disaster.gif

2012年01月28日

写真家岩合さん写真展「ねこ」行ってきました

〜しばらく記事内トップに記載しておきます〜

★飼い主急死で遺された53匹の犬猫を助けたい!
詳しくはERILINさんのブログへ
53.gif
※里親様・シェルター用地および運営協力者・支援物資・支援金大募集中です。(関連記事はこちら


★福島被災犬猫救済にご協力下さい!
詳しくはchoiwaru101さんのブログへ下
101.gif
※里親様・預かり協力者・お世話のお手伝いして下さる方大募集中です。(関連記事はこちら


★ブリーダー放棄小型犬40匹の里親様・里親探し協力者募集中!
詳細記事は
こちら (一部の子の写真もあります)


★栃木市でヨークシャーテリア♂が行方不明になっています!
横浜にお住まいの飼い主様が必死で探していらっしゃいます。お近くの方捜索にご協力をお願い致します。
詳細記事は
こちら
飼い主様のブログはこちら


※バナー作成協力:オニイサンさん
動物写真家岩合光昭さんの写真展「ねこ」。招待券を3枚もらってたので旦那さんと母と3人で行ってきました。

写真展の話は職場で聞いていたのですが、教えてくれた人は岩合さんのことを全く知らない人で、「東武で猫の写真展があるんです」とだけ聞いてたのですが、そのすぐ後にチラシを見て、写真展って、岩合さんだったんだ!と思いました。

動物好きな人でしたら岩合さんの名前はご存知の方も多いと思います。私も大好きな写真家さんの一人です。

写真展は19日から29日の10日間なのですが、28日は岩合さんのトークショーがあるというので、是非お話を聞かないと!と思って、今日行ってきました。

IMG_0142s.jpg

会場はかなり沢山のお客さんがいらっしゃっていました。こんなに猫好きな人がいるんだ〜と思うと嬉しかったです。トークショーは11時からでしたが、会場内の一角でやったため、あまりに人が多く後ろの方の人はあんまり見えなかっただろうなぁと思います。私はなんとか近い場所をゲットしましたが。

写真撮影は禁止なので、写真展の様子を載せることはできないのですが、この日に展示されていた写真を集めた写真集が販売されています。

写真を買った人はサイン会の整理券がもらえます。なので、私はうちの分と実家の分と思い2冊購入。整理券の番号は90番と91番。

なのに、母はそれがよく分かってなかったらしく、姉にも買ってあげたいの分も欲しいということで、いつのまにか2冊購入しちゃってたんです。

整理券は100人分と聞いていたのですが、ダメもとで係員さんに聞いたところ、まだあるということで整理券をまたゲット。142番と143番でした。

岩合さんのサインはただ名前だけ書くサインではなく猫の絵を書いてくれるので、ちょっと時間がかかります。とりあえず私は91番の整理券でサインをもらい、岩合さんに握手してもらいました。

そのあと暫く待ち、やっと母の番号の順番になったのでサイン待ちの列に母が2冊持って並んだのですが、せっかく2枚整理券ももらったから、もう一回並べばもう1回握手してもらえるじゃん!と思い、母が買った2冊のうちの1冊を持って私も列に。

ということでまたサインしてもらい、握手してもらったら、岩合さんに「そのお顔はさっきもお見かけしたような・・・」と言われちゃいました。ハイ、スミマセン、2回並んじゃいました。ていうかよく覚えてるなぁあせあせ(飛び散る汗)

サインしていただいているところ、握手してもらったところは許可を得て写真も撮らせていただいたのですが、ブログに載せるとこまでは言わなかったので、一応肖像権の問題もあるので、手元だけ。

IMG_0143ss.jpg


これがその購入した写真集。
DSC_0273s.jpg

ちゃーんとニャンコの絵とサインが入ってまするんるん
DSC_0272s.jpg


写真集をパラパラとめくると、写真展で見たパネルを思い出します。やっぱり写真は写真集で見るより、パネルで見たほうが絶対いいですね。印刷物だとただの「写真」ですが、パネルはやっぱり迫力もあるし、動物達の息使いや鼓動まで伝わってきそうです。そしてその瞬間をとらえるためにその動物たちと向き合っている岩合さんの思いも見る側に伝わってくる気がします。

トークショーはそんな1枚1枚の写真のエピソードが語られました。この記事の最初に載せた、写真展の看板に使われている写真。この写真を撮るのに3日かかったそう。このニャンコは3日間通ってようやく岩合さんが危害を加えない相手だと理解してくれたようです。

東武百貨店の写真展案内サイトに掲載されている写真の中の、上から2段目中央の写真は猫の一家を写真に収めたものですが、写真を構えていたら仔猫たちの後ろから黒白ハチワレのお父さんニャンコが岩合さんに寄って来て、あまりのその子の迫力にカメラを少し引いたんだそう。もしカメラを引かなかったらお父さんニャンコの左手から猫パンチを食らっていただろうということでした。写真を見ると確かにハチワレニャンコの左手がパンチを繰り出しそうになっています。

そんな撮影にまつわるいろんなニャンコとの話を聞くことができて、なんか心がほっこりしたいい1日となりました。

会場では、母もお知り合いの方に会ったり、私もひまわりの里親Kさんにお会いしました。そうそう、Kさんが預かり協力して下さっていた、choiwaruさんの保護犬「カムイ」も先日無事正式譲渡となりましたClap 

いろいろ大変な子だったと思いますが、預かって下さったお陰でカムイもとってもいいご縁に巡り合うことができました。カムイに代わってお礼申し上げますひらめき


Image1680001.jpg

里親さんが、カムイのお顔にはハートマークがあるんです、と送って下さった写真。カムイの捨てられていた当初の写真を見たことがある人は、その表情の違いにきっと驚かれることと思います。穏やかそうなとってもいい表情ですね。

ちなみに、カムイはそのままカムイの名前になりました。「カムイ」はアイヌ語で神とか霊的存在を表す言葉。里親様は「犬の姿をした小さな神様を大切にします」とおっしゃってました。カムイヌ→カムイと仮名を付けられた子だったけど、いい名前を付けてもらったねひらめき

写真展で目にした岩合さんの言葉、「ネコが幸せになればヒトも幸せになり、地球も幸せになる!」

みんなが幸せになるよう、私は私のやれることをこれからもがんばろうと思います。

岩合さんの写真展「ねこ」は明日1/29(日)までです。ご興味がある方は是非!最終日は17時終了となりますのでご注意ください。

iwagou2012.jpg



ランキング参加中!クリックご協力お願いします。
にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへにほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ

ニックネーム Chirota at 23:29| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月27日

処分から救われた下野市19ニャンズ里親募集!

〜しばらく記事内トップに記載しておきます〜

★飼い主急死で遺された53匹の犬猫を助けたい!
詳しくはERILINさんのブログへ
53.gif
※里親様・シェルター用地および運営協力者・支援物資・支援金大募集中です。(関連記事はこちら


★福島被災犬猫救済にご協力下さい!
詳しくはchoiwaru101さんのブログへ下
101.gif
※里親様・預かり協力者・お世話のお手伝いして下さる方大募集中です。(関連記事はこちら


★ブリーダー放棄小型犬40匹の里親様・里親探し協力者募集中!
詳細記事は
こちら (一部の子の写真もあります)


★栃木市でヨークシャーテリア♂が行方不明になっています!
横浜にお住まいの飼い主様が必死で探していらっしゃいます。お近くの方捜索にご協力をお願い致します。
詳細記事は
こちら
飼い主様のブログはこちら


※バナー作成協力:オニイサンさん

日曜日の里親会は寒かったです!スタッフも保護主様もお休みが多く、猫は9匹犬は6匹が参加。

里親探ししている猫減ったんだね〜と思われるかもしれませんが、そんなことはありません。壬生里親会のホームページのリストを見ると分かりますが、まだまだいっぱい里親募集中。

もうあと数ヶ月すると春生まれの猫たちがどっと出てくる。その前の今の仔猫がいない時期になんとか頑張って決めないとです。

うちの保護猫は、天功と黒親子のうち母猫クロちゃんのみ参加してます。仔猫たちのほうは残念ながらまだ人馴れがイマイチ…。まぁ出せなくはないのですが。

SH3G01710002.jpg

里親会には、先日もらわれたはなちゃんが遊びに来てくれました!いい方にもらわれてとっても幸せそうでした。

SH3G0195.JPG

先にもらわれたママとの再会に、サークル内のはるちゃんも喜んでました。はる君も幸せ探し頑張ろうね。

SH3G0198.JPG


里親募集しているニャンコたちの中で、沢山のニャンを抱えながら何ヶ月もずっと頑張っている保護主様がいらっしゃいます。

相談が最初にあったのは昨年7月頃。下野市のとある地域で野良猫が増えて問題になり、「保健所に」という話になったので、処分だけは避けたいと、猫たちを保護された個人の方からの相談でした。

もともとあるアパートで餌をもらっていた子たちが、そのアパートが取り壊しになって周辺に散らばっていき、そして今年の春仔猫が3腹生まれ、数が増えてしまったので問題になったそうです。

猫の数は全部で19匹exclamation×2 不確かな部分もあるようですが、その猫たちを見ていた近所の方の情報によると、2歳半くらいの兄妹が3匹いて、そこから一昨年2腹から6匹生まれ、さらに昨年の春に3腹から10匹生まれたそうです。

クリックすると大きくなります。
家系図.JPG
PDFはこちら

保護主様はそれまで猫を飼ったことはないそうです。それが今は19匹の猫たちと共同生活・・・すごい勇気だと思います。

全頭里親会に連れて来ることはできないので、いつも春生まれの男の子4匹を里親会に参加させていたのですが、里親会会場ではいつも毛布の下に隠れちゃってアピール度が低い子たちなんです。そして半年経ってもまだ1匹もいいご縁に恵まれていませんでした。

最近ようやく19匹全頭の写真を入手して詳細が把握できたので、壬生里親会のホームページの募集リストにも全員アップすることができました。通常の募集リストとは別に、特別案件として別リストにしました。「下野市19ニャンズ」というリストになります。

携帯から閲覧されている方はこちらのリストをご覧ください。

このリストの中で里親会に参加している子はチャチャ・ゼンマイ・ウシ・マロ、みんな男の子です。他の子たちもみんな可愛いですよね。ただ、ご家族以外の方と接する機会がなかったために、他の人だと人見知りしちゃうようです。

基本的にみんな仲がいいそうですが、特に仲がいいのが下記のペア。

クリックすると大きくなります。

特に仲のいいペア.JPG


そして仲がいい組み合わせは下記の通りだそうです。
クリックすると大きくなります。

仲のいい組み合わせ1.JPG仲のいい組み合わせ2.JPG


PDFはこちら

時期的にも手術を実施しなければならないのですが、頭数が頭数なので、少しずつ実施しているものの、全頭は終わっていません。とりあえずまず男の子から行い、先日オスは全部手術が終わりました(病院の手配や送迎にご協力くださったELIRINさんに感謝!)。

そして、先日ネットから里親のお問い合わせがあった方に、この子たちのことをご紹介してみたところ、この中の数匹と面会していただくことになり、日曜日の里親会の後セッティングしてお見合いしていただきました。そして、嬉しいことに姉妹2匹を迎えて下さることになりそうです。そしたら里親第1号だClap

ここのところ保護主様のご都合が悪く、なかなか里親会にも参加できていないので、ネットで見てもし気になる子がいましたら是非ご連絡下さい。2匹決まってもあとまだ17匹います!

みんな数匹だとあまり問題にしませんが、数が増えてから大騒ぎするので大変になってしまうんですよね。もっと数が少ない頃にとにかく増やさないように手術をしていれば、そんなに増えることもなく大きな問題にもならなかったかもしれない、というケースが非常に多いです。うちの職場もそうでしたしね。

ご飯をあげている人はただご飯をあげるだけではなく、きちんと増えないようにする措置も取ってもらいたいなと思います。そのへんはもっと行政側が積極的に対策を取っていくべきだと思います(もちろん殺さず共生する方向で)。

職場猫トラちゃんは、その後少しずつご飯も食べるようになり(まだまだ強制給餌も必要ですが)、排泄はちょっと苦労していますが、ゴロンゴロンしたり歩きまわったりもできているようです。

とらちゃん、ゆっくり治していこうね。

120122_105507.jpg


ランキング参加中!クリックご協力お願いします。
にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへにほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ

ニックネーム Chirota at 21:59| Comment(4) | TrackBack(0) | 相談案件 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月24日

昨日の記事のワンコ無事帰ってきました!

昨日書いた迷子のワンコですが、今日無事戻ってきたと、先ほど報告がありました!

120124_112505.jpg


すぐに見つかって本当に良かったです。昨日は雪も降ってたし、きっと寒くて不安な1日だったでしょう・・・きっとワンコもホッとしているでしょうね。

ワンコの飼い主の皆様、くれぐれも脱走防止につとめ、迷子札も必ず装着してください!

11月に行った「ともなりまつり」のイベントの際にブースで販売したALIVEさんの「安心だワン!ホルダー・セット」、まだまだ手元にたくさんあります。もしご希望の方がいらっしゃいましたら私のほうにお問い合わせください。

下ALIVEさんによるプロジェクトの詳細はこちら
kaesou_banner.gif

皆様大変お騒がせしました。気にしてくださった方々、ありがとうございました。 
 
  

ニックネーム Chirota at 12:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 迷子動物情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月23日

【宇都宮市雀宮】ワンコが迷子になっています!

【2012.1.24 PM12:45更新】
下記の記事のワンコは、自力で戻ってきて無事解決しました!ありがとうございました。




本日、宇都宮市雀宮でワンコが自宅から脱走し行方不明になっているという連絡がありました。

120121_154549.jpg


【名前】 ララ

【性別】 メス

【月齢】 8ヶ月

【犬種】 Mix

【体重】 約15kg

【色柄】 黒×茶色で胸元と足先に白い毛

【特徴】
黒地に赤のハートマークの模様入りの首輪をつけていました。
迷子札ははずれていました。

【いなくなった場所】
宇都宮市雀宮4丁目、かましん近くの自宅

【いなくなった日時】
2012年1月23日(月)15時〜16時の間

このワンコは現在のおうちに来てから日が浅いので、ワンコにとって自宅という認識がないために、自力で戻ることができない可能性があります。

飼い主さんが気が付いた時には庭から居なくなっていたそうで、どちらの方角に向かって行ったかが不明です。届け出は明日の朝イチで行うということでした。脱走後飼い主様が周辺をずっと探していますが見つかっておりません。捜索は明日も引き続き行います。

目撃された方やお心当たりのある方は、どんな些細な情報でも結構ですので、下記連絡先までお願いします。目撃された方は可能なようでしたらできるだけその場で保護していただけたらありがたいです。

また、お近くにお住まいの方で、チラシ配りにご協力いただける方は下記をクリックするとPDFが開きますので、是非宜しくお願い致します。ご協力いただける方はご一報いただけると助かります。メール・コメントどちらでも結構です。

20120123-Lara.jpg

<ネットプリントにも登録をしました>
プリント予約番号
:06873884
ファイル名:Lara-20120123-2
用紙サイズ:A4
プリント料金:カラー60円・白黒20円
有効期限:2012/01/31 23:59


時間が経つと遠くへ移動してしまう可能性がありますので、早く見つけてあげる必要があります。ご協力宜しくお願い致します。

ニックネーム Chirota at 22:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 迷子動物情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月19日

トラちゃん退院しました

〜しばらく記事内トップに記載しておきます〜

★飼い主急死で遺された53匹の犬猫を助けたい!
詳しくはERILINさんのブログへ
53.gif
※里親様・シェルター用地および運営協力者・支援物資・支援金大募集中です。(関連記事はこちら


★福島被災犬猫救済にご協力下さい!
詳しくはchoiwaru101さんのブログへ下
101.gif
※里親様・預かり協力者・お世話のお手伝いして下さる方大募集中です。(関連記事はこちら


★ブリーダー放棄小型犬40匹の里親様・里親探し協力者募集中!
詳細記事は
こちら (一部の子の写真もあります)


★栃木市でヨークシャーテリア♂が行方不明になっています!
横浜にお住まいの飼い主様が必死で探していらっしゃいます。お近くの方捜索にご協力をお願い致します。
詳細記事は
こちら
飼い主様のブログはこちら


※バナー作成協力:オニイサンさん

職場猫トラちゃん。
 
その後ほんとに徐々に徐々にですが回復して来て、なでるとお腹も見せるようになってくれ、歩くこともできるようになりました。

SH3G0179.JPG

 
ただ、残念ながら自力で食べることはできず、自力排泄もできません。先生曰く、後遺症でこの状態のままの可能性もある、ということでした。
 
SH3G0166.JPG


とりあえず唾液による検査で白血病が陽性と出ましたが、再度血液で検査をしたところ、予想通りエイズも白血病も陽性のダブルキャリアであるということが分かりました。

SH3G0161.JPG

 
入院中は点滴もしながらロイカナの退院サポートをお湯でといてシリンジで強制給餌していたのですが、今後も継続して強制給餌ができれば点滴は外して退院しても大丈夫、ということになりました。
 
職場の猫達は、私が来る前にTNR活動をしてくださり、その後も継続してフード提供して下さっていた外部の方がいらっしゃいました。
 
今回の件を知り、その方は入院中のトラちゃんにも何度も会いに来て下さって、全ての事情を承知の上で、トラの保護を申し出て下さいました。ずっと外の過酷な環境で暮らして苦労してきた子だから、これからは穏やかに暮らしてほしい、そうおっしゃっていました。
 
その方のお宅には他にも飼い猫ちゃんがいるので、家の中を自由にはしてあげられず、他の猫と接触しないよう1部屋に隔離する形になるので、もしトラをもっといい環境で迎えて下さる方がいればそちらにお願いしたいということで、里親探しもしていくことになりました。もちろん大切に面倒を見て下さるおつもりですが、一部屋に隔離した状態はトラにとってはいい環境とは言えないので、ということでした。
 
今日の夕方、一緒にトラちゃんをお迎えに行きました。お迎えに行ったら、トラちゃんきれいにシャンプーしてもらってました。

SH3G0184.JPG

 
可愛いリボンなんか付けてもらっちゃって。男の子だけどあせあせ(飛び散る汗)
病院からの「退院おめでとう」リボンですからねるんるん

SH3G0186.JPG

 
トラに声をかけてなでていたら、ゴロゴロ言いだしてお腹を見せてくれました。ゴロゴロ言えるようにまでなったなんて、本当に嬉しいです猫(泣)

SH3G0187.JPG

 
病院から痙攣が起こって厳しい状態だと連絡があった日、眼を見開いて口も開いて苦しそうにもがいていたトラを見て、正直言って、私は「今夜かな」と思いました。 でも皆さんが応援して下さったのがトラに届いたのか、山を越えることができて、こんなに回復しました。先生も「ダメかと思った」とおっしゃっていました。
 
この後、自力で食べられるようになるのか分かりませんが、沢山の人のおかげで命を取りとめることができました。大晦日にトラのために動いて下さった職場の方々、年末年始世間はお正月なのに状態の悪いトラを看病して下さったchoiwaruさん、その後懸命に治療して下さった病院の先生やスタッフの皆様、本当にありがとうございましたぴかぴか(新しい)
 
そしてダブルキャリアで要介護状態となったトラを「うちでお預かりしたいと思います」と申し出て下さったKさん、ほんとにありがとうございます。ずっと昔からトラやチョビを見て来てくださった方でトラの性格もご飯の好みもとてもよく分かっていらっしゃいますから、安心してトラちゃんをお願いできます。トラちゃんのこと、宜しくお願いします。 
 
私の予想では、白血病は以前から感染していたのではなく、最近感染したんじゃないかと思うので、なんとか白血病だけでも陰転することを期待して、これからもトラちゃんのことを応援していこうと思います。
 
エイズも白血病もストレスが発症の引き金となるので、なるべくストレスのない穏やかな生活を送らせてあげたいですが、どうしてもキャリアの子は他の子への感染を防ぐためにケージ飼いとか隔離となってしまうことが多いです。 ダブルキャリアで要介護となると正直里親は難しいと思いますが、もしそんなトラちゃんをうちで、という方がいらっしゃいましたらご連絡下さい。

ランキング参加中!クリックご協力お願いします。
にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへにほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ

ニックネーム Chirota at 21:16| Comment(4) | TrackBack(0) | 保護日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月11日

今年最初の里親会&トラの病状

〜しばらく記事内トップに記載しておきます〜

★飼い主急死で遺された53匹の犬猫を助けたい!
詳しくはERILINさんのブログへ
53.gif
※里親様・シェルター用地および運営協力者・支援物資・支援金大募集中です。(関連記事はこちら


★福島被災犬猫救済にご協力下さい!
詳しくはchoiwaru101さんのブログへ下
101.gif
※里親様・預かり協力者・お世話のお手伝いして下さる方大募集中です。(関連記事はこちら


★ブリーダー放棄小型犬40匹の里親様・里親探し協力者募集中!
詳細記事は
こちら (一部の子の写真もあります)


★栃木市でヨークシャーテリア♂が行方不明になっています!
横浜にお住まいの飼い主様が必死で探していらっしゃいます。お近くの方捜索にご協力をお願い致します。
詳細記事は
こちら
飼い主様のブログはこちら


※バナー作成協力:オニイサンさん

トラちゃんのこと心配してくださっている皆様、更新が滞ってスミマセンあせあせ(飛び散る汗)ここのところ夜睡魔に勝てませんでした。晩ご飯を食べたらコトン。体力をつけるいい方法を誰か教えて下さ〜い。

今年最初の里親会。土曜日は宇都宮、日曜日は壬生で開催されました(宇都宮は私は不参加でしたがスタッフさんお疲れさまでした)。

私はまず入院中のトラちゃんに面会に行ってから里親会会場に。

金曜日の時点では、一番ひどかった時より落ち着いて来ていたもののまだ横たわった状態でした。

image/2012-01-09T18:36:304


そして土曜日あたりから顔だけ起こせるくらい、日曜には上半身だけでなく香箱座りできる位にまで徐々に回復して来ていました!

翌日の月曜日はピクピクするような神経症状がほとんど見られなくなりました。ただまだ息遣いが苦しそう。

image/2012-01-09T18:36:302

口周りがフードで汚れていたので拭いてあげようとしたら、うっとうしそうに「にゃあ〜ッ」っと言っていました。トラの鳴き声を久々に聞きました!そのあと首をなでたら気持ちよさそうにしてくれました。少しずつ楽になって来ているようでした。

image/2012-01-09T18:36:301

シリンジでフードを与えると飲み込みはするというので、現在病院のスタッフさんが交代でとにか食べさせなきゃと強制給餌してくださっています。まだ口の中に何か入ったから飲み込む、という感じだそうなので、自力で食べられるようになるにはまだ時間がかかりそうです。トラちゃん、懸命に病気と闘ってます。皆さんの応援のおかげで頑張れています!応援感謝いたしますぴかぴか(新しい)


今回の里親会は、お休みの保護主様がいたりして参加組数はピーク時より少し少なめ(でも猫ケージは11個並んでましたけど)。2匹のニャンコと1匹のワンコにご縁がありましたぴかぴか(新しい)

天ちゃんの運命の出会いは今回はなかったね。

IMG_0121.JPG


去勢手術の報告に来てくださった里親様や、残念ながら闘病の末昨年末に亡くなってしまったという報告とその子が食べていたフードを支援物資にとご提供くださった里親様もご来場くださいました。高齢かつ病気を抱えていたワンコを迎えて下さった里親様でした。「もう少し一緒に居られると思ったんだけど」と涙ぐみながら話して下さいました。ひどい環境から助け出され、とても優しい里親様のもとで最期を迎えることができた黒柴サクラちゃん・・・里親様には心から感謝申し上げます。

そしてすっごく懐かしい再会がありました。

2009年5月に相談を受けて捕獲&里親探しを行った親子ワンコがいたのですが(その時の記事はこちら)、仔犬は全て里親が決まり、母犬は預かり協力者様がそのまま自分のおうちの子に迎えて下さいました。

その母犬「マリちゃん」ご一家が、里親会に遊びに来て下さいましたぴかぴか(新しい)

DSC_0264s.jpg


保護した時は雨でずぶ濡れで、仔犬たちに栄養を取られ痩せていたワンコでした。それが今はちょっと幸せ太り!?

DSC_0259s.jpg


こちらからご挨拶に伺おうといつも思っていたのに、なかなか伺えず申し訳ありませんでした。マリちゃん幸せそうで本当に良かったです。最後にもらわれたマリちゃんの子「コマリ」ちゃんとも、よく一緒にドッグランに遊びに行くそうです。この日も「この後コマリちゃんの里親様のおうちに寄ってみます」とおっしゃっていました。今度マリ&コマリの2ショットで会えるといいなぁ。

この活動は大変なことも多いけど、動物たちとの関わりの中で人の優しさに触れたり笑顔があふれたりして、嬉しいことや楽しいことも沢山あります。そういう一つ一つの幸せを大切にしながら、今年も頑張っていこうと思いますひらめき

お引っ越し後の病院のワンニャン達のことも書きたかったのですが・・・また今度。

P.S.
大学時代の友へ!
ブログ見て気を遣って新年会延期してくれてありがとう。是非今度!良き友に恵まれて幸せもんです四葉

ランキング参加中!クリックご協力お願いします。
にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへにほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ

ニックネーム Chirota at 12:17| Comment(2) | TrackBack(0) | 里親会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月06日

職場猫トラちゃん病と戦ってます

〜しばらく記事内トップに記載しておきます〜

★飼い主急死で遺された53匹の犬猫を助けたい!
詳しくはERILINさんのブログへ下
53.gif
※里親様・シェルター用地および運営協力者・支援物資・支援金大募集中です。(関連記事はこちら


★福島被災犬猫救済にご協力下さい!
詳しくはchoiwaru101さんのブログへ下
101.gif
※里親様・預かり協力者・お世話のお手伝いして下さる方大募集中です。(関連記事はこちら


★ブリーダー放棄小型犬40匹の里親様・里親探し協力者募集中!
詳細記事は
こちら (一部の子の写真もあります)


★栃木市でヨークシャーテリア♂が行方不明になっています!
横浜にお住まいの飼い主様が必死で探していらっしゃいます。お近くの方捜索にご協力をお願い致します。
詳細記事は
こちら
飼い主様のブログはこちら


※バナー作成協力:オニイサンさん


職場猫のトラちゃん。

私が留守の間choiwaruさんが看てくださっていましたが、思ったより病状が悪いということで、3日の夜栃木に戻ってから急遽お迎えに行き、一晩付き添った後、翌朝チョビを診ていただいた病院に連れて行きました。

image/2012-01-06T12:37:445


チョビと違って外傷もなく、自力で食べることはできないものの、シリンジで口に入れてやれば飲み込む力はありました。

連れて帰った日はほとんどじっとしていて、声をかけてもうっとおしそうにしてたけど、翌朝はちょっと表情が和らいでいるような感じで、名前を呼ぶと声にならないものの口を開けて返事するような仕草をし、ケージの中で立ち上がったりもしてました。朝病院に連れて行った時も、キャリーのまま診察台に乗せたら、自分からはい出て来て、さらに診察台から降りようとしてました。自分で動く余裕が出てきたのかな?と少し安心したのですが・・・。

image/2012-01-06T12:37:442


毎日治療に通う必要があるのですが、今週の平日は診療時間内に来れるかどうか微妙だったため、そのまま週末まで入院させていただくことになりました。

トラちゃんは職場でいろんな人にご飯をもらっていたためメタボな体型をしていました。肥満の子で怖いのは肝リピドーシス。肥満の子が急激な絶食状態になると危険です。choiwaruさんも病院の先生もその点を気にしていましたが、職員の話では30日までは(量は分からないが)自分でドライフードを食べていたそうですし、翌31日からはchoiwaruさんが経口でも補液でも栄養を入れてくれていましたからたぶんそれは心配なさそうです。※おうちのニャンコが太っちょの方、くれぐれもご注意くださいね!

その後の先生の報告では、連れてきた時とあまり症状は変わっていない、気になる点として、自分の意思とは関係なく手足がこわばる(ひきつける)ようなキューッと力が入るようなことがたびたびあるとのことでした。チョビが最期痙攣を起こすようになる前にも同じような症状が起きていたそうです。

チョビの場合は外傷もあったため髄膜炎の可能性があると思ったけれど、トラはそれはないので、今のところ考えられる原因が分からないとのこと。エイズ・白血病で起こるという症状ではないので、何か共通して別の病気にかかっている可能性があるかもしれないとのことでした。

そして、昨日の昼間、再度先生から電話があり、ひきつけ・痙攣の頻度が高くなってきて厳しい状態であること、チョビと同じ症状になってきてしまっているので難しいかもしれない、という報告を受けました。

仕事の後急いで病院へ。呼吸も荒く、心拍数も速い。痙攣というか引きつけというか、ときどきもがいて敷物をグチャグチャにしてしまいます。目を見開いて、苦しそうな表情のトラを見ていると辛いです。

image/2012-01-06T12:37:443


連れてきた時ひどかった目やに・鼻水・よだれの症状は良くなってきていました。その日の朝も経口給餌できたそうです。なのに午後になって急に痙攣の症状が悪化してきたそう。

高齢でエイズ・白血病子も沢山見てきたけど、こんな症状はめずらしいと先生がおっしゃっていました。呼吸器系の感染症だけでなく他の脳症を引き起こす感染症に2匹ともかかったのかもしれないとのこと。ヘルペス(鼻気管炎)は脳症にならないのかと尋ねたところ、人間ではあるけれど猫では聞かないそうです。ただ、FIV・FeLV感染により重篤化してそのようなことが起こった可能性もあるかもしれないとのことでした。

病院には他にも重体の子の飼い主さんが来て処置をしていて、その方がお帰りになった9時過ぎまで私も病院に居させていただきました。本当はずっとついていてあげたいのに…人間の病院みたいに付き添いができたらいいのにと思いました。

「トラちゃんはボスだったからケンカも強かったし、病気にも絶対勝てるから!明日も来るから頑張れ!」と声をかけて、帰宅しました。

病院から連絡があるかもしれないと携帯をビニールに入れてお風呂に入り、電話を気にしながら一晩過ごしましたが、病院から連絡はありませんでした。トラは頑張っているいうことです。

そして今日仕事の前に病院に寄ってきたところ、昨日のような顔がこわばった感じはなく瞳も普通になっていました。私が来たら辛そうにしながらも顔を起こしてくれたりもしました。でも痙攣が続いています・・・。

image/2012-01-06T12:37:444


トラちゃん、まだ厳しい状態が続いています。どうかトラちゃんにパワーを送ってあげてください!


1月2日に亡くなったチョビは、トラを入院させた日に引き取ってきました。職員さんが敷地内に深い穴を掘ってくださり、数人で埋葬しました。周辺には今まで亡くなったあぐりの姉妹や母猫など、チョビの仲間たちが眠っています。仲間たちと再会しているんでしょうか・・・。

image/2012-01-06T12:37:441


帰省のときに職場猫の黒親子、クロちゃん・ネロ・カプリを預かってくださった壬生の仲間のAさんが、トラちゃんの件を気遣ってくださり、まだそのまま預かってくださっています。本当にありがとうございます!トラちゃんはクロちゃんのお父さんでもあるようです。ネロ・カプリにとってはおじいちゃんです。

IMG_0043s.jpg


トラちゃん、みんなが応援しているから、絶対負けないで!

ランキング参加中!クリックご協力お願いします。
にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへにほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ


ニックネーム Chirota at 12:31| Comment(18) | TrackBack(0) | 保護日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月02日

チョビお疲れさま・・・

〜しばらく記事内トップに記載しておきます〜

★飼い主急死で遺された53匹の犬猫を助けたい!
詳しくはERILINさんのブログへ下
53.gif
※里親様・シェルター用地および運営協力者・支援物資・支援金大募集中です。(関連記事はこちら


★福島被災犬猫救済にご協力下さい!
詳しくはchoiwaru101さんのブログへ下
101.gif
※里親様・預かり協力者・お世話のお手伝いして下さる方大募集中です。(関連記事はこちら


★ブリーダー放棄小型犬40匹の里親様・里親探し協力者募集中!
詳細記事は
こちら (一部の子の写真もあります)


★栃木市でヨークシャーテリア♂が行方不明になっています!
横浜にお住まいの飼い主様が必死で探していらっしゃいます。お近くの方捜索にご協力をお願い致します。
詳細記事は
こちら
飼い主様のブログはこちら


※バナー作成協力:オニイサンさん


昨日の記事に書いた、職場猫「チョビ」ですが、今朝動物病院から連絡がありました。

むくみは取れてきたものの、今度は痙攣が起きてしまい、原因としてはウィルスや細菌感染による脳症や髄膜炎が考えられるとのことでした。チョビは頑張っているものの、ムリかなというのが先生の所見でした。

その知らせを聞いて、チョビはもう覚悟をしないといけないと思いました。でも奇跡を信じたい気持ちもありました。せめて私が栃木に戻るまで待ってて欲しい・・・。

そして、午後3時半ごろ、病院からチョビが息を引き取ったと連絡がありました・・・。

先生からは厳しいだろうとずっと言われていました。でも奇跡を信じ、またトラちゃんとチョビの仲良しを姿を見たいとみんなが願っていましたが、叶いませんでした。ケンカの後姿を消してから約1週間。チョビは苦しかったことでしょう。今はその苦しさからも解放されました・・・。

image/2012-01-02T23:46:343

うずくまっているのを職員の方に発見され、病院に連れて行く間も名前を呼び掛けるといつも答えてくれていたチョビ。診察台の上でも私がなでるとゴロゴロ言ってくれていました。28日に病院に預けたときは、私が帰省から帰る頃には容体が良くなってから引き取れるものと思っていたのですが・・・迎えに行って名前を呼び掛けても、もうあのチョビのかわいい返事を聞くことはできません。

最後ついていてあげられなくてチョビには申し訳ない気持ちです。そして年末年始の休診期間にもかかわらず、最後まで手を尽くしてくださったN先生には大変感謝しております。ありがとうございました。

明日栃木に戻るので、明後日の仕事の前にチョビをお迎えに行ってきます。。

そして、チョビのお父さんであるトラちゃん。あまり容体が思わしくないようです。現在choiwaruさんが手厚い看病をしてくださっています(ありがとう!)。唾液による検査の結果、予想通りFeLV陽性。今日は少し貧血も出てきてしまったようです。

image/2012-01-02T23:46:342

チョビと違って、トラちゃんは外傷がありません。なんとかFeLVに打ち勝ってほしい。トラちゃん、仲が良かったからって、チョビに付いて行かないで!

沢山の人に笑顔をもたらしてくれたチョビ、本当にありがとう。
ご冥福を心からお祈りします。
助けられなくてごめんなさい・・・。

image/2012-01-02T23:46:341


ランキング参加中!クリックご協力お願いします。
にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへにほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ



ニックネーム Chirota at 23:53| Comment(2) | TrackBack(0) | 保護日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月01日

落ち着かない新年…トラ&チョビ頑張れ!

〜しばらく記事内トップに記載しておきます〜

★飼い主急死で遺された53匹の犬猫を助けたい!
詳しくはERILINさんのブログへ下
53.gif
※里親様・シェルター用地および運営協力者・支援物資・支援金大募集中です。(関連記事はこちら


★福島被災犬猫救済にご協力下さい!
詳しくはchoiwaru101さんのブログへ下
101.gif
※里親様・預かり協力者・お世話のお手伝いして下さる方大募集中です。(関連記事はこちら


★ブリーダー放棄小型犬40匹の里親様・里親探し協力者募集中!
詳細記事は
こちら (一部の子の写真もあります)


★栃木市でヨークシャーテリア♂が行方不明になっています!
横浜にお住まいの飼い主様が必死で探していらっしゃいます。お近くの方捜索にご協力をお願い致します。
詳細記事は
こちら
飼い主様のブログはこちら


※バナー作成協力:オニイサンさん


みなさまあけましておめでとうございます。ただ今宮崎に帰省しております。うちの猫たちを預かってくれている実家のみんな、うちの保護猫を預かってくださっているAさん、ありがとうございます。

IMG_0096s.jpg
(行きの飛行機の中で見た富士山)

12月後半はゆっくりPCに向かうヒマがなく・・・いろいろ滞ってしまい申し訳ありませんでした。この記事アップの後、コメントレスもさせていただきますね(遅いかもしれませんがご了承ください)。

前回の記事に書きました、53匹レスキューのお引越しですが、おととい無事完了したそうです。私は3連休の後はほとんどお手伝いができませんでしたが、いろいろな方のご協力のおかげで乗り切ることができたようです。

3連休の初日は急遽助っ人に来てくださった男性陣のお陰で重い物品を一気に運ぶことができとても助かりました。そしてその同じ日にニャンコも一気に移動。車数台がキャリーだらけになり、大合唱の中20キロ以上の距離を移動してきました。

image/2012-01-01T19:43:192

image/2012-01-01T19:35:384

ワンコたちの置き場所作りにまた難航し、かなり切羽詰まった状況になっていたようですが、無事ワンコも移動。大量のゴミも何度もクリーンセンターに運び込み、全て片付いたということです。皆様のご尽力のお陰でワン&ニャンは命の危機から脱することができました。

image/2012-01-01T19:35:383


これでとりあえず一息つくことができますが、これからが大変になるだろうと思いますので、今後のことはいろいろ考えていかなければならないでしょう。このことについてはまたおいおいお知らせしていきたいと思います。

ニャンたちは人間大好きスリスリゴロゴロニャンコが多いです。茶トラのボリスは「かまって!」「だっこして!」としつこいくらい(^^;)今度の場所には会いにも行けるようですよ♪案件の詳細や状況についてはERILINさんのブログをご覧になってくださいね。

左ボリス♂・右上ボクちゃん♂・右下スミレ♀
image/2012-01-01T19:43:191


さて、年末は職場猫でもバタバタしておりました。

12月最後の日曜日の夜、職場の猫「チョビ」が最近来た野良猫と大喧嘩をしたのち行方不明になっていたのですが、仕事納めの28日に職員の方が発見してくださり、あまりに状態が悪かったために仕事の後急いで病院に連れて行きました。時間外だったにもかかわらず診てくださった先生には感謝です。

ケガもひどかったのですが、猫風邪の症状が重くゼーゼーと苦しそうで、自力で食事もできず脱水を起こしていました。外傷以外に腹部に打撲痕もありました。検査の結果、白血病とエイズが陽性でした。

image/2012-01-01T19:35:382


今まで職場で保護してきた子たちはみんな陰性だったので、おそらく最近現れた野良♂から感染したのではないかと思います。少し前からケンカを繰り返していたようですから・・・。猫風邪の症状もおそらくその急性期の症状ではないかと思います。昔保護した白血病猫クーちゃんの保護当時の様子に似ています。

私は年末年始留守にするので、病院にそのまま入院させることにしたのですが、その後の先生からの連絡では非常に厳しい状態であるとのことでした。30日の夜11時過ぎ先生から電話があり、「かなりぐったりしていてむくみもでてきており、腹部を触ると液が溜まっているような感触があって、ひょっとすると腹筋や腹膜が損傷して腹膜炎を起こしているかもしれない。開腹してみたほうがいいが、手術しても助かる可能性は五分五分、あるいはそれ以下かもしれませんが、どうしますか。」ということでした。

手術してもダメかもしれないということ以上に、ぐったりしているところに麻酔に耐えられる体力が残っているんだろうか、ということが心配でしたが、やらなければよくなる可能性はゼロでしょうから、少しでも望みがあるならばと、手術をお願いしました。

翌日、先生からご連絡をいただき、電話の後手術を実施したところ(ということは夜中にやってくださったということです。N先生本当にありがとうございます)、慢性的に腹膜が薄くなっていたそうで補強して縫い合わせてくださったとのこと。またケガの部分も奥に膿が溜まっている部分が見つかり、膿を出してチューブを通したそうです。ただ、術後も状態は厳しいままであるとのことでした。ケガと白血病の発症といろんなことが重なってしまったのでしょう。

年末年始も引き続き診てくださり、何かあったら連絡を下さることになっています。あとはチョビの生命力にかけるしかない、と思っていましたが、大晦日の31日、残りの職場猫「トラちゃん」もチョビと同じような症状になっていて、容体が思わしくないと職場の方から連絡が入りました。

職場はすでに冬期休暇に入っているのですが、たまたま職場に来たというその職員に、電話で確認して欲しい内容を伝えながらトラちゃんの様子を詳しく見てもらったところ、脱水にもなっていて貧血ぎみであるということが分かりました。チョビと同じ、白血病の急性期の症状ではないかと思います。ケガをしていない分チョビよりまだましかもしれませんが、チョビより年齢が高い(おそらく7〜8歳)のが心配です。

私のほうで動物病院にも連絡を取ってみましたが、大晦日です。どこもつながりません。職場も休みで人は居ない。自分は遠い宮崎。いろいろ悩んだ末、choiwaruさんに相談、別の職場の人に連れて行ってもらい、結局しばらく看ていただくことなりました。いろいろと大変なchoiwaruさんに負担をかけることはしたくなかったのですが、一番安心できる場所です。

トラちゃん、帰ったら行くからね!
image/2012-01-01T19:35:381

成猫で白血病に感染した場合は排除できる可能性がありますから、チョビとトラの免疫力がウィルスに打ち勝ってくれることを信じたいと思います。外猫ではありますが、職場の人たちに可愛がられている2匹。職場のみんなが2匹が回復することを願っています。頑張れ、トラ、チョビ!

落ち着かない不安な気持ちで迎えた新年ですが、今年も同じ気持ちの仲間たちと力を合わせ、困っている命を助けていきたいと思います。今年もどうぞよろしくお願いいたします。

2012.jpg


ランキング参加中!クリックご協力お願いします。
にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへにほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ


ニックネーム Chirota at 20:47| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする