disaster.gif

2010年12月31日

今年最後の更新です

さっきN響+小澤さん指揮のチャイコの弦楽セレナーデをテレビで聴いてご機嫌なChirotaでするんるん

昨日から旦那さんの実家の宮崎に帰省しています。昨日の移動中、メールをやり取りした方々が栃木は雪と言ってましたが、宮崎(小林市)も昨夜から雪が降り出し、今朝起きたら雪が積もってました。

DSC_0647s.jpg

私にとっての今年1年の漢字は「忙」ですね。ブログ見直してみたら去年は書いてなかったけどおととしは「動」その前は「変」でした。なんかもうすこし穏やかな感じだといいのになぁ…。


29日は「忙」しかったです。29日から休みに入ったのですが、朝一で実家にコンタとあずきを迎えに行って、病院に行って避妊手術を終えたあずきの抜糸をしてもらい、その足で年末年始2匹を預かってくださる宇都宮の協力者さんのお宅に2匹を届け、下野市にシェルティを迎えに行って熊谷市までお届けに行き、夜家に帰ってきてからモカを実家に預かってもらう準備をして実家へモカを預けに行きました。そして翌日は朝から家を出てしまうので、片付けと留守中のモカ以外のニャンたちのお世話の準備をして…。


うちに居残り組はふーちゃん、シューちゃん、つぐみ。4匹実家に連れていけないので、家においてお世話に来てもらいます。モカを自宅においていくと、モカはちょこちょこ食べタイプなので、置き餌だと他の子に食べられてしまってご飯が食べれなくなってしまう子なので、モカだけ実家に預けます。


シュー「ボクたちお留守番なの!?」
ふーちゃん「えーっつ!ホント!?」
モカ「モカは違うって」
つぐみ「・・・・・・」

DSC_0621s.jpg

母に「お世話のやり方を書いといてね」と言われたのに、書くヒマがなく…宮崎に着いてから書いてFAXしました。お母ちゃんお姉ちゃんよろしくね。モカは小さい頃からしょっちゅう連れて行ってたからおじいちゃんおばあちゃんちに行った孫のようだよね♪
 
image/2010-12-31T20:53:295

うちで保護していたジャスコ捨て猫桂ちゃんと楓ちゃんは里親様が決まり、家族の一員として新年を迎えてもらうことができました。  

桂ちゃんは「らん」ちゃんに。活発なのでRUNから取ったそうですあせあせ(飛び散る汗)
花を食べちゃうそうなので猫草買ってくるそうです。

image/2010-12-31T20:53:292

楓ちゃんはそのままの名前でぴかぴか(新しい)
とっても可愛がっていただいています。
出会えて良かったって。うれしいお言葉ですよね。

image/2010-12-31T21:01:261

兄妹猫のメイプルちゃんとライム君はまだおうちが決まっていません。年明けからまた里親会参加ですので、どうぞよろしくお願いします!
 
楓ちゃんたちの翌週の捨て猫5匹組下

DSC_0586s.jpg


黒い子2匹とキジの子1匹の3匹に里親が決まりました。でも春から里親探ししている子たちがなかなか決まりません。どうしても小さい子たちから先に決まってしまいます。春生まれの子たちもいい子に育ってます!宜しくお願いします!


さて、先ほど書いたように、実家のコンタ君とあずきちゃん、おとといから合宿です。先週水曜日に2匹とも手術を終え、あずきちゃんは水曜日に抜糸しました。


DSC_0459s.jpg
DSC_0426ms.jpg

預かりさん宅では、人懐っこいコンタはしばらく探検した後、すぐにおもちゃで遊び始めましたが、あずきちゃんは物陰に隠れて出てきません。

image/2010-12-31T21:01:262image/2010-12-31T21:01:263
 
でもあずきちゃんも翌日にはおもちゃで遊ぶ余裕が出てきたようです。

image/2010-12-31T21:01:264image/2010-12-31T20:53:291


里親会ではコンタは怒ってばかり。あずきちゃんに八つ当たりしてみんなに「あずきがいじめられてる」と言われちゃいます。家ではあずきちゃん大好きでストーカーのようにいつもあずきちゃんをじーーーっと見つめ、つきまとっているんですけどね。コンタは里親会とうちでのギャップがあるんです。うちじゃ甘えん坊でかわいい子なんですよ〜。


先日の記事で書いた飼育放棄されたシェルティも、「いつでも里親募集中」に記事を出したら、掲載後数時間でお問い合わせをいただき、里親会にお見合いに来ていただいて、29日に熊谷までお届けしてトライアル開始になりました。

実はそのあとも2件問い合わせがあり、あわてて記事を削除しました。う〜ん、見た目がいい子は得だなぁ。ほかにもうちでは何匹も掲載しているんですけどね。

で、その希望者さん宅はゴールデンの先住犬がいたのですが、譲渡交渉の際にその方のブログなどを見たところ・・・そのゴールデンはボラ仲間のchoiwaruさんが関わった子だったということが判明。希望者さんもそんなつながりは全く知らず、なんだかうれしいご縁となりました。

これがその先住犬ハルちゃん。ブリーダー放棄犬だったそうです。

DSC_0643s.jpg
 
ハルちゃんとの相性がどうかな、と思いましたが、うまくやれそうです。
ハルちゃん穏やかでいい子ですからね。こちらのシェルティも賢い子だし。

DSC_0629s.jpg


このシェルティ、初めてのおうちにもかかわらずまるでもう前からいたかのように走り回ってました。ウルサイのが来てニャンコは迷惑だったかもあせあせ(飛び散る汗)

DSC_0636s.jpg


その後この子は「アロハ」という名前をもらって、うまくやれているようです。お散歩のときに引っ張ってしまうそうですが・・・。飼い主に「もう未練もない」と言われ置いて行かれたアロハ君ですが、そんな境遇であるということは全く感じさせないほど、人間大好きでいい子です。

里親様からのお写真。こんな姿をしてもうすっかりリラックスしてます。

image/2010-12-31T20:53:294

正式譲渡はもう少し先ですが、アロハ君にたくさんの愛情を注いでくださる里親様ですから、きっと問題なく終えることができるでしょう。ご主人の「家族が増えました」というお言葉、とっても嬉しかったです。里親様、アロハ君のこと、宜しくお願いします。


今年も残すところあと数時間ですね。年明けは里親会は2週目から開催です!来年もどうぞ当会のワンニャンを宜しくお願いします!

みなさまにとっても2011年が良い年でありますように。


ランキング参加中!クリックご協力お願いします。
 にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへにほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ

ニックネーム Chirota at 21:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 保護日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月14日

骨折ワンコ&放浪ワンコ&飼育放棄ワンコ

前回のブログの記事を読んで下さって、ケージや一時預かりについてメール下さった皆様、ありがとうございました。

とりあえずこないだの2回の捨て猫達は受け入れ先が決まり、なんとかなりました。

ただこれから年末年始となりますので、保護主さんや預かりさん等で帰省や旅行のためその間猫の保護ができなくなることが予想されます。

年末年始の間だけでも預かり可能という方がいらっしゃいましたらご連絡いただけないでしょうか。



さて、先日の里親会、3週連続で捨て猫があったらどうしよう、と心配していましたが、とりあえずなかったので安心しました。

ただ、迷子犬を探している方がいて、情報を出したらその子じゃないかという問い合わせが数件あり、探している子とは別の子だったのですが、ほっとくわけにもいかず保護したという犬が数匹いるという情報が入っています。何故こんなに放浪しているワンコがいるんでしょうね。しかも老犬が多いんです。

老犬の里親探しは簡単ではありません。みんなできれば長くその子と暮らしたいはず。病気のことなどもありますし、先の短いワンコはどうしても敬遠されてしまいます。

でもそんな辛い経験をしてきたワンコにせめて穏やかな余生を送らせてあげたいです。犬との生活をお考えの方、そんなワンコにも目を向けていただけないでしょうか?

里親会後、病院の診察室にて下
10歳は過ぎているだろうというおばあちゃんワンコです。
この子も里親募集です!
20101212181040.jpg

日曜日の里親会の後、小山で里親会を開催しているボランティアさんのお家に立ち寄ったところ、飼い主が引っ越すからもういらないといって押し付けられたという1歳のシェルティが保護されていました。飼い主はこの子を小山の某ペットショップで購入したそうです。

101212_161435.jpg

飼い主は室内飼育してたそうで、見るときちんと手入れされ、しつけもしてある感じ。とてもなつっこい子でした。ブルーマールの男の子。目はバイアイです。

101212_161838.jpg

相談を受け、飼い主に里親会に通わす予定だったそうなのですが、置いて行ってしまったそうですむかっ(怒り) こんなんばっかり。ほんともうペットショップで生体売らないで欲しい!

その小山の里親会では、うちの会で里親探しをしている、とあるワンコのためにカンパを集めてくださいました。

そのワンコは森林に捨てられていました。ケガしているそのワンコを見てどうしても放っておけなかった女性の方が、自分で保護することはできず、どうしていいか分からなくて当会に相談してきました。

そしてうちのスタッフと話しをし、勇気を出して保護してくださいました。

SH3G02760001.jpg

大腿骨骨折し大怪我を負っていたそのワンコは、病院にかけて手術してもらったものの、相談者さんは手術費用全額負担するのは難しく…その事を知った小山の里親会の方が会場でカンパを募って下さいました。

保護時のレントゲン写真。
大腿骨がぽっきりと折れ下腿骨も細かく折れてます。
SH3G02720001.jpg

集まったカンパは18130円でしたぴかぴか(新しい) 小山の動物友の会の皆様、そしてカンパを下さった皆様、本当にありがとうございます。

そのワンコは無事退院し、タイミングよく預かり協力を申し出てくださった宇都宮の協力者の方に預かっていただくことができ、今里親会に参加しています。

名前は「あんこ」ちゃん。預かりさんの愛情いっぱいもらっていい子に育っています。

預かりさんにいただいた写真です下
101114_1732~01.jpg

いろんな人の協力でここまで来れたあんこちゃん。是非よろしくお願いいたします。

昨日も里親会参加猫は50匹近く。猫の里親決定数は毎回1・2匹程度という厳しい状況です。

ニャンコ達にも早くいいご縁がありますように。

ランキング参加中!クリックご協力お願いします。
 にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへにほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ

ニックネーム Chirota at 23:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 保護日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月05日

SOS

image/2010-12-05T17:38:101 
またやられました。捨て猫5匹です。

2つの段ボールに入れられ、フタはガムテープで何重もとめられていました。中は何も敷いておらず猫だけが入っていました。

キジの女の子2匹と黒の男の子3匹。体重は1kg〜1.2kgで推定月齢2〜3ヶ月。

里親会撤収後すぐに病院に電話したところ、時間外にもかかわらず診てくださいました。

ノミダニはいなさそう。耳もキレイ、検便も問題ナシ、猫カゼも引いてなさそうで、肉球もきれいだったので直前まで家の中で飼われていた子達かもしれません。

子猫達はパニックになっていて威嚇しまくっていましたが、落ち着いたら触れる子でした。ただまだビビってます。

先週の捨て猫達も結局行き先ははっきりせず、スタッフで手分けして面倒を見ているところにまた追加で5匹…さすがにもう限界です。

どなたか預かり協力していただける方はいらっしゃいませんか?

また猫用の2段ケージが不足しております。使わなくなったケージなどをお持ちの方いらっしゃいましたらご提供いただけないでしょうか。

とりあえず緊急SOSとして出先から投稿しました。

先週から連続して捨てられスタッフはみんなもう疲れきっています。

猫達には罪はありませんが、こんなことが続くと途方にくれてしまいます。何かいい解決策があるなら誰か教えてほしいです…。


ニックネーム Chirota at 17:34| Comment(2) | TrackBack(0) | 保護日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ミルク飲み黒猫くんの巣立ち&捨て猫

なんだか1ヶ月に1回の更新になってしまっています。

8月17日から保護していた葉月ちゃん、11月6日に正式譲渡となりましたぴかぴか(新しい) その件はまた後日記事にしますね。葉月を応援してくださった皆様、ありがとうございました。里親様が掲示板に近況報告を書いてくださっていますので、良かったら覗いてみてください。

ChirotaのBBS

そして、10月3日の記事に書いていたミルク飲み黒猫ちゃんも、11月22日からトライアルに入り、12月3日に正式譲渡となりましたClap

里親希望者様はその10月3日の記事を見つけ、そこから預かりの方のブログ『ゆうとひまわりとレツと』へ飛び、とっても愛情いっぱいのその子育て日記をご覧になって、この子を迎えたいとお考えになったそうです。「里親会を否定するわけではないけれど、沢山の中から選ぶということはしたくなかった」という里親様。預かりさん宅でお見合いをして、預かりさんの人柄に触れ、ますますその子を迎えたいと思いになったそうです。

13歳♀と6ヶ月♂の先住猫がいるご家庭で、どうも6ヶ月の子は13歳の子にちょっかいを出しては嫌がられていたらしく、6ヶ月の子の遊び相手にもう1匹迎えたいとお考えになったそうです。先住との相性次第ではキャンセルになる可能性もあったのですが、生後半年男の子「紫苑」くんがいいお兄ちゃんになってくれて、問題なく譲渡となりました。

先住猫紫苑くんと子猫君改めジジ
DSC_0551s.jpg

2匹で遊んでます下
DSC_0561s.jpg

紫苑君はジジを舐めてあげるそうですよ猫(笑)
その写真を撮ろうとしたらエスカレートしてプロレスごっこにあせあせ(飛び散る汗)
DSC_0566s.jpg

ほんとはくっついて寝てるような写真撮りたかったのですが…この日はダメでした。が、里親様から2ショットのお写真はいただきましたひらめき

熟睡モードのジジくん
DSC_0526s.jpg

イタズラしてみても起きませんるんるん
DSC_0547s.jpg

可愛いマシュマロをごちそうになりましたぴかぴか(新しい)
DSC_0564s.jpg

ジジが来たことで、最近あまりリビングに降りて来なかったという13歳の先住ちゃんも、降りて来るようになったそうです。きっとそれまでは降りると紫苑くんがちょっかい出すのでシニアな子にとってはうっとうしくてイヤだったのでしょうね。それがジジが来てからジジと紫苑くんで遊ぶようになり、13歳の子も安心して降りて来られるようになったのでしょう。里親様は「ジジが来てから3匹のバランスが良くなりました」とおっしゃっていました。

生後直後で捨てられていたジジくん。いろんな方の協力のおかげで幸せをつかむことができました。一番はやはり沢山の愛情でジジくんを育ててくださった預かりさんの力でしょうね。沢山の愛情を注いでくださった分、きっとお別れも辛かったことと思います。本当にありがとうございました。私がミルクで育てたひまわりが、そんなあなたのおうちの子になれたことをとても幸せに思います。

ジジ、幸せにね四葉
DSC_0541bs.jpg



さて。他にも話題は尽きないのですが、まだ記憶が新しいうちに書いておきたいので。

うちにまた保護猫が来ました。里親会当日に捨てられていた、月齢3ヶ月くらいと思われる4匹の子猫です。

箱には「「すて猫です 元気がいいので 気をつけて出してください」と書いてありました。そしてその文の通り1匹が箱から出ようとしていたので、慌ててスタッフが箱ごと布でくるみました。

SH3G03010001.jpg

とりあえずケージに移し里親会会場の隅へ。カゼっぴきです。こんな寒いんだもん、そりゃカゼひくよバッド(下向き矢印) 数か月前も捨て猫があり(離乳中くらいの大きさの7匹)、その前にももう何度もあるので、警察を呼びました。

来たのは若いお兄ちゃんおまわりさん。スタッフさんが話をしていたら、「物を置いて行っただけだから犯罪ではないですし」と言ったらしい。

犯罪ですよexclamation×2 犯罪っexclamation×2
Env-poster0903.jpg
上クリックすると環境省のポスターがダウンロードできます。

前に仔犬が捨てられていたときに対応してくださった警察の方も犯罪であるということを知りませんでした。それじゃ一般の人が犯罪という認識がないのは当然?この張り紙を見ても、悪いことをしているという意識が全く感じられません。

どうしたら犯罪であるという認識が浸透するんでしょう?というかそれ以前に、「捨てる→誰かが迷惑を被る」ということに何の罪悪も感じないその自分勝手さに腹が立ちます。

処分場に持って行かないだけマシですか?私はそうは思いません。もちろん命を守るためにはそうかもしれませんが、処分に持って行く人と大して変わらないと思います。そういう自分の尻拭いを他人にさせて平気でいる人間が大勢いるからこういうこといなってるのでは?それは動物のことだけじゃなくて社会のどの問題もそうだと思います。自分さえよければいい人間があまりに多いです。

最初に来たおまわりさんは「ちゃんと調べてくれ」と言ってもらちがあかず「自分の一存では決められないので」と言って上司を呼びました。あんた何のために来たんだよむかっ(怒り) なだめておしまい、のつもりだったんですかexclamation&question 結局そのお巡りさんは調書の取り方も知らなかったため後から来た上司というおまわりさんが調書を取ってくださいました。

指紋も採取しました。
(choiwaruさん写真サンキュー)
20101128-1.jpg

箱の中を確認したら、タオルの下にペットシーツ、片隅にフードボウルにフードが入れてありました。ペットシーツを敷いて捨てる人…犬か猫を飼ってるってことですよね。

考えられるのは
@飼い主が捨てた
A捨て猫を見つけたが自分では何もできないので捨てた
のパターンがあると思いますが、いずれにしても「捨てた」ことに変わりありません。

今の里親会がどんな状態か知ってるんでしょうか?猫は毎週20組以上、50匹くらい参加しています。参加待ちしている子も沢山います。それはほとんどが野良が生んだ子を保護したり、捨てられていた子を保護した人ばかりです。捨てるんじゃなくて、その人たちとおんなじように、苦労して里親探ししろむかっ(怒り) 捨てたお前はどんだけ苦労したんだよっ爆弾

こんなに沢山頑張ってるんですよっexclamation×2
(写っていませんが左側のほうにももう1列あります)
DSC_0505s.jpg

このブログを読んでくださっている方は捨てる側の方はいらっしゃらないと思いますし、捨てる人が読むとも思えないのですが、とにかく警察に動いてもらっています。今後も何らかの対策を取るつもりです。捨てた人が分かったら捕まりますよ。50万円以下の罰金?罰金払ってもこっちがそれをもらえるわけじゃないですよね。それより慰謝料くれ。医療費に経費に手間賃に精神的なダメージ。いくらもらったらいいのかな〜。刑事じゃなくて民事にすればいいのかな。

捨てるという人が周りにいたら、犯罪だから捨てたら通報すると言ってください。でもそしたら処分にもっていくかもしれないなぁ。そしたら里親探し手伝うから頑張れと説得してください。

な〜んて、そんな簡単じゃないの分かってます。きっと捨てたもん勝ちの世の中が続くんだろうなぁ…。せめておまわりさん、もっと勉強してください。

捨てられても、急に預かれる場所なんてないんです。だから、里親会の後まず病院に連れて行って健康チェックをし、いろんな人に連絡して預かり先を探して…10時くらいまで粘ったものの結局この日から預かってもらえる家はなく、4匹とも私が連れて帰ることに。ほんと捨ててるなら金くらい置いてけexclamation×2 そうですねぇ、罰金分くらいは最低置いていくべき?

金・金と書いててなんか悲しくなってきました…。腹が立つとガラが悪くなるし。いけませんね〜。読者の方、不快な思いさせてごめんなさい。

茶トラの男の子。一番甘えん坊でよく鳴いて近寄ってきます。
くしゃみ鼻水が一番ひどかったです。
DSC_0568s.JPG

茶トラの女の子2匹。右の子が鼻水がひどかったです。
(写真をよく見ると右の鼻の下あたりに鼻水が…)
DSC_0560s.JPG

キジ?サビ?トラの女の子。
警戒心が強く、この子だけゴロゴロ言ってくれませんでした。
DSC_0564s.jpg

その後、2匹は預かり先が決まり、症状の軽い子はうちで面倒をみることにしました。でもその2匹の預かりの方は数日後でないと受け入れ可能にならないということで、それまで4匹とも預かることになるのか・・・と思っていました。

でも私は平日病院に連れて行ってあげられません。症状の重かった子は悪化してきて、困り果てていたら他のスタッフさんが短期預かりを申し出てくださり、病院通いしてくださることになりました。Aさんありがとうぴかぴか(新しい)

今回の件をジジくんの里親さんにメールで愚痴ったら、「Chirotaさんたちがいるおかげで幸せになっている仔達がいるのです、その仔達のことを考えて頑張ってください黒ハート」というメッセージをいただきました。なんかすごく嬉しかったです。

今日やっと病院に行けたので、うちの2匹を連れて行き、インターフェロンを打ってもらいました。もう症状はだいぶ納まってきているのですが、まだ少し鼻の調子が悪いです。

名前を決めました。紅葉のきれいな時期なので、紅葉する樹木の名前をつけたいなと思いました。

美人で模様もきれいなサビトラちゃんは紅葉の代表格
楓(かえで)ちゃん
DSC_0576s.jpg

茶トラの女の子は黄色い紅葉のきれいな
桂(かつら)ちゃん
DSC_0561s.JPG

ゴロゴロ言わなかった楓ちゃんは、翌日にはすっかりゴロゴロちゃんに。でもうちのダンナさんが猫部屋に入ると「シャーッシャーッ」って威嚇されるらしい。私は威嚇されなかったもんね〜るんるん

2人には手作り首輪を作ってみました。ほんとはもっといい紐を使いたかったんだけど時間がなかったのであせあせ(飛び散る汗)

<材料費(1匹あたり)>
紐:約13.1円(3mで105円)
金具:約26.3円
ペンダントヘッド:52.5円
合計:約92円

長さ調節できますよるんるん
DSC_0595s.jpg

明日の里親会参加予定です。皆様どうぞよろしくお願いします。他にも沢山の猫たちがジジくんのような運命の出会いを待っています。宜しくお願いします四葉

あ〜今日も長くなった。反省バッド(下向き矢印)

ランキング参加中!クリックご協力お願いします。
 にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへにほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ

 

ニックネーム Chirota at 06:06| Comment(2) | TrackBack(0) | 保護日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする