disaster.gif

2010年06月15日

宇都宮の某NPOが書類送検されました

以前から問題になっていた、例の宇都宮市のNPO団体が、動物愛護法違反と狂犬病予防法違反の疑いで、書類送検されたそうです。



動物愛護法違反などの疑い NPO法人を書類送検 宇都宮中央署(下野新聞 6月15日 05:00)

犬に餌を与えず衰弱死させたなどとして日本動物福祉協会栃木支部が宇都宮市内のNPO法人などを刑事告発していた問題で、宇都宮中央署が動物愛護法違反と狂犬病予防法違反の疑いで、NPO法人と代表理事の男性を書類送検していたことが14日までに、同署などへの取材で分かった。これまで同法人をめぐっては悪臭や騒音などで近隣住民らとトラブルになっていた。

 同署などによると、代表理事は2009年、同市内の自宅で手数料を取って犬数匹を預かったにもかかわらず、排せつ物の処理や餌やりなどを行わず衰弱死させた疑い。また年に1回受けることが義務付けられている狂犬病の予防注射を受けさせなかった疑いが持たれている。

 宇都宮市によると、同法人は05年「動物の飼養管理と動物愛護の啓発」を目的に発足。一般家庭が飼えず困っている犬や猫を手数料を取って預かり、里親を探すことなどを活動の趣旨としていた。

 しかし07年以降、悪臭や鳴き声などの騒音に関する苦情が同市保健所に相次ぎ、同市保健所はこれまで数回にわたり同法人に改善指導を実施。動物愛護団体の日本動物福祉協会栃木支部は09年、同署に告発状を提出していた。

※元記事はこちら



このNPOについては、以前AERAの記事NHKの「追跡!A to Z」でも取り上げられていましたが、非常に怒りを覚えます(この記事だけ見るとどんだけひどかったか分かりにくいけど)。

ただ、こんなことが起こるのも、犬猫を手放す人が多いからですよね。

ここのところ、猫の相談が非常に多いようです。この間の里親会の日には、電話窓口になっているうちの会の責任者の電話は鳴りまくり。当日突然猫を連れて来た人も3組いました。里親探しを頑張りたいのに、持ち込み相談の対応で大忙しだった里親会でした。

この日来た相談(電話と会場)の頭数を合わせると、30匹弱。なのにこの日里親が決まったのは猫1匹のみ。なんだか恐ろしい状況になってきています…。

いつか、上記記事のような悪徳NPOがいても稼げなくなるような、私たちボラがヒマでしょうがない(というかやることない)ような時代が来るのでしょうか…。ため息ばかりの毎日です。

ランキング参加中!クリックご協力お願いします。
にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへにほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ

ニックネーム Chirota at 23:21| Comment(4) | TrackBack(0) | 動物愛護 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする