disaster.gif

2011年08月30日

小学生のレポート

〜しばらく記事内トップに記載しておきます〜

飼い主急死で遺された53匹の犬猫たちを助けて下さい!
(ERILINさん)
53.gif
※里親様・シェルター用地および運営協力者・支援物資・支援金大募集中です。(関連記事はこちら


福島被災犬猫救済にご協力下さい!(choiwaru101さん)
101.gif
※里親様・預かり協力者・お世話のお手伝いして下さる方大募集中です。(関連記事はこちら

※バナー作成協力:オニイサンさん


今から約1年半前の2010年2月、ある小学生の男の子から問い合わせがありました。

学校の調べ学習で、1つのテーマについて本を作る作業をしていて、猫の保護活動をしている人にいろいろな話を聞きたいので、アンケートに答えてもらえませんか、という内容でした。

もちろん喜んで回答させていただいて、他にも応えてくれる人がいたらということだったのでボラ仲間のchoiwaruさんも紹介しました。

そして、その小学生の男の子が集めたアンケートや調べた内容が1冊のレポートになりました。


「猫の保護活動について」
front2.jpg

レポートは小学校に提出され、私達にもそのコピーが郵送で送られてきました。

その完成したレポートは、男の子の直筆で記され、集められた資料や提供された写真を切り貼りして作られた、大変心のこもったものとなっていました。

私ももちろんそのレポートにとても感動してしまい、周囲の人に見てもらいましたが、やはりそれだけではもったいない、もっともっと沢山の人にこのレポートを読んでほしい、そう思いました。

そこで、その男の子のご家族に、このレポートをネットで公開させていただけないかと、メールでご相談させていただいたところ、作成者である男の子ご本人もご家族も快く承諾して下さいました(ちなみに同じくレポートが届き、「本が届いた、泣いた。」って言ってたchoiwaruさんも、ほぼ同じタイミングで同様のメールを出してたようでちょっと笑ってしまいました)。

そして、ご本人やご家族だけでなく、小学校やレポート内にお名前のある方々からも許可が必要と思い、それらの方の了解をご家族の方で確認を取っていただき、全員の方の了解を今年の2月にいただくことができました。

ところが、やっと公開できる状態になったところ、3月に東日本大震災が発生。このタイミングでの公開は控えようと思い、しばらく様子を見ていました。

そうしているうちに、このレポートのきっかけを作ったともいえる、「純情仔猫物語」のKAZUさんの急逝を知り、やはりもっと早く公開しておけばよかったと後悔しました。

そのような状況から、レポート作成者の男の子のご家族に先日改めてネット公開の件を伺い、最終的なサイトの内容を確認していただいたところ、下記のようなお返事を頂きました。

「レポートを公開いただけるとのこと、どうぞよろしくお願い致します。今回パブコメに携わり、動物に関心のある人とそうでない人の温度差をすごく感じました。少しでも、「自分たちの問題」として捉えてくれる人が増えますように、と祈りつつ・・・・・」

このレポートについては、色々なブログで既に紹介されていましたので、ご存知の方も沢山いらっしゃると思います。でも読んだことのない方も多くいらっしゃると思いますので、是非下記ページより、そのレポートをご覧になって下さい。

下クリックすると専用ページに飛びます下

banner.gif

※上記サイトはリンクフリーです

これからの日本の将来を担う小学生が、純粋な心でこのテーマについて考え、心をこめて作り上げた直筆のレポートは、私たち大人も大変心を揺さぶられるものであると思います。ぜひ小学生だけでなく、どの世代の方にも見ていただき、今までこれらの命に対し関心のなかったような方々にも、現実を知って頂くきっかけとなって欲しいと思います。

私の方からはアンケートの回答のほか、写真も何枚か提供しました。牡丹親子、メグ達姉妹の写真を使っていただいています。見てみて下さいねるんるん

私のブログの記事を紹介して下さる方々、いつもありがとうございます。このレポートは多くの方に知っていただきたいので、転載して下さっても結構ですが、できれば上記のサイトをご覧いただき、ご自身の言葉でご紹介していただけると嬉しいです。

上記サイトのリンクの際は特にご連絡は不要ですが、もし宜しければコメントに残していただけたら嬉しいです。この記事のコメント欄は承認後公開設定にさせていただきます。非公開コメントをご希望の方はその旨お書き頂ければ非公開のままにしておきます。

最後に、アンケートの回答の後、男の子からお礼の言葉とともに書かれていた素敵な言葉をご紹介します…

「いちばんうれしいことが、猫が里親さんの家でしあわせになることと書いてあり、他の人からもらったアンケートもみんな同じことが書いてあったので、保護する人はみんな同じ気持ちだと思いました。僕も、うちの猫をしあわせにしたいと思います。」


ランキング参加中!クリックご協力お願いします。
にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへにほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ

ニックネーム Chirota at 01:11| Comment(2) | TrackBack(0) | 動物愛護 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月24日

飯舘ワンコ飼い主さんと再会

〜しばらく記事内トップに記載しておきます〜

飼い主急死で遺された53匹の犬猫たちを助けて下さい!
(ERILINさん)
53.gif
※里親様・シェルター用地および運営協力者・支援物資・支援金大募集中です。(関連記事はこちら


福島被災犬猫救済にご協力下さい!(choiwaru101さん)
101.gif
※里親様・預かり協力者・お世話のお手伝いして下さる方大募集中です。(関連記事はこちら

※バナー作成協力:オニイサンさん


背中が痛くなくなってきた!と思ったら、左耳周辺が痛くて口が開けられなくなりました。痛み止めを飲んで耳鼻科に行ったら・・・「外耳道炎」と診断されました。がいじえん・・・ワンコみたいだあせあせ(飛び散る汗)

お医者さんに、「耳の中はいじっちゃダメだよ」と怒られちゃいました。確かにちょっと前耳がかゆくてたまらなかったのですが、そんなに耳掻きすぎてなかったと思うんだけど。

口を開けるのも痛いくらいだったので、どうなっちゃうの!?と思ったけど、抗生物質飲んどけば4〜5日で治るとのこと。あーよかった。

前回の記事で書き忘れましたが、「1人かも!」と言っていた8/14の里親会、ブログを見て助っ人に来て下さったサスケママのKTさん、もうその活躍はスタッフと言っていいほどのコハク預かり協力者のIさん、後から来てくださった同じく頼もしい協力者のOさん、ありがとうございました!結局福島入りする予定だったうちのボスも来て、お忙しいERILINさんも来てくれたので、よゆーの里親会になりました。でも里親決定もゼロだったけどさ。

8/21の里親会は天気も悪かったのですが、保育園に捨てられたグレートラのニャンコが里親が決まりました。夏場はいつも苦戦しますが、困っている子たちは沢山います。どうやったらもっと多くの方に知っていただけるか、どなたかいいアドバイスをお願いします!


さて、飯舘村の飼い主様からお預かりしてる「ジャック」「クマ」。(記事はこちら

2匹セットでの預かり先を探していましたが、2匹で受け入れてくださる方がなかなか見つからず、結局1頭ずつ分けることに。

そして、先日その飼い主様が福島から2匹に会いにいらしてくださいましたぴかぴか(新しい)

飯舘から福島市に避難されている飼い主様ご一家。でもその福島市も線量が高いので、小さいお子さんを抱えていらっしゃることもあって不安な様子でした。「戻りたいけど、戻れないだろうなぁ」とご主人はおっしゃっていました。

2匹は別々の所で預かっていただいているので、クマを預かってくださっている動物病院で全員待ち合わせとなったのですが、先に飼い主様が到着され、まず「クマ」をお散歩に。預かり先でもやらなかったのに、クマは飼い主様の前でおなかを見せてました。やっぱり飼い主さんが一番好きなんだよね。

DSC_0940s.jpg

そのあと到着したジャックも、もともと人が大好きなベタベタワンコだったのですが、やっぱり一生懸命尻尾を振ってそれはもう嬉しそうでした。

DSC_0928s.jpg


おうちでは2人のお兄ちゃんが1匹ずつ連れてお散歩に行っていたそう。この日も何度もお散歩に行ってもらえました。

DSC_0938s.jpg

DSC_0931s.jpg


ジャック担当の下のお兄ちゃんは、ワンコたちが自分たちのことを覚えているかどうか心配で寝られなかったそうです。大丈夫、ワンコは絶対忘れないよ!

DSC_0937s.jpg


自営業をされていた飼い主様、仕事場を移転するのにあと1ヶ月くらいかかるようですが、それが落ち着いたら1頭だけは置いておけそうだということで、その時はクマだけでも連れて帰りたいということでした。名残惜しそうに2匹を見送っていた飼い主様。早くみんなで一緒に暮らせるといいね。

DSC_0942s.jpg


預かって下さっている病院の先生や預かり協力者様には感謝ですぴかぴか(新しい)


さて、報告が遅れましたが、うちに居候していた富岡ニャンズの「シナモン」「シフォン」、8/9の夜無事飼い主様とともに関西へ旅立っていきました。(預かった際の記事はこちら


出発時のシナモン&シフォン下

DSC_0905s.jpg


長旅だったにもかかわらず、ニャンたちは新しいおうちでは探検しまくりだったそう。シフォンが鳴きっぱなしだったようだけど、大丈夫かなぁ?飼い主様の話では、私達を探しているようだ、とおっしゃってましたが、私達というより、部屋の中にゾロゾロといた猫たちがいなくて、「おかしいな、みんなどこ行ったんだ?」なーんて思ったんじゃないでしょうか。

私がトイレに行くとドアの向こうに必ず待機していたシナモン。今はまたその役目はシューちゃんが担っていますよ。来月の出張の際に、シナモン&シフォンのおうちに遊びに行っちゃおうかと企んでますひらめき

シナモン&シフォンの飼い主様には、なんと30000円も募金をいただいてしまいました。I様、ありがとうございました。これからも頑張ります!

警戒区域の中にはまだまだ多くの命が残されているんでしょうね。今もなおこの区域内の命を救おうと奮闘されている方々がいらっしゃいます。

許可を得て警戒区域内での動物救済活動をされている知人の方から、下記のお知らせをいただきましたので掲載しておきます。関西にお住まいの方、行ってみて下さい。

「福島復興調査団」大阪講演会
http://team-sanctuary.jimdo.com/


実家の3匹もすくすく育ってまするんるん

SH3G0025.JPG



ランキング参加中!クリックご協力お願いします。
にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへにほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ

ニックネーム Chirota at 20:28| Comment(4) | TrackBack(0) | 震災関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月18日

パブリックコメント8/27締切りです

【8/27までTOP固定します】 (2011.8.18投稿)
8/18〜8/27までの新規投稿記事はこの記事の次からになります。

また更新が滞っております。いろいろ書くことはありますが・・・。

ブログの記事に書こう書こうと思っていてなかなか進まなかった、今月27日締め切りのパブリックコメント募集について(コメントくださった方もありがとうございました)。

個人的には日々のことに追われてつい後回しになってしまっていましたが、法改正に意見を述べる貴重な機会です。正直なところ、意見を述べたくてもその時間がない活動家さんも沢山いらっしゃると思います。

今回のパブコメの募集は「動物取扱業の適正化」について。業者の意見が多いと業者に有利な法改正になってしまうかもしれません。前回の改正の時も業者表多数のため真に動物のためとは言えない改正となってしまいました。ですから今回は同じことが繰り返されないよう、多くの方に知ってもらい、意見を提出していただくことが重要だと思います。

締め切りまであと10日を切ってしまいましたが、まだ時間はあります。ぜひ皆様意見を提出しましょう。


動物取扱業の適正化について(案)に対する意見の募集(パブリックコメント)について
環境省自然環境局総務課動物愛護管理室
http://www.env.go.jp/council/14animal/y143-17/mat01.pdf


<参考>

下記はとても分かりやすくまとめられているサイトです。初めての方はこちらをご覧になってください。

次項有「One Action for Animals」パブリックコメントについて
https://sites.google.com/site/1action4animals/public_comment


書き方がよくわからない方は、下記サイトにツールがあります。

次項有【拡散希望】5年に一度の動物愛護法改正に関して 情報まとめ
http://jbbs.livedoor.jp/news/5403/


下記を見るとこれまでの流れが分かるかと思います。全部目を通すとかなりのボリュームですが。

次項有中央環境審議会動物愛護部会
動物愛護管理のあり方検討小委員会
議事録および議事要旨
http://www.env.go.jp/council/14animal/yoshi14-03.html


それから…猫のボランティア活動の世界ではその名を知る方も多いであろう「純情仔猫物語」のKAZUさんが急逝されたということはここ数日多くのブログ等でも目にします。

ブログ村の猫ボランティアカテゴリーでも断トツ1位を保っていらっしゃった方だけに、その訃報は直接面識のない私にとっても少なからずショックなものでした。

治療のためブログ休止となってこんなにすぐに亡くなってしまうなんて誰も思わなかったのではないでしょうか。

この世界にいると、自分の健康を顧みず動物優先で活動されている方々を沢山目にします。どうかみなさんご自分の体も大事になさって欲しい、心からそう思います。この活動は体が資本ですから・・・。

そのKAZUさんも、最期までこの法改正を気にかけていらっしゃったとのこと。

KAZUさんは以前お隣茨城県の悪徳ブリーダーの案件に関わっていらっしゃったことは多くの方がご存知かと思います。そんなKAZUさんの思いが込められた「パブリックコメント純情仔猫物語ver.」も是非ご参考になさってください。

次項有パブリックコメント純情仔猫物語ver.
http://kazurinn.jugem.jp/?eid=1504

動物たちの幸せの為にご尽力されたKAZUさんに深い哀悼の意を表します。

ランキング参加中!クリックご協力お願いします。
にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへにほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ


ニックネーム Chirota at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 動物愛護 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月09日

福島県小野町で捨てられていた親子猫

〜しばらくトップに記載しておきます〜

飼い主急死で遺された53匹の犬猫たちを助けて下さい!(ERILINさん)
53.gif
※里親様・シェルター用地および運営協力者・支援物資・支援金大募集中です。(関連記事はこちら


福島被災犬猫救済にご協力下さい!(choiwaru101さん)
101.gif
※里親様・預かり協力者・お世話のお手伝いして下さる方大募集中です。(関連記事はこちら

※バナー作成協力:オニイサンさん



1週間以上サボってしまいました。サボればサボるほど、書くことたまっちゃって自分の首絞めるのになぁ。

先週も疲れてくると背中の筋が痛くなってきて・・・夜あまりにひどかったので、今週後半から行くはずだった出張をキャンセルしてもらいました。そしたらなんだかちょっと体が楽に!?その話をうちのボスにしたら、「それって、仮病だよね。」と言われました。いや違うもん。ほんとに痛かったし、しんどくて寝れなかったんだもん。ひどいや。

ここのところ里親会は譲渡数が伸び悩んでいます。毎年暑い時期は仕方がないのですが。

先日の記事のロシアン君、「いつ里」には出したものの、反応なし。他のサイトにも登録を考えています。すんごく性格がいい子だそうです。初期のあの人馴れが厳しそうだった話もウソのように、全く何の問題がないとのこと。募集記事内容も修正しようかなと思っています。

7/24に里親会会場に相談に来られたお父さん。親子の猫を保護したので里親会に参加させたいとのことでした。

詳しく話を聞いたら、お仕事の関係で、福島県小野町に行った時のこと。野球場の照明が震災で被害を受けたので、その修理に行った際、段ボールに入れられて親子が捨てられていたそうです。

保護時、仔猫はまだミルク飲みだったそう。カラスに襲われそうだったため、見かねて福島から栃木県壬生町のご自宅に連れて帰って来たそうです。

DSC_0874s.jpg

小野市というと原発からは40q弱くらいの位置。どういう経緯で捨てられたのか分かりませんが、お母さんニャンコはとても人懐っこいいい子です。明らかにそれまで人に飼われていたはずのお母さんニャンコ。

キジ白の男の子。
DSC_0680s.jpg

もう1匹の男の子。
DSC_0682s.jpg

キジ白の女の子。美人さん。
DSC_0685s.jpg

キジ白の女の子。
DSC_0683s.jpg

そして、三毛ブチの美人なお母さん。
DSC_0689s.jpg

写真を撮らせていただいていたら、よく見ると入っているケージがピカピカ。「もしかしてわざわざ買ったんですか?」とお父さんに聞いてみたら、「落ち着いて子育てできるように買ったんだ。」

いい人に助けられて、本当にラッキーなニャンコです。普通だったら、たまたま仕事で行った場所に捨てられていても、見て見ぬふりをする方が多いのではないでしょうか。しかも自宅から遠く離れた土地です。

里親会2回参加しましたが、残念ながら1度も1匹もお声をかけていただいておりません。そんなお父さんに助けられたニャンコたちを是非迎えてあげてくださいひらめき


さて、自分のほうの話ですが、4月10日からお預かりしていたシナモン&シフォンが、明日飼い主様の元に帰ります。

富岡町に帰れる目処は立たず、新天地での新しい生活を選択された飼い主様。今日(8/9)の夜栃木を出発、関西へと車で移動されます。

シナモン、シフォン、やっとパパママおねえちゃんと暮らせるよ。

DSC_0812s.jpg

DSC_0766s.jpg


ちなみに、シナモンが載ってるのはココ。
忍者猫シナモン。
DSC_0767s.jpg

シナモン・シフォンの門出に関してはまた明日以降、ご報告しますね。


実家にまた猫が入りました。入ったって、私が頼まない限り入らないけど。

choiwaruさんに「一生のお願い!」と言われたチビ猫3匹。
DSC_0703s.jpg

県北に用事があった日の帰り、フードを届けにchoiwaruさん宅に寄ってみたところ、近くで捨てられていた猫を発見してしまったということで現場に行ってきました。

ギブアンドテイクだからね。引き受けました。でもタイミングよく私が立ち寄った時で良かったです。じゃなければきっとどんなにしんどくてもご自分でその日は面倒見たんでしょう。

まだ哺乳瓶の必要な月齢のニャンコたち。片目もちょっとおかしいので病院に行って目薬をもらってきました。

DSC_0709s.jpg

早期治療できたおかげで今は目はすっかりきれいになっています。まだデビューは先ですね。それまでに今里親会に参加してる子たちが決まってくれるといいんだけどな。


今週末の里親会は、土曜日のアイフルはお盆のためお休みになりました。日曜日も、参加できるスタッフが私くらいしかいないため(うちのボスは被災地のお手伝いに行く予定とのこと)、お休みという話になりつつあったのですが、多数抱えている保護主さんのことを考えると1回でもチャンスが欲しいところ。なので、日曜日は私のみで小規模で開催したいと思っています。

いくら小規模とはいえ、一人で回すのは大変なので、どなたか助っ人に来てくださる方がいらっしゃいましたら是非お願い致しますexclamation×2

スタッフさんとこにもミルク飲み猫情報が・・・。ミルクまた大量に買わなきゃ。いつまで経っても楽になりません。


ランキング参加中!クリックご協力お願いします。
にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへにほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ

ニックネーム Chirota at 06:56| Comment(7) | TrackBack(0) | 里親募集中の子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする