disaster.gif

2010年09月29日

10月3日獣医師会イベント内で里親会開催します

ブログ更新が滞って申し訳ありません。今月は泊り出張が多く(実は今日も1泊で出張に来てます)、仕事もちょっと忙しかったので帰宅が遅くなったりして、さらに毎日のように保護相談の問い合わせが来ます。

書きたいことは山ほどあって、全部書くと各話題ごとに別記事にしたら何十個にもなりそうあせあせ(飛び散る汗)

とりあえず今日はお知らせのみを。

今週末の10/3(日)は、通常の壬生町での里親会のほか、(社)栃木県獣医師会塩谷支部のイベント内でも里親会を開催します。

イベントの詳細は下記をご覧ください。

犬・猫とのふれあいしつけ教室♪

【日時】
平成21年10月3日(日)
午前9:30〜12:00

【会場】
栃木県塩谷郡高根沢町宝積寺 情報の森とちぎ 芝生公園内

【催し物】
追ってお知らせします。
里親会のほか、動物相談やしつけ教室なども開催されます。


このイベントは毎年行われているものですが、去年の記事を見るとなんだか去年もおんなじような状況だったんだなぁと思います。

春生まれの子がなかなか里親が決まらず、秋の子たちが出てきて、大きくなった子たちはさらにもらわれにくくなり…。みんなそろそろ手術の時期になってきています。これだけたくさんの子たちを手術するとなると金銭的負担も大きくなりますし…。

金銭的な問題ももちろんありますが、ここのところ困っているのは一時預かりです。

最近多いのは、ミルク飲みや離乳中くらいのチビ猫です。こういう子たちは、相談者の方に「なんとか頑張って自分で保護してください」と言えない状況のことが多いです。そんなチビだと日中留守の方は当然ムリ。しかも目の開いてないようなチビだと、とにかくまずその子たちの命が危ないですから、緊急に預かり先を確保しなければなりません。

ここのところ「ミルク飲みオーケーな預かり先ない?」という会話を何度したことか…。

実は先日、まだミルク飲み位の7匹の捨て猫があり、その子たちの行き場に困った結果、今どのスタッフも春生まれの猫たちを抱えていっぱいいっぱいの状況なのに、さらにその捨てられてた7匹を手分けして世話することになりました。

今年の捨て犬捨て猫の多さは、ちょっと異常じゃないですか??

それは小さな命を見捨てない人が増えてきたということなのか、やはり捨てられる子が多いからなのか…。

私は絶対捨てられてるのが増えたんだと思います。

去年行政の引き取りが有料になって、それまで繰り返し持ち込んでた人は今年はどうしてるんでしょうか?

有料化の影響で引取り数が減り、そのおかげで殺処分数が減るならそれはうれしいことですが、繰り返し持ち込んでた人が手術したりして繁殖制限したとは思えないんですよね。

そしたら、そういう人はまた産ませてたらその生まれた子はどうしてるんでしょう?

引取り有料にするのはいいですが、それだけじゃなくて、とにかく繁殖させないようにしてくださいよ!その部分をどれだけ行政は頑張ってるんでしょうか?助成金が出るところも大して増えてないし。おかしくないですか??水出しっぱなしで水槽の栓を閉めちゃったらあふれるだけでしょう?あふれたものはどうするつもりなんですか?ほんとに行政は根本的に動物の問題を何とかしようと思ってるんですか??

だったらもっと命を助けたいと思っている相談者に対する窓口対応をきちんとしてくださいよ。こっちに回すんじゃなくて。

なんだか腹立たしいことが多いので、書いてしまいました。

で、皆さんの中で、在宅でミルク飲みの子の一時預かりができる方がいらっしゃいましたら、預かり協力していただけないでしょうか?

うちの会は基本的に引き取りはしていません。相談者の方には丸投げするのではなく責任を持っていただくことをお願いしています。そのうえでどうしても預かり協力する必要がある場合は、条件付きで預かる場合があります。

ただ、今の状況ではその預かり先も確保できないというのが現状です。

小さな命を救いたいという方のために、もし協力できるという方がいらっしゃいましたらご連絡いただけませんか?お問い合わせはこのブログの右メニューバーにある問合せフォームからお願いいたします。

お知らせだけのつもりだったのに、結局長くなったなー。


ランキング参加中!クリックご協力お願いします。
 にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへにほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ


ニックネーム Chirota at 22:08| Comment(3) | TrackBack(0) | 里親会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする