disaster.gif

2009年09月09日

買っちゃった(^^)

動物関係の読者の方、今日は動物ネタではありません。ゴメンナサイ。

買ってみました。

DSC_1337.JPG

デアゴスティーニのDVDオペラコレクション
創刊号「カルメン」は990円!


カルメンのDVDは、ジェームズ・レヴァイン指揮、メトロポリタン歌劇場(カルメン:アグネス・バルツァ、ドン・ホセ:ホセ・カレーラス)のものをすでに持っていましたが、これは指揮が故カルロス・クライバーexclamation×2 ウィーン国立歌劇場のもの。ホセが同じく3大テノールのプラシド・ドミンゴ、カルメンはエレーナ・オブラスツォワ。

数少ないクライバーの演奏のDVDが990円で買えるなら、これは買いではexclamation&questionと思い、日曜日の里親会のお届け終業後の帰り道、とうとう買ってしまいました¥ カルメンが観たかったというより、クライバー見たさ?

家まで我慢できず、帰りの車の中で早速かけてしまい…つい1幕全部観てしまいましたTV 旦那にはあきれられたし。

1978年の収録で今から30年くらい前の映像です。クライバーもドミンゴも若い!クライバーがオケピットに入ってきて、オケとともに挨拶したと思ったらいきなり指揮を振り出したのには笑っちゃいました。チェロの人、まだ準備できてないじゃんたらーっ(汗) 名門ウィーン国立歌劇場オケが慌てて弾き始めてましたよあせあせ(飛び散る汗) ああいう奔放な指揮者はオケの人たち大変だろうなぁ。

でもなんとなくオケも歌手たちも楽しそうに見えます。クライバーは演奏者も観客もひきこんじゃう天才なんでしょうね。2幕の居酒屋の場面の「ジプシーの歌」の時はクライバーについてけなくてオケも舞台上もバランバランになちゃってましたけどあせあせ(飛び散る汗)

そしてオペラの映像のはずなのに、幕の途中でもやたらクライバーの指揮姿が映ります。無名の指揮者だったらこんな編集されないでしょうね〜。オペラ見なきゃなのに、ついクライバーが映るともっと見た〜い、と思ってしまいます。クライバーの演奏は音源だけじゃなく映像で見てみたいと思ってしまいます。

レヴァイン版しか見たことなかったのでドン・ホセというとカレーラス、カルメンというとバルツァというイメージが染みついちゃってて、オペラとしてはレヴァイン版のほうが好きかも。オブラスツォワさんには申し訳ないけど、バルツァさんのほうが、魔性の女カルメン!って感じで魅力的だったし、ドミンゴよりカレーラスのほうがカッコいいしぴかぴか(新しい) オペラ歌手って、歌ができるだけじゃなく演技力も必要なんだなぁと思いました。

こちらがレヴァイン版「カルメン」下
carmen.jpg

10年以上前、友人達とこのレヴァイン版のカルメンの映像を見た時、とある後輩の女の子が、ホセが軍服来てピシッとしてる時は「ホセかっこい〜ハートたち(複数ハート)」って言ってたくせに、どんどん落ちぶれちゃってヘロヘロの服装になっちゃって、そこに格好いい闘牛士姿のエスカミーリョが登場したら「ホセやだ〜、エスカミーリョかっこいい〜ハートたち(複数ハート)」と言って周りのみんなに「カルメンだ、カルメンだ。」と言われてたのを思い出しちゃった。(ネタにしてごめん)

作曲家の青島さんによるハバネラの解説文に「最も良く知られているアリアで、アマチュアの人が歌っても音域にとくに無理はなく、問題があるとすればフランス語だということだが、ムニュムニュ歌えばそれらしく聞こえる」というようなことが書かれてたのはちょっと面白かった。

同じ演目でもやっぱり比較して観るのって楽しいですね。990円は絶対お得です。次号からは1990円なのですが、それでもお得だと思います。シリーズ全部買うと65巻だそうで…全部買うと13万近くするバッド(下向き矢印) お金持ちさんはどうぞ。わたしはムリ。今度パイザーのの車検だし。今年9年目で14万キロ走ってますが、見積もりが怖い…。

ちなみに、このオペラはスペインの闘牛が舞台となりますが、私は闘牛自体は好きではありません。牛を殺す闘牛士が華やかに描かれているので、動物愛護家の人には不向きかも知れません(闘牛の場面はありませんが)。

趣味のネタですみませ〜ん猫(足)

ニックネーム Chirota at 19:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
この記事へのトラックバックURL
http://a-thera.com/tb/1831329
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック