disaster.gif

2012年05月30日

宇都宮市でキジトラの男の子が行方不明です

迷子の情報がありましたのでお知らせします。

宇都宮市東浦町にてキジトラの男の子(去勢済み)が、本日夕方自宅から脱走し行方が分からなくなっています。

詳しくは下記のリンクをご覧ください。
(リンク元転載歓迎です)

【猫・迷子情報】宇都宮市・キジトラの男の子

ご協力お願い致します。

ニックネーム Chirota at 20:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 迷子動物情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

忙しくなった理由

日曜日の里親会は、スタッフOさんのちゃおくん猫と、スタッフSさんのオーちゃん猫、一般参加のYさんワンコ犬にご縁がありましたClap

オーちゃんは2年近く里親会に参加していましたが、里親会がイヤでイヤで・・・いつもニャーニャーと大騒ぎ。途中でおうちに帰す時もあり、仔猫の多い時期などはお休みさせたりしていました。この日来場してくださった方がオーちゃんの事をとっても気に入ってくださり、トライアルに入ることに。

オーちゃん.jpg


先住ちゃん次第かなと思いますが、ちゃんとおうちが決まって、里親会に来なくて済むようになって欲しいです・・・。

Yさんのワンコは前回の記事で紹介した子たちですが、2匹で道路をウロウロしていたのを保護されました。どちらも女の子なので、おそらく捨てられたのでしょう。保護されていなかったら轢かれていたかもしれません。いい人に発見されて保護してもらって良かったです。

鼻が少し白い子はネットからお申し込みのあった方と里親会会場でお見合いをし、近々トライアル開始になる予定ですひらめき

DSC_0873s.jpg


前回の記事に書いた初参加の黒ラブ風のワンコ。里親会中すごい人気で、何組もの方が里親を希望されていましたが、残念ながらお話が進みませんでした。かわいい子は得ですが、逆に衝動的に欲しくなるような方が希望することもあります。でも、衝動的にではなくよ〜〜〜く考えて申し込みをしてほしいです。


この日は、3年前に9匹で河川敷に捨てられていたのを保護され、私も哺乳を手伝った「あんず」「すもも」ちゃんの里親様が2匹を連れて遊びに来てくれました!(保護当時の記事はこちら

あんずちゃん。
DSC_0923s.jpg


すももちゃん。
DSC_0925s.jpg


おそろいの洋服は、人間用の服をベースにした里親様の手作りだそうですぴかぴか(新しい)

あんずちゃんは保護時90gで、9匹の中で一番小さく、飲み方も弱々しくちゃんと育ってくれるか心配だった子です。それがあんずちゃん、今は6.5kgもあるそうです!あんずちゃん、ちょっとダイエットかなー。

物資もいただきました。ありがとうございますぴかぴか(新しい)

オーちゃん.jpg


土曜日のアイフルにも物資を持って来てくださった方がいらっしゃったようです。猫ベッドありがとうございます。

オーちゃん.jpg


さて、里親会の後は、前回の記事にも書いた「友人からの頼まれごと」に行ってきました。

友人の所属するアマチュアオケで、来週の日曜日ファミリーコンサートがあるのですが、人手不足だということでお手伝いを頼まれました。

4月には相談が来ていて、軽めの曲だということだし同じオケの年末の演奏会を一度引き受けていたものの断っちゃったというのもあったので今回は引き受けるつもりでした。あ、ちなみにそのオケを指導されている方は2/22の記事に書いたあおぞら動物病院でのチャリティーコンサートで演奏されていた方です。

でもその直後ミルク飲みが2回入りてんてこ舞い。楽器どころじゃなくなってしまいました。その後おはぎ姉弟を預かっていただくことができたので、ようやく落ち着きはしたものの、もう本番まで間がないじゃん、さらう暇ないしムリ!と思って、改めてごめんなさいのメールをしたところ、「ゲネ本(ゲネプロと本番)でいいから!」と言われ・・・先週の火曜日に譜面をもらいに友人宅へ(それが前回の記事です)。
※ゲネプロってなに?という方はこちら

ほんと丸2年くらい全く触ってもいなかったので(それまでもせいぜい年1回出す程度)、こんなんでほんと大丈夫なのか!?という感じですが・・・。ゲネ本だけ(つまり本番前に1回合わせてオシマイ)なんてワタシの腕前じゃムリですので、なんとか頑張ってそれ以外の練習にも出ることに。

ということで、里親会の後ニャンたちを戻しに行き、足利の練習会場へ車(セダン)ダッシュ(走り出すさま) 

練習は夜9時半頃までかかり、あー疲れたさー帰ろっ、と思ったら、「マイくんの様子がおかしい」というメールがボスから入っていて、急遽石橋にいるマイくんの所へ車(セダン)ダッシュ(走り出すさま)

マイくんはスタッフAさんが動いてくださって、病院に連れて行ってくださっていました。私が着いた時はちょうど2人が病院から戻ってきたところでした。マイくんはそのままちょっと入院させてもらうことになりましたが、昨日の報告では、落ち着いてきているということだったのでちょっと安心しました。

今週末は2日ともその演奏の件で拘束されます。日曜日の里親会は申し訳ありませんがお休みさせていただきます。

最後に、ファミリーコンサートにご興味のおありの方へ一応宣伝。



市民プラザ音楽祭2012
M2オーケストラ 第4回ファミリーコンサート

【日時】 2012年6月3日(日) 13:30開場 14:00開演
【場所】
足利市民プラザ 文化ホール
【プログラム】
  組曲「惑星」より「木星」(ホルスト作曲)
  スターウォーズメドレー
  サウンドオブミュージックメドレー
  美しく青きドナウ(ヨハン・シュトラウス作曲)
  宮崎駿アニメメドレー      /他
【入場料】 500円(未就学児無料・全席自由)
※チケットありますので欲しい方さしあげます

M2Orcchestra-4th.jpg



木星の出だしと10連符・・・弾けない・・・手が攣りそう(T_T)


ランキング参加中!クリックご協力お願いします。
にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへにほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ


 
ニックネーム Chirota at 07:18| Comment(5) | TrackBack(0) | 里親会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月25日

仔犬まつり

日曜日の里親会、残念ながらご縁はありませんでしたが、ななちゃんが予約になりそうです。

image/2012-05-25T13:31:591


ななちゃん希望者さんから差し入れをいただきました。
ありがとうございます

image/2012-05-25T13:31:593


スタッフAさんが育ててくださっている、工場猫組のうちの2匹、豆大&福ちゃん。まだデビュー前ですが、予約という形で里親探し開始です。

DSC_0865.JPG


なんで豆大・福ちゃんかというと・・・スタッフさんの娘さんが「豆大福みたい」と言ったから。おはぎ姉弟といい、和菓子シリーズですね。

福ちゃんの体にはハートマークがあります黒ハート
DSC_0846.JPG

こちらはスタッフOさんの保護猫「ちゃお」君。
DSC_0868.JPG


とっても可愛いので興味を持ってくださる人は今までにも沢山いらっしゃったのですが…ちょっとカミカミ王子なので…。たぶんこういう子は仲間がいたほうが直ると思います。


前回まで、仔犬の参加はなかったのに、急に参加の犬が増えました。この日は2組4匹参加。これから参加予定が1匹。

この子たちは生後2ヶ月くらい。
鼻がちょっと白い子にお問い合わせをいただいております。
DSC_0878.JPG

この子たちは4ヶ月くらいかな?
ももちゃんとゆずちゃん。
DSC_0888.JPG

この子は今度の日曜日から参加予定。
IMG_7872.JPG

仔猫祭りだと思っていたのですが、なんだか仔犬祭りです。あ、もちろん猫の相談も次々来てますけど。

仔犬といえば、私のほうに3月ごろにネットで相談があった方のワンコたちをchoiwaruさん(ハンドルネーム変えたようですがこちらのほうがなじみがあるのでとりあえず以前のままということで手(パー))に預かっていただいています。choiwaruさんのブログの読者の方はもうすでにご存じかと思いますが、「カヨちゃん」とその仔犬たち。

カヨちゃんは塩谷町のとある地域で1年以上その周辺で放浪していたワンコだったそうですが、相談者さんのワンちゃんの犬舎内で出産してしまい、相談者さんのワンちゃんとケンカになったということで保護依頼が来ました。

犬舎の中のチビたち下
image/2012-05-25T15:02:152


その後の経緯は話せば長くなるので控えますが、そのワンコ達を入れる入れ物を地理的に近かったchoiwaruさんに借りることになり、直接連絡を取っていただく形にしたのですが、うちの会の状況・私の性格をよくご存じのchoiwaruさん、見かねて親子ごと保護してくださいました。

image/2012-05-25T15:02:151


2ヶ月間預かるので、その先を探してねと言われていたのですが、結局その後も保護して下さり、西那須野の里親会にも参加させていただいています。

ツキくん
DSC_0722.JPG

クマくん
DSC_0720.JPG

なおこちゃん
DSC_0726.JPG

そして母犬カヨちゃん。
DSC_0484.JPG


「仔犬たちの名前の由来は?」と尋ねたら、「黒い子はツキノワグマみたいだからツキ、茶色い子はクマみたいだからクマ、顔の黒い子はおんなのこだからおん“なおこ”。」だそう。・・・オヤジギャグ!?

母犬カヨちゃんは今までどんな暮らしをしてきたのか・・・なかなか心を開いてくれないようです。でも仔犬たちは人間大好き!犬たちのスペースの掃除をしようと思っても、「ワ〜〜イワ〜イ、あそんであそんで〜るんるん」って感じで作業がはかどらない。なんかこの時期の仔犬たちって、全てが楽しくて仕方ない、って表情してますよね。

DSC_0737.JPG


そして、うちの里親会に前々回仔犬希望で来て下さった方が「ツキ」をご希望してくださったので、choiwaruさんに繋ぎ、トライアルとなりました。それで、急遽そのお届けを私が行くことになり、火曜日仕事の後行ってきたのですが・・・残念ながらトライアルがうまくいかず、戻ってくることになりました。


DSC_0901.JPG


ツキくん、振り出しに戻りました。甘ったれのツキくんを家族に迎えて下さいませんか?

火曜日はそのあと、これまた急遽友人に頼まれごとをされたので、宇都宮の友人宅へ。頼まれごとの内容は・・・また今度書きますね。

・・・こんな感じ下

image/2012-05-25T13:31:592


ということで、私は来週末まで忙しくなってしまいました。相談案件等は他の人にバトンタッチさせていただくかもしれません。

1日24時間じゃ足りないなぁ。


ランキング参加中!クリックご協力お願いします。
にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへにほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ

ニックネーム Chirota at 21:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 里親会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月18日

ふしぎなこと

ここのところ週1回の更新になっちゃってますね。

日曜日の里親会は、前回決まった仔猫たちの残りの子2匹が決まりました。仔猫は早いですー。
 
チェリーにもお声がかかったのですが…、若いご夫婦だったので、もしお子さんが生まれたら、自分たちは出なくても子供がアレルギーが出る場合があること、また妊娠初期のトキソプラズマ感染の危険性などお話させていただいたら、ちょっとビビってしまったようで…。ご家族でよく検討する、ということになりました。
 
ご主人は「そんなこと、今まで誰も教えてくれなかったです!」とおっしゃっていました。まぁそうでしょうね。できれば猫を飼うことをご検討されるのであれば、事前にいろいろ勉強していただければ嬉しいですが、そこまでの準備がない状態の方もいらっしゃるでしょう。なので、里親会でまず猫を迎えるにあたってのご説明をさせていただいて、今一度猫を迎えることについて考えていただくというのも必要なことだと思います。
 
このような活動をしていると、いろんなケースを経験しますから、できる限り私達の持つ情報はお伝えして、これから迎える犬や猫との生活がよりよいものになってくれたらと思います。それを伝えてよく検討し、迎えることを断念するという選択肢もあっていいと思います。里親決定につながらないことは残念ですが、そうやって動物を飼うことに対して社会全体の意識が向上していくことも大切だと思います。
 
チェリーを希望して下さったご夫婦は、「仔猫が入ってくる時期なので、どうしても皆さん仔猫の方に目が行きますから、月齢の行っているチェリーはそう声もかからないと思いますよ。」とお伝えしたら、「え?仔猫の方がもらわれやすいんですか?」と驚いていらっしゃいました。仔猫よりも大きい子がいい、ここまで大きくなってくれていた方が安心、とおっしゃっていました。一般的に仔犬仔猫が好まれる中で、こういう意見を持って下さる方はとてもありがたいですね。
 
そのほかにも、具体的な交渉まで進みませんでしたが、手応えのありそうな方何組かとお話させていただきました。今後に期待ですね。

あと、いつも支援物資を下さるまちこさんとsweetdogsさんより物資をいただきました。まちこさんはいつもポチ袋のご寄付も下さいます。

まちこさんより

SH3G0587.jpg


sweetdogs様より
(お客様からご提供の物資も含まれているそうです)
120513_1200~01.jpg


みなさまいつも本当にありがとうございます!


さて、実は前々回の里親会で不思議なことがありました。
 
里親会会場をお借りしている壬生のイオンさんの店舗内で、猫の絵葉書の落し物があったそうで、従業員の方が、「里親会関係の落し物ではないですか?」ということで持って来てくださったそうです。
 
スタッフさんが預かり、私に持って来てくださったのですが、見るとニャンコの絵が手書きで書かれたハガキ(絵手紙)でした。裏は何も書かれていません。
 
で、その絵を見ると、なんか見覚えのあるニャンコ…これ、なんか天功に似てないか!?

120518_0008~30.JPG
 
そして、よ〜く見てみると、その絵の中に「Thanks mom 天」と書かれています。
 
えっ?これってやっぱ天功じゃないの?
 
ボスとスタッフAさんに見せたら、「そう言われたらそう見えるけど…でもなんで?」「こないだ里親さんが来た時に持って来てくれて、落としたんじゃないの?」
 
ということで、天ちゃんの里親さんに連絡。でもなんとなく違う気がする・・・。
 
私:「あの〜、つかぬことをお聞きしますが、絵を描くご趣味などありますか?」
 
里親さん:「えっ?絵ですか?いえ、ないです。」
 
私:「ですよね〜。」
 
里親様には説明しましたが、誰なんでしょうね〜、ということで終わりました。

ちなみに天ちゃん、GWに里親様の実家に一緒に連れて行き、1週間ほど滞在したそう。 天ちゃんの譲渡の時に、「先住が居ないこと」「2匹目を迎えないこと」を条件とさせていただいたのですが、タイミング悪く(?)ご実家で猫を迎えられたそうです。
 
案の定、合わせてみたらシャーシャーだったそうですが、意外とそれ以上険悪にならず、1週間経つ頃には並んでいても大丈夫なくらいになったんだそう。相手の猫ちゃんが、威嚇されても気にしないタイプの子だったようで、相性が良かったのでしょうね。
 
うちの子たちは天ちゃんが威嚇したら、モカちんは「私のシマでなに大きな顔してんのよっ!」、ふーちゃんは「売られたケンカは買うよ!」、シュガーは「あの子コワイよぅ!」、つぐみは「ゴメンナサイ、ゴメンナサイ」という感じ。
 
と話が脱線しましたが、結局どなたが描かれたものか分かりません。
 
でも、この猫の絵、どこかで見覚えがある…と思って自分のブログを見直してみたら、天ちゃん卒業の記事の時に載せた写真そのまんまでした。

この写真。
DSC_0597.JPG

 
てーことは、読者のどなたかが、描いて下さったのでしょうか。そしてメッセージからして、私に描いて下さったということですよね。
 
写真を見ながら、心をこめて描いて下さったと思うと、なんだかとっても心があったかくなりました。描いて下さった方、本当にありがとうございます。もしこの記事をご覧になられていたら、ご連絡いただけないでしょうか?
 
そんで、ウチのチビ達。
 
なんとか自分で世話をしていたものの、離乳も始まり時間がかかるようになったこと、動きが活発になってきたので、仕事中バスケットに入れて何時間も置いておくのが大きさ的にも厳しくなってきたこと、そして何より気温が暑くなってきたので、車に載せたまんまにしておけなくなったことなど、自分での保護が難しくなってきていました。

なので、やはり猫たちをきちんとお世話していただける方にお願いしたほうがいいと思い、5/1に一度連れて行った預かり協力者様に預かっていただくことにしました。今週は出張も入ったし、どちらにしても一時的に誰かに預ける必要がありました。

シューちゃんママしてくれたら助かるけどムリだもんね〜。

DSC_0777s.jpg

 
ということで、今週月曜日に預けに行きました。預かり協力して下さったのは「西那須野いぬねこ里親会」のスタッフSさん。一応、ドライが食べれるようになるまでの一時預かりということでお願いしましたので、里親探しは私の方で行います。
 
おはぎ姉弟、♀は「あんこ」のアンちゃん。

DSC_0823s.jpg

♂は「きなこ」のキナくん。

DSC_0806s.jpg

アンちゃんは歯も結構生えてて噛む力も強いので、私もよく指をアグアグされました。哺乳瓶も穴開けちゃいますね。今日の報告では、アンちゃんはドライを少し口にしているそうです。

キナくんはドライをふやかしておいたらそのスープだけ飲んじゃうんだそうです。そして哺乳瓶を1時間吸っているというキナくん。 お腹がすいているというより吸いついていたいんでしょう。本来ママと一緒なら好きなだけチューチュー吸っていられますからね。

しばらく姉弟とはお別れです。手間もかかり騒がしくて飲み方のヘタッピーな2匹ですが、Sさん、どうぞ宜しくお願いしますm(_ _)m

2匹ペアで迎えて下さる里親様、募集中です!

DSC_0827s.jpg


ランキング参加中!クリックご協力お願いします。
にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへにほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ

ニックネーム Chirota at 21:56| Comment(2) | TrackBack(0) | 里親会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月12日

GWもいろいろ

日曜日はすごい天気でしたね。竜巻の被害にあわれた方々にはお見舞い申し上げます。ご心配くださった皆様ありがとうございました。

私の職場は真岡市にあるのですが、当日職場にいた上司は東のほうで黒い柱が移動していくのが見えたそうで、怖かったと言っていました。

真岡市・益子町ではがれきの撤去等のボランティアを募集しているようです(詳しくはこちら)。


里親会は大きな被害はありませんでしたが、朝はいい天気で暑かったのに、急に寒くなり雨雲がやってきて雷とどしゃ降り。2.4m角のテントを4つ並べていましたが、雨が吹き込むのでニャンのケージとワンのサークルをなるべく中央に寄せてビニールでカバー。でもテントとテントの間から雨が漏れてくるし、天幕にたまった雨が滝のように流れてくるので、少しずつ水を回収したり…。

雷ゴロゴロ雨ザーザーでニャンたちは「ナニ!?ナニ!?」と目をまん丸くし、ワンコは雷嫌いだからさぞかし怖いだろうと思ったら…みんなと一緒にいるからか意外とワンたちは平気そうでした。

雨雲が去ったらまた日が照って暑くなり…撤収の前くらいに2回目の雨雲がやってきて、突風でテントが飛ばされそうになり、ご来場者の方も脚を押さえてくださったりしながら、急いで撤収作業を行いました。

こんな日でしたが、4匹チビの相談者のYさんが、職場で買ってくださったというミルクを持って会場に来て下さいました。タイミング悪く、いらっしゃった直後に土砂降りで、会場はてんてこ舞い。バタバタしてしまってすみませんでした。
 
ミルク10缶いただきました!
ありがとうございます。
SH3G0580.jpg


ニャンたちは連れて来てなかったので会えませんでしたが、4匹のうちの2匹を預かって下さっているスタッフのAさんとも直接お話しできたし、、写真を見せてもらったりして、とても喜んでくださっていました。

企業ですと、まっすぐ保健所に連絡して引き取ってもらう、というケースが多いと思いますが、「なんとか命を助けたい」と思ってくださる人がいてくださったおかげで、いくつかの命が救われました。まぁ、本音を言うと、相談者側で保護していただけるのが一番なのですが、今回はタイミングが良かったのと、いろいろな人の協力のおかげで助けることができました。

この日は、初参加だった仔猫が3匹(うち1匹は前回の里親会で予約)とスタッフSさんの保護猫ビリーにいいご縁がありました。うちの子たちはまた来週頑張ります!


昨年4月から8月までお預かりしていた福島原発被災ニャン「シフォン&シナモン」の飼い主I様より、大量の物資が送られてきました。猫砂3箱に、仔猫フード、ミルク、毛布。私がチビチビ猫を保護しているので、気にかけてくださいました。
 
SH3G0581.jpg

SH3G0583.jpg

毛布はもう時期が時期だからその辺じゃ売ってないんです。しょっちゅう汚れるので助かりました。Iさん、いつもありがとうございます。ミルク2缶はすでにうちのチビニャンたちのお腹に全て入りました!成長してくるとあっという間に消費してしまいます。


GWはなんだかんだ言って結構動物の予定を入れてしまい…あとはうちの片付け。どこにも出かけませんでした。まぁミルク飲み抱えてたら遠出なんてできないですけどね。

1日は県北の柴ワンコの引き渡しの立ち会い、2日は被災猫みなこちゃんのお届けの立ち会い、3日は1回目のミルク飲みニャンたちを預かりさん宅に預けに行った後、TNRニャンコの捕獲作業。4日・5日は自宅の片付け、6日は里親会&ニャンコのお届け。

1日の柴ワンコは、ご自宅の線量が高く引っ越すことになり、飼っていた柴犬4頭全てを飼い続けるのが困難になってしまったという案件でした。今回はネットからお申し込みのあった方に一度面会に来ていただき、その後お話が進んだので、今回は特例でお迎えに来ていただき、後日訪問させていただく形になりました。柴犬ゴンちゃんは横浜のワンコになります。

DSC_0703s.jpg

お届けに立ち会ってきた、福島浪江の被災ニャンコ「みなこ」ちゃん(愛称ミーちゃん)を迎えて下さることになったのは、5/2の記事内で「ご報告そのB」にも書いた、フェレットちゃんの里親様さんです。

里親様はペット不可の住居にお住まいのころ、周辺の野良ちゃんを保護して里親探しをしていました。その子たちの一時預かり協力をしていたのが、choiwaruさんからミーちゃんを預かり壬生の里親会に参加していたKさんでした(詳しくは2/25の記事をご覧ください)。

お二人はそれがご縁で知り合ったわけですが、その野良ちゃんの子たちの里親が決まった後も交流は続き、ご自身もペット可のところに引っ越すことができたので、今回ミーちゃんを迎えてくださることになりました。

預かりさんにとっても、今後もミーちゃんに会えるお宅に迎えていただくのはとっても安心で、うれしいことだと思います。

そして、ミーちゃんのお嫁入りの日。 

DSC_0743s.jpg


気になっていた、ちょっと前に家族になったフェレット「メラルー」ちゃんとの相性。ミーちゃんの来たお部屋に、メラルーちゃんも出してみました。

フェレットって、落ち着きないんですね。お部屋に出したら走り回るし荷物に潜ろうとするし、見てて飽きません。長っぽそくって、クネクネしてて、どこ持つんだろう?って感じ。

ミーちゃんのおもちゃで遊ぶメラルーちゃん。
 
DSC_0747s.jpg

ミーちゃん用のトイレをチェックするメラルーちゃん。
(その後ミーちゃんが使う前にメラルーちゃんが用を足しましたあせあせ(飛び散る汗)

DSC_0750s.jpg

ミーちゃんとチュッ黒ハート
DSC_0755s.jpg

メラルーちゃん、ミーちゃんのトイレは使っちゃうし、ミーちゃんのおもちゃで遊んじゃうし、ミーちゃんのほうが押され気味。でも、同居はうまくいきそうですね。

ミーちゃんは原発事故後に生まれたニャンコ。福島の子たちを救うために頑張って下さる方々のおかげで幸せになりました。

幸せになってね、ミーちゃん。
DSC_0761s.jpg


4/29、福島浪江で保護され、いつもお世話になっている動物病院で預かっていただいていたニャンコが、天に召されました。

SH3G0542.jpg


全く人馴れしておらず、最後まで馴れなかったニャンコ。シニアで口内炎もひどかったのを、先生が懸命に診てくださっていましたが、とうとう旅立ってしまいました…。

名もないキジトラくん、5/1夜にchoiwaruさんのお庭に埋葬させていただきました(手伝ってくださったchoiwaruさんに感謝!)。そこにはあなたの仲間も保護されているからね、寂しくないよね。

病院にはその子と一緒にいた茶トラの子が今も保護されています(上の写真の奥の子)。その子も同じくまだ人馴れしておらず口内炎がひどいですが、亡くなったこの分まで頑張ってもらいたいです。 

まだまだ書きたいことはありますが、とりあえずこのへんで。

うちのチビ達、すくすく育ってます!
2匹並ぶとおはぎのようなので、「おはぎ姉弟」。

DSC_0821s.jpg


ランキング参加中!クリックご協力お願いします。
にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへにほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ

ニックネーム Chirota at 15:27| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月02日

いろいろ報告

2週間の放置、申し訳ありません。まともな記事からは1ヶ月以上ですねあせあせ(飛び散る汗)


ご報告その@

4/2の記事に書いた、壬生町で行方不明になっていたニャンコ、無事戻ってきたそうです。行方不明になったのは自宅から大きな道路をまたいで何百mも離れているところだったのですが、自力で帰ってきたそうです。気にかけて下さっていた皆様、ありがとうございました。ご報告が遅くなり、大変申し訳ありませんでした。


ご報告そのA

3/20の記事に書いた、ミニシュナ「クマ雄」くん、既に保護主様のブログをご覧になられている方はご存知かと思いますが、保護主様の方にお問い合わせがあった方に無事里親が決まりましたClap とっても素敵なご家族だそうです。


ご報告そのB

3/10の記事に書いた、動物病院に遺棄されたフェレットの里親様が無事決まり、新しい家族として迎えていただきました。過去に7匹のフェレットの飼育経験のあるベテランさんです!他にも気にかけていただいた方、ありがとうございました。

そして、2/25の記事に書いた、福島被災猫「みなこちゃん」も同じ里親様のおうちの家族に迎えていただくことになりました。この件に関しては、別記事でいろいろご報告させていただきたいと思います。


ご報告そのC

4/17の記事に書いた、ミルク飲み猫の預かりさんについてですが、複数の方が心配して下さり預かりを申し出て下さいました。

今回のチビたちは臍の緒付きの生後数日という大きさで、哺乳瓶での哺乳も困難だったため、そのくらいの日齢の仔猫の人工哺乳に慣れていないと、逆に預けた先で残念な結果に・・・ということになりかねません。

そして、できれば普段ご自身で精力的に保護活動されている方にはなるべく負担を増やすようなことはしたくない・・・(授乳は3時間おきとかですから)。

今回贅沢にも複数の方が預かりを申し出て下さったので、上記のことを踏まえ、2匹ずつ2組の方に預かっていただくことになりました。

1組は、預け替えするのを条件に緊急で預かっていただいた壬生のスタッフ、いつも困った時に助けてくれる頼れるママのAさんぴかぴか(新しい) ほんとは預け替えする予定だったのですが「このままうちでいいですよ」と言って下さいました。いつも甘えてスミマセン。

image0007.jpg


2組目は昨年福島で保護されたチビワン、現「リッキー」くんを人工哺乳で育てて下さったバジミンさん。

バジミンさんは、以前うちの会で里親探しをしたミルク飲み黒猫君の兄妹を知り合いの方からの依頼で預かり、同じく人工哺乳で育てた経験の持ち主です。※兄妹だということは保護後に判明しました(詳しくは黒猫君の記事をご覧ください)。

うちで見てた時のチビ達下

DSC_0564s.jpg

DSC_0562s.jpg


バジミンさんは里親探しまで協力して下さることになっています。2匹の様子は是非バジミンさんのブログでチェックしてくださいね!→バジミンさんのブログ:「バジルの庭」

そして、手元に居たチビ猫たちを4/22にバジミンさんに預け、あー楽になった〜と思った2日後。

おかわりのニャンコが来てしまいました。
神様、イジワルしてるの!?

SH3G0564.jpg


経緯を話せば長いので省略しますが、前の4匹と同じくらいの大きさの子たち。また仕事+人工哺乳の日々になってしまいました。しかも今回のチビ達は、元気はよく、ギャーギャーと騒ぐくせに飲み方がヘタ。

DSC_0666s.jpg


前の子たちは翌日にはシリンジ卒業したのに、まずシリンジを吸ってくれるようになるまでに一苦労。そしてやっとシリンジを吸ってくれるようになったので、徐々に哺乳瓶に切り替えようと思うと、これまた吸い方をちっともマスターしてくれない。

ここ数日、ようやく哺乳瓶も吸ってくれるようにはなって来てはいますが、100パーセントではありません。なのでシリンジと併用。前できても次の時は忘れちゃってるしバッド(下向き矢印)

私はシリンジの先に、シリコン製の「ピルガン用スペアチート」というのを付けて哺乳しています。

SH3G0571.jpg

これがない状態でシリンジであげるのは結構大変ですが、これをつけると、こぼれたりもしないし猫も吸いやすいです。哺乳瓶のように自分からチューチューと吸ってくれて、押子を押さなくても勝手に入っていきます。

120417_1758~01.jpg


もしチビチビ猫を保護した方で、シリンジでの哺乳に苦労されいる方、是非試してみて下さい(ただし、小さいものなので、ニャンコが誤飲しないように、くれぐれもご注意ください)。

ここで買えます→ファンタジーワールド ピルガン用スペアチート

この子たちについても預かりを申し出て下さった方が居るのですが、昨日ご自宅に行って一緒に哺乳してみたら、やっぱり手こずってしまい…とりあえずもう少し自分で面倒見ることにしました。幸いGWですし。


最初の頃は「こんにゃのママじゃにゃい!ママどこー!」という感じで全然人工哺乳になじんでくれなかったチビ達ですが、3〜4日経つ頃にようやく私がミルクをくれる人(=ママ?)と認識してくれたみたいで、ミルクを要求してくれたりゴロゴロ言ってくれるようになりました。

DSC_0698s.jpg

前の4匹が優等生だったので大変ですが、手がかかっている分、可愛いですね。バカな子ほどかわいいのか?

ふーちゃんとチビ達。

20120430-02s.jpg


ご報告そのD

実家で預かってもらっている、会場に遺棄されていた猫くん、桜の満開の日だったのでチェリーと命名しました。

DSC_0624s.jpg


遺棄当日も含め、里親会会場ではケージの中でとっても大人しく、「ちょっと大人しすぎるんじゃ?」と思っていたのですが、実家に連れて帰ったら、昔からいたかのようにすぐになじんで、早速ボールでサッカー遊びしてました。

DSC_0546s.jpg

遺棄当時、ケガしていた右手下
今はそれもすっかり良くなりました。

DSC_0517s.jpg

ノミダニもいない、耳の中もきれい、検便も問題なし。ふつー外に居る子ならたいてい回虫くらいはいるものですが、いませんでした。病院の見立てでは生後7〜8ヶ月とのことです。ワクチン1回終了。近日中に去勢手術を実施したいと思います。

おもちゃでもよく遊び、甘ったれです。悪いことして怒られると「ニャー!ニャー!」と口答えするチェリー君。おもちゃ箱から好きなおもちゃを持って来ては「遊んで!」の催促をします。

健康状態といい、オモチャ慣れしているところといい、お膝も大好きなところといい、どうみても室内で飼われていた子だと思います。ナゼ捨てて行ったの・・・?

DSC_0649s.jpg


あそこに置いていけば、なんとかしてくれるだろうと思いましたか?あまりにも勝手ではないですか?なんで捨てる前に相談しないんだよ。きっと飼い主はその後も現場には来たでしょうね。確認のために。そして「ああ良かった」とでも思っているんでしょうか。腹が立ちますね。まったく。

チェリー、クロちゃんとともに里親会参加中です。

ランキング参加中!クリックご協力お願いします。
にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへにほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ


ニックネーム Chirota at 17:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 保護日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする