disaster.gif

2008年08月07日

さよならななちゃん

記事を書くのはものすごく久々です。
いつも読んでくださっていた方々、すみませんでした。
書く時間がなかったわけではないのですが、書きたいことが盛りだくさんで、逆に書きだしたら大変なことになりそうで、億劫になってしまっていました。ゴメンナサイ。

前回の記事、ヒール君の預かりでしたね。でもそのあとすぐヒール君は無事里親さんにもらわれ、そのあとは三毛の野良ママ「みーたん」を、そのあとは宇都宮のある倉庫で保護された白黒猫「ふーちゃん」を預かりました。みーたんは今実家に預かってもらって里親探し中。「ふーちゃん」はうちで血液検査&ワクチンのあと、モカと同じ部屋に入れて2匹が仲良くなりだした頃に里親が決まりました。

今日久々に書こうと思ったのは…里親会のことではありません。

みなさん、私のホームページに訪問してくださったことはありますか?そのトップページに寝ている仔猫の写真が載っていると思います。「Chirotaのホームページ」という名のホームページだし、私のハンドルネームChirotaは昔飼っていた愛猫チロタから取ったものなので、みなさんあの猫がチロタだと思っている方もいらっしゃったみたいなのですが…。

あの仔猫は「ななちゃん」、チロタの晩年うちで保護した子でした。このブログの私のプロフィール画像はチロタともう1匹小さな猫が写っていると思いますが、その子がななちゃんです。ブログのトップ画像の、哺乳瓶でミルクを飲んでいる子もななちゃんです。

なぜこの子がいろんなところに使われているかというと、手元にある保護した子の写真で一番器量良しぴかぴか(新しい)だったから!

IMG_1623s.JPG

というのもありますが、それまでもミルク飲みを保護したことは何度かありましたが、ななちゃんは生後直後(恐らく2日後)と思われる時に保護し、家族みんなでお世話をしました。

そして、それまでの写真はデジカメじゃなかったこともあって、そんなにバンバン写真を撮ってはいなかったのですが、ななちゃんを保護した頃はデジカメを持っていたので、沢山写真を撮りました。

下の写真でななちゃんにミルクをあげているのはうちの旦那さんです。当時はまだ婚約中でうちに遊びに来た時にミルクやりをしてくれました。

IMG_1413s.JPG


ななちゃんはその後近所のお宅にもらわれたのですが、今日母から「ななちゃんが昨日亡くなったと連絡があった」と伝えられました…。

ななちゃんは2003年生まれのまだ5歳、亡くなるにはあまりにも若い年齢でした。母から聞いた話だと、難病に罹っていて、その治療をするには東京の専門の病院に行かなければならなかったとか。そのときにはもうななちゃんは弱っていたようで、断念したそうです。

私はその飼い主さんと直接お話していないので分からないのですが、いったい何の病気だったんだろう…。とても残念です。

ななちゃんがうちに来たのは2003年6月2日、母の誕生日でした。姉の同僚宅で野良猫が出産したようなのに、親猫が育児放棄したらしく、見かねて出産翌日に保護し、うちで面倒を見る事になりました。

へその緒もまだついた状態の、手のひらに2匹乗るくらいの小さな命。それから、家族みんなでの子育てが始まりました。

保護直後のななちゃんたち。
隣は兄妹のぶちちゃんですが、
残念ながら成長する姿は見ることが出来ませんでした。
kitty2.JPG


生後4日目のななちゃん。
IMG_1367s.JPG


生後1週間目
IMG_1394s.JPG


生後約10日。目が開きました。チロタと2ショット。
IMG_1435s.JPG


まだぶちちゃんのいる頃。
元気なななちゃんはぶちちゃんのミルクを
しょっちゅう横取りしようとしてました。生命力のある子でした。
IMG_1428s.JPG


生後約20日。よちよち歩きです。
IMG_1498s.JPG


ミルクが欲しくてよく自分の指をしゃぶってました。
IMG_1510s.JPG


生後約1ヶ月。
IMG_1525s.JPG


顔を近づけるとチョイチョイと触ってきました。
IMG_1659s.JPG
IMG_1660s.JPG
IMG_1661s.JPG

触られているのはうちの旦那さん。この頃新居探しをしていた私たちは、ななちゃんを引き取りたいと思って一生懸命ペット可の物件を探していました。旦那さんも自分がミルクをやった子だから、かなり思い入れがあったようです。でもそうしているうちに近所の人にもらわれることが決まったのです。

寝顔もすごく美人な子でした。
IMG_1663s.JPG
IMG_1607s.JPG
IMG_1694s.JPG


ななちゃんは顔に似合わず、やんちゃでお転婆ですごく勝気な子でした。よくカーテンにも登ってました。当時13歳だったチロタもつられてカーテンに登ってました。残念ながらその写真は残っていませんが…。

その後里親さんのもとで1匹で飼われていたななちゃんにとっては、うちでの日々は仲間と過ごした唯一の時間だったのでしょうね。今頃はチロタやぶちちゃんと遊んでいるのでしょうか…。それとも大好きな人間のお母さんのそばに居るのかな…?

チロタ、ぶちちゃん、ななちゃんがそちらに行きました。もしななちゃんが道に迷っていたら、導いてあげてくださいね。

ななちゃん、闘病生活、お疲れ様でした。

みんなを幸せにしてくれてありがとう。

nanachans.JPG


ランキング参加中!クリックご協力お願いします。
にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへにほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ

ニックネーム Chirota at 23:55| Comment(2) | TrackBack(0) | 保護日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする