disaster.gif

2011年03月28日

宇都宮の某NPOがまた…ご注意ください!

昨日は里親会でした。震災後、久々にまともな形での開催ができました。ニャンコ3匹に嬉しいご縁がありました。

いろんなゲストがいたのですが、会でも何かとお世話になっている(社)日本動物福祉協会様が来てくださり、そこで非常に腹立たしい情報を伺いました。

以前このブログでも何度か記事に取り上げた、昨年6月に動物愛護法違反と狂犬病予防法違反の疑いで書類送検宇都宮の某NPO団体が(書類送検された際の記事はこちら)、今回の震災をきっかけにTwitter上で義援金を募りだしたというんです。

早速チェックしたところ確かにTwitterはありました。が、色々な方の努力で現在はTwitterのアカウントは無くなりましたClap でも、絶対それであきらめるわけがないと思うんですよね。

このNPOはTwitterアカウントはなくなりましたが、今まで行ってきたことを考えると、また手を変えて同じことをするかもしれません。栃木県内および近県の方、震災関係(被災して飼えなくなってしまった、飼い主が亡くなってしまった、放浪していた子を保護した等)で引き取り先を探すこともあるかと思います。個人で募集記事を載せると、「引き取りますよ」と直接連絡をしてくる可能性があります。

なので、くれぐれも「特定非営利活動法人(NPO法人)動物愛護福祉協会」という名を名乗る宇都宮の団体はご注意ください。公益法人である「(財)日本動物愛護協会」、「(社)日本動物福祉協会」と似たような名前であり、かつNPOというと、騙されてしまう方もいらっしゃると思います。

下記サイトに今回の件の詳細が書かれています。内容は転載しませんので、サイトをご覧ください。

Animal's Peace Planet
愛護団体の類似名称にご注意ください

今いろんな動物愛護団体が被災動物の救済のために頑張っていて、義援金や物資を募ったりしていますが、もしどこかの団体に協力をしたいと考える際は、その団体がどんなところなのか、必ず事前によく調べて下さいね。今は簡単にネットで情報収集ができますから。そして、くれぐれもそのような団体に動物を引き渡したりなさらないでください!

それから、他にも2つほどご報告を。
3/19の記事でご紹介した、choiwaru101さん宅のトレーラーハウス入居者募集の件ですが、福島県からワンちゃんを連れて避難してきたご夫婦が入居することになり、先週土曜日から無事トレーラーハウスでの生活を始められたそうです。

避難所でのペット問題なども報道されることがありますが、問題を抱えているところはいくつもありますね。ペット同伴可能な避難場所はほんとに必要だと思います。大学生が立ちあげた、「子ども」「ペット」など条件の絞り込みもできる無料住居の仲介サイトがあるそうです。もしまだ避難場所をお探しの方は見てみてください。

※RoomdonorJP
http://roomdonor.jp/top.html

また、3/17の記事で募集した携行缶ですが、無事十数個集めることができ、先週1週間友人は現地に行ってきたそうです。向こうでの話を聞きましたが、あまりに被害が甚大過ぎて県も国もとても手が回らないそう。だから個人的なツテでも使って自力でやってもらった方が助かると自治体側も思っているようです。

先の見えない避難生活、だんだんと精神的にも疲労がたまり、避難所などはピリピリしてきているようです。ほんの少し離れたところで実際に起きているこの現実を思うと、普通に生活できている私達は報道に振り回されて水買いまくってる場合じゃないじゃん、と思ってしまいます。これを書くとまた長くなるのでこのへんで。

ランキング参加中!クリックご協力お願いします。
にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへにほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ


ニックネーム Chirota at 22:41| Comment(3) | TrackBack(0) | 動物愛護 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月26日

里親会のお知らせ

本日の宇都宮での里親会は中止となりました。予定していた方がいらっしゃいましたら大変申し訳ありませんでした。明日の壬生の里親会は開催します。時間場所等通常通りです。犬も猫もまだまだ沢山里親探していします。みなさまどうぞよろしくお願い致します。

3/27(日)里親会
<場所>壬生町イオンみぶ店(旧ジャスコ)
<時間>10:00〜14:00

私も3週間ぶりです。ガソリン事情もだいぶ良くなってきたようです。でもまだまだ安定供給という感じではなさそうです。

先日募集しました、福島から避難してきたワンコのサークルですが、相談者の方が購入されたということで、解決しました。気にかけてくださった方、ありがとうございました。

原発の被害に遭っている福島では政府が自主避難を要請したので、今後もまだまだ避難者が増えると思います。うちの会でも震災関連の問い合わせが入ることが予想されます。その際はまたこのブログにてお知らせいたします。

会の方の状況も考えると、ずっと被災地に目を向けてはいられないのですが、やっぱりどうしても気になってしまいます…。

ランキング参加中!クリックご協力お願いします。
にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへにほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ

ニックネーム Chirota at 10:32| Comment(3) | TrackBack(0) | 里親会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月23日

被災動物への支援物資の募集が始まりましたね

愛車パイザーのガソリンが尽きかけてしまっているので、今日から電車通勤に切り替えました。

私の職場は車でないと行けないところにあるのですが、宇都宮にある拠点に物を運び、そちらで仕事ができるようにしました。

電車とバスで行くのですが、両方とも通常の本数より減っているので、今日は帰りは1時間半もかかってしまいました。車なら30分なのに。でも少しくらい不便さを感じるくらいの方がいいのかもしれません。

ふだんあんまり運動もせず歩いたりもせずの生活だったのですが、歩いていたらサンシュユが咲いていました。

おっきい木だったので携帯ではちょっと写りが悪いです。

SH3G0462.jpg

朝家を出ようとしたら強い揺れ。福島で震度5強だったようですね。福島はもちろんもうこれ以上被災地を傷めつけないでほしいな…。

で、また家を出ようとしたらこんどはモカちんが外を見てすごい声を出すので、なに!?って思ったら知らないニャンコが訪問に来ていました。私の顔を見たらスタコラサッサと逃げてしまいました。

SH3G0458.jpg

どうしても意識が被災地の方に向いてしまうのですが、里親会の方もこのまま新年度に突入するとかなり辛いです。ワンコもニャンコも沢山います。この時期にこの頭数はちょっとまずいかもしれません。

ワンコの中にはもう1歳になってしまった子も何頭もいるし、ニャンコももうすぐ1歳になる子が。仔猫のうちから里親探ししていたはずなのに…。

仔犬は新規参加希望者が何組も控えています。

P1000258.jpg


緊急災害時動物救援本部も今回震災ののホームページができたようですね(こちら)。みなさんはもうご覧になったでしょうか。

個人の支援物資も募集が始まったようですので、被災地の動物たちに何かしたい!という方送ってあげてください。下記にその内容を転載します。



緊急災害時動物救援本部では、皆様からの支援物資を募集しております。

集めた物資は仕分けし、被災自治体からの要請に基づき、各地にお送りいたします。
募集している物資は以下のとおりです。

ペットフード(犬・猫・小動物・飼鳥)※未開封で、賞味期限が3か月以上のもの
ケージ(サイズは問いません)
キャリーバッグ
タオル※新品または洗濯済みのもの
ペットシーツ
首輪、リード(小型〜中型)
猫用トイレ砂
毛布
フードボウル(食器)
飲料水

■送り先■
145-0072
東京都大田区田園調布本町16-6
緊急災害時動物救援本部
080-2074-1821
受付時間は午前9時半〜午後5時半です。

■ご協力■
犬グッズのオンラインショップ
「FEEL SO DOOG-フィール・ソー・ドッグ」
http://www.feelsodoog.com/

■募集期間■
4月中旬までとします。

(対策本部事務局、日本動物愛護協会のホームページより)


うちの会で倉庫に眠っているタオル等もあるので、スタッフさん達に相談して支援として送れたらと思っています。

被災地の動物のことが気になっている方も沢山いらっしゃると思います。先日被災地動物情報ブログに載っていた、現地の獣医さんのサイト。今月開院予定だったそうなのですが、被災し、今は支援に力を注がれているようですね。

現地に行く民間ボランティア団体もあるようですが、うちのような小さなところではそれは難しいです。でも動物に関わるボランティアとして、もっと何かできることはないのかなといろいろ考えてしまいます。

とにかくこんな状況でも相談案件は減らないですから、自分たちのやるべきことをやっていかないとですね。

今週末はなんとか震災前と同じ状態での里親会開催ができるようにしたいです。みなさん宜しくお願い致します!

<おまけ>
姉弟のようなシューちゃんとつぐみちゃん揺れるハート

SH3G0451.jpg


ランキング参加中!クリックご協力お願いします。
 にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへにほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ

ニックネーム Chirota at 23:53| Comment(2) | TrackBack(0) | 震災関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月21日

【迷子の犬が保護されています】東武籾山駅付近

当会の里親様から迷子のワンコを保護したという相談がありました。

『相談なのですが、迷い犬がきています。ビーグルで、首輪はついていますが、口には虐待?のような跡があります。とてもかわいそうで見てられません。性別はメスのようです。でこ丸もいますし、都合上長くは飼えない状況にありますが、数日だけでも面倒を見ようと思いましたが、逃げてしまい捕獲?もできません。保健所に連れて行かれて殺されてしまわないか不安です。どうしたら良いでしょうか?』

その後、ワンコは19日(土)午前中に捕まり病院に連れて行ってくれたそうです。獣医さんによれば年齢は2〜3才くらい、口の傷は缶詰で切ったのではないかとのこと。

病院でも情報公開してくださり、愛護センターにも連絡済みとのことです。下記がワンコの情報になります。お心当たりの方がいらっしゃいましたらご連絡ください。
 

【性別】 女の子 【年齢】 かかった獣医の見立てでは推定2〜3歳
【毛色】 見た目はビーグルに似ているが雑種かもしれない
【性格】 人懐っこい
【体重】 10キロ弱・痩せ型
【特徴】 首輪の色:主にエンジで白の水玉柄、詳しく言うと、紺か黒の皮の土台。その上に土台より細いエンジ色白水玉柄の生地が付いている。

【保護した日】 2011年3月19日(土)
【保護した場所】 栃木県鹿沼市 東武日光線樅山駅付近
【保護した経緯】 自宅の敷地内に迷いこんできた

20110320-d1.jpg

20110320-d2.jpg



地震の影響か、先週は迷子に関する問い合わせが多かったそうです。この子も地震が原因である可能性もあります。お心当たりの方いらっしゃいましたら、宜しくお願いします!

首輪があっても連絡先がなければ飼い主さんが分かりません。ワンコの飼い主さん、連絡先はきちんと書いてありますか?迷子札や鑑札のみですと外れてしまう可能性があります。首輪に直に書いておきましょう(首輪も外れてしまう場合はありますが)。

ちなみに、地震直後に里親様から猫が行方不明になったと相談がありましたが、無事見つかりました。大きな揺れに驚いたご家族が慌てて外に出た際に猫も出てしまったのかもしれない、という話だったのですが、翌日家の中で見つかりました。

帰って来れるよう扉を開けてあったそうなので、自力で帰って来たのか、もともと家のどこかに潜んでいたのか分かりませんが、とにかくホッとしました。

余震はかなり落ち着いてきましたが、飼い主の皆様、くれぐれも脱走防止対策をお願い致します。

余震の影響によるペットの迷子に注意
(財)日本動物愛護協会ホームページ インフォメーションより


また、いつまた大きな揺れがあるか分かりません。災害時の対策も是非お願いします。

NPO法人ANICEホームページ
災害時に飼い主と動物が同行避難し、避難生活を送ることができるようサポートする団体
※避難所の情報はありますがリンクが古くて切れています

「もしもの災害時に猫を守る方法」
All About 猫の飼い方ページより

「避難所生活、迷子のペット…ペットの防災対策と心構え」
All About 犬の飼い方ページより

「 愛犬・愛猫の避難セットの作り方」
Big Tree For Animalsホームページより

「ペットと一緒に避難できる訓練を」
NHK リエゾン被災人ホーム―ページより 動画で紹介されています


ランキング参加中!クリックご協力お願いします。
 にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへにほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ

ニックネーム Chirota at 13:36| Comment(3) | TrackBack(0) | 迷子動物情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月20日

ペット同伴可避難場所・仮設住宅に関する署名

ポチたまの松本秀樹さん主催の「Natural Dog Style」で、ペット同伴可の避難場所や仮設住宅を求める署名を集めています。

署名の内容を下記に転載致します。

『災害時の愛玩動物同伴可能の避難所の確保と増加及び、
愛玩動物入居可能の仮設住宅の確保と増加と建設を求める署名』 

 環境大臣 殿
【 趣 旨 】 

私達は、災害時における愛玩動物とその飼養管理者(飼い主家族)の双方における、精神的安定を維持するための条例制定を目標とし、避難所及び仮設住宅での共同生活を確保することを要望します。 

1.避難所について
愛玩動物同伴可能の避難所を、全避難所のうちの25パーセント確保することを要望します。
もしくは、1避難所の中に、愛玩動物同伴可能のエリアを25パーセント確保することを要望します。

2.仮設住宅について
愛玩動物同伴入居可能の仮設住宅を、全仮設住宅のうち、25パーセント確保することを要望します。

3.災害時の愛玩動物への給餌・給水
災害時、愛玩動物に対して最低限の給餌・給水をすることを要望します。

4.災害時の愛玩動物の健康維持について
A.飼い主家族からの要望があった場合、獣医師へ協力を要請することを要望します。
B.災害によって飼い主が分からない愛玩動物については、保護施設にて一時預かり及び、必要により健康診断・治療等の措置を取り、その愛玩動物の写真を印刷物やホームページにて掲載し、預かりを公示することを要望します。



被災地に置き去りにされた動物たちが沢山います。一緒に避難できればそれが防げます。署名に協力可能な方は、「Natural Dog Style」の署名に関するページをご覧ください。

また、下記ブログには被災地の動物に関する情報が高頻度で更新されています。被災地の動物たちを心配している読者の方々は沢山いると思います。よろしければ見てみて下さい。海外メディアが撮影した被災地の動物たちの写真等も掲載されています。

被災地動物情報のブログ

本日は壬生の里親会でしたが、私はお休みさせていただきました。里親決定はナシだったようですが、来場者は結構いらっしゃったようです。来て下さった方ありがとうございました。昨日のアイフルでの里親会は開催し、1匹の猫に里親が決まったそうです。早くガソリン入れたい…。


ランキング参加中!クリックご協力お願いします。
 にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへにほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ

ニックネーム Chirota at 16:44| Comment(2) | TrackBack(0) | 震災関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

福島から避難したワンコに使う屋外サークル募集

先日の記事で書いた、大型犬用屋外サークル・犬舎募集についてですが、詳細をお知らせします。

被災地の福島県から避難されてきたご親戚と犬猫を自宅に受け入れた方からの相談です。津波で壊滅的な被害を受けたうえ、原発による退避勧告が出された地域から避難されてきました。

相談者さんは連れてきたけれど、家に帰りたくて脱走してしまうのではないかと心配していらっしゃいます。現在は倉庫にいれて脱走防止策を取っているそうですが、屋外用のサークルもしくは大型犬舎をお持ちの方でお貸しできるという方がいらっしゃいましたらお願い致します。

借用期間は未定ですが、運搬可能であれば相談者様が取りに伺うとのことです。なお、使用場所は栃木県栃木市(旧藤岡町)です。

ご協力いただける方はメールフォームよりご連絡ください。ワンコの情報は下記の通りです。

【名前】レオン(オス)
【体重】30〜40キロくらいと思われる
【特徴】しつけされておらずやんちゃ

110317_100244.jpg


ランキング参加中!クリックご協力お願いします。
 にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへにほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ

ニックネーム Chirota at 13:23| Comment(2) | TrackBack(0) | 震災関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月19日

ペットと避難したい被災者の方々へ

ボランティア仲間のchoiwaru101さん(那須塩原市在住)が、自宅敷地内にあるトレーラーハウスを、飼っている動物とともに避難したいという方に開放したいそうです。

以下、ご本人の許可を得ましたのでchoiwaru101さんの記事より一部転載致します。
(改行等はこちらのブログの幅の都合で若干手を入れています)



被災地、特に福島から、栃木を素通りして東京方面の避難所まで行っている方々がいらっしゃると聞きました。もしよければ、うちの離れを使っていただけたらと思います。

今、サビーズがいますが母屋の方へ引っ越せばいいこと。荷物も邪魔しているのですが、それはすぐに片付けることできます。

自治体に申し出ようかと思いましたが、どこに言うべきか選べません。もし、申し出ても個人の申し出に自治体が対応できるかどうか、住民の生活に責任もあるでしょうし、そう簡単にどこの誰かも分からないchoiwaruに(笑)預けられないでしょう。

さらに、ここで「もし知り合いで困っているご家族があれば・・・」という提案をするのには、一つ条件をつけようと思いましたので。
ペットを抱え、一層大変な避難生活をされている方限定とさせていただきます。

幸い、犬猫に関する物資には、choiwaru家は全く不自由しません。特に猫や、落ち着かない犬を抱えた方は本当に大変だろうと思います。

というわけで、もし、これをご覧になった方のお知り合いで、困っている方がいらっしゃいましたら、声を掛けてみて下さい。

現在、各保護団体さんたちが一斉に活動許可を取り、現地入りするようです。僕も、本日(昨日銀行閉まってた)愛護協会の方へ募金させてもらいましたが、自分は仕事、大勢の犬猫を抱え、残念ながら実際の活動には携われない状態です。

預かりも今の段階では(研究室にも猫2匹・・タヌ郎と新猫はっちゃん)難しい。ならば、飼い主さんご家族ごと!

自分たちで世話が出来るなら、ハウス使っていただいて構わないよ。という超「思いつき」な、とっぴな考えが頭に浮かんでしまい、こんなことを書いている次第です。

ちなみに、choiwaruは毎日仕事です、日に何度も帰ってきたり、中々帰ってこなかったり不規則です。要するに、ほったらかしになりますが、ご自分たちの生活は周りにコンビニやスーパーもありますから、よろしくお願いしますということです。

計画停電で毎日停電します、原発から100kmちょいです、現段階でそれを怖いと言う方には向きません。こんなところでもしよければ。

「もし」という、たぶん可能性の低い話だと思います、ですが、もしかしたら「是非!」というご家族もあるかもしれない。まわりで心当たりがあれば、また、ご賛同いただけるなら拡散願います。ゴメンなさい、choiwaruいまだについったとか出来ない。。。。
みくしも、まともに使ってないので使い方が。。。。。

一家族だけでも、もし助けになれば・・

場所 栃木県北部那須塩原市
自宅の庭 離れ形状「アメリカ製トレーラーハウス」
就寝「最大6名」 シャワー、水洗トイレ、コンロ、冷蔵庫、冷暖房、テレビ、照明完備、収納多数、
ペット同伴で困っておられることが条件 



より詳しい情報は、choiwaru101さんのブログの記事をご覧ください。

以前より私のブログをご覧いただいている方は記事内でもよく登場するのでご存知かと思いますが、うちの会でもいろいろご協力いただいている個人ボラさんです。私を含め当会スタッフおよび関係者一同が信頼している方です。

ペット連れの避難はなかなか難しいようですので、お困りの方是非ご相談ください。

もし転載いただける方は転載の転載の転載・・・となると混乱すると思われますので、私のブログからではなく元記事からお願いします。

また、福島から避難してきた親戚と犬猫を自宅に受け入れているという方から、大型犬用の屋外サークルもしくは犬舎等を求めているという相談を受けました。こちらについては別記事で改めてお知らせするつもりですが、もしお手元に使用していないものがあり、貸出可能という方がいらっしゃいましたら、是非ご協力いただけないでしょうか。


あと、先日の「携行缶求む」の記事についてですが、無事手に入りました。ご協力くださいました皆様ありがとうございました。友人は緊急車両の許可を取ることができ、近々現地に行ってくるそうです。

ただ、手に入ったものは全て一時借用のため、現地に置いて来ることはできません。もしどこかで売っているのを見た、とか、使っていないから寄付するよ、という方がいらっしゃいましたら、引き続き募集したいと思いますので、宜しくお願い致しますm(_ _)m

2011.3.19 12:30追記
携行缶寄付の件、とりあえず今回は大丈夫だそうです。現地入りしてもし必要となったら改めて募集するかもしれません。
宜しくお願い致します。

ランキング参加中!クリックご協力お願いします。
 にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへにほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ

ニックネーム Chirota at 10:33| Comment(6) | TrackBack(0) | 震災関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月17日

【携行缶求む!】故郷が被災した友人より

昨日の記事に書いた、実家が被災地である友人からメールが入りました。同じ出身大学であり、前の勤め先で長年一緒に働いてきた、もうかれこれ10年以上の付き合いになる子です。

ガソリンの携行缶を捜しているのだが、店はどこも品切れで手に入らないので、貸していただけるだけでいいので、周りの人に呼びかけてもらえないか、ということでした。

メールではまどろっこしいのですぐに友人に電話、状況を聞きました。

友人の故郷は岩手県山田町大沢地区。津波で壊滅的な被害に遭いました。ネットの地図で見ても分かりますが小さな漁港です。



地震発生後、岩手の中でも、山田町は報道で取り上げられることが少なかったので私も気になっていました。私も友人が気になり連絡を取ったのですが、家族の無事は確認できたということだけは聞いていました。

詳しい状況を聞いたところ、なんと!2日前に従弟とともに栃木から現地に行ってきたそうです。

友人の実家はなんとか難を免れたそうで、ご家族は自宅で生活しているそう。家は少し高くなっているそうで、水は入って来たもののなんとか無事だったそうです。でも「家の10m先から海まではな〜んにもなくなっちゃった…。」友人はそう呟いていました。ライフラインは現在なお全て停止中。

大沢地区内の避難所は2ヵ所。でも無くなった家の戸数の割に避難している人があまりに少なく、「これだけしかいないの?」と思ったそう。最近ようやく自衛隊が来てくれたそうなのですが、ほかの大きな市に比べて派遣人数も少なく、少しずつ復旧作業にあたっているそうなのですが、なにせあまりにひどい状況でどこから手を付けていいか分からない状態(より詳しい話も聞きましたが、被災地の報道などを見れば想像できると思いますので、ここに書くのは控えますね)。

自宅が壊れなかった人は自宅、自宅がなくなってしまった人は避難所で生活しているそうですが、とにかく情報がない、食料がない、燃料がない、物資が届かない。避難所に来れてる人はまだいいほうで、あちこちに孤立してしまっている人がいるそうです。避難所も1日におにぎり1個とかだそうです。避難者の横のつながりがなく、別の避難所に居るという妹さんの無事を、友人が行くまでご両親は確認もできていなかったそうです。

盛岡には物資は届いているそうです。でもそこから被災地まで届かない。届けようにも、ガソリンがなくてどこの運送業者もトラックを出してくれないそうです。やっと各地域への道が復旧しつつあるようですが、山田町はどのルートから行っても一番奥になってしまうそうです。なので、救援が来るのも後回しになってしまっています。被災者が自ら車で移動しようにも、ガソリンがなく動けない。

先日友人が現地に行った際には、灯油と食料とガソリン満タンにした携行缶を持って行ったそうですが、ご実家では石油ストーブがあるのでそれで煮炊きして周囲の人に配っているそうです。そして現地での移動のために、ガソリンの入った携行缶も置いてきたそうです。

地震から明日で1週間。このまま物資が届かなければせっかく助かった方たちの中にも命を落とす人が出てきてしまうかもしれません。報道を見ると、実際高齢者等で避難生活中に亡くなった方も出てきているようですね。

友人はまた現地に行きたいと言っています。ガソリンがないために、帰りの燃料を確保していかないといけないそうです。そのためには携行缶が必要だと。

両親を連れて帰ってくることも考えたそうです。でも家を失った親戚を受け入れたり、家が残った人達が協力し合って少しずつ街の片付けをしているそうです。復興のために生き残った人たちがみんな頑張っているので、両親を連れて帰ってくることができなかったそうです。

栃木から故郷を応援するという友人。生まれ育った土地の惨状を目の当たりにしたその辛さは、恐らく当事者ではない私たちには100%分かってあげることはできないでしょう。でもそんな友人やその向こうにいる被災者さん達を支援することはできます。

携行缶をお持ちの方自体少ないかもしれませんが、もしお持ちの方がいらっしゃいましたら、支援の行きとどいていない被災地の方のために、お貸しいただけないでしょうか?寄付していただくのが一番いいのですが、貸していただけるだけでもいいとのことです。

個人で被災地に行くことに賛否両論だと思います。でも、政府の支援が行き届いていない現状から、家族を救うために自分で動こうとする友人を私は応援したいです。

他に何か必要なものはある?と尋ねたところ、「個人では物資は大量に運べないので大丈夫、呼びかけて欲しいのは、不要不急の燃料の買い溜め、食糧やトイレットペーパー等の買い溜めを控えてほしい。」とのことでした。現地では灯油ももう底をつきそうだと。今日は被災地は各地で雪になり、凍えている方も多いと思います。

重油不足や地震の被害・計画停電の影響などで工場が稼働していなかったり、物流が滞っていることなどから、物が品薄になっているのだと思っていたのですが、首都圏では通常より売り上げが数倍になっているそうですね。需要に追い付かずいつもの倍入荷しているのにすぐ品切れになると。

うちももうすぐお米なくなっちゃいますが(心配してくださった里親Aさんありがとうございます)、お米なくなっても他に食べ物はあります。食べる物がなんにもなくなるようなことはないでしょう。

友人が必要としているのはとりあえず携行缶だけです。ご協力いただける方がいらっしゃいましたら、私にご連絡ください。震災関連の詐欺なども横行しているようですので、ブログの記事にするのはちょっと迷ったのですが、私の直接の知り合いの方やブログを通して信頼してくださっている方だけで結構です。転載等は混乱を生じる可能性があるのでお控えください。

動物ブログなのに個人的な記事になってスミマセン。これとは別件で震災関連で協力要請が来ています。こちらは別記事で改めてお知らせいたします。

お問い合わせはこちらまで下
PCはこちら
携帯はこちら


ニックネーム Chirota at 19:09| Comment(0) | TrackBack(0) | プライベート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月16日

地震のあと

更新滞ってしまってスミマセンあせあせ(飛び散る汗)

里親会中止の記事は書いたので、無事だとは分かってくださっているだろうなーと思いながら、記事を書く余裕がなく今日になってしまいました。余裕がないというのは、時間というよりは落ち着いて記事を書く気にならなかったというのが正直なところでしょうか。

予定では今頃は香港に出張中でした。地震のためキャンセルしました。本当ならキャンセル料が発生するタイミングでしたが、今回は特例ということで前泊ホテル・現地ホテル・航空券ともにキャンセル料なしでできました。でもほんと出張後の地震発生じゃなくて良かったと思います。

地震のあった11日は震度6強だった宇都宮の拠点で仕事をしていたのですが、3階建ての建物にフロアにはおそらく1人、机の下に隠れるか外に出るか迷い、揺れが尋常でなかったためとにかく脱出したほうがいいと思い、外に出ました。

階段を降りようとしたら、階段がない!防火扉が閉まっていました。一瞬閉じ込められたかと思っちゃいました。防火扉の内側の扉を開けて無事外に出ました。

SH3G0441.jpg

何度も強い揺れが来て、落ち着くまで外で待機、揺れがある程度おさまってから真岡市の職場に戻ってきました。直後から停電・携帯の通話不能・メール送受信不能でしたが、携帯のパケット通信は正常だったため、すぐに災害用伝言版に情報をアップ。mixiも活用しました。ネットの力はスゴイexclamation その後なんとかメール・電話が通じる時があり、家族に連絡。実家も無事、旦那さんは電車ストップのため帰宅難民に。

自宅に戻ると猫たちのいつもと変わらない様子にホッと一安心。家の中も引き出しが開いてたり食器棚の中で食器が倒れていたりはあったけれど、大きな被害なし。猫たちが入れない寝室は本棚の本が散乱していたほか60kgのブラウン管テレビ(壊れたまま置きっぱなしになっていた)が落下していましたが。

築30年以上の実家の方が心配だったので、自宅が問題ないことを確認後実家へ。近所は瓦が落ちたりしていたものの実家は家の中ともに無事でした。コンタとあずきは真っ暗な中運動会。  

SH3G0443.jpg
 
SH3G0444.jpg

元同僚に連絡をしたところ、元の勤め先は壊滅的な被害だったらしく立ち入り禁止になってしまったそう。死者が出た企業はすぐそばです。きっとみんな怖い思いをして避難したのでしょうね…。でもみんな無事で良かった。仙台の友人ともやっと昨日連絡が取れました。

余震はだいぶおさまってきましたが、昨夜の静岡震源の地震や今日の千葉震源の地震を考えると、別の地震が発生するかもしれないですし、原発も不安なので、一応すぐ避難できるよう準備をしておこうと思いました。でもどこに行っても防災関連グッズは売り切れ。困ったなぁと思っていたのですが、今日ジョ○フル○田に行ったら色々手に入りました。

★非常用飲料水
★LED懐中電灯
★エネループ
★手回し充電ラジオ&ライト
★カセットコンロ用ガスボンベ

電池はどこに行ってもなく、ここにもなかったのですが、とりあえずエネループは入手。これで計画停電も対応できます。懐中電灯も白熱球のは持っていたもののLEDは持ってなかったので良かったです。

買おうと思ったらどこも売り切れだった手回し充電ラジオ。
SH3G0450.jpg

SONYのが欲しかったのですが、SONYが被災地への支援として3万台寄付Clapしたということで、メーカー在庫なし&入荷待ちだそうです。でもこれでも最低限のことはできるしまぁいいです。

あとはニャンコを連れて出れるように折りたたみ布ケージとリードと予備の首輪(ふだん家の中でも迷子札とともに首輪は付けていますがリード対応ではないので2重に付けるため)、あとはご飯と水とトイレを用意すれば完了。キャリーは…3つしかないぞ。でもまぁ車には里親会グッズが載ったままなので何でもあるけど。

あとは…ガソリンとお米がほしいなー。もうすぐお米なくなってしまうバッド(下向き矢印) どこに行けばあるんだろう。

でもこんなことは被災者の方々を思えば大したことではないです。避難所にすら行けていない被災者の方々を早く救助してあげて欲しい。職場の方のご兄弟は福島の原発に救援作業に行っているそうです。被曝の恐怖の中作業を頑張ってくださっている方々がいるんですよね。

被災地には多くの動物たちもきっと犠牲になったことでしょう。野生動物なら逃げられたかもしれないけれど、飼われている動物たちは避難することもできなかったでしょうから…。


今回被災した動物達を救うために「緊急災害時動物救援本部」(組織団体:日本動物愛護協会、日本動物福祉協会、日本愛玩動物協会、日本動物保護管理協会、日本獣医師会)が設置されたようですね。上記の各団体ホームページにも情報がありますが、下記サイトにいろいろ情報が載っていましたので載せておきます。

ilove cat ―【save pets】 被災した動物・ペットたちの情報―

アセラブログでもこの「緊急災害時動物救援本部」への義援金を受け付けていました。


ペケット(運営:株式会社アセラ)
 
bnpeket_b.gif


あ、職場の猫達も無事ですひらめき

SH3G0448.jpg


ランキング参加中!クリックご協力お願いします。
 にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへにほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
 
ニックネーム Chirota at 21:15| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月13日

本日の壬生町の里親会について

本日は壬生町での里親会開催日となっていますか、地震の影響を考え、中止とさせていただきます。

余震がまだ続いていますので、皆様くれぐれもご注意いただきますようよろしくお願いします。

お気遣いのカキコミ等をブログ・掲示板に下さった皆様ありがとうございます。追ってお返事させていただきますね。
ニックネーム Chirota at 09:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 里親会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月12日

本日の宇都宮の里親会について

本日は宇都宮のアイフルホームでの里親会の開催日となっていますが、昨夜発生した大地震の影響のため、本日の里親会は中止とさせていただきます。

なお明日の里親会についてはまた後程ご案内させていただきます。

今のところスタッフおよび関係者の被害は報告されていませんが、里親様宅で地震に驚いて家族が外に飛び出した際に猫も外に出てしまい、行方不明となっている情報が入っております。

行方不明の子に関してもまたお知らせいたします。まだ余震が続いていますので、皆様くれぐれもご注意下さい。

ニックネーム Chirota at 10:51| Comment(2) | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月10日

ワンコ祭り

とうとう前回の記事から1週間まるまる更新しませんでした。目標立ててもやっぱダメなものはダメですね。根性ないですねバッド(下向き矢印)

ここのところ残業続きで帰宅が遅く、疲れがたまってきているようです。今保護猫がつぐみしかいないので(実家にはコンタとあずきはいますが)、猫のお世話の点では楽ですが。

身体的な拘束がなくても、考えなきゃいけないことが山積みで、常に頭の中はフル稼働といった感じ。CPUの能力上げたいよ。デュアルとかクワッドとかだったら同時にいろんなこと処理できるのに。

仔猫の少ない今の時期が大きくなった猫たちのチャンスなのですが、ここのところの譲渡数はキビシイです。もう3月になってしまいました。このままでは1年越しの里親探しになる子続出です。

と猫の状況も厳しいのですが、今の里親会、ワンコの参加が多いです。この間の日曜日の参加は10匹でしたがお休みや待機組を含めるとえらい数がいます。

@そら(成犬):スタッフ保護犬
Aなお(成犬):スタッフ保護犬
Bさくら(仔犬):スタッフ保護犬
Cカムイ(成犬):ボラ仲間保護犬
Dクッキー(仔犬):一般持ち込み
E自家繁殖仔犬
Fしろ(仔犬):一般持ち込み
Gブチ(仔犬):一般持ち込み
Hシロー(成犬):一般持ち込み
Iサンタ(成犬):一般持ち込み

お休み
@アルト(成犬):スタッフ保護犬
A茶夢(成犬):スタッフ保護犬
B心愛(成犬):スタッフ保護犬
Cあんこ(仔犬):預かり協力者
Dつくし(仔犬):預かり協力者

あと、他に一般の相談による待機組の犬が何組も。仔犬を出させてほしいという相談は続々ときているようです。なんか例年より多くないですか??

待機組の仔犬たちは参加させたくても出す場所もなければ入れ物もないです。入れ物はあったとしても、荷物が多くなって運べないです。里親会荷物の運搬だけでもやってくれるようなボランティアさんがいると助かるんですけどね。そういう地味な仕事だけやってくれるような人は少ないです。

この日は成犬でフィラリア陽性という、もらわれにくい条件だったにもかかわらずいいご縁に巡り合えたぷーちゃんが遊びに来てくれました。
 
DSC_0042s.jpg
 
元の仲間、なおちゃん(旧チビ)とも感動(?)の再会。

DSC_0041s.jpg


担当したスタッフが今日は予定があり来るのが遅くなってしまったため会えず、とても残念がっていました。ぷーちゃん、とっても可愛がられてましたよぴかぴか(新しい) なおちゃんにもきっといいご縁があるよ、頑張ろうね。



そして、初参加のシローくん。

シローs.jpg


以前ブログの記事にも書いた子ですが(記事はこちら)、こないだの日曜日に里親会デビューでした。放浪していたところを保護されたシローくん、飼い主は現れませんでした。1年ほど元の飼い主探しと里親探しを保護主さんが自力でやっていましたが、なかなか難しいということで相談が来ました。

保護主さんとの絆が強くなってしまい、里親会会場に預けられたシローくんは鳴きっぱなしでした。こちらがいくら呼んでも無視、シローくんの目は常に保護主さんの姿を探してしいました。保護主さんが会場に戻ってくると、今までの態度とは打って変わってとっても嬉しそうなシローくん。保護主さんがオスワリというときちんと従います。

保護期間が長くなると、ワンコは辛いですね。今回は特に初回なのに保護主さんがそばについていなかったためシローくんが騒いでしまったので、次回は保護主さんについていてもらうことにしました。

里親会中のお散歩は私が連れて行きましたが、男の子で比較的若いので、引っ張りが強いです。リードを持つ手が痛くなってしまいましたあせあせ(飛び散る汗) ちょっと訓練が必要ですね。

DSC_0048s.jpg


信頼関係ができれば、きっとシローくんは飼い主に忠実でとってもいい子だと思います。ご興味のある方いらっしゃいましたら、宜しくお願いします四葉


月曜日は仕事で湯津上に行ったので、帰り道ちょっと知り合いのところに立ち寄りました。夏くらいに虎毛の秋田を保護した友人宅です。

お姉さん宅でワンちゃんが保護され、どうしたらいいか分からず私に相談してきて、色々今の犬猫の現状などを話したところ、自分が預かって里親探しをする決心をしました。

里親会にも参加しましたが、結局もうすっかり自分の家だと思ってしまっているそのワンコを見て、他のところにやりたくないという気持ちが強くなり、自分ちの子にすることにしました。

ゆうさく君でするんるん
 
DSC_0084s.jpg


前のワンちゃんにも手作りフードなんかをあげていた友人ですから、ワンコについては心配いりません。しつけもちゃんとできていました。この体格でしつけができてないと大変ですからね。

あ、ゆうさく君はすごく性格のいいワンちゃんで、とあるしつけ教室に行った時に訓練士さんにも褒められ、他の参加者の人にも「欲しい!」と言われたそうです。今さらもうあげられない、と友人は言ってましたけど。

「ゆうさく、ちょっとした芸ができるんですよ!」と見せてれたのは、「バキューン」と言うとゴロンと横たわる様子でした。ゆうさく可愛いハートたち(複数ハート) 

DSC_0085s.jpg


マイペースでおおらかな性格のゆうさく君、でもさすがに力は強いようで、夜の寝床となっている玄関の壁紙はベリッと剥がされてしまったそう。ビニールを覆って対策を取っていました。

今日はワンコネタいろいろ。本当はまだまだ話題盛りだくさんですが、このへんで(充分長いけどあせあせ(飛び散る汗))。

ランキング参加中!クリックご協力お願いします。
 にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへにほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ

ニックネーム Chirota at 07:49| Comment(5) | TrackBack(0) | 里親会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月02日

鹿沼の業者の件がTVで取り上げられます

先日の記事に書いた、鹿沼のブリーダーの犬がテレビの特集で取り上げられるそうです。放送は明日朝の番組のようです。以下、この件に関わった「THEペット法塾」さんのブログから転載です。



【動物問題の報道のお知らせ】

3月3日(木) 日本テレビ スッキリ!
(AM8:00〜10:25)
http://www.ntv.co.jp/sukkiri/

ペットの通販問題について10〜15分の特集で取り上げられる予定です。THEペット法塾の細川弁護士も取材に応じています。 (大きなニュースが入ると予定が変更される場合があります)

ぜひ番組をご覧頂き、感想・意見などを番組宛に送って下さい。
>>番組HPのタイトルの右側に『番組への質問』というところがあるのでそこをクリックすると、フォームが表示され意見が書き込めます。

先日、栃木県のブリーダーが、国内2例目という動物取扱業の登録取り消し処分を受けた件に関連し、(報道内容についてはコチラをご覧下さい) ペットのネット通販のトラブルや悪徳ブリーダーに関しての特集です。

2012年の動物愛護法改正では、特にネット販売について厳しい規制がかけられると期待しますが、ネット通販をしているブリーダーは、『まず禁止すべきは(ペットにストレスを与える可能性がある)ショップの陳列だ』と反論しており、店舗販売、ネット販売両方に、更に厳しい規制をかけていく必要があります。

そのためには、やはり『世論』が重要になってきます。こういった番組に私たちの意見を積極的に送る事で、マスコミに対し『世論』とはこうだ、と伝えることができます。利益のために物扱いされる不幸な動物達をなくすために、ご協力をよろしくお願い致します。

THEペット法塾では、現在署名活動も行っています。
始動!法律を変える署名プロジェクト 『真に動物を守る法律へ』
http://www.the-petlaw.com/

転載元記事



転載される方は、元記事からお願い致します。明日の朝だと今この記事を書いても間に合わないかもしれませんが…観れる方は観てみてください。

ランキング参加中!クリックご協力お願いします。
にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへにほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ

ニックネーム Chirota at 23:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 動物愛護 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

昨夜お問い合わせくださった方へ

昨日3月1日20:44:19に問い合わせフォームからご連絡くださった方へ

メールアドレスが間違っているようでエラーメールが返ってきてしまいました。ドコモのアドレスでしたので、ひょっとしたらPCアドレス受信不可設定になっているのかと思い、携帯から送ってみましたが、それもエラーメールが返ってきてしまいましたので、ご記入いただいたアドレス自体が間違っているものと思われます。

電話番号の記載がないため、こちらからご連絡する手段がありません。また、送信いただいた内容が全て文字化けしており、内容が確認できませんでした。

もしこの記事をご覧になられていたら、今一度フォームからお送りいただけますでしょうか。その際、メールアドレスに間違いがないかをご確認いただき、電話番号もお願い致します。


ランキング参加中!クリックご協力お願いします。
 にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへにほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ

ニックネーム Chirota at 22:31| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月01日

首をケガしたニャンコ

先週の木曜日にいただいた相談案件です。

首にひどい傷を負ってい猫が、とある家の外で暮らしていたそうなのですが、その暮らしていた家の人が急に引っ越してしまい、無人になった家に一匹置き去りにされ、お腹をすかせているということでした。

写真を見たところ、首がぐるっとただれていてとても痛そうです。話を聞くと昨年夏ごろからケガを負っていて、まともな治療をしてもらえなかったために炎症がひどくなってしまったようです。

F1001620.jpg

この子のことはすでに全国版の里親募集サイトに掲載されていて、投稿直後から沢山の問い合わせがあったようです。カンパの申し出もあったそう。

何とかしてあげたいという気持ちはあるものの、どうしていいか分からない、そんな相談者さんと電話でいろいろお話させていただき、とにかく保護して治療してあげましょうという話になりました。人馴れがイマイチかもしれないということで、もし難しそうならこちらで捕獲を手伝いますということになりました。

でも、いざ保護するぞ!となったら、その子は現場で見当たらなくなってしまい…相談者さんは夜通し張り込みをしたようです。近くに住むスタッフも探してくれたり、現場近くに住む相談者さんのご実家も様子を見てくださいました。が、それでも姿を現さないニャンコ…。無人になってしまったその場所から移動してしまった可能性もあります。

土曜日になっても捕獲の報告がなかったため、私も現場に向かうことにしました。すると相談者さんのご実家から「猫がいた、今なら捕まえられる」との情報が入りました。相談者さんは早朝から午後イチまで仕事なので、とにかく先に私が現地に行くことに。

SH3G0418.jpg

現地に着くと茶白の猫ちゃんがニャーニャー言って近寄ってきました。あまり馴れてなくて捕獲できるかどうか分からないという話だったのですが、スリスリゴロゴロちゃんでした


それで、相談者さんが来る前にあっさり保護。ケージに入れられて「ナニ!?ナニ!?」という顔をしていましたが、ご飯をもらったら無我夢中で平らげました。

SH3G0419.jpg

その後相談者さんと合流、病院に向かいました。

SH3G0420.jpg

首はただれて炎症が広がっていましたが、皮はあるようなので縫ったりしないで大丈夫のようです。ただ酷くただれてるので、しばらく治療はかかるそうです。検査していただいたところ、細菌感染による炎症だろうとのことでした。

SH3G0421.jpg

まず周囲の毛をハサミで刈り、汚れてかたまっている部分やかさぶたになっているところをお湯でふやかしながら取っていきました。

SH3G0425.jpg

痛いはずなのに、じっと大人しく処置を受けるニャンコ。ケガの部分をいじられて、痛いと思うのですが…処置している間ずっとゴロゴロ言っていましたあせあせ(飛び散る汗)

処置していただいている間、先生も交えて保護主さんともいろいろお話したのですが、このニャンコはケガをしているし汚れているからということで、近所の人に水や熱湯をかけられたり、至近距離から石をおもいっきりぶつけられていたそう。

人間にそんなひどいことをされていたのに、人懐っこくてゴロゴロいう人間が大好きなニャンコ…。そんな健気なニャンコを見てなんだか悲しくなってしまいました。

SH3G0426.jpg

薬を塗ってもらって、テープを貼ってもらって、傷を引っ掻かないよう服を着せてもらいました。口も炎症が見られたので飲み薬ではなく化膿止めを打ってもらいました。

最後は顔を拭いてもらって、

SH3G0429.jpg

爪も切ってもらって

SH3G0427.jpg

フロントラインと検便もしてもらって終了〜!

SH3G0432.jpg

歯を見ると前歯が全部抜けていたので、おそらくシニアだろうということでした。他の猫たちにも数匹に取り囲まれていじめられていたというこのニャンコ…辛い思いをいっぱいしてきたね。

この子は1年ほど前に突然現れたそうです。これだけ人懐っこいところを見ると、生粋の野良ではありません。捨てられてしまったんでしょうか…。ベタベタ甘えん坊さんだけど、少しビビリなところがある子です。現地にいるときも知らない人に対しては「シャーッ」と言ったりもしていたそうです。だから保護主さんは人馴れはイマイチだと思ったそう。だけど本当は甘えたかったんだよね。呼びかけたらすぐ来てくれてゴロンゴロンしてくれたもんね。

ご自分では保護ができないと、でも何とかしてあげたいと悩んでいた保護主さん。でも勇気を出して保護する決心をしてくれました。そして、「できればどこかに預かってほしい」と言っていたのですが、「里親が決まるまでうちで保護します!」と言ってくださいました。翌日も病院に行って治療してきたそうです。

DSC_0003m.jpg

温かい場所で安心して眠れるようになったニャンコ。早くケガが治るといいね。そして素敵な里親様のもとに行けるよう、頑張ろうね。

関わるのが誰かによって、その猫の未来が変わってきます。この子は運良くとってもいい方に巡り合いました。そんな機会もなく、人知れず死んでいく命や、人間の手によって処分場で消される命も沢山あります。

もちろんそのすべてを救うことは残念ながらできません。でも目の前に助けるべき命があって、勇気を持って行動してくれた保護主さんはとても立派だと思います。私はそんな保護主さんのサポートくらいしかすることはできませんが、この子が幸せになれるよう一緒に頑張りたいと思います。

保護主さんがブログを立ち上げました。仕事が忙しくてなかなか更新できていないようですが、できるだけ時間を作ってこの子の報告をアップしていきたいとのことでした。
mayutoroのブログ

うちの会の心結ちゃんの時のブログを参考に作っていきたいということだったので、個人ではなかなか難しい点などが出てくるかもしれませんが、その時はサポートしていこうと思っています。皆さんこの子も応援してあげてくださいね。


ランキング参加中!クリックご協力お願いします。
 にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへにほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ

ニックネーム Chirota at 03:43| Comment(12) | TrackBack(0) | 保護日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする