disaster.gif

2008年04月26日

悲しいお知らせ

実家で保護しているさくらちゃん親子ですが、1匹の女の子がずっと下痢をしていて他の兄弟に比べて成長が遅い、というので1週間前の土曜日に動物病院で診てもらいました。原因はコクシジウムでした。

でも、そのときまだ生後2週間。小さすぎて抗生物質を出すのはあまり勧めたくないとの先生のお話だったので、整腸剤だけ処方してもらいました。下痢をいていても一番元気で活発で、他の子達は目やにがひどいのですが、この子だけはお目目パッチリ。すごく器量のいい子でした。

DSC_0121s.JPG

とりあえず元気なので、しばらくそれで様子を見ていたのですが、急に母から勤務中に連絡があり「チビちゃん(兄弟の中で一番小さかったので)が元気がない!死んじゃうかもしれない!」ということだったので、すぐに病院に行ってもらいました。

診察の結果、低血糖で低体温になっており、体温が35℃しかありませんでした。どうもおっぱいを吸っていてもちゃんと吸えてなかったようです。兄弟との対格差が広がり、そのときで既に倍くらい違っていました。他の兄弟は300gを越えているのに、チビちゃんは150gしかありませんでした…。

以前やはりコクシの子を保護しましたが、コクシが落ちるまでなかなか体重が増えませんでした。きっと体格差で他の兄弟に負けちゃって、いつもはじき出されちゃってたようです。母はちゃんとその辺もチェックしてくれて、おっぱいのところに連れて行ってくれてたりしていたのですが、その日はきっと吸う力も弱っていたのでしょう。なので人工哺乳に切り替えることにし、母がずっと懐の中で保温してくれました。母乳じゃなくなるので、コクシもちゃんと治療しましょうということで薬も処方されました。

DSC_0152s.JPG

私も仕事の後実家に寄り、チビちゃんのお世話をしましたが、その後ミルクを少しずつ飲み、自分で動き回るくらい回復してくれました。その夜は母が付きっ切りで保温とミルクをやってくれ、朝に連絡を入れたときは、「少しずつ回復してるよ」と言うので安心していました。

保温してスヤスヤ寝ているチビちゃんです。
080423.jpg

ところが、その数時間後、「チビちゃんと10時30分にお別れになってしまいました」と連絡が入りました…。母の懐の中で眠るように逝ってしまったそうです。朝まではちゃんとミルクを飲んでいたのに、急に飲む力がなくなって…。また母に悲しい思いをさせてしまいました。ごめんなさい…。

振り返ると、その時そのときの判断が果たして正しかったのかと、自分でいろいろ後悔してしまいます。もっと初期に病院に連れて行っていればよかったのかなとか、コクシと分かったとき整腸剤ではなくやはりちゃんと治療した方がよかったのかなとか、逆にコクシの薬を与えたからダメだったのかなとか、いろんなことを考えてしまいます。

チビちゃんがうちに来たのは偶然です。その1週間前までひなくんを預かってもらっていたので、ひな君を引き渡していなければさくらちゃん親子を預かることはなかったでしょう。でも、全ての出会いが必然なのだとしたら、チビちゃんがうちに来てたった20日間だけ生きて、逝ってしまった意味は何だろう…。なんのためにチビちゃんは生まれてきて私たちの前に現れたのだろう、そう思ってしまいます。

DSC_0149s.JPG

親ごと保護して「仔猫は親が面倒見てくれるから」と少し安心していた私たちを戒めるためなのでしょうか。小さい仔猫たちがとてもデリケートなものだということをみんなに伝えるためなのでしょうか。強い固体だけが生き延びていくという自然の摂理を知らしめるためなのでしょうか。獣医さんがチビちゃんの診察の際におっしゃってた「淘汰の対象なのかもしれない」という言葉がすごく心に突き刺さっています。

チビちゃんは昨日母と一緒に実家の庭に埋葬しました。チロタのお墓の隣に埋めました。母と「チロタの隣だから、きっとチロタが面倒見てくれるよね」と言っていました。庭には沢山の春の花が咲き乱れていました。紫色の大根の花、サクラソウ、フロックス、菜の花、オキザリス…。そのお花達を「チビちゃんと一緒にいてね」とちょっと摘み取らせてもらって、チビちゃんをお花で一杯にして埋葬しました。

仔猫たちの成長を楽しみにしてくださっていたみなさん、ほんとにすみません。残った兄弟たちは元気に成長しています。この子達は絶対に守ります!そしていい里親さんにもらってもらえるように頑張ります。

ランキング参加中!クリックご協力お願いします。
にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへにほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ

ニックネーム Chirota at 13:52| Comment(6) | TrackBack(0) | 保護日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする