disaster.gif

2012年05月12日

GWもいろいろ

日曜日はすごい天気でしたね。竜巻の被害にあわれた方々にはお見舞い申し上げます。ご心配くださった皆様ありがとうございました。

私の職場は真岡市にあるのですが、当日職場にいた上司は東のほうで黒い柱が移動していくのが見えたそうで、怖かったと言っていました。

真岡市・益子町ではがれきの撤去等のボランティアを募集しているようです(詳しくはこちら)。


里親会は大きな被害はありませんでしたが、朝はいい天気で暑かったのに、急に寒くなり雨雲がやってきて雷とどしゃ降り。2.4m角のテントを4つ並べていましたが、雨が吹き込むのでニャンのケージとワンのサークルをなるべく中央に寄せてビニールでカバー。でもテントとテントの間から雨が漏れてくるし、天幕にたまった雨が滝のように流れてくるので、少しずつ水を回収したり…。

雷ゴロゴロ雨ザーザーでニャンたちは「ナニ!?ナニ!?」と目をまん丸くし、ワンコは雷嫌いだからさぞかし怖いだろうと思ったら…みんなと一緒にいるからか意外とワンたちは平気そうでした。

雨雲が去ったらまた日が照って暑くなり…撤収の前くらいに2回目の雨雲がやってきて、突風でテントが飛ばされそうになり、ご来場者の方も脚を押さえてくださったりしながら、急いで撤収作業を行いました。

こんな日でしたが、4匹チビの相談者のYさんが、職場で買ってくださったというミルクを持って会場に来て下さいました。タイミング悪く、いらっしゃった直後に土砂降りで、会場はてんてこ舞い。バタバタしてしまってすみませんでした。
 
ミルク10缶いただきました!
ありがとうございます。
SH3G0580.jpg


ニャンたちは連れて来てなかったので会えませんでしたが、4匹のうちの2匹を預かって下さっているスタッフのAさんとも直接お話しできたし、、写真を見せてもらったりして、とても喜んでくださっていました。

企業ですと、まっすぐ保健所に連絡して引き取ってもらう、というケースが多いと思いますが、「なんとか命を助けたい」と思ってくださる人がいてくださったおかげで、いくつかの命が救われました。まぁ、本音を言うと、相談者側で保護していただけるのが一番なのですが、今回はタイミングが良かったのと、いろいろな人の協力のおかげで助けることができました。

この日は、初参加だった仔猫が3匹(うち1匹は前回の里親会で予約)とスタッフSさんの保護猫ビリーにいいご縁がありました。うちの子たちはまた来週頑張ります!


昨年4月から8月までお預かりしていた福島原発被災ニャン「シフォン&シナモン」の飼い主I様より、大量の物資が送られてきました。猫砂3箱に、仔猫フード、ミルク、毛布。私がチビチビ猫を保護しているので、気にかけてくださいました。
 
SH3G0581.jpg

SH3G0583.jpg

毛布はもう時期が時期だからその辺じゃ売ってないんです。しょっちゅう汚れるので助かりました。Iさん、いつもありがとうございます。ミルク2缶はすでにうちのチビニャンたちのお腹に全て入りました!成長してくるとあっという間に消費してしまいます。


GWはなんだかんだ言って結構動物の予定を入れてしまい…あとはうちの片付け。どこにも出かけませんでした。まぁミルク飲み抱えてたら遠出なんてできないですけどね。

1日は県北の柴ワンコの引き渡しの立ち会い、2日は被災猫みなこちゃんのお届けの立ち会い、3日は1回目のミルク飲みニャンたちを預かりさん宅に預けに行った後、TNRニャンコの捕獲作業。4日・5日は自宅の片付け、6日は里親会&ニャンコのお届け。

1日の柴ワンコは、ご自宅の線量が高く引っ越すことになり、飼っていた柴犬4頭全てを飼い続けるのが困難になってしまったという案件でした。今回はネットからお申し込みのあった方に一度面会に来ていただき、その後お話が進んだので、今回は特例でお迎えに来ていただき、後日訪問させていただく形になりました。柴犬ゴンちゃんは横浜のワンコになります。

DSC_0703s.jpg

お届けに立ち会ってきた、福島浪江の被災ニャンコ「みなこ」ちゃん(愛称ミーちゃん)を迎えて下さることになったのは、5/2の記事内で「ご報告そのB」にも書いた、フェレットちゃんの里親様さんです。

里親様はペット不可の住居にお住まいのころ、周辺の野良ちゃんを保護して里親探しをしていました。その子たちの一時預かり協力をしていたのが、choiwaruさんからミーちゃんを預かり壬生の里親会に参加していたKさんでした(詳しくは2/25の記事をご覧ください)。

お二人はそれがご縁で知り合ったわけですが、その野良ちゃんの子たちの里親が決まった後も交流は続き、ご自身もペット可のところに引っ越すことができたので、今回ミーちゃんを迎えてくださることになりました。

預かりさんにとっても、今後もミーちゃんに会えるお宅に迎えていただくのはとっても安心で、うれしいことだと思います。

そして、ミーちゃんのお嫁入りの日。 

DSC_0743s.jpg


気になっていた、ちょっと前に家族になったフェレット「メラルー」ちゃんとの相性。ミーちゃんの来たお部屋に、メラルーちゃんも出してみました。

フェレットって、落ち着きないんですね。お部屋に出したら走り回るし荷物に潜ろうとするし、見てて飽きません。長っぽそくって、クネクネしてて、どこ持つんだろう?って感じ。

ミーちゃんのおもちゃで遊ぶメラルーちゃん。
 
DSC_0747s.jpg

ミーちゃん用のトイレをチェックするメラルーちゃん。
(その後ミーちゃんが使う前にメラルーちゃんが用を足しましたあせあせ(飛び散る汗)

DSC_0750s.jpg

ミーちゃんとチュッ黒ハート
DSC_0755s.jpg

メラルーちゃん、ミーちゃんのトイレは使っちゃうし、ミーちゃんのおもちゃで遊んじゃうし、ミーちゃんのほうが押され気味。でも、同居はうまくいきそうですね。

ミーちゃんは原発事故後に生まれたニャンコ。福島の子たちを救うために頑張って下さる方々のおかげで幸せになりました。

幸せになってね、ミーちゃん。
DSC_0761s.jpg


4/29、福島浪江で保護され、いつもお世話になっている動物病院で預かっていただいていたニャンコが、天に召されました。

SH3G0542.jpg


全く人馴れしておらず、最後まで馴れなかったニャンコ。シニアで口内炎もひどかったのを、先生が懸命に診てくださっていましたが、とうとう旅立ってしまいました…。

名もないキジトラくん、5/1夜にchoiwaruさんのお庭に埋葬させていただきました(手伝ってくださったchoiwaruさんに感謝!)。そこにはあなたの仲間も保護されているからね、寂しくないよね。

病院にはその子と一緒にいた茶トラの子が今も保護されています(上の写真の奥の子)。その子も同じくまだ人馴れしておらず口内炎がひどいですが、亡くなったこの分まで頑張ってもらいたいです。 

まだまだ書きたいことはありますが、とりあえずこのへんで。

うちのチビ達、すくすく育ってます!
2匹並ぶとおはぎのようなので、「おはぎ姉弟」。

DSC_0821s.jpg


ランキング参加中!クリックご協力お願いします。
にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへにほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ

ニックネーム Chirota at 15:27| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする