disaster.gif

2012年02月16日

実家預かりニャンコ「公・民・館」その後

今日明日は東京出張。

旦那さんは「猫の世話するよ」と言ってくれたけど、前の出張の時しんどかったようなので、まあ通えなくもない日程だったし、今回は宿泊ナシで毎日移動することに。

ということで移動中はヒマなので記事書いてました。

だいぶ時間が経ってしまいましたが、実家で預かってもらってた、7月に保護した「公太&民々&館太」は里親様が全て決まりました(保護時の記事はこちら)。

DSC_0637s.jpg


公太君だけ11月に一足先に里親様が決まり、民々と館太は昨年末からトライアルに入り1月に正式譲渡しました。

SH3G0092.JPG


公太君はコロスケ、民々館太はそのままの名前になりました。

DSC_0918mm.jpg


公太は、譲渡直前にやたら水を飲む量が増え、おしっこの量も異常に多くて色もほとんど透明になってたため、病院で見ていただいたところ、尿検査と血液検査で少し数値が気になる状態でした。

それほとひどいわけではありませんでしたが、先天的に腎疾患を持っている可能性もあるかもしれないと言われました。こんな月齢で!?里親も決まったのに。とショックでした。

里親さんにそれを正直にお伝えして、今はまだ迎える前ですから、よく考えて決めてくださって結構ですよ、とお伝えしたところ、ご主人とも相談してくださり、「自分達で選んだ子なので、もし病気を持っていたとしてもそれも含めて受け入れたいと思います。」とおっしゃってくださいました。

公太、とてもいい方に見染めていただいて幸せ者です。

その後食事やサプリで様子を見て、譲渡時に里親様と一緒にかかりつけになる先生のところに行って診てもらいましたが、検査の結果は特に異常ナシでした。

ひょっとしたら何か一過性のものだったかもしれないし、今後は様子を見ていくことにして、次回はまた去勢手術の時に調べてみましょう、ということになりました。

里親様がかかりつけに選んだ先生は、とても丁寧な診察をしてくださるので頼りになります。実は預かり募集中のマイ君の保護主様も行っているそうです。

里親F様、公太改めコロスケ君を宜しくお願いします。

120204_193232.jpg


民々&館太は一緒のおうちへ。お届け早々2匹はカーテン登りを披露し、私が帰ったあと早速フックを壊したようです。

保護当時は1匹だけまだ歯が生えておらず、他の2匹が離乳食を食べてるのを真似して食べようとするもののうまく食べれなかった館ちゃん。

DSC_0773s.jpg


今は民々よりずっと大きな体格になり男の子っぽくなりました。

DSC_0299s.jpg


民々はちっちゃいころのまんま美人さんに。

DSC_0298s.jpg


里親O様、民々&館太を宜しくお願いします。

201201170919000.jpg


みんなあんなにちっちゃかったのにね。

DSC_0802s.jpg

DSC_0798s.jpg

TS2C0088s.jpg

SH3G0013.JPG

DSC_0805s.jpg


それにしても、3匹の名前は、choiwaruさんち近くの“公民館”に捨てられてたからという安易なネーミングだったのに、2匹そのままになるとは思いもよりませんでした。

うちの会のボスはよく「名前は大事だから適当につけちゃダメたよ」と言うんだけど…あの3匹のネーミングは果して良かったのかどうか?

ずっと幸せに暮らしてね四葉
P1020585m.JPG


ランキング参加中!クリックご協力お願いします。
 にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへにほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ


ニックネーム Chirota at 23:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 里子報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする