disaster.gif

2008年06月18日

次は2部制?

前回の6/11の記事、非公開のままずっと保存していたようです。私はいつもとりあえず非公開で記事を保存して、全部書き終わったら公開にするんです。PCが古くて、すぐ固まったりエラーになるので、こまめに保存しながら書いています。最初から公開にしてしまうと書きかけの文章がブログに載ってしまうので。

なので、今日公開にしたので、いつもブログを読んでくださっている方は、「こんな記事あったっけ?」と思われるかもしれませんね。ごめんなさい。

日曜日の里親会の報告を書こうと思ったのですが、やっぱり睡魔に負けちゃいそうなのであとでアップします。とりあえず、次回の里親会は仔猫がまたまた増えそうなので、午前と午後の2部制にしようという案が出ています。午前は10:00〜12:00、午後は12:30〜14:30。一応まだ決定ではないですが、早めにお知らせしておきます。

いや〜、こないだの日曜日の里親会の様子からすると、そうでもしないとやっていけません。ケージが足りないのもあるけど、猫も人も多くてスタッフは足りなくて、全然対応が追いつかない感じでした。詳しくはまたあとで記事にしますね。

うちで一晩預かったヒール君です下
080614_2017.jpg

モカがいるので、一晩だけでも預かりはすごく気を遣います。接触しないように、ケージからケージへの移動でした。さらにケージを置く部屋にはモカを入れないようにしました。もし万一伝染病を持ってたら、愛猫に移すわけにいきませんもんね。

うちの会のスタッフはみな家に猫を飼っています。多分みんな里親会後に家に帰ったらすぐに着ていたものを全部着替えていると思います。私も、帰ったらモカが「おかえり〜」とスリスリして来そうになるんだけど、「ダメダメ」と言って、真っ先に脱衣所に直行して全部着替えます。そしてうがい手洗いをしてはじめてモカを抱っこしてあげます。以前動物病院の看護婦をされている方も、同じようなことをおっしゃっていました。

今日はちょこっとだけ記事を書くつもりが、結局結構書いちゃったあせあせ(飛び散る汗) メール出さなきゃいけないところもまだあるし、このへんで。

ランキング参加中!クリックご協力お願いします。
にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへにほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ

ニックネーム Chirota at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 里親会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月11日

猫ピーク

日曜日は里親会でした。
ここ最近里親会報告をブログに書いていませんでしたね。

土曜日も朝から夜まで動物関係で動いていたので、日曜日里親会に行くのがちょっとキツかったです。運動不足で体力もないしー。でも、続々と入ってくる猫の情報を考えると、きっと日曜日の里親会も忙しくなるはず。結局行ってしまいましたが。

ここのところ里親会は仔猫であふれてます。前回も20匹以上出てたし、今回も20匹以上。でも控え組も今こちらに入ってきているだけで30匹くらいはいます。きっとこれからまだまだ問い合わせは来るだろうし。

私がボランティアをはじめてから春のシーズンを迎えるのはこれで2回目です。でも去年よりなんだか多くない??世間一般今年は猫が沢山生まれたのか、里親探しをするということが広まってきたということなのか…。それだけ殺処分数が減っているのなら嬉しいのですが、昨年度の栃木県の処分数を見ると、猫はむしろ増えていました。悲しいことです。

この日は親子組が仔猫とともに親猫ちゃんももらわれることになりましたぴかぴか(新しい)。先週三毛ちゃんと白黒ちゃんを悩んでいたご家族で、2匹を勧めてみたものの、「やっぱり1匹で」と白黒の子を選んだにもかかわらず、その後「やっぱり三毛の子も欲しい」と問い合わせをしてきてくださいました。できれば親猫ちゃんとペアでもらってもらいたいうちらにとっては、「親子でもらってくださる方を優先したいんです」と伝えたところ、この日里親会に来てくださっておうちの方と相談の結果、なんと2匹のほかに親猫ちゃんまで迎えてくださることになったんです。おめでとう!クロちゃん!子供達と一緒に可愛がってもらってね♪

IMG_5566s.JPG

この日はその親子組の猫3匹のほかに仔猫3匹がもらわれました。犬も出していましたが今回は譲渡ゼロ。遠く茂木からワンコを保護した方が参加してくださいましたが、その子も決まりませんでした。

この日も急な持ち込みがありました。そのうちの1匹は当日捨てられていた子です。捨てていく人を目撃した方が居たそうです。捨てるのは犯罪だということが分かっているんでしょうか…。でも、いくら犯罪だ、罰金だ、と言っても、はっきり言ってなんの効果もないですよね。こんなに捨て犬捨て猫が多いのにそれで捕まったなんて話聞いたことないです。私が知らないだけ??もっと有効な法律を作ってもらいたいものです。

M市N様預かり猫-ヒール君2.JPG

保護したものの、預かり先がありません。シェルターのないうちの会。こんなときとても大きな壁にぶち当たります。手持ちの預かり先はもうどこも春生まれのニャンコたちを頼んでしまっているし、困りました。

里親会が終わっても、預かり先のないニャンコがこの子を含めて2組。車掌さんがいろんなところにあたってみたものの、中々見つかりません。そんな時、私の携帯に新着メールのお知らせが届きました。

早速メールを見てみたら…「猫の飼育経験がなく飼えるかどうか分からないので、一時預かりを希望」というような内容のメールでした。車掌さんやスタッフのTさんにそのメールを見せたら「早く電話しろ」って言うので、すぐに先方に電話してみたら、「連絡早いですねあせあせ(飛び散る汗)」と言われました。それで、その捨てられてた秋生まれの茶トラちゃんをその方にとりあえず1週間お願いすることに。行き場のなかった茶トラちゃんに、まるで神様から手が差し延べられたようでした。

もう1組も、なんとか預かり先が決まり、次の里親会までとりあえずしのぐことが出来ました。でもきっとまたこのあと続々と保護や預かりの相談を受けるでしょうね…。もう手持ちのカードはなくなっちゃったのに、どうしたらいいの〜顔(泣)

茶トラちゃんはとりあえず土曜日まで預かっていただくことに。そのあとは動物病院にお願いするかどうするか…。一時預かりの方には「ヒール」と名付けてもらいました。プロレスの「ヒール(悪役)」ではなく、「癒し」の「ヒール」だそうです。きっとその方はその茶トラちゃんに癒されているんでしょうね四葉

ランキング参加中!クリックご協力お願いします。
にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへにほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ


ニックネーム Chirota at 21:36| Comment(2) | TrackBack(0) | 里親会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月06日

いなくなった飼い犬を探している方からの相談

先日、「6月1日にフレンチブルドッグのオスとメス2匹が家から逃げ出してしまいました。もし何か情報があればぜひご連絡をいただけないでしょうか?」という問い合わせがありました。

警察・愛護センター等にはすぐに連絡をしたそうですが、ご自身が現在入院中とのことで、身動きがとれないが、なんとかしてやれることはやるということでした。

私のブログ・掲示板にも情報を掲載しますので、ご近所の方でもし心当たりなどございましたら是非ご連絡ください。

お問い合わせはこちらまで。


***************************************************************

■犬の特徴■
フレンチブルドッグ2匹

<チビ>
1歳、オス、去勢済み
尻尾が丸い、全体的に黒い毛
足先・あごの下からおなかにかけて鼻筋にそって白い
首輪・鑑札等はつけていませんでした

<ぷぅ>
2歳、メス、避妊していません
尻尾はほとんどない、全体的に黒い
チビの母親
帝王切開で出産、手術痕はよく見ないと分かりません
首輪・鑑札等はつけていませんでしたがマイクロチップが
入っていて登録してあります。

■いなくなった場所■
益子町の益子焼き供販センターの周辺

■いなくなった時間帯■
朝9時頃

■居なくなった経緯■
自宅の玄関のドアを押し開けて開けて飛び出してしまった

■飼い主さんからのメッセージ■
家で産まれた犬で我が子のようにかわいがっておりました。いなくなってから食べても吐いてしまい毎日涙が止まりません。もしだれか心優しい方が拾ってくださっているのであればぜひとも御一報いただきたいと願っております。またお礼もさせていただきたいと思いますのでよろしくお願いします。

20071217100722.jpg


***************************************************************


ランキング参加中!クリックご協力お願いします。
にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへにほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ

ニックネーム Chirota at 07:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 里親会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月02日

Happy Birthday!

昨日は里親会の日でした。
とってもバタバタして色々あった1日でしたが、里親会のことは後日書くことにします。

今日6月2日はうちの母のお誕生日バースデー
うちの実家で預かってた猫達は昨日で全て里親に渡り、今は誰もいなくなりました。先日の記事でも書いたように、埼玉にいる姉が手術のため入院することになり、母は明日から姉のところに行って孫達の世話をすることになっています。猫達の世話が終わったと思ったら今度は孫です。休みなしでごめんね、お母ちゃん。

旦那さんの実家からメロンが届いたので、それも届けようと思い、今日は会社帰りに母への誕生日プレゼントプレゼントを買って、いったん家に帰ってモカを連れて、実家へと向かいました。

仔猫たちがいたから、モカは実家は久しぶりです。うちの実家の家族達は久々のモカを見て喜んでいました。母にメロンとプレゼントを渡すと、母がまず手にしたのはこれ下

080602_2113~0001.jpg

これ、ニャンモナイトというぬいぐるみです。ネットで発見して衝動買いしました。もちろんうちにもあります。母にはミーちゃんと同じ三毛ちゃんをあげました。うちにはモカと同じトラ猫のニャンモナイトがあります。

うちのはこれ下
ほんとの猫みたい顔(メロメロ)
080520_2100~0001.jpg

これはホンモノ下
080521_0118~0001.jpg

こんな格好の猫は「アンモニャイト」と言います。ネットで「アンモニャイト」と検索するといっぱい出てきます。今回母にあげたのはそれをぬいぐるみにした商品「ニャンモナイト」。なんかややこしいね。私なんて人に伝えるとき「ニャンモニャイト」って言っちゃいました。こうなるともうなんだか分かりませんね。子の商品に興味をもたれた方は「ニャンモナイト」で検索してみてくださいるんるん

あと仔猫たちにボロボロにされたというので割烹着をプレゼント。小柄な母にはちょっと大きすぎるのを買ってしまったようです。でも…ニャンコが可愛かったんだよあせあせ(飛び散る汗)

ニャンコが入りそうなくらい大きなポケットです。
※中に入ってるのはニャンモナイト。
080602_2119~0001.jpg


お母ちゃん、いつも猫達のお世話ありがとう。おかげで沢山のニャンコたちがとっても素敵な里親さんの下で幸せに暮らしてるよ。助けられなかった命もいくつかあるけれど、お母ちゃんの愛情をたっぷり注いでもらって、幸せな生涯を送れたと思います。

シェルターを持たないうちの会はこんな風に預かりに協力してくださる方々に支えられています。里親会に来てくださる方は皆さん「動物のためにいつも大変ね、偉いね」と言ってくださいます。でも、里親会を開催して里親を決めることももちろん大切ですが、やはり預かりをしている人が一番大変だと思います。日々の世話や病院通いなど、命を預かっていれば神経も使うでしょうし、自分の生活をその子に合わせてあげなければならないこともあるでしょう。里親が決まるまでは、どうしても誰かがその犬猫達の面倒を見なければなりませんが、その預かり先を確保するのがほんとに大変です。特に病気を持つ子や大人の子、人馴れが厳しい子は受け入れ先がほとんどないのが現状です。こんなときにシェルターの必要性を感じてしまいます。

うちの親はもう動物を飼うのは難しい年齢になってきました。でも動物大好きな一家だったから、家に何も居ないのは寂しいものです。だからこうやって預かりをすることで、また動物との楽しい日々を、短い期間ではあるけれど過ごすことが出来ます。預かりをするとうちの実家の家族はお世話は大変だと思うけど、いつも笑いがあります。猫がいるだけで、家族が明るくなり、会話が弾みます。

長く飼うことはできないけれど、短い期間ならばお世話できる、という方がいらっしゃったら、是非私達に協力していただけませんか?

母の誕生日の話から、ずいぶん脱線してしまいましたあせあせ(飛び散る汗) お母ちゃん、明日からは孫達のお世話になるけれど、久々の孫達との生活を楽しんできてね。

ランキング参加中!クリックご協力お願いします。
にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへにほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ

ニックネーム Chirota at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする