいらっしゃるから。

譲渡前に説明はしていらっしゃるのでしょうが、結果、十分に伝わっていないみたい。限界もあるのでしょうね。

私が猫ちゃんの里親探しをして託す時も注意書きして赤線引いて渡したり時々連絡したりだったけれど、きっと半分も理解してもらえなかったかな?

一匹の猫を良い里親さんに譲渡することがどれ程大変なことだか。。。。

Posted by ミイ at 2010年05月18日 10:10
注意が足りなかったといえば簡単ですが、里親さんには猫を初めて飼う方とか、猫のことをよく知らない方もいらっしゃるから。
譲渡前に説明はしていらっしゃるのでしょうが、結果、十分に伝わっていないみたい。限界もあるのでしょうね。

私が猫ちゃんの里親探しをして託す時も注意書きして赤線引いて渡したり、時々連絡したりだったけれど、半分も理解してもらえなかったかな????

一匹の成猫を良い里親さんに譲渡することがどれ程大変なことだか。。。。

Posted by ミイ at 2010年05月18日 10:19
ミィさん

そうなんですよね。こういう時担当者はみんな自分を責めています。説明をきちんとしているとしても果たしてそれが十分相手に伝わったかどうか…譲渡後のフォローで見守っていくしかないのですが、やはりその時理解はできていたとしても、日々の生活の中で油断が出てしまうこともあると思います。だから、繰り返し注意喚起はしていくことは重要だと感じています。
Posted by Chirota at 2010年05月22日 11:15
この記事へのトラックバックURL
http://a-thera.com/tb/2078114
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック