disaster.gif

2010年05月07日

里親さんから

里親様からの近況報告のメールはとっても嬉しいです。人によってはきっと譲渡した後までそんな風にやりとりをすること自体煩わしく思って抵抗のある人もいると思いますが、私たちが関わった子たちが幸せに暮らしているということが、この活動をしている私たちにとってはこの上ない喜びでご褒美でもあるんです。

ほんとは頂いた近況報告をブログで紹介したいのですが、なかなかできなくて残念です。最近立て続けにメールをいただいたので今日の記事はそれを。
おととし那須塩原市の方に譲渡したミィちゃん。
SH3D02180001.jpg

とっても大事に、可愛がってもらっています。
いつもご報告ありがとうございますぴかぴか(新しい)
 
SH3D00980002.jpg

GWで1周年のチェルちゃん。
おっきくなったねるんるん
100506_0827~001.jpg

去年のGW、預かってくださっていたスタッフさんが東京までお届けに行きました。お子さんたちにもいい影響を与えているようで、犬とは縁のなかった実家のご両親もとってもかわいがってくださっているそうです。こんなふうに、今まで動物たちとかかわりのなかったような方々に動物たちの素晴らしさを知ってもらうのって、とっても大切なことだと思います。

来る5月10日で1周年を迎えるセナくん。
TS3A0368.JPG

家庭の事情で手放されてしまった子ですが、今はとても幸せに暮らしています。そのセナくんの里親様との最近のやり取りの中で、とても心に残るものがありました。

セナ君を迎えてからのこと、迎えることになったきっかけ、そして行政に対する気持ち…。そして何より、セナ君が里親様を幸せにしてくれている素晴らしい存在であるというのがよく伝わってきました。

里親様に許可をいただいたので、ここに転載させていただきます。



●●様、メールありがとうございます。
ちょくちょく・・・chirotaさんのブログを見させていただいています。

とっても・・・悲しくなりますね。 
テレビで放送していた、どこかの・・・施設の話題も、最近聴こえなくなりましたね。
きっと・・・無責任な人が、あの街にペットを捨てているのでしょうね。

それに・・・三芳町では、町議会議員経験者が・・・あんな事件を起こしましたね。
ここから近いので、本当に不愉快です。

●●様、私はセナと出会えて幸せです。 とっても・・・です。
そりゃ・・・いろいろ・・・あります。 
吠えたりすると・・・家族で、どうしたらいいか・・・わからなくなります。
でもね、それでいいんです。 セナは犬。 吠えるのが普通なのです。
どんなに吠えていても、ちょっと・・抱きかかえてあげれば・・・優しい顔でペロペロ。
セナは・・とっても優しいのです。 だから・・・寂しがり屋。

私が、そちらに連絡したきっかけは・・・ミニチュアダックスを飼っていた知り合いに、お話を聴いたからです。
その・・・ミニチュアダックスは・・・6年間で生涯を終えました。
ペットショップで・・・安く買ったそうです。 生後1ヶ月で、航空便で送られて来たそうです。
自分の足を食いちぎったそうです。 そして・・・死んでしまったそうです。

どうして・・・いつまで・・・行政は・・・放置するのでしょう?
●●様のように・・・また、ボランティア皆様のように・・・自分を犠牲にしている人の言葉が、行政に届くのは・・・いつになるのでしょう?

すいません。 私には・・・皆様のようには・・・できません。 心苦しいです。 
厳しい景気の中で、自分の会社を維持するのに・・・精一杯です。
そんな・・・自分が自宅に帰ったとき、セナのペロペロ攻撃は・・・どれほど嬉しいか。
どうして・・・ペットを飼う幸せを・・・解らない人が多いのか。

セナは・・・小さな身体で、私にたくさんのことを教えてくれます。

忙しい日々の中で、セナが待っているお家に帰らなきゃ。 そんな気持ちになります。

動物友の会の皆様・・・日々、大変だと思いますが私のようにセナと出会えた事を幸せに感じている人間も居ることは・・・感じていてください。

あなたたちに知り合えて、私は感謝の気持ちでいっぱいです。
だから・・・セナとの生活を楽しみます。 それしか・・・できなくて・・・すいません。

また、折を見て・・・画像を送りますね。 セナはとっても元気です。



里親の皆様方、嬉しいメールをいつもありがとうございます。皆様からお便りが励みとなって、頑張ろう!っていう気持ちになります。

今日ここに掲載したミィちゃんもチェルちゃんもセナくんも、私が保護したり預かりをした子ではありませんが、譲渡交渉などで関わらせていただいた子たちです。どの子も預かってくれるおうちがあったからこそ、こういう素敵なご縁に巡り合うことができました。ほんと保護してくださる方々の存在はとてもありがたいです。

保護や預かりをするということは決して簡単なことではないでしょう。実際、こちらに来る相談の多くは「そちらで引き取ってもらえませんか」というものです。でも、うちの会ではできるだけその相談者の人に頑張って保護してもらうようにしています(どうしても難しいということもありますが)。相談当初は「保護できない」と言っていた人も、なんとか頑張って、保護して里親探しをするとはどういうものかを経験し、立派な保護主さんへと変わっていく方も沢山います。

もちろんそういう人へはフォローが必要になってきますが、そういうことも、この活動をしていくうえでは大切なことだと私は思っています。ごく一部のボランティアさんだけが頑張るのではなく、沢山の人に関わってもらいたい。困っている小さな命に関心を持ってもらいたいです。

それにしても、動物を保護して困っている方が行政に相談してもなんの力にもなってくれないのが腹立たしいですね。引き取ったら処分になります、とただそれだけ。先日の相談者の人も、「あそこは何なんですか?私たちの税金使って仕事してるんでしょう?腹が立ちました。」とおっしゃってました。そうですね、行政に相談したものの意味がなくてこちらに相談してくる方も多いです。私たちは行政から回ってきた仕事を無償でやってるってこと??

何の権限もない私たちがやることには限界があります。やっぱり行政が変わらなければダメだと思うんですよね…。

明日もチビワンが来ます。この子たちはきちんとした管理がされていなかったために増えてしまった子たち。この子たちも含め会では今20匹以上の仔犬の里親探しをしています。この子たちの里親を探していくことがまずこの案件の解決への第一歩です。ワンちゃんを飼おうとお考えの方、どうかこの子たちも宜しくお願いします!

DSC_1767ts.jpg


ランキング参加中!クリックご協力お願いします。
 にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへにほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ

ニックネーム Chirota at 22:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 里子報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
この記事へのトラックバックURL
http://a-thera.com/tb/2067630
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック