disaster.gif

2011年08月30日

小学生のレポート

〜しばらく記事内トップに記載しておきます〜

飼い主急死で遺された53匹の犬猫たちを助けて下さい!
(ERILINさん)
53.gif
※里親様・シェルター用地および運営協力者・支援物資・支援金大募集中です。(関連記事はこちら


福島被災犬猫救済にご協力下さい!(choiwaru101さん)
101.gif
※里親様・預かり協力者・お世話のお手伝いして下さる方大募集中です。(関連記事はこちら

※バナー作成協力:オニイサンさん


今から約1年半前の2010年2月、ある小学生の男の子から問い合わせがありました。

学校の調べ学習で、1つのテーマについて本を作る作業をしていて、猫の保護活動をしている人にいろいろな話を聞きたいので、アンケートに答えてもらえませんか、という内容でした。

もちろん喜んで回答させていただいて、他にも応えてくれる人がいたらということだったのでボラ仲間のchoiwaruさんも紹介しました。

そして、その小学生の男の子が集めたアンケートや調べた内容が1冊のレポートになりました。


「猫の保護活動について」
front2.jpg

レポートは小学校に提出され、私達にもそのコピーが郵送で送られてきました。

その完成したレポートは、男の子の直筆で記され、集められた資料や提供された写真を切り貼りして作られた、大変心のこもったものとなっていました。

私ももちろんそのレポートにとても感動してしまい、周囲の人に見てもらいましたが、やはりそれだけではもったいない、もっともっと沢山の人にこのレポートを読んでほしい、そう思いました。

そこで、その男の子のご家族に、このレポートをネットで公開させていただけないかと、メールでご相談させていただいたところ、作成者である男の子ご本人もご家族も快く承諾して下さいました(ちなみに同じくレポートが届き、「本が届いた、泣いた。」って言ってたchoiwaruさんも、ほぼ同じタイミングで同様のメールを出してたようでちょっと笑ってしまいました)。

そして、ご本人やご家族だけでなく、小学校やレポート内にお名前のある方々からも許可が必要と思い、それらの方の了解をご家族の方で確認を取っていただき、全員の方の了解を今年の2月にいただくことができました。

ところが、やっと公開できる状態になったところ、3月に東日本大震災が発生。このタイミングでの公開は控えようと思い、しばらく様子を見ていました。

そうしているうちに、このレポートのきっかけを作ったともいえる、「純情仔猫物語」のKAZUさんの急逝を知り、やはりもっと早く公開しておけばよかったと後悔しました。

そのような状況から、レポート作成者の男の子のご家族に先日改めてネット公開の件を伺い、最終的なサイトの内容を確認していただいたところ、下記のようなお返事を頂きました。

「レポートを公開いただけるとのこと、どうぞよろしくお願い致します。今回パブコメに携わり、動物に関心のある人とそうでない人の温度差をすごく感じました。少しでも、「自分たちの問題」として捉えてくれる人が増えますように、と祈りつつ・・・・・」

このレポートについては、色々なブログで既に紹介されていましたので、ご存知の方も沢山いらっしゃると思います。でも読んだことのない方も多くいらっしゃると思いますので、是非下記ページより、そのレポートをご覧になって下さい。

下クリックすると専用ページに飛びます下

banner.gif

※上記サイトはリンクフリーです

これからの日本の将来を担う小学生が、純粋な心でこのテーマについて考え、心をこめて作り上げた直筆のレポートは、私たち大人も大変心を揺さぶられるものであると思います。ぜひ小学生だけでなく、どの世代の方にも見ていただき、今までこれらの命に対し関心のなかったような方々にも、現実を知って頂くきっかけとなって欲しいと思います。

私の方からはアンケートの回答のほか、写真も何枚か提供しました。牡丹親子、メグ達姉妹の写真を使っていただいています。見てみて下さいねるんるん

私のブログの記事を紹介して下さる方々、いつもありがとうございます。このレポートは多くの方に知っていただきたいので、転載して下さっても結構ですが、できれば上記のサイトをご覧いただき、ご自身の言葉でご紹介していただけると嬉しいです。

上記サイトのリンクの際は特にご連絡は不要ですが、もし宜しければコメントに残していただけたら嬉しいです。この記事のコメント欄は承認後公開設定にさせていただきます。非公開コメントをご希望の方はその旨お書き頂ければ非公開のままにしておきます。

最後に、アンケートの回答の後、男の子からお礼の言葉とともに書かれていた素敵な言葉をご紹介します…

「いちばんうれしいことが、猫が里親さんの家でしあわせになることと書いてあり、他の人からもらったアンケートもみんな同じことが書いてあったので、保護する人はみんな同じ気持ちだと思いました。僕も、うちの猫をしあわせにしたいと思います。」


ランキング参加中!クリックご協力お願いします。
にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへにほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ

ニックネーム Chirota at 01:11| Comment(2) | TrackBack(0) | 動物愛護 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする