disaster.gif

2009年08月13日

里親会報告と迷子のワンコ

ここのところ、里親会の報告をしていませんでした。

例年この時期は里親が決まりにくいんです。お客さんも少なめでした。でも物資を持ってきてくださる人が会場に何組も来てくださいました。ご支援、ありがとうございます!この記事とは別にご報告しますね。

現在、猫がとても多いです。先日の里親会は2会場で開催しましたが、前回の参加頭数は30匹以上、次回は更に増える予定です。でも決まったのは1匹がトライアル、2匹が保留、1匹が決まっていて後日お届けだったところ、諸事情によりキャンセルになりました。

ワンコは2会場で5匹。あの緑地公園の親子ワンコもまだいます。チビワンコ=コマリ(マリの子なので)には今までいくつもお問い合わせがあるものの、あんまりいい人に巡り合えず…。問い合わせしてきて「メスならいらない」っていう人も多いようで…。

参加ワンコのうち1匹は実は最近保護された子です。とある学校をウロウロしていた子で、センターがあと2時間後に引き取りに来る顔(なに〜)、というところでストップをかけてもらい、職員を説得して保護してもらいました。

DSC_0906.JPG


なんでも、その子は生徒を噛んだということで問題になり、行政に引き取りを頼んだそう。でも見てみるとすごく人懐っこくて全然いい子で、こちらが手を口に突っ込んでも甘噛みしかしない子でした。絶対子供のほうが犬にちょっかい出したんだよ。1週間前からウロウロしてたんなら、そういう事態が起きるのも予想できただろうに。その咬傷事件は何もしなかった大人の責任なのでは?その責任をワンコに負わせるつもりなの?と思い、すごく憤りを感じました。

DSC_0914.JPG


学校としては敷地に犬を置いておくことはできないから引き取りを頼んだということでしたが、「こんなに慣れてるということはどこかの飼い犬ですよね。飼い主探しはしましたか?」と聞くと「そっかぁ、おうちがあったはずだよねぇ。そこまで気がつかなかった。」と職員さんは言います。しばらくウロウロしてたんなら、それくらいの時間あったでしょむかっ(怒り)

こちらの話を聞いてくれて職員のうちの1人がなんとか1週間そのワンコを預かってくれましたが、その間センター・警察等に問い合わせしたものの情報はナシ。そして里親会後の行き場がないという状況になってしまいました。

そこへたまたま里親会撤収時に通りかかった方がその子を見て「うちの犬と合えば」ということで急きょ面会してもらいました。…が、先住のワンコはかなり気が強い感じ。こっちのワンコがビビっていました。それでちょっと難しいという話になったのですが、事情を説明したら、とりあえず次の里親会までの1週間だけ、預かりを引き受けてくださいました。

一応、次の里親会にまた参加させる予定です。月齢1歳弱の柴犬Mixの女の子。体重12kg。検便問題ナシ、8/3にフロントライン・ワクチン済み、8/5にフィラリア投薬済みです。最初に保護していた職員さんは「とってもいい子でした」とおっしゃっていました。行き場のないこの子を是非助けてあげてください。

DSC_0918.JPG


このワンコの現場に行ったとき、心配して集まっていた生徒が何人もいました。そういう生徒たちのためにもシステマチックに行政を呼ぶのではなくもっと努力してほしかったけど、あまりに職員さん達が無関心だったのが残念な気持ちでした。普段命の尊さを生徒に教えていながら、実際やっていることはその程度なのかと思ってしまいました。目の前の問題さえ解決できればあとはどうでもいいという、なんとなく日本の縮図を見ている感じがしました…。

ランキング参加中!クリックご協力お願いします。
にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへにほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ

ニックネーム Chirota at 14:29| Comment(5) | TrackBack(0) | 里親会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは!
最近書き込みが私ばかりなので..顔(汗)ちょっと恥ずかしいのですが、あまりのワンちゃんのかわいさに出てきてしまいました犬(笑)

こんなに穏やかなやさしい顔の犬が、むやみに人をかんだりはしないですよね。きっと子どもがちょっかいをかけて驚かせたんだと思います。

それに学校だったら人も多いし、預かったり飼い主を探したりくらいは人海戦術ですぐにできるでしょうに・・

そういう風に命を守る事を教えるのも教育のひとつなのに、心ある大人は1人も居ないのでしょうか?情けなく悲しい限りです犬(泣)猫(泣)顔(ぷんっ)

これもご縁ですから、学校側に里親さん探しに協力をお願いしてはどうですか?
ポスターを貼ってもらうとか、里親会のHPを見てもらうようにするとか・・

校長先生のお人柄によりますが、お願いに行ったら案外あっさり協力してくれるかもしれませんよ。
夏休みは学校も比較的暇ですし(笑)面会もスムーズに行くかもしれません。

里親会の方針と違っていたらすみません・・

もうひとつ、メスの方が穏やかでかわいいし飼いやすいと思うんだけどなあ・・なんで敬遠されるんでしょう?

まだまだ避妊手術の存在自体や必要性を知らない人が多いということでしょうね。
自分の周りの人や、ネットなどでコツコツ啓蒙していくしかないんでしょうか?

ペットは避妊去勢をしないと飼えない様にする事とむやみに捨てる人は厳罰を法制化する。
ペット税をかけてそれを捨てられた犬猫のために使うようにすれば、飼い主の選別にも役に立つのに・・と考えます犬(笑)猫(笑)犬猫
Posted by モモパンダ at 2009年08月13日 22:34
お久しぶりです。 高野 二郎です。 またまた・・・ですね。 どうして、子供たちに教えなきゃいけない大切なことをできないのでしょうね。 いいチャンスじゃないですか。 ホント。 憤りを感じますね。 最近、私の知り合いがミニチュアダックスを飼っていたのですが、半年くらいで飽きたからと・・・実家に預けたままにしちゃいました。 それだけなら、仕方ないです。 実家のお母さんがお散歩してるし。 でも・・・その人、今度はチワワをペットショップで買ってきました。 ご主人が一目ぼれ。 お子様たちも気に入ったから。 だそうです。 俺は・・・不愉快になって。 もう、そんな家族とは付き合わないです。 やっぱり・・人間がいけないんです。 きっと・・チワワも飽きるでしょう。 今度は実家も引き取れないでしょうし。 飼育放棄したら、当分の間飼えない事にしないと。 困ったもんです。 ひとつひとつできることなんて、思ってみても、こういう輩が大勢居たんじゃ・・ですよね。 愚痴っぽい書き込みですいませんでした。 セナ君は元気いっぱいです。
では・・・また。
Posted by 高野 二郎 at 2009年08月14日 10:04
>モモパンダさん

いつもありがとうございます。先ほど、niftyのほうとyahooのほうのアドレスにメール送ってみました。今度は届くかな?

学校側には父兄の方などに聞いてもらえないか職員の方々に聞きましたが「夏休みが終わればできますが今は生徒が学校に来ないので。」と言われました。一応うちの会のチラシを渡しておきました。そして、今回相談してきた職員(私の知人ですが)の話では、「学校内で生徒に怪我を負わせた犬ということだから、学校内(父兄もも含め)で協力してもらうのは難しいのでは」というような感じのことを言われましたバッド(下向き矢印) 言い方次第だと思うんですけどね。面倒なことはやらないんだろうなぁ。父兄の中から文句も出るかもしれないですしね。まったく、事なかれ主義なのがよく伝わってきます。

>高野様

先日はメールもいただいてたのに、お返事を出す前に書き込みをされちゃいましたねあせあせ(飛び散る汗) すみませんでした。後でちゃんとメールのお返事を書きますね。

いいチャンスなのに…私も同感です。今回のことを機に、その学校の職員さん達にはしっかりと子供たちに伝えるべきことを伝えてほしいと思います。その為には大人たちもきちんと現状に目を向けてほしいと思います。

ご友人のお話もとてもがっかりさせられる内容ですね。ショップ側は前の子を放棄したかどうかなんて関係ないでしょうからね。売れればそれでOKでしょうから。そういう人がいるから、やっぱりオーナーライセンスが必要だと思います。

そんな方とは付き合いたくないという高野様のお気持ち、よく分かります。でもだからこそなるべくその人と付き合って、ペットの終世飼養がいかに大切か、その人に理解してもらえるようになればいいなぁと思います。でも実際は難しいでしょうね…。
Posted by Chirota at 2009年08月14日 20:31
現在上記のワンコを一時預かりしている者です。涙が出るほど、いい子です。二週間の間、無駄吠えをしたことは一度もありません。犬が大好きでウチの子達と一緒にしてやると、すっごく嬉しそうに遊びたがります。5頭(我が家の犬の数)のまわりを飛び回り、「遊んでぇ〜。」というように前足を上げてアピールします。ウチの子達は、すでに中年及び老年なので面倒臭そうに無視してますが、相手をしてもらえそうな反応を見逃すまいと必死でピッタリと付いていきます。少しでも吠えられたり、ウーと威嚇されるとすぐに「ごめんなさい!」と頭を低くして謝ります。どんなに小さな小型犬に対してもです。反撃は、しません。恐らく生徒を噛んだのは、威嚇や攻撃で噛んだものでは、ないと思います。まだ「遊ぼうよ」とか「行かないで・・・」という甘噛みだと思います。甘噛みでも痛いことを教えると私には二度とやりません。人懐こく、甘えて体を押し付けてきます。いつもは一頭だけにしているので、時々覗くと首を傾げて「待ってたよぉ」こちらを見ます。室内の他の子と一緒にいつも見えるところに置いてあげたいけど、どんな環境で飼われるかわからないので心を鬼にして決まった時間しか、遊んでやらないようにしています。きっとお別れの時は号泣してしまうでしょう。「ヤバイ!」です。本当に素晴らしい子なんです。
写真だけでは、この子の良さが伝わらないと思って、書き込みしました。
Posted by スズキ at 2009年08月27日 08:19
>スズキ様かわいい

オイデちゃんの預かり、ありがとうございます。そして、オイデちゃんのアピールもありがとうございます。やはりお世話をしてくださっている方の声はとても説得力ありますよね。その子のことを一番理解してくださっている方ですから。

メールでもお伝えしましたが、募集リストは掲示板形式なので、良かったらアピールポイントをカキコミしてみてくださいるんるん
Posted by Chirota at 2009年08月27日 23:15
この記事へのトラックバックURL
http://a-thera.com/tb/1809185
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック