disaster.gif

2010年02月26日

ピッコロ追悼

仲間が保護していた猫「ピッコロ」が25日亡くなりました。

ピッコロは飼い主が亡くなった多頭飼育崩壊現場から仲間が引き出してきた猫でした。1998/5/1生まれの11歳。残念ながら猫エイズのキャリアでした。

piccolo.jpg

別のブログ「ハンデのある猫の里親募集」でも記事を載せようとしていた猫で、カテゴリと一覧に名前は載せていましたがまだ詳細が載せられていない状態でした。つい先日、ハンデの子のブログを見てくださった方が、「ピッコロとコナンの保護主さんへ」と物資を送ってきてくださったばかりでした。

仲間は自宅から遠方であるにもかかわらず現在もその現場に通って猫のお世話をしているのですが、だんだん調子が悪くなっていくピッコロを見かねて去年の秋自宅に連れて帰ってきました。

連れて帰ってきたころは目に炎症が起きており、眼球の摘出手術を受けました。

Piccolo2.jpg

その後は仲間の自宅で処方食をもらいながら日々を過ごしていましたが、23日あたりから急に調子が悪くなり、病院に連れて行ったところ「急性腎不全」という診断を受けたそうです。

そして、2/25の夕方6時48分、残念ながら治療の甲斐なく亡くなったそうです。

先月、メグを失ったとき、みんな同じような言葉を私にかけてくれました。直前まで元気だったメグが突然亡くなり、自分を責めていた私に、「メグは幸せだった」と。でも、そう言ってもらっても私はどうしても納得できなくて、辛くてしかたなくて…。何日も自分の手元に引き留めてしまって…。

だから今回、私もその仲間にかけてあげる言葉が見つかりませんでした。ただただ、「辛い思いをさせてごめんね。」「ありがとう。」…そう言うことしかできませんでした。

あそこから引き出す前、「たぶんピッコロは先は長くないと思う」と話してました。あそこにいたら、人知れず亡くなっていたかもしれません。そんな最期を迎えず、人のぬくもりを感じながら旅立てたのはあなたのおかげです。ほんとにありがとう。

保護活動をしているとこのような辛い経験をしなければなりません。保護している子が多ければ多いほど、いつの日かそれだけの数の悲しみも経験することになってしまいます。もちろん、辛いことだけじゃなく楽しいことも沢山あるけれど…。

会で関わった子ですので、この場で皆様にもご報告させていただきます。そして、ピッコロのことを覚えていてほしいなと思います。

ピッコロ、生まれてきてくれてありがとう。大好きなお母さんが迎えに来てくれてるかな…。
でもね、第2のママはもっともっとあなたと一緒にいたかったと思うよ…。

Piccolo3.jpg

ピッコロの仲間たちはほとんどがシニアで体調がの思わしくない子たちも多く、多くの経費がかかっており、保護主にかかる負担が非常に重くなっています。

四葉医療費
四葉ドライフード(泌尿器疾患の子がいるためpHコントロール2を与えているそうです)
四葉ウェットフード・猫缶
四葉猫砂・猫トイレ
四葉毛布類
四葉つめとぎ・おもちゃなど

などのご支援を必要としています。案件の詳細は事情によりあまり書けませんが、現在健康状態の良くない数匹が現場から引き出されております。ハンデの子のブログにも情報は載せるつもりですが、重度の口内炎に苦しんでいる子、尿疾患で経過観察が必要な子などのほか、現場にも9歳以上のシニアの子が10匹います。

この子たちへのご支援を募っています。みなさまどうぞよろしくお願いいたします。

嘆願書の署名、多くの方が送ってきてくださっています。送ってくださった皆様ありがとうございました。今月いっぱい募集していますので宜しくお願いします。

ランキング参加中!クリックご協力お願いします。
にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへにほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ

ニックネーム Chirota at 22:57| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
この記事へのトラックバックURL
http://a-thera.com/tb/1990029
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック