disaster.gif

2011年04月01日

環境省が仮設動物収容施設設置を検討

環境省が平成23 年度本予算で、被災地等における仮設の動物収容施設設置に関する支援について検討しているということが昨日付けの文書で発表されていました。

環境省発表はこちら

今回の震災は、今までと比べても広範囲で被害も甚大なので、動物達の問題も混乱が生じていますね。ペットだけでなく、家畜も聞き的な状況になっています。

おとなり福島の状況も大変なことになっていますね。原発周辺以外の放射線量は減っては来ていますが、放出が止まったわけではないですし、長引けばどんどん蓄積されますから。食肉からも出てしまったのはショックでした。仕事で農業関連のことに関わっているのでこちらも気になります。

先日スーパーに行ったら水が売り切れていました。宇都宮の水道水で規制値を超える放射性物質検出、という報道があってからもうしばらく経っているので、しかも宇都宮じゃなくてここは下野市だし、売り切れてるってことはないだろう、と思ってたのにすっからかんでした。

下野市は地下水で、検出限界以下です。宇都宮もずっとモニタリング結果は出してますし、高かったのはほんの一瞬だけでした。きちんと調べれば報告は出ているのですが、みんな報道だけに振り回されている感じがします。

里親会での雑談でも「その後のことを言わない!」という話が出ていましたが、「いや、宇都宮ではモニタリングの結果ずっと出てますよ。」と伝えたら、「そうなの?」って。報道はインパクトのあるような記事しか書かないでしょう。報道はいち情報源だと思って冷静になって欲しいですね。どうしても気になる人は調べれば情報はいくらでも出てきますから。

個人的には、数字の信頼性とか、どういう方法で測定しているのかとか気になったので、いろいろ調べました。数値も平均値しか出てないから、ばらつきはどれくらいなんだ?とか。放射線は測定方法もものすごい沢山あって、検出器も色々。興味のある方は文科省のホームページなどをご覧ください。ちなみに、宇都宮ではこの事故以前に過去に何度も測定結果を出してて、それもネット上にあります。それを見るとどういう測定方法で行っているかが分かります。「栃木県における環境放射能測定結果」で検索すると出て来ると思います。

飲料水の規制値を超えたと言ってもほんのわずか。誤差範囲では?と思っちゃいました。測定器は自治体が使ってるものは精度の高いものを使っているでしょうけど、簡易的なものは精度が低いようです。実は職場にもあって使用している方の話を聞いたところ、安いものは±30%くらいはぶれると。

私はほどんどテレビを見ないので分かりませんが、報道にばっかり振り回されないでほしいなと思いました。近所のスーパーで水がなかったのは水で困っている人のために買って送ってあげてるんだと思いたいですね。

なんだか動物ネタでなくなってしまいましたあせあせ(飛び散る汗)

動物の放射線の影響を気にされている方も多いようです。下記サイトに色々参考になる記事をまとめていらっしゃるブログがありましたので、良かったらご覧ください。原発周辺から避難された方や周辺で動物を保護された方などいらっしゃいましたら、除染についても書かれていますので、見てみてください。

「ねこのや」
動物の災害対策まとめ 原子力事故 (随時更新)

明日私の周囲の有志が数名、被災動物救援のために被災地に向かいます。私は行けないのでバックアップに徹します!(行かれる皆さん、ほんとはね、すご〜〜く心配しているんですよ。くれぐれも気を付けて!)


ランキング参加中!クリックご協力お願いします。
にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへにほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ

ニックネーム Chirota at 07:44| Comment(4) | TrackBack(0) | 震災関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする