disaster.gif

2010年01月09日

本日夜放送の「追跡!A to Z」

今までに数人の方からご紹介があったにもかかわらずなかなか記事にしてなかった番組が、今日放送されるそうです(当日の記事でゴメンナサイ猫(泣)

1月9日(土曜日)
NHK総合 午後10時15分〜10時58分
「追跡!A to Z」〜なぜ繰り返される ペットの悲劇〜

番組HPはこちら→ http://www.nhk.or.jp/tsuiseki/

当初はクローズアップ現代の特集番組として放送される予定だったもののようです。

実は数ヶ月前、NHKのディレクターさんから私に直接宇都宮の某NPOについての情報提供の相談がありました。たぶん以下の記事をご覧になられたのだと思います。

http://chirota.a-thera.jp/article/1824912.html

私のほうは某NPOについての最近の動向など分からなかったので、その件に中心になって関わっている方をご紹介し、その後栃木に取材に来られたと聞いていました。

この番組内でも少しこの某NPOについても取り上げられるそうです。栃木県在住の方!必見です!

また、この番組では大阪府で発生した里親詐欺事件の様子が内容に含まれているようです。

以下、その事件の被害に遭われた方のご友人のブログによる番組の紹介記事です。転載可だそうです。
http://momo0130kuu.blog95.fc2.com/blog-entry-198.html

番組についてお知らせくださった皆様、アップが遅くなってしまってスミマセンあせあせ(飛び散る汗)

ここ最近こういう番組が増えてきていますね。とても嬉しいです。もっともっとメディアが積極的にこのような問題を取り上げてくれて、今までこういうことに無関心だった方々にも、身近な問題としてもっと関心を持ってもらいたいと思います。

余談ですが、ペットショップに行くといつも暗い気持ちで帰ってきます。それなら行くな、と思われるかもしれませんが、現状を見ておくことも必要だと思いますので…。

つい最近行ったショップでのこと。
年配のご夫婦とショップ店員が話をしていました。
聞こえてきた店員の言葉は…

「うちでは個人売買はしていないんです」
「血統書を発行するには犬舎登録が必要なんですよ」
「ネットとかでもできますから人でやられたほうが簡単だと思いますよ」

てことはその夫婦、自分ちで繁殖させてそれをそのショップで売らせてもらえないかって相談してたってこと?繁殖や売買に関して全く無知にもかかわらず?

そういう人間がいるから、こういう状況になってるんだよexclamation×2

ご夫婦はニコニコして帰られました。

純血種の飼い主さんは繁殖させる人よくいますよね。沢山の犬猫が毎年殺処分され、沢山の行き場のない子たちが里親探しをしているのに、なんで増やすかなー。

家畜は野生動物ではありませんから、飼っている動物の繁殖にも責任を持たないといけません。自分の身勝手で繁殖をしてる人、生まれてきた子たちの子々孫々まで責任持てますか?

特定の犬種・猫種についてきちんとした知識を持って繁殖を行っている人もいますが、そういうのを知らずにただ純血だからとか一度は産ませてあげたいとか言って繁殖させる人は嫌悪感を覚えますね。

その犬種・猫種の良さを知ってて、それが好きだという人もいるでしょうから、信念を持って繁殖をしているような方は特に否定はしません。植物だって、園芸品種はそうやって人為的に作られてきたわけですからね。

でも私自身は心底は理解できませんけど…。

純血にこだわったって、純血種だろうが雑種だろうが、すべて「イエイヌ」「イエネコ」ですからね。学術的にはみ〜んな一緒。純血種同士をかけあわせても、他の犬種とかけあわせても、雑種とかけあわせても、雑種同士かけあわせても、み〜んなおんなじです。

自然発生の種類は別として、人為発生の種類は固定させるのに苦労しているわけだから、要は劣性遺伝子とか奇形とかが元になっているのもあるわけでしょう?そんなのを知識なく繁殖させようとすること自体恐ろしいですよね…。そういう想像力もないのでしょうか。

最近流行ってるMix犬。そのショップでも沢山売られてました。どうしてそういう子まで売るのか、信じられません。「両親のいいところを受け継いでます!」「どんな子になるのか楽しみです」なんてコメントが書かれてたりするのですが…、いいとこばかりじゃなく、悪いところばかりもらっちゃってたらどうするの?どんな子になるのか楽しみ…そうですね〜、どんな困ったことが起こるか楽しみですね〜。

要するにきちんと管理できてなくて繁殖しちゃったんでしょう?どんなとこから仕入れてるんだ?

今や食品なんかはトレーサビリティが進み、「生産者の顔が見える食品」をウリにしているところも増えてきましたよね。このようなシステムがもっと普及すべきと思います。まあそれ以前に、ショップで生体売るな!って思いますけど。小さいケースに入れられた秋田犬やグレートピレニーズ、ハスキーもいました。狭そうでしたバッド(下向き矢印)

別のショップでは、生後1か月ちょっとのチビワンコがショーケースに入れられていました。違うショップでも見ました。

まだヨタヨタしてケース内はウンチだらけ。その様子を見てたら店員の若いお姉ちゃんが近寄ってきて、「お好きなんですか?かわいいですよね〜」というので、「かわいそうですよ…だってまだ1ヶ月ですよね??」と言ってしまいました。

そんなことを言われるとも思ってなかったのか、お姉ちゃんはちょっと動揺してました。そして「そんなこともないですけど…」と言ってそのチビワンを抱っこして奥に引っ込んで行きました…。

1ヶ月半の子を見ることはよくありましたが、最近生後1ヶ月ちょっとで並んでいるのをよく見ます。ショップに並ぶ月齢が下がっていませんか?もしかして不況の影響で小さくないと売れないの?

その店員のお姉ちゃんが悪いのではなく、そのショップの会社が悪いのでしょうけど、お姉ちゃんにも、そういうことが可哀そうなことなんだということを分かってほしいなと思います。

売る側がそんなことばかりしていたら、いくら殺処分を減らしたいという人間が頑張っても、正直言って糠に釘ですよ。

法改正、是非ともお願いしますexclamation×2

ランキング参加中!クリックご協力お願いします。
にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへにほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ


ニックネーム Chirota at 16:54| Comment(6) | TrackBack(0) | 動物愛護 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
番組見ました★栃木県も熊本県のような活動をしてほしいですね(-o-;)イノキ頑張れ!!
確かに最近のペットショップは見ていてかわいそうなくらいです…みんな小さくてヨタヨタで…ドイツのような法整備必要ですね。
Posted by ★タキタ★ at 2010年01月09日 23:05
先月放送するという情報で、そん時はTVの前で待っていたんですがやりませんでしたw
今日もそんなわけで見逃してしまいました、どちらかで見ることはできませんかね。

今日また散歩で仔猫を拾ってしまいました。生後2ヶ月ぐらいかと思われます。草の実だらけでそれは取りましたが、明日お風呂かな。
Posted by オニイサン at 2010年01月10日 00:22
>★タキタ★さん

イノキ、きっと里親希望者現れますよ。テレビに出たから。って、そんな理由でもらいに来る人はちょっとイヤですけど…。

>オニイサン、

この番組の放送予定は何度か変わりましたからね。見逃してしまったんですか?私は録画しましたが…ワンコ仲間の方の中にも録画された方はいるのでは??

オンデマンド配信するとありましたよ。でも有料ですよねあせあせ(飛び散る汗)

そういえば、サクラちゃん里親が決まったのですよね。おめでとうございます。

ってまた保護したのですね。決まったと思ったらまた募集かな。マツとフジコは(あやめは?)ワクチンは打ちましたか?新しく保護したら何を持っているか分かりませんから、念のため消毒には気を付けてくださいね。
Posted by Chirota at 2010年01月10日 02:29
昨日の仔猫はお風呂入れてやろうと思ったら左手がつけずビッコひいてたのですぐ近くの病院行ってきました。

今回は初めての病院ですがうちの子以外のことで何度か訪れたことのある病院です。

先生に左腕が腫れていると言われて気がつきました。他の猫にかまれた跡があったようで一週間ぐらいは経っているそうな。
抗生剤と痛み止めもらってきました。
お風呂は薬が終わった頃かな。

先住猫との関係や病気のことやら相談に乗ってもらい、近いうち次回はあやめを連れて行く約束をしてきました。
Posted by オニイサン at 2010年01月10日 15:03
「なぜ繰り返される?ペットの悲劇」
Youtubeに載ってたのでさっそくブログ記事にして見ました。
身近にこんな業者がいたなんてビックリです。
Posted by オニイサン at 2010年01月11日 21:56
ペット商業主義についての問題、一つ一つうなずくことばかりです。
ペットショップでの展示販売。早く親から離してしまったり、簡単に入手できたり、いいはずないですよね。

でも、スーパーでの展示譲渡も問題あると思います。
その日に初めて来た人が、「飼う」と決めて認められちゃう。選考後、後渡しだとしても、立ち寄る人の中には買物が本来目的の人だって多いと思います。

栃木県内で見たいくつかのペットショップでは、猫はケースにいて触れません。よく見たい人は触る前に手の消毒して、店員が奥で見せていました。以前見たある里親会さんでは、来場者が自由に手も消毒せずに猫に触ったり、スタッフたちが抱き回ししていました。

栃木県では十万円以上払って動物を飼うのは、ある程度大切に飼う担保になりそうな気もしますが、やはり商売では無く、命を助ける選択が為される方がいいです。

いろいろ考えさせられますね。


Posted by ミュウ at 2010年01月14日 01:15
この記事へのトラックバックURL
http://a-thera.com/tb/1950682
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック