disaster.gif

2011年11月24日

ブリーダー放棄の小型犬多数里親募集

〜ご連絡〜
昨夜の記事に掲載した里親会案内チラシが一部間違っておりましたので、本日修正しアップし直しました。既に印刷された方がいらっしゃいましたら、昨日の記事を再度ご覧いただき、修正内容をご確認下さい。


<拡散歓迎>
※但し混乱を避けるため記事丸ごと転載は避けこの記事の紹介記事にして下さい


ボラ仲間choiwaruさんのところに、お世話になっている動物病院から相談案件が入ったそうです。

県内の繁殖業者が、登録時の頭数以上に増やしていて、行政指導が入って数を減らすことになったとのこと。登録時は100匹だったところ、現在140頭になっているそうです。

登録数以上の犬たちを業者が行政に引き取り依頼したところ、行政は拒否。そこで動物病院に処分を依頼したそうですが、病院側も処分を拒否、なんとか生かす方向で現在動いているそうです。

現在分かっている放棄犬は下記になります。
赤字は追記にになります(2011.1.2現在)

1. ペキニーズ♂7歳 →引き出し済み
2. ペキニーズ♂7歳 →引き出し済み
3. ペキニーズ♀7歳 →引き出し済み
4. ペキニーズ♀8歳 →引き出し済み
5. 柴♀10歳 →引き出し済み
6. パピヨン♂8歳 →引き出し済み
7. ミニチュアシュナウザー♀8歳 →引き出し済み
8. ミニチュアダックス♀7歳
9. ミニチュアダックス♀7歳
10. トイプードル♀7歳 →引き出し済み
11. トイプードル♀8歳 →引き出し済み
12. ポメラニアン♀8歳 →引き出し済み
13. ポメラニアン♀8歳 →引き出し済み
14. ポメラニアン♀8歳 →引き出し済み
15. スピッツ♀9歳 →引き出し済み
16. パピヨン♀6歳 →引き出し済み
17. パピヨン♀7歳 →引き出し済み
18. トイプードル♂2歳(奇形) →引き出し済み

※引き出した子の写真はこちら

※引き出し後、預かりさん・里親さんに行った子もいます。預かり先で里親募集している子もいますので、ご興味がおありの方はお問い合わせください。

他にもいるそうなのですが、既に交配させてしまったので、仔犬を取ってから放棄すると言っているそうです。あきれてしまいます。でも、それでも続けたいと思うくらい売れるんでしょうね。ショップの子を購入するということは、このような業者にまた甘い汁を吸わせることになるわけです。

仔犬製造機のように使われ、そして用済みとなったら捨てられて・・・ショップに並んでいる子達の陰にそういう命が沢山あります。ショップで売られている子たちを見て「かわいい〜ハートたち(複数ハート)」と言っている人たちに、そういう現実についてどう思うか聞いてみたいです。

先日興味深い記事を見ました。ブリーダーの売れ残りの扱いが書かれています。
http://wedge.ismedia.jp/articles/-/1582

<記事より>
環境省が行った動物取扱業者へのアンケート調査によると、売れ残った犬や猫は、犬が4%、猫が7.1%。その売れ残りの行き先として最も多いのは「生産業者に譲渡販売」、「動物業者(主に小売業者)に譲渡販売」で、5割を超えている。

これって売りに出す前に消された命もあるんじゃないの?って思っちゃいます。グラフの内容もなんか都合のいいように回答している気がしてなりません。

聞けば今回のこの業者、登録もしてなければ狂犬病予防注射も受けさせていなかったとのこと。なぜ法に触れることをしているにも関わらず、まだ営業を続けることができるのでしょうか?おかしくないですか?

栃木県内では2月にも猫の販売業者が登録取り消し処分を受けました(その時の記事はこちら)。これらのような業者はおそらくウジャウジャいるんでしょう。表に出ているのは氷山の一角にすぎません。法律違反を犯しているんだから、直ちに業務停止処分すればいいのに、できないのはなぜなんでしょうか。行政は一体何をしているのでしょう?今までだってどんな指導をしてきたんですか??

こんなひどい業者や行政の尻拭いをする必要があるのか?と思ってしまいますが、人間の身勝手に利用されてきた犬達に罪はなく、なんとか生かしてやりたいという病院の先生にのお考えに賛同しましたので、記事にさせていただきました。

栃木県内の里親会では中型雑種の犬が多く、小型犬が参加することは少ないのですが(扱っていらっしゃる団体様もなくはないです)、もし小型犬の里親を希望される方がいらっしゃいましたらご検討下さい。

ただし、これらの子たちは長年繁殖に使われていた子たちで、おそらく今まで狭いケージの中の世界しか知らず、メスは何度も出産をさせられボロボロの体になっていることが予想されます。だからこそ用済みにされるわけですから。

そのような子を迎えるということは、まずいろんな病気を抱えている可能性があるということ、おそらく今までケージで糞尿垂れ流し状態だったと思うので、トイレのしつけはかなり苦労することになるだろうということ、散歩すらろくにできないと思いますので、家庭犬としてのしつけは自分で一からやる必要であること(もしくはしつけできない可能性もあることを覚悟すること)、これらを承知の上で迎えていただく必要があります。

飼い主様に愛される喜びを知らないこの犬達に、製造マシンではなく普通の犬としての幸せを味わってもらいたいです。

ご検討下さる方は、私の方からこの案件に関わっていらっしゃるchoiwaruさんに取り次ぐこともできますので、ご連絡下さい。または、choiwaruさんのブログから直接お問い合わせ頂いても結構です(PCで閲覧されている方はブログのTOP固定記事内の青いバナーのメールフォームから問い合わせできます。携帯からは…カギコメを残してみて下さい)。

この業者、なんとか廃業させたいですね…。


ランキング参加中!クリックご協力お願いします。
にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへにほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ


ニックネーム Chirota at 23:45| Comment(3) | TrackBack(0) | 相談案件 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月23日

厳しい里親探し…チラシ配布協力者さん求む!

〜しばらく記事内トップに記載しておきます〜

飼い主急死で遺された53匹の犬猫を助けたい!
(ERILINさん)
53.gif
※里親様・シェルター用地および運営協力者・支援物資・支援金大募集中です。(関連記事はこちら

福島被災犬猫救済にご協力下さい!(choiwaru101さん)
101.gif
※里親様・預かり協力者・お世話のお手伝いして下さる方大募集中です。(関連記事はこちら

※バナー作成協力:オニイサンさん

もう11月も下旬になってしまいました。先日の里親会は来場者は結構ありましたが、決まったのは猫2匹のみ。この子たちは生後直後で保護されましたが、おそらく初乳が飲めていなかったこともあり、助からなかった子たちもいましたが、スタッフAさんが毎日のように病院に通って救った命です。亡くなった子たちの分まで幸せになって欲しいです。

Aさん長毛三毛2.jpg


数年前までは、夏場は決まらなくても、秋になるとまた譲渡数が増えたものですが、ここ数年は秋になっても譲渡数が増えません。そして今年は特にその傾向が強いです。

震災や不景気というのも影響はあるとは思いますが・・・ここ数年の傾向として、相談件数の増加は著しい気がします。私はネット対応なのでまだましですが、うちのボスのところに来る相談件数は話に聞くとハンパない感じです。

譲渡が伸び悩んでいるのに、相談はどんどんやってくる。

その保護主様達からよく耳にするのが、行政等の対応のひどさ。保護主様側からしか話を聞いてないので、具体的なことを書くことは控えますが、行政に対して疑問を感じることが多々ありますので、一度機会を作って話をしに行きたいとは思っています。行政や警察がそんなことを言っていいのか?と思うようなこともあります。

自分で個人的に話をしに行くのがいいのか、うちの会として何人かで行くのがいいのか、それとも同じように行政に対して疑問を持つ複数の団体やグループ・個人がまとまって会合を設けるほうがいいのか、どうするのがより効果的なんでしょう?

うちのボスと他団体さんもそんなやりとりをしているようです。愛護法改正のタイミングでもありますし、何らかの動きをすべき時かもしれませんね。

パブリックコメントも是非多くの方に意見を出していただきたいですね。「公益財団法人どうぶつ基金」さんによる「2分でできるパブコメ」もあるようです。このへんは色々考え方があると思うのですが、私自身は自分の言葉で意見を述べることに意義があると思っているので、何とか頑張って出そうと思ってはいます。

とにかく、里親さんが決まらないのにどんどん来る参加希望の問い合わせは何とかしないとです。

里親会告知のチラシをお近くの動物病院やお店貼ったり配布して下さる方いらっしゃいましたら、是非ご協力をお願い致します。!(ブログでの紹介も大歓迎です

<2011.11.24追記>
アイフルの開催時間が間違っていたので修正しました。
既に印刷をされた方は修正をお願い致します。
【誤】13:00〜16:00
【正】13:00〜15:00

クリックするとPDFが開きます下
Untitled2.jpg

里親会についてはこちらをご覧ください

数年前、同日(日曜日)に2ヶ所に分かれて里親会をやりました。関係者の間で2回初開催について反対意見が多かったためその後は実施していませんでしたが、それでもやらなきゃならない状況かもしれません。

それにしても、「ともなりまつり」の時といい、なんで"里親会NG"なんでしょうねー。相談をポンポン民間に投げるんなら里親会会場ぐらい行政が提供してくれてもいいんじゃないの?って思いますけど。

ほんと数年前は、「仔猫なら何回か里親会に通えば決まりますから」と言えたのですが、今はとてもじゃないけどそう言えません。「里親会だけだと決まらないので、色々な方法を取って下さい」と保護主様にはお伝えしています。ネットで問い合わせが来た人には、チラシを貼るとか、お勧めの掲示板や地元紙への掲載についてなどもお知らせしています。

でもそうなると自分で譲渡交渉をすることになるので、怖いのはやはり里親詐欺。里親探しの経験のない方にいきなりきちんとした相手かどうかを見極めろと言っても、難しいところがあります。先日逮捕された川崎市のの容疑者のように悪質な場合は、見抜けないこともあるかもしれません。

そういう相手に譲渡しないよう防衛策を講じることはもちろん重要ですが、それ以前に、まず虐待を防止しなければ意味がない。今回の愛護法改正、是非とも実効性のある法律に変わって欲しいと思います。

天ちゃんも参加2回目。

DSC_0968s.jpg

器量良しで性格も人懐っこいので、結構見て下さっている方は多いです。が決まるまでに至りません。人懐っこい天功ちゃんは今猫部屋に一人でいてちょっと可哀そうなんです。早くおうちが決まるといいね。

つぐみは・・・
まだまだ出せそうにないですねあせあせ(飛び散る汗)
黒親子のデビューの方が先ですね。

DSC_1012m.jpg


ランキング参加中!クリックご協力お願いします。
にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへにほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ

ニックネーム Chirota at 23:54| Comment(6) | TrackBack(0) | 里親会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月20日

【ご協力お願いします】53レスキュー期限間近

〜しばらく記事内トップに記載しておきます〜

飼い主急死で遺された53匹の犬猫を助けたい!(ERILINさん)

53.gif
里親様・シェルター用地および運営協力者・支援物資・支援金大募集中です。(関連記事はこちら

福島被災犬猫救済にご協力下さい!(choiwaru101さん)
101.gif
※里親様・預かり協力者・お世話のお手伝いして下さる方大募集中です。(関連記事はこちら

※バナー作成協力:オニイサンさん


先日、前に写真が撮れなかった53匹レスキューの子たちの写真が撮れましたので、アルバムにアップしました。前のより写りが良かった子も差し替えました。

<現地の子たち一覧>
アルバムサイトはこちら
現時点での現場にいる子です。
行先の決まっている子も含まれています。
※ワンコ2匹撮れていません。




もう11月も下旬になります。現地に残る33匹の猫と2匹の犬の移動先がまだ見つかっていません。ERILINさんのブログに「中古物件」とありますが、中古を“購入”する資金は残念ながらありません。なので、賃貸で貸していただけるところを探しています。といっても賃料が高い物件は難しいです。そうですね、3万円台くらいまでだと何とかやりくりできるのではないかと思います。「無償で」というのが一番ですがそれは難しいでしょうし。

里親会会場でもチラシを置いていますが、もしご協力いただける方いらっしゃいましたら下記PDFファイルをプリントして周辺に貼っていただけないでしょうか。ご協力いただける方は一応ご連絡いただけたら助かります(PCからはこちら、携帯からはこちら)。

53rescue-flyer-20111119.jpg


現地には現在33匹の猫と2匹の犬が残されています。このワンコ達はずっと犬舎でフリーの状態だったためリード慣れしておらず、社会性も足りない子達です。11歳でシニアですが、理解のある里親様を募集していますので、どうぞよろしくお願いします。

詳しくはERILINさんの記事をご覧ください。
http://ameblo.jp/for-animals/entry-11080837076.html


ランキング参加中!クリックご協力お願いします。
にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへにほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ

ニックネーム Chirota at 00:04| Comment(3) | TrackBack(0) | 53匹レスキュー関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月15日

横浜のワンコが栃木で行方不明になっています

<転載歓迎>

横浜在住の方が、栃木の実家に帰省された際に愛犬が行方不明になったということで、懸命に捜索されていらっしゃいますのでお知らせいたします。



クリックするとPDFが開きます
20111114-Maigo-d.jpg


名前: ジェームス
犬種: ヨークシャーテリア
性別: オス(未去勢)
年齢: 8歳
毛色: 顔・頭・手足はベージュ、背中は濃いグレー
特徴: 体重は通常は2キロ程度、細身、体長約30センチ、首輪ナシ
性格: 臆病ですぐ震える。人に向かってよく吠える

いなくなった日時:
2011年10月17日(日) 午前9時30分

いなくなった場所:
栃木県栃木市室町の実家

いなくなった状況:
実家から横浜の自宅に帰る際、荷物を玄関から運び出している最中に脱走し、そのまま行方不明に。

現在までの状況:
栃木市2万件に折り込みチラシ配布。ペット探偵2社に依頼し、チラシ貼りを行った。

目撃情報:
いなくなった日の午前11時ごろ、栃木市箱森町と薗部1丁目の間の付近の県道、栃木環状線を「喫茶店すきずきさん」方向より錦着山方面に横切り、対面の貸店舗側に迷い込んでいったのが目撃されています。

その後の目撃情報がなく、その付近にすむ方からも目撃情報がないため、錦着山付近で保護されている可能性があります。

また、栃木環状線沿いで車に乗った方に保護された場合、近隣の市町村へ移動した可能性もあります。




飼い主様は色々な手を尽くされて懸命に探していらっしゃいます。ここに掲載している内容も、各動物病院へチラシとともに届いたものをもとに記事にさせていただいています。

最近保護されたヨークシャーテリアにお心当たりのある方いらっしゃいましたらご連絡下さいますよう、宜しくお願いします。

ランキング参加中!クリックご協力お願いします。
にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへにほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ

ニックネーム Chirota at 00:59| Comment(8) | TrackBack(0) | 迷子動物情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月12日

川崎猫虐待事件についてとパブコメについて

〜しばらく記事内トップに記載しておきます〜

飼い主急死で遺された53匹の犬猫を助けたい!
(ERILINさん)
53.gif
※里親様・シェルター用地および運営協力者・支援物資・支援金大募集中です。(関連記事はこちら

福島被災犬猫救済にご協力下さい!(choiwaru101さん)
101.gif
※里親様・預かり協力者・お世話のお手伝いして下さる方大募集中です。(関連記事はこちら

※バナー作成協力:オニイサンさん


ニュース等でご存知の方も多いかと思いますが、里親募集に応募して譲り受けた猫を虐待していた川崎市在住の男が逮捕されました。

下野新聞での記事はこちら

里親募集サイトなどでは、このような里親詐欺情報を投稿者に提供して注意喚起をしているので、この人物の情報は既に回って来ていました。被害に遭われた方のお気持ちを考えるととても胸が痛いです。非常に悪質で巧妙なため、被害に遭われた方々は譲渡の際に見抜けなかったようです。報道記事にもあった、最後に譲渡した猫はいまだ行方が分かっていません。無事に見つかることを祈っています(行方を捜している方のブログはこちら)。

2011.11.14追記
行方不明だった猫ちゃんは遺体で発見されました。ご冥福を心よりお祈り申し上げます。

動物虐待自体許せない行為ではありますが、今の日本の法制度ではこれらをきちんと取り締まることが難しいのが現状です。動愛法を知らない警察官もすごーーく多いですしね。


ペット動物法務支援事務所
動物裁判事例

今回逮捕された男が有罪となることを願っていますが、過去の事例からすると有罪となっても執行猶予付きで実刑判決にならない。2007年に横浜市で発生した同様の事件では、犯人が執行猶予期間中にショップから購入した猫が不審死しています(詳しくはこちら)。今回の事件がどのような形で進んでいくのか注目していきたいと思いますが、横浜の事件のような、さらなる犠牲が生まれないようにしてほしいです。

今回のようなことは決して珍しいことではなく、表に出ないだけで実は沢山発生していると思います。栃木県内でも、ここまで悪質ではないものの、仔猫を繰り返し譲り受けては遺棄している人物がいるとの情報が耳に入って来ています。

里親探しをされる方は、くれぐれもご注意ください!相手に不審な点がないかどうか見抜くことができないと、同じ被害に遭いかねません。お届け&譲渡後の追跡は必ずしましょう。



11/8に環境省から「動物愛護管理のあり方について(案)(「動物取扱業の適正化」を除く)」に対する意見の募集(パブリックコメント)について報道発表がありました。

7月〜8月に行われた前回のパブリックコメントは「動物取扱業の適正化について」でしたが、今回はそれ以外の部分に関する意見の募集です。

前回のパブコメの結果は下記をご覧ください下
「動物取扱業の適正化について(案)」にかかるパブリックコメントの集計結果 (環境省、PDF)

今回募集しているのは「動物愛護管理のあり方について(案) (「動物取扱業の適正化」を除く)」及び「動物の愛護及び管理に関する 法律施行令の一部を改正する政令案等の概要」の2件についてです。また、前回に意見募集を行った「動物取扱業の適正化について(案)」についても、新たに出た意見を募集するそうです。

募集期間は11/8(火)〜12/7(水)とのことです。

 次項有「動物愛護管理のあり方について(案)(「動物取扱業の適正化」を除く)」に対する意見の募集(パブリックコメント)について (報道発表資料はこちら

本意見募集要領[PDF 12KB]
本動物愛護管理のあり方について(案)(「動物取扱業の適正化」を除く)[PDF 38KB]
本(参考資料)動物の愛護及び管理に関する法律の関係法令等[PDF 751KB]
本動物取扱業の適正化について(案)[PDF 380KB]


意見の項目
1.虐待の防止
 (1) 行政による保護等
 (2) 取締りの強化及び罰則規定の見直し  
 (3) 闘犬等
2.多頭飼育の適正化
3.自治体等の収容施設
4.特定動物
5.実験動物の取扱い
6.産業動物の取扱い
7.罰則の強化
8.その他
 (1) 犬のマイクロチップの義務化
 (2) 犬猫の不妊去勢の義務化
 (3) 飼い主のいない猫の繁殖制限
 (4) 学校飼育動物および公園飼育動物の適正飼養
 (5) 災害対応
 (6) 実施体制への配慮


次項有 「動物の愛護及び管理に関する法律施行令の一部を改正する政令案等の概要」に対する意見の募集(パブリックコメント)について (報道発表資料はこちら

本意見募集要領[PDF 12KB]

本動物の愛護及び管理に関する法律施行令の一部を改正する政令案等の概要[PDF 15KB]



意見の項目
1.背景
2.内容
 (1)オークション市場の動物取扱業への追加
 (2)動物を譲り受けて飼養する事業者の動物取扱業への追加
 (3)犬及びねこの夜間展示の禁止等
3.施行期日
 

今回の意見募集の中には、「虐待の防止」も含まれています。動物虐待から凶悪犯罪へと発展する可能性もあるわけですし、今回のような事件を防ぐためにも、未然に防ぐ体制作り・取り締まりや罰則強化をしてほしいと思います。前回のパブコメではサーバーがパンクしたり集計作業を外注で対応しなければならないほど沢山の意見が寄せられたそうですが、今回も是非多くの方に意見を提出していただきたいと思います。

あっ、もちろん自分も出します!

ランキング参加中!クリックご協力お願いします。
にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへにほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ


ニックネーム Chirota at 23:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 里親会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月09日

職場黒猫親子のTN(R?)、天功に自作腹帯♪

〜しばらく記事内トップに記載しておきます〜

飼い主急死で遺された53匹の犬猫を助けたい!
(ERILINさん)
53.gif
※里親様・シェルター用地および運営協力者・支援物資・支援金大募集中です。(関連記事はこちら

福島被災犬猫救済にご協力下さい!(choiwaru101さん)
101.gif
※里親様・預かり協力者・お世話のお手伝いして下さる方大募集中です。(関連記事はこちら

※バナー作成協力:オニイサンさん


仕事のほうもひと段落つき、先週のイベントも終わったので、ちょっと楽になりましたグッド(上向き矢印)

こないだ夜11時半頃まで仕事をしていて、あまりに眠くて上司に後をお願いして家に帰ったら…あと5分ほどで家に到着!というところで飲み会に行っていたダンナさんから「居眠りして降りはぐって宇都宮に来ちゃった…。」というメールが。

終電は終わってしまっています。電話してみたら「タクシーで帰るしかないよね…」というので、仕方がないから迎えに行くことに。眠いのに〜!こっちは何も食べてないのに〜!4時間もすれば始発が出るんだからそのままそこに居なさいと言いたくなりましたよ。まったくむかっ(怒り)

そんな仕事の山場に、職場の猫を3匹捕獲大作戦。

私は在籍している職場が真岡市にあり、今はほとんど別の拠点(宇都宮)にいるのですが、久々に真岡の拠点に行ったので、もういい加減早く残っている子たちを捕獲して手術しないと次が生まれちゃうよ!と思い、急遽捕獲作戦に。勢いのある時にやらないと手(グー)

ターゲットはこの春保護したグレーの子たちの母猫とその兄弟。母猫は職員さんの努力により人馴れしていたので、お昼休みに速効捕まえてケージに。

111027_1545~01.JPG


帰るまで母猫をとある小屋に入れておいたら、春生まれの仔猫のうちの1匹が近寄ってきていたので、エサでつって小屋に閉じ込め、コーナーに追い詰めて捕獲。もう1匹はちょっとその日は無理そうだったので、翌日捕獲器を仕掛けて無事ゲット。

SH3G0534.JPG


いつもお願いしている動物病院にすぐ連絡し、3匹とも手術していただきました。

黒猫ばっかり3匹。保護直後は私は部屋を隔離するので、狭い玄関にケージ並べて入院室みたいになってましたあせあせ(飛び散る汗)

111026_2047~01.JPG


じーーーっ
DSC_0824s.jpg

このこたちだ〜れ??
DSC_0822s.jpg


そして、もともと予約を入れていた天功ちゃんも手術しました。なので、今術後ケア中が4匹います。そろそろ腹帯取れるかなー。

天功ちゃん、ずっと張り紙もしてありましたがとうとう情報はありませんでした。無事警察の手続きも終わり所有者は私に。

DSC_0926s.jpg


天功は先日抜糸に連れて行ったらまだ傷がくっついていないということでもう1週間後と言われたのですが、病院で貼ってもらったテープをはがしてしまうので、応急処置としてタイツを使って自作腹帯をつけました。なんとかあと数日はもちそうです。

DSC_0929s.jpg


黒親子のほうは・・・母猫「クロちゃん」はリリース予定なのですが、これまたスリスリゴロゴロちゃん…。

DSC_0731s.jpg

職員には「ネズミ取りの名人だから居なくなると困る」と言われていて、戻すことになっています。職員の方も可愛がってくださっていますから、敷地は超広いので事故の心配もありませんし、野犬の問題さえなければ猫にとってそれほど悪い環境ではありません。でも前の「ホタル」も術後リリースして野犬に殺されました。私としてはやっぱり戻したくないな・・・。つぐみもそれでうちに来たんだしね。

春生まれの2匹は人馴れはイマイチです。でもまだ生後半年ですから、里親に出せる可能性は高いので、保護して里親探しします。

DSC_0932ms.jpg


名前を考えました。この子達の兄弟は千葉のご家族にもらわれ、イタリア語の名前を付けてもらっているのでイタリア語シリーズにしましたひらめき

男の子は黒猫なのでそのまま「黒=Nero」のネロくん。

女の子は顔を見るとシャーッと言って、でもゴロゴロ言ってるし、スリスリもするけど噛むし…ということで「気まぐれ=Capriccio」からカプリ。「カプカプ」カプリちゃんです。

年末年始までこの子達がいたら、帰省中に預かってくれるところを探さなきゃなりません。困ったぞ。ていうか、その前に今月末また3泊4日で出張…ダンナさんに全頭分の世話なんて、任せられるのか!?どしよたらーっ(汗)


ランキング参加中!クリックご協力お願いします。
にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへにほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ

ニックネーム Chirota at 21:36| Comment(2) | TrackBack(0) | 保護日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月06日

ともなりまつり報告

先日の記事でお知らせした「ともなりまつり」無事終了しました。泉中学校の皆さん、「とみーずはうす」のスタッフの皆さん、途中から来てくれたERILINさん、お疲れさまでした。ありがとうございましたぴかぴか(新しい)

当日のブースの様子はこんな感じ。

DSC_0747s.jpg

お祭り自体は結構人が来ていましたが、このブースは会場の一番隅っこで、わざわざ行かなければならない場所でしたし、生体ナシということだったので、来場者数はイマイチな感じでしたが、それでも写真を見て下さった方もいらっしゃいました。

準備期間が短かったためいろいろ反省点は多いですが、その1つとして、写真展示は、写真だけでなく説明があったほうが良かったなと思いました。たぶん見に来られた方は1つ1つの写真が何なのか、分かりにくかったかと思います。

DSC_0743s.jpg

動物の飼育に関するアンケートは、生徒さん達がボード部隊となって集めて下さったおかげで、計72名分の回答を得ることができました。集計は泉中の生徒さんにお願いしていますので、結果をもらったらお知らせしたいと思います。
 
DSC_0741s.jpg

迷子札ホルダーは3つだけでしたが売れました(校長先生もありがとうございますぴかぴか(新しい))! チラシ等は生徒さんや「とみーずはうす」のスタッフさんが積極的に配って下さっていました。いいご縁につながることを願っています。
 
お昼の「泉タイム」での生徒さんの発表。「ペットショップにいくまえに」の冊子を片手に、ショップからではなく保護されている犬猫を迎えて欲しいこと、里親会に足を運んで欲しいことなどを話して下さいました。なんだかその様子を見ていてジーンときてしまいました。
 
DSC_0779s.jpg

手作り募金箱持って集めて下さったりもしました!募金は箱ごと「とみーずはうす」さんへ。せっかくだから名前を書いてね、一言付きで!とお願いしたら、みんなで書いてくれました。

DSC_0819s.jpg


こんな素敵なプレゼントになりました
(choiwaruさん、写真拝借しました猫(足))
P1020002s.jpgP1020001s.jpg


こんなの見たらchoiwaruさんきっと泣いちゃうな〜、なんて言ってたんだけど、どうだったかなぁ?この募金箱は今後里親会でも使わせていただくそうです。ちなみに募金は4419円だったそうです。

 
今回の話はもともと、「ともなりまつりで里親会をやってもらえないか」という相談でした。私の方に生徒さんが最初にお問い合わせくださったのは9月末。その時は市役所からも了解を得たので、やってもらえませんか、ということでした。

それが2週間前になって「犬猫不可」に。私も市に問い合わせましたし、学校側もやり取りされたようですが、結局その決定を覆すことはできませんでした。 「生徒の自主的な活動を尊重し、なんとか工夫しながら、生徒の希望を実現させてあげて欲しい。」と伝えましたが、理解は得られませんでした。

生徒さんが「里親会ができなくなった」と知らされたのはお祭りの1週間前。「里親会」をやる前提でポスターを作ったりと準備をして下さっていた生徒さん達の気持ちを考えると、やはりどうしても納得のいくものではありませんでした。 しかもNGとなった理由がはっきり分かりません。詳しくは書きませんが、直接私が聞いたものに関しては回避できるものでしたし何が懸念材料なのかが良く分かりませんでした。結局は特にこれといった理由はなく、ただなんとなく「何か問題が起きたら嫌だから」ということなのだと思います(でも隣では移動動物園が生体出してたんですけどね)。

最初から生体不可というようでしたら、仕方ないと思います。私が納得できないのは、ならばなぜ最初にそう判断しなかったのか?ということです。市が最初にきちんとした対応・判断をしなかったために、生徒がしてきたそれまでの準備が無駄になったわけです。それについて何か責任は感じないんでしょうか?市の担当職員さんはきちんと生徒さんに謝罪してほしいです。
 
記事に書くのはどうしようかなと思ったのですが、頑張ってくれていた生徒さん達のために書かせていただきました。
 
急遽予定変更して臨んだイベントでしたが、生徒さんは充実感を得ることができたかなぁ?今回のことに懲りずに、是非今後も動物問題に関心を持ち続け、いつか生徒さんのやりたい形でリベンジできるといいですね。その時は必要ならば是非協力します!
 
とみーずはうすさんのスタッフさんも、本当にありがとうございました。ギリギリまで話が決まらずご迷惑をおかけしてすみませんでした。お話もできて嬉しかったです。後半ちょっとバタバタしてしまってたので、もう少し落ち着いて話せたら良かったです。
 
スタッフの方に、「壬生の方の子達はどこかに沢山保護されているんですか?」と聞かれたのですが、「それぞれの保護主さんのところで保護されていますよ。」とお答えしました。「預かりさんのところなんですね。」と言われましたが、後でよく考えたらちょっと説明不足だったかなと。
 
よくある里親会の形は、その団体のスタッフが保護していたり、1ヶ所に多く保護されている子達を出す里親会だと思うのですが(県内の他の里親会はほぼその形です)、うちはなるべく相談者の方にそのまま保護してもらい、里親会に通っていただく方法を取っています。
 
もちろん「引き取って」の相談はとても多いです。でも事情を説明して保護の仕方を教えたり里親探しの仕方や注意点などをアドバイスすれば頑張ってくれる人も実は沢山います。実際今の里親会には参加しているうちの半分は一般の持ち込みさんです。多いときは持ち込みさんの方が多い時もあるかもしれません。事情でどうしても保護ができないケースも当然あります。そういう時は「預かり」を探して預かってもらうこともありますが、預かりさんはそんなにいるわけではありません。
 
そういう相談に乗り、アドバイスしていくのは結構大変です。自分で引き取って保護したほうが楽、ということもあるかもしれません。でもそういう努力をしていくことで、今まで保護なんかしたことがなかった人が保護できるようになったり、それがきっかけで協力者になって下さったり支援者になって下さったりすることもあります。
 
壬生の里親会はそんな「保護主さん達のための里親会」です。スタッフもみんな一保護主です。今は参加頭数が多いので、参加待ちしていただくことになってしまっていますが…。それだけ保護される子たちが非常に多いということなんですよね。
 
実は先週の里親会の日は会場に突然連れてきた方、相談に来られた方、合わせて6組いました。それ以外にも電話相談もあったようです。秋の猫ラッシュでしょうか…。決まる頭数が少ないのに里親探しの子はどんどん増えます。
 
ちなみに、ここのところ自分の保護状況について記事してませんでしたが、職場の猫を3匹保護&手術しました。実家で預かってもらってる3匹と天功ちゃん合わせて現在保護猫8。そちらについてはまた今度。

いやそれにしても忙しかった。お祭り前日は仕事の後プリンタのインクや用紙を買いに行き、家のことやって作業に取り掛かろうとしてインクが足りないことに気付いて、慌てて近くのツタヤに閉店間際の12時前に買いに走り、余りに眠くて1時から3時まで仮眠して、なんとか間に合いました。さすがに帰り道は眠かった。

仕事もちょっと山場だったり、職場猫の捕獲手術はするわ、保護チビのうち1匹がちょっと問題ありで入院したり…。まぁ沢山保護している人の大変さからしたら大したことはないと思います。

周辺で体調崩している人が結構いますので、皆さんもお気を付け下さいね。

カレンダー余っちゃった。里親会会場に置いとこうかな…。

Calendar2012imageF.jpg


ランキング参加中!クリックご協力お願いします。
にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへにほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ

ニックネーム Chirota at 05:33| Comment(4) | TrackBack(0) | 動物愛護 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月02日

泉中による「ともなりまつり」ブース出展のご案内

また滞っております。コメントレスできてなくてごめんなさい。後で必ずレスします!

とりあえずこれは告知しておかなければならないので。
記事転載大歓迎です!

明日11/3文化の日、矢板市「つつじの郷やいたともなりまつり2011」にて、矢板市立泉中学校が動物愛護に関するブースを出展します。

当初は「とみーずはうす」さんの被災犬猫を中心とした里親会を開催予定でしたが、主催者側の意向で急遽予定が変更し、生体ナシの展示となります。

急遽内容変更して準備をし直しておりますので、はっきりお伝えできませんが、現時点で分かっている内容をお知らせします。

かわいい12:00〜13:00 「ともなり広場ステージ」にて泉が丘中学校による発表
具体的な内容は分かりませんが、生徒さんたちが今日頑張って準備しているはずです。生徒さんたちが今まで調べた動物問題に関することを発表するとのことでした。

かわいい「とみーずはうす」さん被災犬猫里親会PR
犬猫は連れて来れませんが、泉中学校さんのほうで撮った写真などを使って、保護されている福島原発被災犬猫達の紹介をしてくださったり、里親会の案内チラシ配布を行います。

かわいいNPO法人地球生物会議ALIVEさん特製「迷子札ホルダー」販売
毎日のように保護・捕獲されるワンちゃんが後を絶ちません。これもみな所有者明示されていれば防げることです。犬の飼い主さんの意識付けを目的とし、ALIVEさんの「安心だワン!ホルダー・セット」をブースにて販売します。ALIVEさんのショップでも5セットから購入できますが、今回のブースでは1セットから購入できます。
※イベントなどでの販売についてはALIVEさんに確認済みです

下ALIVEさんによるプロジェクトの詳細はこちら
kaesou_banner.gif

かわいい動物の飼育に関するアンケート調査
アンケートにお答えくださった方には2012年の名刺カレンダーを差し上げます♪
たぶんこんな感じ↓
Calendar2012imageF.jpgCalendar2012imageR.jpg

かわいいついでにうちの里親会や53匹レスキューのチラシ配布も…(^^;)


矢板市立泉中学校では、「総合の学習」の時間で動物問題に関心を持った生徒さんたちがグループを作って活動をしています。今回初めにお問い合わせくださったのも生徒さんからでした。

急な内容変更でどれだけのことをできるか分かりませんが、生徒さんの自主的な活動を応援したいと思いますので、もしご予定のない方は是非足を運んでみてください。お祭りの他のブースも見どころ満載のようでするんるん

なお、当日は泉中学校の生徒さんと先生、とみーずはうすさんからもスタッフの方が3名参加してくださいます(choiwaruさんはお仕事のため不参加です)。私もブースには入る予定です。ステージ発表の時はカメラマンしようと思います♪

「ともなりまつり2011」の案内はこちら
会場: 矢板市役所周辺 (地図はこちら
日時: 2011年11月3日(祝) 10:00〜15:00

上記案内には今回のブースは記載されておりません。場所は「矢板生涯学習館」南側の駐車場奥になります。宇都宮動物園さんによる移動動物園ブースの隣になります。

tomonarimatsuri.jpg

壬生の里親会会場にも、「被災犬猫はいますか?」という方が時々来場されます。「とみーずはうす」さんの通常の里親会については、主催者であるchoiwaruさんもブログで告知されていますが、会場を提供されている「錦鮨」さんのブログにも詳細が書かれていますので、被災犬猫の里親会にご興味のおありの方は「錦鮨」さんのブログも見てみてください(こちらのほうが更新頻度が高そうです)。

「割烹 錦鮨『はつ』のおいしさ満点・笑顔満点!」

今回はギリギリまで話が確定しなかったため、壬生のスタッフとしての活動というより個人的に生徒さんに協力したい思ってと動いていた部分が大きいですが、いろんな人が協力することで、生徒さんに達成感や充実感を感じてもらえたら、と思います。

これからの日本を変えていく若い世代には沢山のことを知ってもらい、そして周囲に広めていって欲しいですぴかぴか(新しい)

ということで、宜しくお願いします!

なお、先日の那須塩原で保護された迷子ワンコは無事飼い主様が見つかっておうちに戻ったそうです。報告が遅くなり申し訳ありません。

ランキング参加中!クリックご協力お願いします。
にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへにほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ

ニックネーム Chirota at 12:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 動物愛護 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする