disaster.gif

2010年03月01日

腹が立つ

このがっかりする記事、皆さんご覧になりましたか?


「有料化で犬猫引き取り半減、安易な手放しに歯止め」

 栃木県と宇都宮市が、犬や猫の引き取りを昨年6月から有料にしたところ、12月まで半年間の引き取り数が、前年同期に比べて大幅に減少したことがわかった。
 県生活衛生課は「有料化によって、飼い主が安易に動物を手放すことに一定の歯止め効果があったのではないか」とみている。

 犬や猫の引き取りは、「飼い主に責任を持って飼い続けることを促したい」として昨年6月から有料化された。成犬、成猫が1匹3000円、子犬、子猫が600円の引取料を徴収している。県や同市によると、有料化した昨年6〜12月の半年間に引き取った犬、猫の数は1238匹で、前年同期(2235匹)に比べて45%減少した。

 引き取られた犬、猫は、原則としてすべて殺処分となる。県動物愛護指導センター(宇都宮市)では、引き取り希望者がほかの飼い主を探すなど、引き取りを避けるよう努力したか確認したうえで、最後の手段として引き取っている。「かみつく癖が直らないから」という理由だけで引き取りを希望した飼い主に、同センターが専門家に調教を依頼するよう提案し、引き取りを回避したこともあるという。同センターは「飼い主は、家庭環境や自分の性格を十分考え、飼い続ける覚悟を持った上で、動物を飼い始めるようにしてほしい」と呼びかけている。

 一方、県と宇都宮市で08年度、迷い犬や捨て犬の捕獲数は2206匹で、このうち飼い主に返されたのは12%にあたる272匹にとどまった。保護期間(4日間)を過ぎた犬は殺処分となる。同センターは、子犬の譲渡会や犬のしつけ教室などで参加者に対し、犬を係留しておくことや、飼い主の連絡先がわかるように個体識別マイクロチップを犬の体に埋め込むことなどを勧めている。(2010年3月1日15時57分  読売新聞)

転載元記事はこちら↓

http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20100228-OYT1T00006.htm


mixiニュース
http://news.mixi.jp/view_news.pl?id=1126530&media_id=20



「有料化によって、飼い主が安易に動物を手放すことに一定の歯止め効果があったのではないか」

どこのアホがそんなのんきなこと言ってるんだexclamation&question
有料化の後、明らかに増えた捨て犬捨て猫について、あんたたちはちゃんと調査してんのかexclamation&question
そのおかげで大変な思いをしているのは誰だと思ってるんだexclamation&question
安易に手放す人が、有料化になったら手放さなくなると本気で思ってる?
どっかに捨てるにきまってるじゃん。

読売も読売だよ。記事にするならその辺まできちんと調査しろよむかっ(怒り)

「引き取り希望者がほかの飼い主を探すなど、引き取りを避けるよう努力したか確認したうえで、最後の手段として引き取っている」

そうだよね、みんな“愛護”指導センターなんて名称なもんだから誤解しちゃう人もいるもんね。処分センターと思ってない人も多いですからね〜。センターじゃ処分以外何もしてくれないもんね〜。処分させたくない人が沢山こちらに相談に来るんですよ〜。行政がやってくれないせいで、こっちは大忙しですよ〜。

昨日もね、センターに関するがっかりするようなことを聞かされたばかりだったんですよ。ここには書きませんけどね。それでこの記事でしょ?こいつら何を言ってるんだ?って腹が立ちましたよ。

ほんと、センターと読売、文句言ってやろうかな。まぁ、センターは言ったところで何も分かってくれないですけどね。実際いくら言ってもこれだからね。ほんとがっかり。

頭にきたのでちょっと乱暴な口調でゴメンナサイ。


嘆願書の署名にご協力くださった皆様、ありがとうございましたぴかぴか(新しい)

一応昨日で締め切らせていただきました。ただ、まだ主催者の方から具体的に知事に送る日をお知らせいただいていないので、今日までにご連絡くださった方の分はおそらく明日には郵便で届くと思うので、それを回収しだい、主催者様にお送りしようと思います。

ちなみに、私のところには現在までに2/13にすでに提出した分も含め、約1400名の方の署名をいただいています。署名集めにご協力くださった皆様、本当にありがとうございました。皆様の温かいお気持ちに感謝いたします。

今回のこの署名集め、主催は別の団体の方ですが、沢山の人がこんなにも協力してくださり、そしてまた新たなつながりができたりして、協力させてもらったことで私としてもとても有意義なものになりました。こういう多くの人たちの力が、行政を動かすような大きな力になってくれたら…そう思います。

犬と猫と人間と」もなんとか栃木での上映を実現してほしいな…。

職場猫「つぐみ」ちゃん
DSC_1511s.jpg

やっと私の前でご飯を食べてくれるようになりました。まだあんまり触れませんけど。でも頭ナデナデは少しできるようになりました。触ると硬直しちゃうけどあせあせ(飛び散る汗) でも私の手からも食べてくれるようになりましたよ。もう少しかな。


ランキング参加中!クリックご協力お願いします。

にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへにほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ


ニックネーム Chirota at 23:25| Comment(2) | TrackBack(0) | 動物愛護 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
過去に二、三回、栃木県のいくつかの部署(生活衛生、他)に意見を送ったことがあります。いずれも現状の問題を指摘、改善をお願いする内容で、多くの方々に賛同頂けると信じる意見でした。

いづれの場合も、その後半月程の内に、新聞の地方版にその意見と関連した記事が掲載されました。
記事は行政の報道発表ではなく、取材記事の形態でしたが、「担当部署が尽力している」或いは、「行政の責任ではどうにも不可能な状況」という様な内容でした。新聞社はその時々に別の社でした。
県の部長・副部長クラスになると、各新聞社の地方支局にお友だちがいるのかな?と、その時は思いました。

米国ではネットの普及により、新聞が衰退傾向という報道番組がありました。その番組で、国内の某大手新聞社のトップが「自分の目で精査した記事を書かない記者はいらない」と部下たちに訓辞をしていました。

今回の記事がどうであるかは知りませんが。
Posted by ミイ at 2010年03月04日 11:17
ミイさん

あの記事はどう見ても行政サイドからしか見てないものでした。それをそのまま新聞記事にすると、今はネットにもすぐニュースとして載りますからね。読売を取ってない多くの人が記事を見ることになります。

そう書いてあるけどどうなんだ?と問題意識を持って読まれる方はいいですが、そうではない方々は「そうか、栃木県が頑張ってるおかげで安易な手放しが減ってるんだ〜」なんて思ってしまうでしょう。それが非常に腹立たしい。

行政はこちらが行政に行って実際に見聞きしたことを外部に伝えることは拒否するくせに。まあそれは守秘義務もあるでしょうけれど。でも、こういうことをされると、悪い部分は隠し、いいイメージだけもたせようとする姿勢が伝わってきて非常に憤慨します。

そんな行政のいいなりになって記事を書いているんだとしたら、報道って何のためにあるんだ?と思ってしまいます…。
Posted by Chirota at 2010年03月05日 08:31
この記事へのトラックバックURL
http://a-thera.com/tb/1993301
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック