disaster.gif

2010年04月07日

運命の出会い

最近話題になっていた、埼玉県の山中にペットの死体の不法投棄をしていた容疑者が逮捕されたようですね。
読売の記事はこちら

容疑者はもと町議だったそう。そんな人が、平気でこういうことをする神経が信じられませんね。愛犬愛猫の冥福を祈って葬儀業者に頼んだはずなのに、愛しい子たちは山中に遺棄されたなんて…飼い主様たちの気持ちを考えるととても腹立たしいです。


さて、日曜日は里親会でした。

この日参加したのは猫10犬2。仔犬仔猫はいません。一番若い子で昨年の夏〜秋生まれです。

猫が欲しいという方はやはり仔猫希望者が多いので、仔猫がいないと知ると帰って行かれる方も多いです。でも、この子たちもちょっと前までは仔猫だったんですけどね。

この日は2回目参加のコタロウ君にお声がかかりました。コタロウ君は2週間ほど前スーパーにいたところを保護されました。とってもベタベタ甘えん坊の子で、見かねて連れて帰ってきたお子さんのお友達に頼まれたそうです。

保護した方は1年ちょっと前にうちで預かっていた白黒5匹組のうちの1匹リン(現ルナ)の里親様。数ヶ月前にカツとレツ兄弟の一時預かりもしてくださった方でした。ルナちゃんの後に迎えた女の子がまだ手術前だったので、未去勢のコタロウ君が来たことで結構困っていらっしゃったのですが、会で引き取ることは難しいことをお伝えし、会からケージをお貸しして、保護を頑張ってもらっていました。

里親会の設営が終わって間もなく、コタロウ君を目に留めてくださったご家族。希望者様は今年1月1日に愛猫を19歳で亡くした方で、コタロウがその子にとてもよく似ていて、この間の日曜日はとりあえず様子見のつもりで里親会に来て下さったそうなのですが、目が合ってすぐに「この子だ」と感じたそうです。

コタロウ君の事情などをご説明し、まだ保護されて間もないため、検便・ノミダニチェックなど最低限の医療行為のみ行い、FF未検査であることもお伝えし、耳の中もまだ黒いので治療が必要な旨伝えたのですが、「こちらで病院に行きますから大丈夫です、検査についても、もし何か持っていたとしても人間にうつるわけでもないし、他に猫もいないから大丈夫です。」とおっしゃってくださいました。

里親会終了後、お届けに行きました。コタロウ君、最初は少し探検しましたが、その後はまるでもともとそこに居たかのようにくつろいでいました。さっそくソファの上で丸くなって寝てたし。

息子さんたちにも遊んでもらいました。
DSC_1701s.jpg


亡くなった子のお写真を拝見させていただいたら、コタロウ君にそっくり。あいちゃんとかあぐりとかもキジトラでしたが、どっちともちがう。亡くなった子を火葬してもらったのはベスやメグをお願いしたのと同じところでした。会場でその話を伺ったのですが、元旦にも関わらず対応してくださったことをとてもありがたく思っていらっしゃって、「あそこは本当にいい業者さんですよね〜。」なんて話で盛り上がりました。

DSC_1704ms.jpg


その日は病院はお休みなので明日にでも連れて行きますとおっしゃってくださった里親様。翌日さっそく病院に行ってくださったところ、残念ながらコタロウ君はFIVキャリアということが判明しました…。

でも、「この子はうちで面倒見ます。うちにはほかに猫もいませんし、ストレスになることもなくていいと思いますから。」とおっしゃってくださいました。FIVキャリアというと敬遠されてしまうことの非常に多い中、あの子を気に入ってくださって、あの子の事情もすべて理解し受け入れてくださったこと、本当にありがとうございますぴかぴか(新しい)

きっとこれも運命の出会いだったのでしょうね…。

コタロウ君は、ミーブ君という名前になりました。壬生でもらったからとおっしゃっていました。穏やかなご一家の愛情をたっぷり注いでもらって、きっとミーブ君はキャリアであってもこの先幸せに長生きすると思います。

ここのところ、あいちゃんといい、あぐりといい、コタロウ君といい、とてもいい里親様に恵まれています。トライアル中だったchoiwaruさん保護の柴じいちゃんの里親様もこの日会場に来てくださり、無事正式譲渡の手続きとなりました。老犬だったから難しいと思われていたのに、本当にいい出会いがありましたね。

みんな幸せになってね四葉四葉四葉

運命の出会いを待っている子たちがまだまだいます。確かに仔犬・仔猫は可愛いですが、性格もはっきりしてきた中猫以上の子はそれぞれ個性的でとってもかわいいです。みなさん、どうぞよろしくお願いします。

といいながら募集中の子たちの写真がない ごめんなさ〜い猫(泣)

ランキング参加中!クリックご協力お願いします。
にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへにほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
 

ニックネーム Chirota at 20:45| Comment(3) | TrackBack(0) | 里親会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする