disaster.gif

2009年04月29日

妊婦猫?

うちの実家で猫を預かることになりました。

餌やりさんからご飯をもらっていたという野良ちゃん。秋にも子猫を産んだそうで、今回2回目の試みで捕獲に成功、おそらくお腹に赤ちゃんがいて間もなく生まれるだろうとのことでした。

DSC_0595s.JPG

捕獲前に、相談者の方からの話を聞いた感じだと、「馴れてない」とのことだったのですが、捕獲してみたらスリスリの甘えんぼちゃんでした。ケージのドアを開けたら、まっすぐ私の膝に乗ってきて、そのまま丸くなって寝ちゃいましたあせあせ(飛び散る汗)

餌やりさんは「お母ちゃん」と呼んでいたそうなのですが、うちの母は私たち娘に「お母ちゃん」と呼ばれています。母は「お母ちゃんがお母ちゃんと呼ぶとなんか呼びにくい顔(汗)」というので、名前を付けることにしました。

去年預かった親子猫は4月の桜の咲く時期にうちに来たため「さくらちゃん」と名付けました。今回はつつじが咲く時期なので「つつじちゃん」も考えたのですが、発音しにくいということで却下。あとは「すみれちゃん」とか「すずらんちゃん」とかも挙がりましたが、なんとなくそういうイメージの子じゃないんですよね。

いろいろ今咲いてる花の中から、「牡丹」はどう?と提案してみたら、それに決まりました。体型的にも似合ってるかな〜とあせあせ(飛び散る汗)

ということで、「牡丹」ちゃん、しばらくの間よろしくね。

DSC_0592s.JPG


昨日からYottiさんが子育てしている3ニャンを、Yottiさんご旅行のため3日間ベビーシッターしてます。その記事はまたあらためて。

DSC_0601s.JPG

左から「ゆきちくん」♂
「こまちちゃん」♀
「ねねちゃん」♀
です。元気に育ってね。


ランキング参加中!クリックご協力お願いします。
にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへにほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ

ニックネーム Chirota at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 保護日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月28日

4/26里親会報告

日曜日は里親会でした。

この日の参加猫は1匹だけ。
去年の春、ひどい疥癬で保護した「レオ君」です。ずっとブログを読んでくださっている人は覚えていますか?(記事はこちら

保護したときはこんなにひどい状態でしたが、
080406-1.jpg

今はこんなにきれいになって、まんまるになりましたあせあせ(飛び散る汗)
DSC_0545s.JPG

この子はエイズ(+)です。エイズキャリアというとそれだけで里親探しは難しくなってしまいます。でも1匹で飼っていただければ、それほどこわがる病気ではないと思います。うちの故チロタも猫エイズでしたが、15歳まで生きましたし、20歳くらいまで生きる子もいます。「エイズキャリアの猫」と「猫エイズの猫」は違うということ、キャリアの子は健康な猫と何ら変わりなく暮らすことができ、発症する前に天寿を全うできることも多いということを分かってほしいなと思います。例えノンキャリアだって、それ以外の病気になる可能性だって充分ありうるのですからね。(猫エイズキャリアについてはこちらのサイトに詳しく書かれています)

この日も、ネットを見て物資を持って来てくださった方がいらっしゃいました。M様、I様、ありがとうございました。

DSC_0550s.JPG
DSC_0549s.JPG
DSC_0548s.JPG

そのうち、M様はこの日ワンコの里親になってくださいました。ありがとうございます。可愛がってあげてくださいね。
DSC_0552s.JPG

この日は、この子の兄弟3匹のお届けがありました。最後に行ったお宅は、亡くなった前のワンちゃんの遺影が飾ってあるおうち。この日チビワンコが来ることを、遺影に向かって報告したそうです。どんな子でも仲良くできたというワンちゃんだったということなので、きっとそばでチビワンコやご家族のことを見守っていてくれるでしょうね。この子のこと、宜しくね。

DSC_0568s.JPG

月曜日は白血病キャリアクーちゃんに面会に行ったり、火曜日はYottiさんから3日だけ預かることになっているチビにゃんを受け取りに行ったりしましたが、それを書くと盛りだくさんなので、今日はこのへんで。

ランキング参加中!クリックご協力お願いします。
にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへにほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ

ニックネーム Chirota at 23:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 里親会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月26日

琥珀ちゃん里親様よりフードをいただきました

昨年の秋に譲渡した「琥珀ちゃん(♂)」の里親様から、琥珀ちゃんがフードを切り替えたということで余っていたフードを送っていただきました。

これがそのフードです
DSC_0702s.JPG

やっぱり食いしん坊ふーちゃん物色。
DSC_0703s.JPG

琥珀ちゃんというのはこの子です下野良ちゃんの子でした。
Kohaku-20090403-1s.JPG

うちでちょっとだけ預かったのですが、その時の写真はこれ。
仔猫の時から比べると、ずいぶん色が濃くなりましたね。
DSC_0059Kohaku.JPG

このシャム系のトラ模様、リンクスポイントというんです。モカちんもいっしょ。モカのお母さん「くりちゃん」はシャム柄じゃなかったんですけどね。

\モカのなかま??/
DSC_0713s.JPG

うん、モカと似てるね。琥珀ちゃんのママ(現モモちゃん)も似てたね。
モモちゃんより琥珀ちゃんのほうが色が濃いかなぁ。

↓の写真、撮った後で気付いたんですが、モモちゃんとモカ、おんなじ格好で写真撮ってましたよあせあせ(飛び散る汗)
Mocha&Momo.JPG


Yottiさんのところのミルク飲みちゃんにも同じ色になりそうな子がいます(記事はこちら)。

頂いたフードは、この子たちもこれから離乳だし、必要になりますので、使わせていただきますね。ありがとうございます!

ランキング参加中!クリックご協力お願いします。
にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへにほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ



ニックネーム Chirota at 01:17| Comment(0) | TrackBack(0) | ご支援 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月25日

ご支援ありがとうございます

クーちゃんの記事を見て、ご支援くださる方からご連絡をいただいています。皆さま、本当にありがとうございます。

<クーちゃんへのご支援>
埼玉県K様
野木町F様
東京都H様
宇都宮市ゆばママ様(とその同僚の方々)

<会へのご支援>
大田原市コツヨりん様


↑現在こちらで確認しているものです。
あと埼玉のO様からも物資の送付のお知らせをいただいております。
みなさま、本当にありがとうございます。

木曜日には上のリストにある埼玉のK様より、支援物資と支援金を送っていただきました。


こちらが頂いた物資です
DSC_0694s.JPG

なに?これ。モカの?
DSC_0690s.JPG

なんのにおい?
DSC_0693s.JPG
ふーちゃん、それはかりんちゃんとあんずちゃんの匂いだよかわいい

クーちゃんの治療費とみんなへのフード代をご支援いただきました。
あとあんずちゃんとかりんちゃんのお写真。おーきくなったねぴかぴか(新しい) DSC_0696s.JPG

ちなみに、譲渡時のあんずちゃんとかりんちゃん。2007年の秋に譲渡。
姉妹で家族にしてくださいましたかわいい
7812874227qz2.jpg
7612874226qz1.jpg


皆さん本当にありがとうございます。大切に使わせていただきます。


ランキング参加中!クリックご協力お願いします。
にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへにほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ


ニックネーム Chirota at 02:40| Comment(1) | TrackBack(0) | ご支援 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月23日

黒猫クーちゃん快方に向かってます

昨日、クーちゃんを保護した方と一緒に病院に行ってきました。

病院に入るなり、奥のケージの中で「ニャーニャー」と言いながら歩き回ってる!クーちゃんのその様子を見て、保護主さまは驚いていました。

その日の朝まで自力で食べれなかったというクーちゃんですが、私たちの目の前でご飯を自力で食べ始めました。

090422_1803~0001.jpg

目ヤニも鼻水もだいぶ良くなり、きっとご飯食べれるくらいになったということは、口の中も良くなってきたのでしょう。

連れてきたときは、息をするのも苦しそうで、ひょっとしたら助からないかも…と思ったのですが、すごい生命力です。

どうもトイレを寝床と勘違いしている様子
090422_1827~0001.jpg

元気になってみれば、人の顔ををじっと見て、お話しする可愛い子でした。どう見ても野良じゃないですよ。飼われていて捨てられちゃったのか…。ひどいことをします。

先生には「あと1週間もすれば退院できるでしょう」とのことでした。クーちゃん、良かったね。

でも、そうなると今度は預かり先。FeLV(+)となるとなかなか難しいです。でもクーちゃん、頑張って治したんだから、その頑張りに答えてあげないとね。ということで、一時預かりさん募集中です!

この動物病院には、もう一つ、困った子が預けられていました。先日ご紹介した怪我した黒猫ちゃんではなく。

DSC_0672s.JPG


この子はおまわりさんに保護されました。でも、飼い主が見つからなかったということで、先生のところに持ち込まれたとか。もう何週間も経つのに、預けられたまま、ということでした。先生は「お預かりします」とは言ったものの、その後そのおまわりさんからは何の連絡もなく、どうしたもんかと困っていらっしゃいました。

この子はかなりお年寄り、目が見えていないようです。でも保護されたときとってもきれいな状態だったので、絶対どこかで飼われていて迷子になっちゃったか、捨てられたかのどちらかです。

クーちゃんを預けたとき、私はその話を聞き、写真を撮らせてもらいました。そして、チラシを作って交番を訪ねて行きました。

Chirota: 「すみません、●●病院に猫を預けませんでしたか?」

おまわりさん: 「えー、どれのことかな?(ファイルを調べ始める)」

C: 「いや、警察の方が持って来られたそうなので、おそらくその警察の方がご自分で保護されたんだと思いますが。」

お: 「こちらで相談のあったものは愛護センターに引き取ってもらうか動物病院に引き取ってもらうかしてるんですが、おそらくその時は●●病院が引き取ってくれたんだと思います。」

C: 「病院側は引き取ったつもりはなくあくまで一時預かりのつもりですよ。どうみても飼い猫のようなので、持ち込んだ方が分かれば、猫がどこにいたか分かると思うので、その周囲の方のところに聞き込みができると思うのですが。」

お: 「誰だろ?(おまわりさん同士で顔を見合わせ首をかしげる)」

C: 「先生はお名前を聞かなかったそうですが、そんな話は聞いてませんか?」

〜おまわりさんは病院に直接電話をかけどんな人間が持ち込んだのかを聞きました〜

お: たぶん持ち込んだと思われるものは今出てしまっているので、あとで確認してみます。

C: 「じゃ、チラシ作ったので、良かったらこれを使ってもう一度保護したご近所に聞き込みしてみてください。」

そう言って、その日は交番を後にしました。そのあと、応対してくださったおまわりさんが電話をくださり、その子を保護したおまわりさんから話を聞くことができたので、チラシをもってもういちど周りをあたってみますということでした。

そして、今日、その交番から連絡があり、無事この子の飼い主さんが見つかったそうです。今日病院にも引き取りに来られたそうです。よかったねぴかぴか(新しい)

話を聞くと、この子は19歳(スゴイ)!今まで完全室内飼いしていたそうですが、うっかり脱走してしまい、迷子になったそうです。目も見えてなかったし、「猫は死ぬとき姿を消す」というから、と飼い主さんはあきらめていたとか。ご近所の方には探していることは言っていたそうなのですが、警察までには連絡しなかったそうです。それで、警察の方が聞き込みをしたらおうちが見つかったそうですClap

その飼い主さんには、「猫は死ぬとき姿を消す」なんてこと絶対ないですから、あきらめずに探してほしいと言いたかったです。そして、完全室内飼いであっても首輪と迷子札をつけてほしい。これはこの記事を読んでくださっている皆さんにお願いしたいです。いつ、「うっかり」して外に出てしまうことがあるかもしれません。万イチの時に備えて、必ず実践していただきたいなと思います。首輪に抵抗がある方は、夜の間は外してあげてもいいと思います。

このことは、先生のほうで飼い主さんにお伝えくださることになりました。

それと…、今回運良く病院に相談が来たので戻れましたが、もしセンターが引き取っていたら…間違いなく処分ですね。飼い主さんにはほんとそういうことをちゃんと考えてほしいなと思います。

おまわりさんも、もう少し保護したときにがんばって周囲に聞き込みしてほしかったなぁ。チラシ持っていってなかったら、きっとそのまま何もしてくれなかったでしょうね。預けっぱなし(向こうは引き取ってもらったと思ってるから仕方ないですが)って、ひどくないですか??

でも、無事おうちに戻れて良かったね。もうおうちから出ちゃダメだよ。おうちで天寿を全うしてね。

ランキング参加中!クリックご協力お願いします。
にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへにほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ

ニックネーム Chirota at 20:10| Comment(2) | TrackBack(0) | 保護日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月21日

黒猫クーちゃん報告

昨日クーちゃんの様子を見に行ってきました。

DSC_0681s.JPG

相変わらず自力でご飯を食べてくれないそうで、強制給餌だそうですが、目もだいぶ良くなり、目をあけているのが長くなったようです。鼻も口の中もだいぶ回復してきているそうです。鼻はまだ鼻血が出ちゃうみたいなんですけどね。外陰部の出血も減ってきたそうです。

DSC_0679s.JPG

今日は起きて顔を洗ったり、毛づくろいする余裕が出てきていました。今まではしんどくで、そんな気力すらなかった感じだったのですが、ちょっと体も楽になってきたんじゃないかな。

DSC_0683s.JPG

クーちゃん、いろんな人が頑張ってって、応援してるよ。白血病(+)だから治りは遅いかもしれないけど、頑張ろうね。それで白血病も陰転するのを目指そうね!

ここの病院には、他にも行き場のない猫が入院しています。

DSC_0687s.JPG

上この子はケガをしてるので、入院しています。毎日たくさん膿が出てたので、今ドレンチューブをつけています。この子も黒猫ですね〜。今日は他にも交通事故にあったという黒猫が入院していました。ケガで済んで良かったですよね。飼い猫を外に出している皆さん!事故は気をつけてくださいね。猫はおうちの中で飼ってくださいね。

チューブを付ける手術をしたので、怪我の周囲の毛が剃られちゃいました。女の子なのに、ハゲにされちゃたあせあせ(飛び散る汗)

DSC_0686s.JPG

治ったら、里親会参加です!お話をよくする、可愛い子です。ケージを覗くとニャーニャー言ってスリスリしてきます。黒猫が好きな方、是非家族にしてあげてくださいるんるん

DSC_0661s.JPG


【クーちゃん支援金をいただいた方のご報告】
東京都T様
群馬県S様
4/19里親会に来てくださった方


皆様ほんとうにありがとうございます。クーちゃんの治療費に充てさせていただきますね。退院はしばらく先になると思いますので、その時にきちんと治療内容と費用を報告したいと思います。

ランキング参加中!クリックご協力お願いします。
にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへにほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ

ニックネーム Chirota at 01:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 保護日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月20日

4/19里親会報告

腕が筋肉痛です。久々に楽器を弾いたのですが、楽器ってこんなに疲れるものだったんですね。数時間しか弾いてないのに、どっと疲れが…。昔はよくこんなの何時間も弾いてたなぁって感じ。楽譜を読む集中力も持ちません。って、弾いてないからたまに弾く時えらいことになるんですよねあせあせ(飛び散る汗)

前回のブログの記事の黒猫クーちゃんですが、さっそく支援金をくださった方が何名かいらっしゃいました。クーちゃんのこと、心配してくださってありがとうございます!クーちゃんの報告は、この記事とは別にまた書きますね。今回は里親会の報告です。

日曜日は里親会でした。私は別の用事があり(筋肉痛の原因)、途中里親会を抜けてしまいましたが、この日の参加犬猫は犬が4匹、猫が2匹。少ないです。そのうち、ワン2匹はお見合いが入ってました。

そのうち、1匹のワンコに里親が決まりました!あともう1匹も家族会議をしてお返事をいただくことになりました。遠方から来てくださったお二組の方には、ほんとに感謝です。

決まったのはこのワンコ
DSC_0559s.JPG

この子は捨てられていた子です。希望者様と途中まで私のほうでお話をさせてもらったのですが、2年ほど前に急死してしまったワンちゃんの話になったら、希望者の方が泣いてしまって…。辛いお話をさせてしまってゴメンナサイ。でもそんな方なら、きっと大事にしてくださいますよ。幸せになってねぴかぴか(新しい)

参加犬猫は少なかったのですが、なんだかいろんなゲストも多く、相変わらずバタバタしていたようです。私は途中抜けてしまいましたけどね。

この日は、「ブログを見ました」という方が、「クーちゃんに募金をしたいんですが」といって物資も持って会場に来てくださいました。たぶん前回の記事にコメントをくださった方だと思いますが…ほんとにありがとうございます!私はほかの人の応対をしていたり、里親会を早退してしまったりしたので、あまりちゃんとお話できなかったのですが、他のスタッフとはいろいろお話をさせていただいたようですね。ご自身もキャリアの猫ちゃんを抱えていらっしゃるそうで…。なんだかこうやって、私のブログを見てくださる人がいて、応援してくださるのって、ほんとありがたいですね。私も頑張らなきゃって、励みになります。サボってないでもっとブログも書かなきゃね。

今はまだ猫少ないですが、チビ猫情報は続々と来ています。もう少ししたら仔猫だらけでチョーハードになるでしょうねたらーっ(汗)

この子も待機組です!よろしくね
うちのモカのチビの頃に似てます顔(メロメロ)
現在Yottiさんが子育て中でするんるん

DSC_0651s.JPG


ランキング参加中!クリックご協力お願いします。
にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへにほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ

ニックネーム Chirota at 23:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 里親会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月17日

白血病の黒猫くーちゃん

日曜日は里親会でした。この日は初の試みでいつもの壬生会場と宇都宮会場の2か所開催でした。里親会の報告はもちろんしたいところなのですが、今日は別の話題を書かせていただきます。

ブログに書いておきたいことはたくさんあるんです。里親様から頂いた近況報告とか、先週保護したチビ猫のこととか、迷子を必死で探している方とか…。でも書くのが追いつかないんですよねあせあせ(飛び散る汗)

今日はうちの会に相談が来たニャンコの話を。

とある街の交番の前にうずくまって動かない猫がいるということで、うちの会に相談が来ました。その方は動物が飼えない住居にお住まいで、実家も今まで拾って飼っている子が沢山いるということで、これ以上親に負担はかけられないということでした。

とにかく病院に行ってもらわなければならない状態のようでしたので、ご実家近くの獣医さんで見てもらったところ、「白血病に感染しており発症している」という診断を受けました。わりと年をとっていて、もう1〜2ヶ月はろくに食べていなかっただろうということで、ガリガリに痩せており、口の中はただれていて眼は目ヤニだらけ、鼻もズルズル、お尻は血便、ひどい脱水症状を起こしていたそうです。体重は1.6キロ。

その日はその獣医さんに入院させてもらいましたが、その日1日だけで数万の治療費に。でも、状態はあまり良くなっていないので、とりあえずその獣医さんを退院させ、別の獣医さんに入院させることになりました。

そこでまた診察を受けたところ、歯の状態から見ても年寄りではなくまだ生後半年もいかない仔猫だろうとのこと。そして血便ではなく、なんと流産していたようです。お尻からなにやら塊が出てきていました…。

この子がその猫「くーちゃん」

DSC_0670s.JPG

目ヤニがひどく、鼻もズルズルしていて鼻水が出っぱなしです。口も口内炎がひどく、カリシかもということでした。これじゃ、ご飯なんて食べられませんよ。

DSC_0656s.JPG

なのでくーちゃんは点滴生活です。でもそれだけだと栄養が足りないということで、先生が強制給餌させてくださっています。口の中に入れるとちゃんと食べてくれるので、それはちょっと安心です。

点滴の管が痛々しいです。
DSC_0656ms.JPG

昨日はひどい下痢もしていたので検便をしたら、鉤虫がいたそうです。外陰部からの出血も止まらないということで、流産の際に炎症を起こした可能性があるということでした。先生は「白血病だし、口内炎で口は痛いし目ヤニで目は開かない、鼻はズルズルで鼻から息ができない、お腹に虫はいるわ流産はするわでさんざんだねぇ」とおっしゃっていました。

とりあえず、治療としてはインターフェロン・点滴・インターフェロン入りの点眼・抗生剤・消炎剤で様子を見るということでした。鼻から息ができないので、くーちゃんは口をあけて息をしていましたが、ほんと辛そうです。きっといろんなところが痛いでしょうね。でも生きようとする気力は感じられます。

トイレが分からないのか、自分で立ってトイレまで向かうことができないのか分かりませんが、くーちゃんはずっと同じ場所でうずくまっています。トイレもそのままそこでしてしまっているそうです。

DSC_0667s.JPG

保護主さんはご自分で面倒を見ることが難しい状況にも関わらず、それでも目の前で苦しそうにしている小さな命を見捨てることができませんでした。それは本当に勇気がいったと思います。でも、うちの会でも、白血病となると里親探しは厳しいですし、一時預かり先ですら困難な状況です。こういう問題に直面すると、ほんと力のなさを痛感させられます。

ここのところ、困った案件にかかわることが多く、会の財政も厳しい状況になっています。うちの会では積極的に賛助会員や支援金を募ったりしていませんでしたが、いよいよ考えなきゃいけなくなってきたようです。少しずつ準備を進めていこうと思いますが、とりあえずこのくーちゃんの治療費のカンパを募りたいと思います。

くーちゃん、小さな体で頑張ってます。どうかこの小さな命を救うため、みなさまのご協力をいただけないでしょうか。ご支援くださる方は、下記が当会の口座となっておりますので、ご協力をよろしくお願い致します。ご支援くださった方は、お手数ですが、こちらからご一報くださいますよう、宜しくお願い致します。くーちゃんへのカンパは、備考欄に「黒猫くーちゃんへのカンパ」とお書きください。くーちゃんの治療費に使わせていただきます。特に記入がないものに関しては、会全般のご支援として使わせていただきます。

<ゆうちょ銀行からのお振込み>
記号:10750
番号:34888481
名義:動物友の会壬生里親会
   (ドウブツトモノカイミブサトオヤカイ)

<他行からのお振込み>
銀行名:ゆうちょ銀行
金融機関コード:9900
店番:078
預金種目:普通口座
店名:〇七八(ゼロナナハチ)
口座番号:3488848
名義:ドウブツトモノカイミブサトオヤカイ


くーちゃんのことはできる限りこちらでご報告させていただくようにしますね。くーちゃん以外にも、ご報告したい案件はいくつもあるのですが、おいおい書いていこうと思いますので、宜しくお願い致します。

ランキング参加中!クリックご協力お願いします。
にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへにほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ

ニックネーム Chirota at 02:32| Comment(6) | TrackBack(0) | 保護日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月11日

桜の季節のエリちゃんお届け

桜、今週は見頃のところが多かったと思います。先週末はこのあたりはまだあとちょっと、という感じでしたが、週の半ばには満開になり、じゃ今日お花見に行くぞ!と思って今日大平山に行ったら…散ってる…顔(泣) なんか早すぎない?って思いました。まぁあったかかったですからね。

なんかちょっと欲求不満なので、帰りに小山に行き「思川桜」は今どんな感じかな?と思って帰りに小山に行ってみたら…満開でしたぴかぴか(新しい) 思川桜の花まつりは来週末なはず…その頃には散ってるんじゃないかな。

DSC_0597s.JPG

思川桜は小山市の花です。昭和29年に小山市東島田の思川のほとりにある修道院の庭先で、春秋二度咲く「十月桜」の種子を東大理学部付属植物園の先生が採取し、種を蒔いて育てたところ突然変異の花が咲いたそうです。この新種の桜に、修道院のそばを流れている思川の名をとり「思川桜」と命名して学会に発表された、小山市原産の桜だそうです。半八重でソメイヨシノより色が濃くピンク色をしてます。昭和29年というのは小山市が誕生した年でもあるそうですよ。

ソメイヨシノと比較すると色の違いがよく分かります。下の写真は6日に撮ったうちの近くのソメイヨシノの並木です。色白いですよね。

DSC_0580s.JPG

DSC_0579s.JPG

並べて比較してみると…

↓ソメイヨシノ
DSC_0575s.JPG

↓思川桜
DSC_0618s.JPG


↓これはヒヨちゃん。桜の花でよく遊んでます。
この日もたくさんいました。
DSC_0581s.JPG

さて、今日は先週里親会にワンコを見に来てくださった方が正式に里子として迎えたいとのことで、保護主の小山のスタッフさんとお届けに行って来ました。

ちょっと臆病な成犬のエリちゃん。保護当初はもっと馴れてなかったそうですが、そのことも全部了解済みで迎えてくださることになりました。成犬を迎えてくださるというのは、ほんとに嬉しいことです。先週の里親会では同じ保護主さんの成犬の「なっちゃん」も決まったし、ここのところ犬も猫も大きめな子がちゃんと里親様が決まっています。やっぱり仔犬仔猫が決まる時より、嬉しいものです。

ワンちゃんを飼うのは初めてだということですが、目の前には動物病院が!この動物病院の先生、うちの旦那さんの知り合いなので、帰りにご挨拶をしてきました。これからかかりつけになりますのでエリちゃんをよろしくね。

エリちゃんはついた途端にハウスにこもってしまって出てきませんでした。でもご家族は無理なことをせずゆっくりと馴らしてくださるそうです。なんか息子さんとご主人が夢中になってましたあせあせ(飛び散る汗)

エリちゃん、不安そうあせあせ(飛び散る汗)
でも大丈夫だよ!やさしい里親様だよ!
DSC_0586s.JPG


里親様はネットですごく調べて、やっと私のホームページを見つけ、問い合わせくださったそうです。それで実際に里親会に来て、スタッフがみんな一生懸命やっている姿を見てそれがよく伝わってきたので、里親になることを決心されたそうです。嬉しいことですね。私たちの活動を理解してくださる方が増えるというのは、励みになりますグッド(上向き矢印)

ほんとここのところ「ホームページを見た」という方が増えてきたので、もう少しホームページのほうも力を入れようかなと思い、今少しずつリニューアルしようとしています。いつ出来るかわかんないけど。

今日もやっと目があく頃の乳飲み子が公園に捨てられていたそうです。猫シーズン、来ましたねぇ。忙しくなりそうです。捨てるみなさん、犯罪であるということは分かっているんでしょうか。

弱い者にも優しい、いい社会になってほしいです。

あ、ホームページでも告知しましたが、明日の里親会はいつもの壬生と宇都宮のアイフルホーム鶴田展示場の2会場で行います。2手に分かれるので忙しくなりそうです。壬生には「いつでも里親募集中」に募集記事を載せている大田原の保護主さまもいらっしゃいます。この子を連れてくる予定です。猫を飼いたいとお考えの皆さん、是非見に来てくださいね。

ランキング参加中!クリックご協力お願いします。
にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへにほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ



ニックネーム Chirota at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 里親会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月07日

迷子情報

必死にいなくなった愛犬を探していらっしゃる方の情報が入りました。詳細を飼い主様にいただいたので、ブログにも掲載させていただきます。以下、飼い主様の日記を転載します。


★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

迷い犬を捜しています。

見かけた方・保護して頂いている方は是非ご連絡下さい。


犬の名前 :さくら(メス)
犬の年齢 :2歳2ヶ月
犬の種類:Mダックスフンド
犬の毛色 :レッドダップル(背中・耳部分に濃茶が混ざってる。)
犬の体重 :4〜5kg(小さめ)
その他特徴:☆黄色と水色の首輪(お花が付いている)とチェーンカラーをしていました。
     ☆鼻に擦り剥いたケガをしています。 
     ☆とても警戒心が強く臆病な子です。
居なくなった日時: 1月21日(水)昼ごろ
居なくなった場所: 小山市中島・河川敷付近
当時の状況:ゲージから逃げ出しました。

さくらを預けておいた訓練士から、盗難されたと聞かされ、
1ヶ月以上、千葉・埼玉方面を捜していました。
<※訓練所に所属している訓練士ではありません。>

さくらが居なくなってからすでに時間が経っている為、
なかなか情報がなく、持病もあり薬の服用が必要ですので、
一刻も早く、さくらを見つけ出したいと必死で捜しております。

家では、さくらの両親・姉妹のMダックスもさくらの帰りを待っています。

すでに、どなたかに保護されている可能性もあります。
どうか、些細な事でも構いません。
情報をお寄せ下さい。

P1010175_sh01s.JPG

P5200254s.JPG


★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★



ランキング参加中!クリックご協力お願いします。
にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへにほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ


ニックネーム Chirota at 01:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 迷子動物情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月06日

4/5里親会報告

桜のシーズンになりましたね。
昨日今日と天気がよかったので、お花見日和でしたね。

昨日は大きい猫が3匹、仔犬が1匹、成犬が1匹里親が決まりました。あと1匹成犬がお返事待ちということになりました。大きい子が多かったのに、結構決まってくれて良かったです。子犬や子猫が多いと、どうしてもそちらに皆さん目が行ってしまうようですが、大きい子も可愛いですよ。

特に犬の場合はしつけの大変な時期は過ぎてるし、Mixの仔犬だと成犬時の大きさが分からなかったりするけど大きさも分かるし、性格も分かります。大人のワンコはお勧めだと思うんですよね。

おととし、行方不明になってみんなで捜索したなっちゃんも決まりました。よかったね。幸せになってね。なっちゃんは今日保護主さんがお届けに行かれたそうです。

83412213142qz2.jpg


そこのおうちはニャンコもたくさん保護しています。そのうちの2匹も決まりました。あとは3月24日の日記に写真を載せたグレートラのアトムくん。この子も決まりました。

実はここのところ仔犬の相談が立て続けに来ています。現時点で仔犬の相談が3組来ています。ワンコシーズンはひと段落と思ってたのに、まだ続きそうです。ちょっと大きめになってしまった子たちもまだまだ残っているのですが…。

うちの会ではワンコの一時預かりできる方が少ないんです。猫は結構協力者さんが増えてきたのですが、ワンコはできない人が多く、そういう時は小山のスタッフさんに協力要請しています。でも小山のほうもワンコがいっぱいで、いよいよ預かり先も手詰まり状態になってきました。

犬の一時預かりできるよ、という方がもしいらっしゃいましたら、是非当会にご協力いただけないでしょうか?

下この子たちは捨てられてたワンちゃんです。小山の里親会で里親になってくださった方が保護されました。
DSC_0566ms.JPG


この子たちは募集記事を投稿してます。興味のある方はこちらをご覧くださいね。


ランキング参加中!クリックご協力お願いします。
にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへにほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ


ニックネーム Chirota at 23:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 里親会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする