disaster.gif

2012年07月21日

80g〜!

木曜のお昼休み、choiwaru(とみた)さんから、「だれか助けて〜」のメール。

添付の写真がこれ下
2012071912300000.jpg


とある自治体の施設に置かれていて連絡を受けたそうです。推定生後2〜3日。5匹いてみんな80gくらいということでした。「飲みが悪いんだよね」とため息をつくchoiwaruさん。

トミーズさんがかかえる犬猫は現在約50匹、しかもこんなミルク飲みなんて・・・ムリです。

その後SOSを聞き急遽飛んで行って下さったという預かり協力者さんのところに5匹とも行ったのですが、ミルク飲みの子は初めてという方。預かり様は被災猫ちゃんの里親様で、私もやり取りしたことのあった方だったので、仕事のあと伺ってきました。

預かる際にお世話の仕方はひと通り教えてもらってはいたものの、みんな80g・・・小さすぎます。4月に受けた工場のらちゃんの子達より全然ちっちゃい。

ここまでちっちゃいと、無事育つかどうかも分かりません。ベテランですら助けられないこともあります。

早速様子を見てみると、おしっこでみんな体が濡れてしまっていて、体も冷えています。湯たんぽを入れていただき、娘さんたちにも協力してもらってみんなで体を拭きました。

私がいつも使っている、シリンジの先につけるシリコンの吸い口を持って来たので、それを付けて授乳開始してみましたが、みんななんだか弱々しく、動きも鈍い。何とか2匹、自分から吸いつくしぐさをしてくれましたが、残りは吸いついてくれませんたらーっ(汗)

改めて体重を計ったところ、一番軽い子が75g、一番大きい子でも84gでした。人工哺乳初心者さん、猫の日齢、頭数・・・いきなり5匹全員はムリと判断し、とりあえず今週末まで一番小さく飲みの悪そうな2匹を引き受けることにしました。

なんとかその数日の預かりの間に、ニャンたちがシリンジを吸うことを覚えてくれれば世話も楽になると思います。

帰る途中でスタッフAさんのところに寄ってミルクを受け取り、家について早速ミルクの準備をしていたら、旦那さんが帰ってきました。私の脇には怪しげなバスケット・・・。


旦那さん: 「??何かいるの?」

私: 「ううん、なーんにもいないよ〜。」

旦: 「あっそー、じゃミルクやる練習してるの〜?」

私: 「そうそう、やんないと忘れちゃうからね!」

旦: 「ふ〜ん、たいへんだね〜。」


なーんて会話のあと、せっせとうちの子たちのトイレのお掃除をしてくれた旦那様。感謝です!

さて、猫たちですが、昨日の朝までは1匹につき30分かけても2cc飲ませるのがやっと、という感じで、夜中もほとんどつきっきり。

一番弱々しく、預かり様も不安がっていた三毛ちゃん(サビっぽいですが、若干白い部分もあります)。その後、徐々に動きもよくなり、昨日の午後あたりからようやくシリンジを自分から吸ってくれるように。

201207192304.jpg


まだ体力がないので、少し吸いついてはやめてしまう、ということの繰り返しでしたが、だいぶしっかりして来て、今では鳴き声はもう1匹の子に負けてません。吸いつき始めはびっくりするくらいガンガン飲み、2ccくらい飲んだところでゆっくりになり・・・そのまま寝ちゃうこともあせあせ(飛び散る汗)

もう1匹はシューちゃんっぽいキジ白の男の子。
201207210944.jpg


こちらは数回でシリンジを覚えてくれました。授乳時にバスケットのふたを開けるとミーミー鳴いてすごい勢いで登ってくるようになりました。


キジ白仲間〜るんるん
SH3G0280.JPG


まだまだ油断はできませんが、2匹とも当初の危うい感じからは脱したと思います。

預かり様のところの3匹もちゃんと育っているようです。娘さん達も手伝って下さっているようですし、ご主人はニャンコ達専用として0.1gまで量れる量りを買って来てくださったそうです。心ない人間によって生命の危機に直面した小さな命を救うために家族みんなで協力し合って・・・すばらしいです!

私は火曜からまた出張で留守になるので、月曜日に預かり様に戻すことになっています。

ただ、今の預かり様は来月第2週目から長期不在になってしまうようで、とりあえずそれまでの緊急預かり先という感じです。その後どうするかはまだ決まっていないと思います。

協力しますよ!という方いらっしゃいましたら、西那須野さんにお問い合わせをお願い致します。とにかく今回のミルク飲みたちの来月の行き先を見つけないとです。

西那須野いぬねこ里親会

産んですぐ仔猫と引き離されてしまった母猫も可哀そうです。この子達を捨てて行った犯人は母猫の手術なんてしないでしょうね。飼い猫だか野良だか分かりませんが、もうほんと手術義務にしてもらえませんか?当然罰則付きで。

うちの会も・・・同じくいつも厳しい状況。先日の前足にハンデのあるニャンコ、保護したおうちでの預かりが困難になり、里親・預かり大募集です。

ハンデがあるので、すぐに里親が見つからないかもしれません。足を切断するかどうかは、今度の診察で方針が決まると思います。この子についても今後書いていきますので、皆様よろしくお願いします。

写真を撮るため、明日の里親会会場に来ることになっています。会いに来て下さいね。

みーすけ♀です。宜しくお願いします。
201207122238000.jpg



ランキング参加中!クリックご協力お願いします。
にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへにほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ


ニックネーム Chirota at 15:24| Comment(2) | TrackBack(0) | 保護日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月18日

職場猫トラちゃんが亡くなりました

大晦日の日に容体が悪いところを発見され、帰省中choiwaruさんに看病してもらった後入院、その後退院して知り合いの方のお宅で大切に面倒を見ていただいていた職場猫「トラちゃん」が、土曜日の夜息を引き取ったと、ご報告をいただきました。

トラ保護の関連記事はこちら⇒(1/11/21/61/111/19の記事)

少し前から状態が悪く入院しているというご連絡をいただいていたので、回復を願っていたのですが、とうとう仲間たちのもとへと旅立ってしまいました。

1月の退院のあと、一時はとても元気になっていたので、トラちゃん復活!と私もとても安心していたのですが、再び病状が悪化、最期はもう自力で食べる力もなく弱り切っていたようです。自宅で看取る決心をされ、仕事を休んで看病して下さったKさん、本当にありがとうございました。

鼻水がズルズルと出てしまうトラちゃん、鼻水を取るのに何かいい方法はないかということだったので、人間の赤ちゃん用の鼻水取り「ママ鼻水トッテ」を使っている方の記事をいくつか目にしたのでお勧めしてみたところ、好評だったようです。

他にもハーブやサプリなどもいろいろ試してみようとして下さっていたのですが、それらを試す間もなく逝ってしまいました・・・。

あの大晦日の日に職員に発見されなかったら、トラちゃんは厳しい寒さの中、人知れずどこかで息を引き取っていたことでしょう。病院でひどい痙攣を起こしていたあの日、「今夜だな」と覚悟していたのを奇跡的に乗り切ったトラちゃん。ダブルキャリアで厳しい状況ではありましたが、やはりもっと長く生きて欲しかった。でも、最期は人間の温かさの中で旅立てたことはせめてもの救いだったと思います。

トラちゃんを引き取って下さった方のお宅のお庭には、最近急に野良の仔猫が現れたそうです。このままにはしておけないので保護して里親探しをしたいということでした。トラが「ここの人に助けてもらいなよ、ボクはそろそろあちらの世界に行くからさ。」とでも言っていたんでしょうか。

職場は、多いときは20匹ほどに増えてしまったこともあったそうですが、一番歳年長だったトラちゃんを最後に、今は猫がいなくなりました(うちで保護したのはあぐり、つぐみ、アーニャ&サーシャ、クロ&ネロ&カプリの計7匹)。

トラの子だというクロちゃんと孫にあたるネロ&カプリ。
頑張って里親探さなきゃね。
(左からネロ、カプリ、クロ)

IMG_0296s.jpg

うちの子となじんでいるものの、相変わらず人間はダメなつぐみ。
(写真左がつぐみです)

IMG_0065s.jpg


今日はトラちゃんの追悼ということで、在りし日のトラちゃんとチョビの写真を残していきたいと思います。

トラちゃんとその向こうにあぐりとチョビ。
2009年。

DSC_0564.jpg

お手入れトラちゃん。
2009年。

DSC_0502.jpg


チョビひげチョビちゃん。
2009年。

DSC_0523.jpg


チョビと仔猫時代のあぐり。
2009年。

DSC_0518.jpg


落ち葉とチョビ。
2009年。

DSC_0905.jpg


トラちゃん。
2009年。

DSC_0895.jpg


春の日向ぼっこ、トラ&チョビ。
2010年。

SH3G0014.jpg


チョビとトラちゃんの2ショット。
2010年。

SH3G0112.jpg


チョビを舐めてあげるトラちゃん。
2010年。

SH3G0267.jpg


あの〜帰りたいんですけど・・・。
2010年。

SH3G0268.jpg


気持ちよく寝てたのに!byトラ。
2010年。

SH3G0269.jpg


ドウダンツツジの紅葉とトラ&チョビ。
2010年。

SH3G02910001.jpg


いつも仲良し2匹。
2011年。

SH3G0405.jpg


同じく2ショット。
2011年。

SH3G0447.jpg


トラ、チョビ、ありがとう。
安らかに・・・。
そしていつかまた戻って来てね。


ランキング参加中!クリックご協力お願いします。
にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへにほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ



ニックネーム Chirota at 00:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 保護日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月14日

事故に遭ったと思われる仔猫

日曜日は4組のニャンにご縁がありました。ここ最近の中では多かった方かな。いつも1組とか2組でしたから。

そのうち2組は、前回の里親会で希望の子のお話を進めさせていただいた方。とりあえずもう一度帰ってご家族でよく検討していただいて、改めてご来場して下さった方々でした。

これから先長く一緒に暮らすことになる大切な家族を迎えるわけですからね。じっくり考えていただくということは大切だと思います。

もう1組は、以前里親会に一度来られたことのあるという方でした。その時は猫を飼うつもりがなく立ち寄っただけだったそうです。でも来場を機に猫を飼うことをご家族内で前向きに検討し、ネットで色々調べてまたうちの会の里親会に足を運んで下さったんだそう。

そのご家族が選んだのは、以前記事でもご紹介した白いオッドアイのニャンコ、「ラブ」君でした。ラブ君は里親会が終わってから保護主様と一緒にお届けしてきました。最初は猫かぶっていましたが、元気いっぱいいたずら盛りのようです(^^)

ラブ君幸せにね
DSC_0200s.jpg


もう1組はうちのボスがコンビニで保護したニャンコ「ほたる」。しまった、写真取り損ねた。里親希望者様は私のブログを見て、別の子を見に来たのですが、その子はこの日お休みで、ほたるを見つけて一目惚れしたとおっしゃっていました。

ほたる君はまだ生後1ヶ月半くらいの時に保護されましたが、コンビニのエアコン室外機の影に籠城してしまって、保護するのに1時間かかったそうです。

うちのボスがちっこい仔猫相手に1時間格闘しているその時の様子を想像すると、なんか微笑ましくなってしまうのは私だけでしょうか??

明日の里親会は3連休の中日なので、来場数はちょっと期待できないかもしれませんが・・・猫の相談は次々入ってきます。ケージを貸すので頑張って自分で保護して下さい、と伝えているのですが、倉庫をよく見てみたら2段ケージの在庫が少ない!貸したまんまになってるのもあるので、返してもらわなきゃですね。

ERILINさんが相談者さんの依頼でミルクで育てた子たちも月齢2ヶ月、明日からデビューかな。

DSC_0186.JPG
DSC_0189.JPG
DSC_0195.JPG


さて、話は変わって。

数日前、うちのスタッフOさん(スタッフでいいよね)から、「猫を保護した」という知らせがありました。あ、Oさん2人いるんだった。なんて書こう・・・エクパパ?

仕事中に道路脇でうずくまっている仔猫を発見、死んでるのかと思ったら走って行ったそうです。ケガをしてたので、保護しなきゃと思い、高い所に登ったところをGet!

犬のことはとっても詳しいOさんですが、猫はさっぱり分からない。

私も仕事帰りに合流して一緒に病院に行き、ケージを貸して、何が必要かとかご飯はどうしたらいいかなどを伝えました。

トイレの砂を渡してやり方を教えたら、「おしっこもこの中でするのexclamation&question」と驚くOさん。初めてのニャンコとの生活、きっといろいろ新鮮でしょうね。

顎と左足を痛めていて、左足は骨折ではなく神経がやられてしまったようなので、回復するかどうか分からず、3本脚になるかもしれません。おそらく事故に遭ったんだろう、ということでした。

image0006.jpg


保護した場所は周囲に民家のない山の中。それほど威嚇しないので、生粋の野良ではなさそうです。仔猫の足でそこまで来るとも思えませんから、おそらく遺棄されたんじゃないかと思います。

遺棄された場所から道路に出たところをぶつかってしまったのかもしれません。怪我は負いましたが命は助かってよかったです。しかも優しい人に保護してもらって、このニャンコは強運の持ち主だと思います。

そんなラッキーな子がいる一方で、人知れず命を落としている子も沢山いると思うと、とても辛いですね・・・。

ハンデを持つ子になってしまうかもしれませんが、治療が落ち着いたらこの子も里親探しの予定です。この子については今後もご紹介していきたいと思いますので、皆様応援よろしくお願いします!

スタッフAさんが病院通いして治療して下さっている、猫カゼがひどかったニャンコ、仮名をレイくんと付けてもらいました。心配していた目の状態も、だいぶ良くなってきました。Aさんが頻繁に目のケアをして下さったおかげで再癒着の心配もなくなってきたそうです。ありがとうございます!

image0008.jpg


保護当時300gしかなかった体重も、倍の600gを越えたそうです。ただ、まだ目と鼻のズビズビが続いています。懐っこくていい子だそうですから、可愛い子に成長しそうですねるんるん

里親を検討して下さる方の多くは五体満足で健康な子を希望されるとは思いますが、こういう子達も健康な子と変わらず幸せになってもらいたいです。

ランキング参加中!クリックご協力お願いします。
にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへにほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ


ニックネーム Chirota at 20:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 里親募集中の子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月09日

被災動物応援チャリティーコンサートのご案内

日曜日の里親会についてはまた別記事で。本日は、来週月曜日に開かれるチャリティーコンサートのご紹介をさせていただきます。

2/22のブログの記事でもご紹介しましたが、栃木市のあおぞら動物病院では、NPO法人JDSさんドックライフプランナーズさんと共同で被災動物の支援活動を行い、定期的に被災動物支援のチャリティーコンサートを開催していらっしゃいます。その第4回目のコンサートが7/16(月・海の日)17:00より開催されるそうです。

内容は、「ドックライフプランナーズ」代表の岸良一先生による被災動物のボランティア活動に関する講演と、「M2アンサンブル」さんによるオーボエ&クラリネット&ピアノの演奏になります。

あおぞら動物病院のスタッフさんからチラシデータをいただきました。

クリックするとPDFが開きます下
Flyer-20120716.jpg

演奏者の「M2アンサンブル」さんは、6/3にお手伝いさせていただいた「M2オーケストラ」のメンバーさん達ですが、演奏者の方から伺った話では、今回はあまり予約が入っていんだそうです。

曲目もいつも変えているようですし、講演の内容も若干違うそうです。

演奏を聞いて、被災地のワンちゃんたちの支援をしようかな、という方は、是非足を運んでみて下さい。私は第3回は行かなかったので、今回は行こうと思っています。

イベント第4回東日本大震災被災動物応援チャリティーコンサートイベント

かわいい日時: 7月16日(月・祝) 17:00開演
かわいい場所: あおぞら動物病院(栃木市平柳町1-42-1)
かわいい料金: 大人 1,000円
      中・高校生 500円
      小学生以下 無料

予約制になっているとのことなので、ご連絡はあおぞら動物病院までお願い致します四葉

ランキング参加中!クリックご協力お願いします。
にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへにほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ


ニックネーム Chirota at 23:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 震災関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月06日

日曜日のご報告

日曜日の里親会は2匹のニャンがお話が進み、1匹が保留となりました。2匹はこの日初参加のニャンコで、1匹は先週の里親会に相談に来られた方のニャンコでした。

これがその子、仮名りこちゃん。
DSC_0120s.jpg


先週はノミだらけだったので会場から離れたところでノミ取り&フロントライン。その日来場されていた方がその子を気に入って下さったのですが、とにかくまず病院とケアを先に、ということになり、1週間待っていただいていました。

そしてこの子は・・・
DSC_0027s.jpg


6/20ブログの記事に書いた、スタッフOさんが預かって下さっているみこちゃんです。みこちゃんはまだいいご縁がありません。りこちゃんみこちゃん、みんなに「姉妹ですか??」と言われるこの子たち、いえいえ全然出所違いますよ〜。

みこちゃんのほうが前から参加してるのに、先越されちゃったね〜。でも美人さんだから大丈夫でしょう♪

うちのチェリーとクロちゃんは・・・前々回小学生くらいの男の子たちにケージの外からちょっかい出され、機嫌を損ねたようで、それ以来(前も不機嫌でしたが)ますます不機嫌になり、里親会会場でシャーシャーいうことが多くなってしまいました(;_;)

DSC_1006s.jpg


男の子達はそのシャーシャーいう反応が面白かったようです。たまにケージを置いている台を揺らしちゃうような子もいたりして、子供連れの方が来場されるとスタッフが目を光らせておかないといけないです。・・・ほんとはその辺はきちんと親が見ておくべきなんじゃないかなーと個人的には思ってしまいますが・・・。

チェリーはうちに帰ったら全然甘えん坊でおしゃべりなニャンコなんですけどね。家と里親会のギャップが大きくて・・・困ってしまいます。かといってネットだけで決めるのも、近年は正直言って厳しいものがあります。

チェリーを宜しくお願いします!

DSC_0627s.jpg


預かりさんにお願いしているシー(シロ)ちゃんジロくんも、3週連続参加して下さっていますが、今のところいいお話はありません。

DSC_0143s.jpg


仔猫の頃はシーちゃんって美人さん!ジロくんはちょっと影が薄い・・・?と思っていたのですが、ジロくんがめきめきと可愛くなっています。

美形姉弟のシーちゃんジロくん宜しくお願いします!

そのシロジロの横でスタッフ&保護主さんの人気者になっているのが、サビ猫「チャクロ」ちゃん。写真撮り逃したのですが、仰向きに爆睡してて、頭の上にはお水の容器。あ〜頭がお水の中に入る〜!って思ったら、次の瞬間後頭部がまるごとお水の容器に!

スタッフさんが頭を起こしてお水の容器をよけてくれたのですが、チャクロちゃん、それでもひたすら爆睡。

その後も爆睡していたチャクロちゃん、目は半開き、舌は出しっぱなし、さらに鼻ちょうちんまで!(念のためカゼっぴきではありません)

DSC_0158s.jpg


身内の間ではかなりの人気者で、「いいキャラしてる〜」「自分がもらう側だったら絶対こんな子がいい!」と絶賛されてました。

チャクロちゃん、頑張ろうね!
DSC_0159s.jpg


今回初参加の親仔猫が2組ありました。次回も仔猫はさらに増えそうです。西那須野いぬねこ里親会ジャンハムさんに預かっていただいてる「はぎ〜ず」も、動きがないようです。うちの会も毎回1匹とか2匹くらいしか決まっていませんが、あちらはここのところさっぱり動きがないそう。県北部の方は是非西那須野さんの里親会に足を運んでみてくださいね。

はぎ〜ずの保護時から先日おうちにお邪魔した時の写真を下記のアルバムにアップしていますので、スライドショー載せちゃいま〜す(携帯の方はゴメンナサイ)。


 
ランキング参加中!クリックご協力お願いします。
にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへにほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ

ニックネーム Chirota at 19:07| Comment(12) | TrackBack(0) | 里親会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする