disaster.gif

2010年07月31日

ルートとつぐみとケガ猫とミルク飲み猫

ご飯を食べると眠くて仕方ありません。
晩御飯の後は色々作業があるのに、睡魔が襲ってきて起きてられません。いったん寝て、また夜中起きてやることやってまた寝て朝起きて、という場合と、いったん寝たら気が付いたら朝だった、というケースがあります。携帯片手にメールの編集画面のまま意識がなくなり気が付いたら朝だったこともしょっちゅう。なんかもっと、メリハリのある生活がしたいなぁ。

あんまり眠いのでなんかのビョーキなんじゃないかと思ってネットで調べましたが、あんまよくわかんなかった。消化酵素が足りてないんだ、って記事は見ましたが。

ルート君です。可愛くなりましたよ〜るんるん
DSC_0009s.jpg

とっても賢くって、とっても甘えん坊で、とっても遊び好きで、とってもかわいいです。残念ながら里親会では興味を持ってくださる方がいません。あ、昨年秋に譲渡した猫の里親さんのハートはつかんだようですが…。そこはすでに沢山いますからねあせあせ(飛び散る汗)

DSC_0011s.jpg

つぐみちゃんもようやくうちの子と共同生活ができるようになりました。
DSC_0029s.jpg

女ったらしのシューちゃんは、新しい子が来ると「キミ誰!?」とあいさつして、いつも面倒を見てくれます。隅っこにこもったきり出て来なかったつぐみですが、猫部屋にシューちゃんを投入してみたら、つぐみちゃんの表情がぱぁっと明るくなって、「にゃあぁぁん」と言って出てきました。早速シューちゃんもつぐみちゃんをペロペロ(このへんがナンパな感じ?)、つぐみちゃんも気持ちよさそうにしてました。つぐみちゃん、人間は怖いけど仲間は好きなようです。

DSC_0035s.jpg

モカとふーちゃんは威嚇してたけど、つぐみが反応しなかったので、特にそれ以上怒ることもなく平穏に同居が始まりました。今はエアコンのない猫部屋はものすごい暑さになるので、家の中を開放しています。

つぐみちゃんは最初全く触れない子で、近寄ることもできない子だったので、初めて会った時は遠くから望遠レンズで写真を取りました。

DSC_0465s.jpg

職場には何匹も猫がいて、似たようなキジ白の猫も複数いたので、最初に撮ったこの写真がつぐみなのかどうかちゃんと確認できてなかったのですが、左腕とか鼻の模様とか耳のケガの跡とかが同じなので、やっぱりつぐみだったようです。

初めて見た時。昨年10月です。
あんまりご飯食べれてなくてボサボサです。
DSC_0465ts.jpg

これは捕獲前(2月)のつぐみちゃん。目つき悪い。
DSC_0890s.jpg

そして現在のつぐみちゃん。「ごはんは?」
DSC_0072s.jpg

まだ私にも完全に心を開いてくれてないので、里親探しはもう少し先になりそうです。ご飯ほしいときは寄ってくるしスリスリするんですけどね〜。食べ終わったらササーっと行っちゃう。調子に乗ってナデナデしてたらパンパン!ってパンチされました。でもね、爪出なくなったんですよぴかぴか(新しい)


先週の土曜日、里親会でワンコのお見合いの予定を入れたので、出掛ける準備をしていたら、お隣さんが突然訪ねてきました。何だろうと思ったら、仔猫を保護したそうです。

小学校で子供たちが棒でつついてたので見かねて近寄ったら、どうも猫が倒れてたらしく、子供たちはなんとかその猫を日陰に運ぼうとしてて、触れないから棒でつついて動かしてたんだとか。

お隣さんが連れて帰って、病院にかけたところ、「ケガとかはしてなさそうだから栄養失調でしょう、食べれば元気になると思いますよ。」ということで栄養剤と抗生物質の注射をしてもらったんだそう。人馴れしてなくて看護師さんが噛まれてしまったんだとか。

うちに連れてきたのはそのあと。こんな状態下
SH3G01220001s.jpg

呼吸も荒いし、横たわったまま。栄養失調ってだけにしてはおかしくないですか??猫は基本単独行動の動物で、自分で自分の身を守らなきゃいけないから、かなり具合が悪くない限り体は起きていると思うんですよ。でもその力もないということだから、相当具合悪いんじゃないの?

とりあえずお隣さんにはうちでは預かれないことを説明し、ケージとトイレと食器を渡して、とりあえずこれでやってみてと伝え、里親会に行きました。その夜再訪問してみたら、やっぱりおんなじ状態。お隣さんの話では、毛が固まっちゃってる部分があって、そこが何かなってるんじゃないかと気になったそうですが、行った病院では「特に外傷はなさそう」と言われたそうです。一応ご飯を食べる元気はあったようで、それはよかったですが、食べても横たわったまんまだし、呼吸は荒いまんまだし。

日曜日、結局近くの病院(最初に連れて行ったところとは別)に連れて行ったところ、ケガをしていることが分かりました。でもまだ腫れたりしてきてないから、こまめに触って確認して腫れてきたらまた連れて来てくださいと言われ、抗生物質のお薬をもらってきたそうです。

翌朝仕事前にまたお隣さんへ様子を見に行ったら、やっぱりまだ横たわっていました。そして私が仕事に行ってから電話がかかってきて、「触ったら腫れてきているので、ご紹介していただいた病院に連れて行ってみます」と留守電が入ってました。でも、お隣さんは車の運転ができないはず。あわてて電話してみたら「タクシーで連れて行きます」というんです。

う〜ん、それじゃ大変じゃん、と思って里親会仲間に相談してみたら、連れて行ってくれることになりました。Aさん!ありがとう!感謝ですぴかぴか(新しい)

で、診察してもらったら、先生は手際良く猫の体を触って、「ここがおかしい」と言って、毛を刈ってみたら、大きな穴があいていたそうで、膿がたまっていたところは切って膿を絞り出したそうです。さらに、「ここも変」と言って毛を刈っていくと数センチに渡って皮膚が裂けていて、「これは縫わないとダメかも」ということで、入院ということになりました。

手術は翌日行われ、膿がたまってたところはまだまだ出てくるので、チューブをつけて膿を出すことにし、裂けていたところは皮膚はもう壊死してしまっていたので、そこは切り取って引っ張って縫いつけたようです。

「あずき」ちゃんです。体重は500gくらいでした。
DSC_0096ss.jpg

ここが膿がひどかった部分。チューブが付いてます。
DSC_0090s.jpg

皮膚が裂けてたところ。
DSC_0091s.jpg

威嚇してたあずきちゃんですが、だいぶ人にも馴れたようです。DSC_0094s.jpg

あずきちゃん、昨日チューブを取り、退院してきました。現在お隣さん宅で療養中です。抜糸は来週だそうです。先生に聞いたところによると、呼吸もだいぶ落ち着いてきたので大丈夫でしょうとのことでした。先生曰く、最初呼吸も荒かったし、ケガの場所が肺に近い部分だったので心配していたようです。場合によっては危ないかもとも思ったそう。

あんまり動物病院の批判はしたくないですが、最初の病院で言われた「栄養失調」を真に受けて、そのままにしていたらあずきちゃんは助からなかったかもしれません。お隣さんがおかしいと思って頑張ったおかげであずきちゃんは助かりました。こんなにひどいケガだったなんて…。私ももっとじっくり体を確認してあげればよかったです。悪いことをしました。病院に行ってきたということだったし、辛そうなのにあんまりいじるのは可哀そうかなと思っちゃったんですよね。

お隣さんの話では、最初の病院ではあまりあずきちゃんの体に触っていなかったそう。威嚇してたりしたみたいだからあんまり触りたくなかったのかな…。だから3件目の診察の時の手際の良さを見て、お隣さんはとても驚いたそう。「いままで診てもらったところと全然違う!」と言っていました。実は1件目はお隣さんの飼い猫のかかりつけだったそうなのですが、「今度からうちの子もここに連れてきます。」と言っていました。病院も色々ですね…。セカンドオピニオンは絶対必要だと思いますexclamation

今回、私がなかなか動けなかったから、いろんな仲間が関わってくれました。何度も同行してくれたAさん、入院時に写真を撮ってきてくれたIさん(たぶんKさんも?)、電話で相談に乗ってあげたSさん、本当にありがとうぴかぴか(新しい) 仲間の存在のありがたさを今回とっても実感しました。

美猫あずきちゃん、早く良くなって素敵な里親さん探そうね。
DSC_0095s.jpg

余談ですが…この病院からの依頼で、ミルク飲みの子を保護した方のところを訪問してきました。犬は飼ったことがあるけど猫は分からないという保護主さん。でもカラスにつつかれているのを見て見かねて保護したそうです。

DSC_0105s.jpg

まだ250gのおチビちゃん。男の子です。
DSC_0100s.jpg

無事大きくなってね。里親会デビューは9月かな。保護主さん猫アレルギーだって言ってたけど、なんとか頑張ってやってくれそうです。こうやって保護してくれる人が増えるのはとても嬉しいことですが、その分行き場がない子たちが沢山いるってことですよね…。

里親が決まりにくい季節到来です。でもおうちを求めている子たちはゆうに3ケタを超えています。皆さんこの子たちを是非宜しくお願いします。

他にもまだまだご紹介したい案件は沢山ありますが…すでに盛りだくさんですよね。自分がらみの案件ばかりのご紹介ですみませ〜んあせあせ(飛び散る汗)

ランキング参加中!クリックご協力お願いします。
 にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへにほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ

ニックネーム Chirota at 18:05| Comment(4) | TrackBack(0) | 保護日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする