disaster.gif

2011年04月30日

コンタもあずきもマルコメもケガニャンコも!

更新滞っておりますあせあせ(飛び散る汗) 掲示板の方のレスも遅くすみませんたらーっ(汗)必ずレスします!

ここのところ、嬉しいニュースが多いです。仔猫シーズンが少々遅れ気味であるおかげで、大きくなってしまった昨年の春生まれの子たちが続々といいご縁にめぐりあっています。

1つ1つゆっくりご報告したいのですが、長〜くなってしまうので。

まず、3/1の記事でご紹介した首をケガしたニャンコ、無事里親が決まり、お届けしたそうです。保護主さんもブログでお届けの前までご報告をしていらっしゃいましたが、その後無事お届けが終わり、その後も大丈夫そうだと保護主様からご報告をいただきました。

沢山の方が応援してくれたこのケガニャンコ、保護主さんが勇気を出して保護してくれたおかげで幸せになることができました。良かったね。幸せにね。

そしてうちの会では…
ぴかぴか(新しい)マルコメ

DSC_0992s.jpg

ハンデがあり1年以上前から里親探しをしていたマルコメが卒業しました!「いつでも里親募集中」に載せていたHANAちゃん希望の方が面会に来た際に、同じおうちに保護されていたマルコメも見て、気に行ってくださり、2匹で迎えてくださることに。

DSC_0994s.jpg

希望者様がHANAちゃんの面会に来られて、お帰りになられた後、保護していたスタッフIさんと、「もう1匹もらってくれたらいいのにね〜」なんて話をしていたら、その日のうちにメールをいただき、「家族が一目惚れしてしまった子がいます、マルコメです。」という嬉しいお言葉をいただきました。

2匹を「ハナマル」と呼んで楽しみにしてくださっていた希望者様のところへ、4/17に無事迎えていただきました。2匹とも幸せになってね。

他にも何匹も嬉しいご縁はあったのですが、昨年4月15日に出産した親子猫「しろ」ちゃんと「なお」ちゃんもとってもいいお宅にお嫁入りしました。

なおちゃんの兄弟はみなもらわれ、なおちゃんとそのママのしろちゃんが残っていましたが、なおちゃんがちょっとビビリな性格だったので可愛いのになかなか決まらない状態が続いていました。

保護主さんは猫を飼ったこともない方で、家族の反対などがあり保護継続が難しくなっていました。なので、なんとか早く決めてあげたいとスタッフはみんな思っていたのですが、先日の里親会でとってもいいご縁と巡り合うことができました。

ママのしろちゃん

DSC_0013s.jpg


DSC_0019s.jpg

しろちゃんはすぐ新しいおうちでリラックスしていましたが、なおちゃんは予想通り警戒モード。でも思ったよりすぐパトロールし出しました。

DSC_0021s.jpg

美人だけどビビリのなおちゃん、翌日には娘さんにも甘えるようになったようで安心しました。保護主さん頑張った甲斐がありました。2匹とも幸せになってね。

DSC_0017s.jpg


そして、今日はうちのコンタくんとあずきちゃんが巣立って行きました。里親様は私が年末年始帰省した際に2匹を預かってくださった方です。ずっと前からうちの会に対して、何かと協力してくださっていた、とても信頼できる方です。

昨日はあずきの元の保護主さんが面会に来て下さいました。

DSC_0006s.jpg

まるまると太ったあずきちゃんを見て驚いていらっしゃいました。保護当時はほんとちっちゃかったですからね(保護当時の記事はこちら)。

みんなに触られまくってるあずきちゃん

DSC_0003s.jpg


今日はその里親様宅に母とお届けに行ってきました。相変わらずすぐ隠れるあずきちゃん。でも前回は洗面台の横に籠城してたけど、やっぱり前に一度来たからか、それとも母が同行していたからか、意外とすぐ出てきました。

DSC_0021s.jpg

コンタくんは全然へっちゃら。すぐ部屋を探検し始め、大好きなおもちゃで遊び、しばらくしたら大運動会をしていました。

DSC_0034s.jpg

あずきちゃんもそのうち遊ぶ余裕が出てきました。あずきちゃん、コンタくんがいるから安心ですね。本当に仲のいい2匹なんですよ。里親会では2匹で唸ってましたけど。

DSC_0030s.jpg

美人のあずきちゃんは何度か声はかかったものの、なおちゃん同様警戒心が強くビビリなところがあるので(でも気は強いんです)、そんなあずきちゃんを安心して任せられるような方のご縁には巡り合えていませんでした。そして、コンタくんは里親会で怒ってばかりいるので、注目は浴びてもほとんどお声をかけられることもなく…。一緒に暮らして可愛くなるのはあずきよりコンタだと思うんですけどね。

里親様は2匹の性格のこともすでに預かりの際に分かっているので、里親会に来てくださって2匹を迎えたいとおっしゃってくださった時は本当に嬉しかったです。今後の2匹のことは里親様のブログを是非ご覧くださいね。

おまけその@

しろ&なおの里親様のおうちが、虎毛の秋田「ゆうさく」君の家の近くだったので、また遊びに行っちゃいました。

笑顔が素敵なゆうさく君。

DSC_0028s.jpg

広いお庭でパパと格闘技をしたり、ママとフリスビーをしたり、幸せな生活を送っています。3月には一緒に旅行も行ったそうです。

DSC_0030s.jpg

先住のワンコが亡くなって間もなくゆうさくと出会った保護主さん。最初は里親探しをするつもりだったのに、今ではゆうさくが可愛くて仕方がないようです。きっと前のワンコがゆうさくと保護主さんを結んでくれたのでしょうね。

おまけそのA

原発避難区域から保護された2匹。飼い主さんは今学期一杯は今の避難場所から動けないようです。なのでしばらくうちで居候。

DSC_1070s.jpg

2匹と同じ日に保護された「ちゃぱ」くんは衰弱がひどかったのでずっと入院していましたが、今日退院しました!5/2に飼い主さんのところにお届け予定です。

SH3G0501.jpg


同じ日ではありませんが、同じく原発避難区域の浪江町で保護されたワンコ。封鎖になる直前に保護されました。今預かりさんのところで保護されています。飼い主さんはまだ分かりません。

DSC_0036s.jpg

右足を気にしたりビッコをひくと言うので、診てもらおうと預かりさんとともに病院に行きましたが…絶対に病院に入ろうとしません。怒ると噛んじゃう子なのであまりムリなこともできず…結局先生に外に出て来てもらって診ていただくことに。先生スミマセンあせあせ(飛び散る汗)

原発で置き去りになっている子たちはまだまだいます。無事助け出されたという報告もあれば、残念ながら亡くなっていたという報告もあります。それらの動物たちを何とか救いたいと、全国の沢山の方が頑張っていらっしゃいます。預かりさんが不足しているようです。

会の通常の活動で手一杯ではありますが、自分でも何か少しでも手助けできたら…と思っています。


ランキング参加中!クリックご協力お願いします。
 にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへにほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ

ニックネーム Chirota at 22:43| Comment(2) | TrackBack(0) | 保護日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月20日

被災した子へご支援をいただきました

週3回の更新目標!と言っていたのに…ほったらかし状態になっています。話題は盛りだくさん!でも書くヒマがないです。

ブログに書くのをどうしようかなと悩みましたが、一応書くことにしますね。

先日、新聞社の記事でうちの会と代表者の名前が出たことで反響があり、多数のメールをいただきました。私の携帯には、里親会専用アドレスに受信があるとお知らせが来るのですが、ひどいときは5分おきにお知らせが。

私は性格的にどうしても1つのメールが長〜くなってしまうので、全ての方にお返事を出すのにすごく時間がかかってしまいました。返信が遅くなった方々、申し訳ありません。

記事を見てブログを見てくださった方もいらっしゃると思うので、少し書いておきます。

記事には“みぶ里親の会が20キロ圏内のペットを救出”という感じで書かれていましたが、正確にはうちの会の活動として行っているものではありません。

うちの会はシェルターもないですし、拠点もないです。個人的に保護活動している人たちが集まって里親会を開催しているような小さな集団です。

被災地の子たちは気になるけれど、これから恐ろしくなるほど仔猫が現れるシーズン、犬も猫もまだまだ里親が決まらないで残っている状態ですから、被災地の子たちに積極的に関われるほどの余裕はありません。

そこに現地入りしたいという知人がいたので、できる範囲でサポートできたらと思って個人的に関わることにしました。同様にいろんなところから個人が集まり、それぞれが現地入りをして救済活動を行っている状態です。

あの記事の時はうちの会の責任者がそのグループに同行した日で、たまたまインタビューを受けました。その時記者の方には「会とは関係なく個人で来ています」と伝えたようですが、あの記事になりました。その前にまず名前間違ってるし!

なので、記事を見て、うちの会が積極的に現地の子を保護していると思い、ご支援を申し出てくださった方々も沢山いらっしゃったのですが、事情をお話しして、もっと数多くの子たちを保護している他の団体様等への支援をお願いしました。

その中で、それでもご支援を下さるという方がありがたいことに数名いらっしゃり、里親会に募金をしに来て下さったり、会の口座に入金をしてくださいました。被災した子たちへということで頂いたご支援は下記の通りです。


4/17里親会会場にて
甲府市K様 5000円
壬生町S様 5000円


4/18入金
仙台市匿名希望様 10000円
つくば市匿名希望様 30000円


温かいご支援ありがとうございました。個人で活動されている方は募金を募ることも難しいですし、交通費や防護服頭の必要品の購入等、全て自腹で行っています。前回はレンタカーを借りたりして費用もかかったようですし、これらのご支援は被災地の子たちの救出にあたっている方々へのカンパとしてお渡ししたいと思います。

お預かりしている避難者さんのニャンコ、「シフォン」と「シナモン」、エイズ白血病が陰性だったので、昨日から少しずつうちの子たちと会わせたりしています。

image/2011-04-20T23:28:012


シナモンは忍者ニャンコ。1階の掃き出し窓のブラインドのレールに飛び乗って、さらにその上の窓枠に乗ってしまいます。

image/2011-04-20T23:28:011
 

日曜日は飼い主さんご一家が2匹に会いに来て下さいました。2匹が無事だったことをとても喜んでくださいました。また家族一緒に暮らせるまで、責任もってお預かりしたいと思います。

22日の0時に、20キロ圏内が警戒区域になることが決まりました。そうなるともう中の子たちに餌やりをしたり、保護したりという活動ができなくなってしまうのでしょうか…。いまだに飼っていた子を探していらっしゃる避難者の方は沢山いるんです。残してきた子が心配で夜も眠れないという方もいるし、今の状況が夢であってほしいと、心が折れそうになるという飼い主さんもいらっしゃいます。

被災者様達の心を救うためにも、中の子たちをどうか助けてください。

被災地動物情報のブログ
「政府による動物支援を求める要請書&署名の一覧」
http://ameblo.jp/japandisasteranimals/entry-10862619729.html


ランキング参加中!クリックご協力お願いします。
にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへにほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ

ニックネーム Chirota at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 震災関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月12日

避難区域から助け出されたニャンコが来ました

最近記事が震災ネタばかりになってしまっていますね。

里親会でもまだまだ去年の子たちが里親探ししています。うちのコンタとあずきも残ってます。季節的には温かくなってきましたが、そのうち仔猫が出て来るぞ…。

僕いつまでここに来ないといけないのかなぁ

SH3G0476.jpg


最近ご機嫌ななめのあずきちゃん。

SH3G0475.jpg

震災後2週ほどお休みして久々に参加して以来、あずきが不機嫌です。気が立っていて、見ている方に対して「シャーッむかっ(怒り)」 野良に逆戻りのよう。コンタは相変わらず前とおんなじでずっと唸ってます。家じゃ2匹とも全然普通なのですが…。これじゃもらわれませんよバッド(下向き矢印)


さて、日曜日からうちに預かりニャンコが入りました。2匹。今うちで保護しているニャンコはつぐみだけなので。あ、コンタとあずきは実家で保護です。

この子たちです下

DSC_0986s.jpg

シフォン♀
DSC_0985s.jpg

シナモン♀
DSC_0987s.jpg

この子たちは、原発の避難区域で置き去りになってしまっていたニャンコたちです。飼い主さんの依頼で現地入りしたボランティアさんに助け出されましたClap

1ヶ月近く家の中に閉じ込められ、報道等では「10日を過ぎると生き延びる確率は低い」とも言われていたので、飼い主さんはもう絶望的だと思っていたかもしれませんが、ニャンたちは生きていましたexclamation×2

地震後にいろんなものが散乱していたため、人間の食べ物をなんとか漁って食いつないでいたようです。小麦粉なども食べていたそう。シナモンはガリガリに痩せてしまっていました。

2匹とも、良く頑張ったね。きっと辛い1ヶ月だったと思います。

DSC_0009s.jpg


飼い主さんは現在日光に避難されていて、ペットは車の中に置くしかないということだったので、うちで預かることにしました。

2匹とも初日はビビっていましたが、翌日にはすっかり馴れて、初日シャーって言ってたシナモンは、ベタベタスリスリの甘えん坊。写真を撮りたくてもスリスリ攻撃がすごくてなかなか撮れません。

DSC_0008s.jpg

シフォンは最初からそんなに警戒もされなかったマイペースなニャンコ。ベタベタ近寄ってくることもなく、よくブツブツ独り言を言っています。

DSC_0013s.jpg


救出された時は現地の保健所でスクリーニングを受けました下

201104101659.jpg

実はこのお宅にはウサギさんもいました。猫たちと違って、ウサギさんはずっとケージの中。自分で食べ物を漁ることもできません。ケージの外には容器に入ったフード。でもケージの中ではそれを眺めることしかできません。そのウサさんは…

生きてましたexclamation×2 軌跡です。
ウサさん良く頑張ったね顔(泣)

SH3G0477.jpg

外から見るとケガフワフワしてるので分かりにくいですが、シナモンなんかよりももっともっとガリガリでした。飼い主さん宅では猫と隔離して飼っていたようなので、2匹と一緒にウサギもうちに来ると…ちゃんと管理できるか不安です。

なので、ウサさんは別の方に預かっていただくことになりました。Hさん、急なお願いだったにもかかわらず引き受けて下さり、ありがとうございますぴかぴか(新しい)

SH3G0479.jpg

日曜日にウサさんを預かりさん宅にお届けして、お水をあげるとゴクゴク飲んでました。ニンジンをあげてみたらおいしそうにポリポリモグモグ。預かりさんと2人でその様子を「可愛いねぇ…」と眺めていました。

あまりに衰弱しているようなら病院に連れて行かなきゃと思っていたのですが、その後の様子を聞いたところ、元気にしているようです。ホッとしました。明後日は飼い主さんが会いに来られるそうです。

うちも飼い主さんがニャンたちと生活できるようになるまで大切にお預かりしたいと思います。飼い主さんはこの子たちのことを「大切な家族です」とおっしゃっていました。ですから、政府もこんなふうに「家族」がバラバラになってしまっていることをきちんと理解して、避難した飼い主さんがペットと生活できるように環境を整えてあげて欲しいです。

立ち入り禁止区域は今後警戒区域になり、中への立ち入りが厳しく規制されます。避難区域も増えます。それならば、中に取り残されている動物達やこれから避難する方々に対して、政府としてきちんと対策を取ってほしい。犬猫だけでなく家畜も沢山います。みんなまだ生きてるんです。助ける方法がないのではなく、助けようとしてないでしょう?

飼い主さんも、もう時間も経ってるし、と諦めているかもしれませんが、この子たちはちゃんと生きてました。みんな飼い主さんとの再会を待ち望んでいると思います。飼い主さんでないと捕まらない子もいます。政府は飼い主さんが一刻も早く迎えに行けるような体制を整えてください!

ランキング参加中!クリックご協力お願いします。
にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへにほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ

ニックネーム Chirota at 21:12| Comment(5) | TrackBack(0) | 震災関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月07日

日光市周辺で室内犬一時預かり可能な方募集

福島県から日光市細尾に避難されてきた方が、ペットの一時預かり先を求めています。

緊急災害時動物救援本部では、動物の一時預かりの相談を受けているそうですが、そこに相談すると、一律東京都獣医師会を紹介されてしまうそうです。

避難所はペット不可で、飼い主さんはご自身でお世話がしたいとおっしゃっていて、できれば日光市周辺で預かってくださる方がいたら、ということでした。犬はダックスだそうです。

もし日光市にお住まいの方で、一時預かりのご協力いただける方がいらっしゃいましたら、ご連絡いただけますでしょうか。

それにしても、「一律東京都獣医師会を紹介」って、おかしくないですかexclamation&question 栃木は何やってんの?

愛玩動物協会のホームページには(実を言うと以前から会員だったのですが…ただし支部登録せず)、「【2011/04/04 更新】栃木県にて災害時避難動物対策班の活動が始まりました。」とあったので、具体的にどのようなことがやっているのか問い合わせてみたところ、「活動の内容は具体的にこれから決まっていくと思うので、そうしたらボランティア登録した方には内容に合わせてご連絡が行くかと思います。」という回答でした。

う〜ん、じれったい。震災からもうすぐ1ヶ月ですよ。早く何とかしてよ〜。

原発周辺の子たちを救おうとしている方々も沢山いらっしゃいます。もし預かれるという方がいらっしゃいましたら是非その子たちも助けてあげて欲しいですexclamation普段から保護活動されている方は、もともと手一杯な方が多いです。残念ながらうちの会もそうです。なので、もし今回のことで何かしてあげたいというお気持ちの方がいらっしゃったら、是非行動に移ってみていただけませんか。

現地に餌やりに入っている方々のおかげで、生きている子たちもまだ沢山います。残念ながら亡くなってしまった子の話も目にしますが…。急に置き去りにされ、飼い主さんの帰りを待ちながら寂しく餓死して行った子たちを思うと、とても辛いです。

今月中旬あたりから避難区域の一時帰宅が認められるそうですね。飼い主さん、絶対に迎えに行ってあげてください。ペット不可でペットの行き先がないとか考えず、とにかく連れ出してください。絶対何とかなるはずです。

ということで、もし預かり可能な方いらっしゃいましたらご連絡ください。

PCからのお問い合わせはこちら
携帯からのお問い合わせはこちら

ランキング参加中!クリックご協力お願いします。
にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへにほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ

ニックネーム Chirota at 07:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 震災関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月04日

「命をつないだワンニャン写真コンテスト」2011

昨日は里親会でした。まだ話が保留状態のものが2組ありますが、土曜日の里親会で1匹、日曜日の里親会で2匹の猫の里親が決まり、お届け完了しました。

うち土曜日に決まった、昨年4月15日生まれのクロちゃんのお届けに、里親会が終わった夜行ってきました。里親様宅近くまで来てみると、あれ?なんだか見覚えがある道。

クロちゃんの里親様宅は、なんと私が昨年夏に保護したワンコ「葉月」の里親様のお宅の2軒隣りでしたあせあせ(飛び散る汗)

クロちゃんの里親様宅に着いてすぐ、葉月の里親様にメール。帰りに寄らせていただいていいですかと伺ってみたところ、「どうぞお寄りください」といううれしいお返事がぴかぴか(新しい)

ということで、夜遅くだったのですが、突然立ち寄らせていただきました。里親Oさま、ほんと突然すみませんでした。

地震時の葉月ちゃん、一緒に外に出て、揺れがおさまって家に戻ろうとしたら、怖かったのか「家に入らない!」と足を踏ん張っていたそう。葉月がご家族の笑顔を作っているお話を沢山伺って、とっても楽しいひと時でした。

ソファでお犬様状態になっている葉月ちゃん
DSC_0940s.jpg

でも今はそんな幸せな葉月ちゃんを見ていてとても複雑な気持ちでした…。被災地では置き去りにされた動物たちが悲惨な状況になっています。

続けて書くと本題が分からなくなるので、本題へ。

私もよく使わせていただいている全国版里親募集掲示板「いつでも里親募集中」からお知らせがありました。昨年開催された、公益財団法人どうぶつ基金主催の「命をつないだワンニャン写真コンテスト」と、「いつ里」が連携協力することになったそうです。

今年もこのコンテストが開催されているのですが、今年は「この仔は里親募集中」という機能が追加されたそうです。

里親募集中の犬猫が写真コンテストに応募した場合、そのページに「里親募集中です。詳しくはクリック」といったリンク機能を搭載し里親募集ページにリンクさせ、逆に里親募集のページには「この仔はいのちつないだワンニャン写真コンテストに応募中です。詳しくはクリック」といった形でコンテストページにリンクするという、紹介ページ同志の相互リンクを可能にする機能だそうです。

「命をつないだワンニャン写真コンテスト」の、連携協力の詳細は以下のページをご覧ください。
http://www.doubutukikin.or.jp/photo/
(下方に「この仔は里親募集中  実施について」の記載があります)

里親募集している皆様も、是非応募してみてはいかがでしょうか?

contest_banner_l.png
応募期間:2011年4月〜7月31日

istudemo.gif


ランキング参加中!クリックご協力お願いします。
にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへにほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
 
ニックネーム Chirota at 22:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 動物愛護 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月01日

環境省が仮設動物収容施設設置を検討

環境省が平成23 年度本予算で、被災地等における仮設の動物収容施設設置に関する支援について検討しているということが昨日付けの文書で発表されていました。

環境省発表はこちら

今回の震災は、今までと比べても広範囲で被害も甚大なので、動物達の問題も混乱が生じていますね。ペットだけでなく、家畜も聞き的な状況になっています。

おとなり福島の状況も大変なことになっていますね。原発周辺以外の放射線量は減っては来ていますが、放出が止まったわけではないですし、長引けばどんどん蓄積されますから。食肉からも出てしまったのはショックでした。仕事で農業関連のことに関わっているのでこちらも気になります。

先日スーパーに行ったら水が売り切れていました。宇都宮の水道水で規制値を超える放射性物質検出、という報道があってからもうしばらく経っているので、しかも宇都宮じゃなくてここは下野市だし、売り切れてるってことはないだろう、と思ってたのにすっからかんでした。

下野市は地下水で、検出限界以下です。宇都宮もずっとモニタリング結果は出してますし、高かったのはほんの一瞬だけでした。きちんと調べれば報告は出ているのですが、みんな報道だけに振り回されている感じがします。

里親会での雑談でも「その後のことを言わない!」という話が出ていましたが、「いや、宇都宮ではモニタリングの結果ずっと出てますよ。」と伝えたら、「そうなの?」って。報道はインパクトのあるような記事しか書かないでしょう。報道はいち情報源だと思って冷静になって欲しいですね。どうしても気になる人は調べれば情報はいくらでも出てきますから。

個人的には、数字の信頼性とか、どういう方法で測定しているのかとか気になったので、いろいろ調べました。数値も平均値しか出てないから、ばらつきはどれくらいなんだ?とか。放射線は測定方法もものすごい沢山あって、検出器も色々。興味のある方は文科省のホームページなどをご覧ください。ちなみに、宇都宮ではこの事故以前に過去に何度も測定結果を出してて、それもネット上にあります。それを見るとどういう測定方法で行っているかが分かります。「栃木県における環境放射能測定結果」で検索すると出て来ると思います。

飲料水の規制値を超えたと言ってもほんのわずか。誤差範囲では?と思っちゃいました。測定器は自治体が使ってるものは精度の高いものを使っているでしょうけど、簡易的なものは精度が低いようです。実は職場にもあって使用している方の話を聞いたところ、安いものは±30%くらいはぶれると。

私はほどんどテレビを見ないので分かりませんが、報道にばっかり振り回されないでほしいなと思いました。近所のスーパーで水がなかったのは水で困っている人のために買って送ってあげてるんだと思いたいですね。

なんだか動物ネタでなくなってしまいましたあせあせ(飛び散る汗)

動物の放射線の影響を気にされている方も多いようです。下記サイトに色々参考になる記事をまとめていらっしゃるブログがありましたので、良かったらご覧ください。原発周辺から避難された方や周辺で動物を保護された方などいらっしゃいましたら、除染についても書かれていますので、見てみてください。

「ねこのや」
動物の災害対策まとめ 原子力事故 (随時更新)

明日私の周囲の有志が数名、被災動物救援のために被災地に向かいます。私は行けないのでバックアップに徹します!(行かれる皆さん、ほんとはね、すご〜〜く心配しているんですよ。くれぐれも気を付けて!)


ランキング参加中!クリックご協力お願いします。
にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへにほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ

ニックネーム Chirota at 07:44| Comment(4) | TrackBack(0) | 震災関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする