disaster.gif

2007年10月29日

台風の社員旅行

日曜日は里親会でしたが…別のネタで書かせて頂きますね。

金曜日の夜から土曜日にかけて、会社の社員旅行でした。場所は茨城の大洗。仕事が終わってから車を乗り合わせて移動し、夜は宴会、翌日はあんこう祭りに行く予定でした。

私とうちの旦那さんは同じ職場なので、社員旅行も当然一緒。宿までの配車は別に同じ車じゃなくていいのに、なんだかいつも一緒にされます。いつも一緒なんだから、こんな時くらい別々の車で行きたいよー!でも結局いつも一緒にされちゃいます。クスン。

2人とも行くということは、モカはお留守番です。2人とも留守にするときはいつも実家に預けるのですが、今実家はミーちゃんを保護しているので預けることが出来ません。タイマーで開く給餌器に2日分の餌をセットして、「モカ、行ってくるね〜」と玄関に向かうと、モカがおっきい目をさらにおっきくして「なに、その荷物。」って感じで目をまんまるくしてこっちを見ていました。う〜ん、お留守番ってバレてる!?

大洗の宿についてからすぐ宴会になりました。若手の子達が今流行りの芸人の格好をしてみんなを楽しませた後、チーム対抗のゲームをしました。その中の問題のひとつに、「誰の脳内メーカーかを当てる」というのがありました。脳内メーカーって、一時期話題になったらしいですね。名前を入力するとその脳の中が表示されるってやつ。私は世間の話題に疎いので知りませんでした。さっそくネットで「脳内メーカー」を調べてみて、自分の名前でやってみました。その結果がこれ。

brain.gif


私、遊ぶことと食べることばっかりって事??確かに食べることは好きですけどー。好き嫌いないしー。

別に、姓名判断でもなければ占いでもなく、入力された文字列でランダムに表示されるだけだそうなのですが、なんか面白いです。脳内相性メーカーとかもあるらしい。

このゲームで、各チームの代表者がいろんなかぶり物をさせられてましたが、うちのもさせられてました。ヨン様のお面かぶってリボンつけられてる下

DSC_0522s.JPG

2次会は私は力尽きて寝てしまったのですが、どうもサイコロトークをしてたようで、しかもどの目が出ても「恋話」にしてたみたい。旦那さんは予想通りなれそめを喋らされてたようです。2次会、私がいなくて正解だったんじゃないかなー。いたら話しにくかっただろうし。それまで聴いたこともなかったクラシックを頑張って聴いていたとか言われたみたい。確かにあの頃は私の出る演奏会の曲をCD買って予習してたみたいですけどね。今じゃ全然聴いてないですからねー。そんなもんですよ。

翌日はあんこう祭りの予定だったのですが、台風接近のため中止!今回の旅行のメインイベントだったのに。仕方なく近くのアウトレットで時間つぶして、那珂湊に移動して市場でお買い物して、お寿司食べて帰ってきました。今回の旅行、なんだか風雨の中傘さしてウロウロしたことしか印象に残ってないぞ。

家に帰る車の中で、旦那さんが「モカ、どっちに擦り寄ってくるかなー」と言うので、「先に部屋に入ったほうでしょ」と言ったら、「じゃあ先に入る!!」と張り切ってました。それで擦り寄ってこなかったらショックだろうなーと思っていたら、いつもだったらお留守番の後リビングのドアを開けたら「ニャー」といって擦り寄ってくるモカが、なんかそっけない素振りでした。前も一泊お留守番した時こうなったんですよ。きっと拗ねてるんでしょうね。で、どっちに擦り寄ってくるかなーと思ったら、目の前でゴロンと悩殺ポーズ。

071027_mocha.jpg

こうなってしまったら、モカを触らずにはいられません。猫って、自分がどういうしぐさをしたら飼い主が喜ぶかちゃんと分かってるんですよねー。そんで飼い主はその策略にはまっちゃうんですよ。分かってるんだけど、逃れられないんだよなー。

猫を飼ってない人、是非猫を飼ってそれを実感してみて欲しいなるんるんやめられないですよー顔(メロメロ)


ニックネーム Chirota at 20:26| Comment(0) | TrackBack(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月23日

お誕生日おめでとう

更新がだいぶ遅れてしまいました。書きたいことは一杯あるんだけど、なかなか思うように時間が取れなくて…。

今日は10月23日。父の誕生日です。
お父さん、お誕生日おめでとうぴかぴか(新しい)

父は一見ムスッとしてて、初対面の方には「こわい」と思われるかもしれません。確かに小さい頃は厳しい父でした。でも、動物との事となるととってもやさしい父になります。娘より動物のほうが可愛いんじゃ!?って思うこともありますけどね。

思えば、私の小さい頃からよく動物を拾ってくる人でした。多かったのは鳥かな(野鳥は拾っちゃダメなんですけどね)。母も動物が大好きで、2人の結婚した決め手は動物好き同士だったからでしょうね。私はそんな2人の遺伝子を受け継いでるんだなーとつくづく思います。

私が旅行や帰省のときは実家にうちのモカを預けに行くのですが、きっと一番それを喜んでるのは父でしょうね。モカが来るととっても嬉しそうです。たまにモカを連れずに実家に行くと「なんや、今日は連れてきてないんか」と残念そうです。モカを預けると、まるで孫を抱いているようにモカを抱っこしながら近所を散歩している、と近所の方に言われているそうです。

昔野良ちゃんが仔猫を生んで庭に住み着いたのですが、その時も猫たちのために「猫小屋」を手作りしてくれました。今もニャンコハウスをダンボールで手作りしてくれます。今回うちの実家で保護しているミーちゃんも父が引っかかれながらも捕まえてくれました。ミーちゃんからしたら突然捕まえられて怖かったと思うけど、もし捕まってなかったら今頃寒くてご飯もおなか一杯食べれなかったんだよ。お父さんに感謝しなくちゃね。

このミーちゃんが入ってる箱が父が作ってくれたダンボールハウスです下
DSC_1188s.JPG


前回前々回とちょっと里親会は成果があまりありませんでした。前々回はチビワンが1匹、前回はチビニャンが1匹。やっぱみんなチビちゃんがいいのかな。どっちもまだチビなのでお引渡しは後日。

真ん中の子が決まりました。
仮名は「りんご」ちゃん。
DSC_0318s.JPG


この子は決まったチビニャンコ。
DSC_0309s.JPG


確かにチビちゃんのほうが可愛いです。でも、おうちを求めてる子はチビちゃんだけじゃないんです。半年経っちゃった子も、ちょっと前はチビちゃんだったんです。ちょっと大きくなっちゃった子にも目を向けてもらえるといいな。

この前の土曜日は、車掌さんとワンコを届けに行きました。今回またワンコを通じて素敵な方と出会うことが出来ました。こういう活動をしていると、人間の身勝手のせいで不幸になってる動物たちを数多く目にして、悲しくなることとか嫌になっちゃうこともあるけど、いい方との出会いも沢山あります。私はそんな出会いを大切にしていきたいなと思っています。

ランキング参加中!クリックご協力お願いします。
にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへにほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ

ニックネーム Chirota at 21:48| Comment(0) | TrackBack(1) | 里親会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月13日

里親会と運動会

今日は土曜日です。
里親会の記事を書こう書こうと思いつつ、なかなか書けなくて、明日で1週間になっちゃうところです。

日曜日は恒例の里親会。うちの実家のミーちゃんがデビューすることになっていて、ネットで記事を見た里親希望の方が里親会に来ることになっていました。

でも、近くなるまですっかり忘れてたのですが、この日、自治会の運動会でした!ミーちゃんは出さなきゃいけないので、とりあえず実家に行ってミーちゃんを連れてきて、里親会会場に置いてきてから運動会のほうに向かうことにしました。

ミーちゃんを会場に置いて、運動会に行こうと思ったら、次から持込を希望されているという方の猫の写真を撮ってほしいと頼まれました。自宅付近にいたのを保護したそうです。猫風邪を引いてるので今は里親会をお休みさせたいということでした。お子さんも動物が好きで、また近くに小学校があってよく動物が捨てられていて今までもよく保護されていたそうです。なんでみんな捨てるの??

DSC_0091s.JPG

このくらいの大きさだともらわれやすいけど、白黒はちょっと人気がないんですよね…。早く猫風邪治ってほしいな…。ちょっと休むとすぐ大きくなっちゃうから。

その後自治会の運動会へ。うちの旦那さんは4種目に出場していました。1種目には間に合いませんでしたが、行ったらちょうど2種目が始まるところでした。2種目目はムカデ競争。体格の小さいうちの旦那さんは背の順で一番後ろになっていました。転倒したとき一番前が一番ダメージが大きいから、大きい人が前になったそうです。

DSC_0166s.JPG

うちの自治会の結果は…残念ながらビリでした。

その後お昼になったので、旦那さんと合流しようと思ったら、突然ピンクのおばさんに呼び止められました。「婦人会の出し物をするんだけど、報告書を出すのに写真が必要だから撮ってほしい」ということでした。えぇーなんで私が??って思ったら「カメラマンですか?」って。ちげーよ!一般人ですって!一眼レフに300mm望遠レンズつけてたから?しょうがないので撮ってあげました。

DSC_0172s.JPG

で、出し物が終わったのでおばさんがまた私のところに来ると思ったら、みんな解散してしまって、誰も来やしません。撮ったはいいけど、どうすんの??本部にいたピンクの人を捕まえて事情を説明したら、「じゃあ、連絡先を教えてもらえますか?あとで連絡させます」って言われたので、住所と電話番号を書いて渡しました。その後…何も連絡はありません。いったいなんなのよっ!ご飯食べずに撮ってあげたのに。ていうか、そんなことなら事前に誰かに頼んどくべきでしょっ。

その後ようやくご飯にありつけましたが、案の定お昼の時間が短くなっちゃいました。旦那さんは私が来てるはずなのにどこにもいないから、車に戻って一人でご飯食べてたみたい。みんなと一緒に食べりゃいいのに。まあ後で合流しましたけどね。

その後また旦那さんの出る種目がありました。長縄跳び。うちの自治会の記録は…3回だったかな?年齢問わずだったので、うちの自治会は子供が沢山出ていました。なのでちょっと難しかったみたい。自治会対抗リレーまで見たかったけど、里親会が終わる時間になったので里親会会場に戻りました。

ネットで問い合わせがあった人は無事譲渡できたそうです。

DSC_1141s.JPG

この子がそうです。淡い三毛ちゃん。「タキタニ」ちゃんという名前をつけてもらったそうです。可愛がってもらってね。

その他に3匹決まりました。1匹は一度もらわれたものの先住猫ちゃんと相性が悪く戻されちゃった子。でもこの日決まったということで、里親さんも安心したでしょうね。今度は出戻らないでね〜。

DSC_0109.JPG

あとは宇都宮の近所の野良猫対策をしている方の仔猫。8月末に生まれてこの日デビューでした。5匹きょうだいのうちメス2匹がもらわれました。

この子はぷりんちゃん。
チャップリンのようなおひげがあるので。
DSC_0135s.JPG

この子はまるちゃん。

DSC_0122s.JPG

そしてこの子達は残った男の子たちです。この子たちもカワイイ!

DSC_0138s.JPG

里親会の後、車掌さんは1ヶ月前に里親先で行方不明になった子の情報が入ったということで鹿沼へ。行ってみたらその子だったそうです!その後他のスタッフも加わり捕獲作業したものの、警戒心が強くなっててダメだったようです。翌日もスタッフ数名が行って捕獲を試みましたがやっぱりダメ。

うちの犬好き広報担当スタッフが一番頑張ってくれて、平日も向かってくれたようです。その後、小山支部のスタッフの方がその子のきょうだいを連れて行って一緒に遊ばせて、見事保護することが出来たそうです!よかったぁ。彷徨っていた間、どんな気持ちだったんだろう。でも最後にいたパチンコ店の方には可愛がってもらったみたいだし、よかったです。その子はまた小山支部のほうに戻ることになりました。

今週はきっとみんな動物関係のことでいろいろ大変だったと思います。体制が変わってから、みんな以前に比べて確実に変化している気がします。みんな自分の意思で行動し、動物のために一生懸命になっています。いい仲間に恵まれて良かったなぁと思います。

ランキング参加中!クリックご協力お願いします。
にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへにほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ

ニックネーム Chirota at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 里親会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月08日

いっちゃんお届け

土曜日はシャムのいっちゃんを里親様のところに届けに行きました。この日の予定は、

@新宿へいっちゃんお届け
A南麻布へワンコ「ムック」里親様のお宅訪問
B横浜へワンコ「さくらちゃん」里親様のお宅訪問

でした。けっこう盛りだくさん。3件回るから早めに出たほうがいいなと思って、私は8時くらいにこっちを出たらいいかなと思ってたのですが、一緒に行ってくださる車掌さんが前日に「9時くらいに出発かな」と言っていました。道に慣れてる方なので時間の感覚は私よりあると思いますが、えーそれで間に合うのか?と思ったので、9時より早く出たいと伝えました。

そして、当日、私は実家でいっちゃんの準備をして待機していたのですが、案の定8時半になっても連絡が来ません。母にも「何時に待ち合わせなの?」って言われちゃった。結局9時前に連絡が入り、待ち合わせしたんですけど、その待ち合わせ場所がかみ合ってなくて、結局合流できたのは9時半過ぎ。結局出遅れちゃったよー。予想通りまたしても車掌さんは朝から動物関係のことでいろいろ動いていたようです。しょうがないなぁ、もう。でも、待ち合わせ時間くらいはっきり決めてくださいよっ!

移動でウ○チしちゃういっちゃんは、前回の病院のときの方法で連れて行きました。いっちゃんをチロタ袋に入れて私が抱っこして、車掌さんに運転して頂きました。いっちゃん、移動中私の顔を見てしょっちゅう「ニ゙ャー」と鳴いていましたが暴れまわることもなく心配していたウ○チもせずいい子でした。

一応地図も持っていったのですが、道に詳しい車掌さんにはほとんど必要なかったみたい。気がついたら1件目のいっちゃんの里親さんのおうちの付近に来ていてびっくりしました。結局お昼前の到着になってしまい、里親さんがお昼を用意してくださっていました。なんだかご飯を頂に来たようで申し訳なかったです。

早速先住の猫ちゃんたちがいっちゃんに挨拶に来ました。ロシアンのオスちゃんはとっても怖がりだそうで、私たちもなかなか姿が見れませんでした。他の子はとりあえずいっちゃんのところに来てすごくにおいをかいでお決まりの「フーッ!」。いっちゃんもチロタ袋に入ったまま固まってしました。でもわりとすぐ慣れちゃったみたいで、ケージに入れてもらったらとってもくつろいでいました。

icchan5

いままでも、いっちゃんはわりと知らないところでもへっちゃらでした。新しい里親さんに抱っこされてもとってもいい子のいっっちゃん。正式に名前が決まったらどんな名前になるのかな。先住猫ちゃんたちにちゃんと受け入れてもらえるといいけど。たぶんあの調子じゃ、いっちゃんのほうはきっと大丈夫でしょう。耳ダニの治療が終わらなかったことが申し訳なかったです。すみませんが、いっちゃんのこと、宜しくお願いしますね。

DSC_0044s.JPG

次は南麻布のワンコ「ムック」のおうち訪問です。この子は私が問い合わせには応じていましたが、お見合い当日は帰省で欠席してしまったので里親様にお会いするのは初めてです。しかも都会のど真ん中にとっても広いマンションに住んでいらっしゃるし、田舎もんの私としてはそれだけで緊張してしまいます。

おうちに上がらせていただくと、大きな油絵が何枚も飾られていたり、ピアノやヴァイオリンもあるし家具もとっても素敵でした。私がそれに見とれていると、そこへ「ムック」がやってきたので、私は大喜びでムックをなでちゃいました。でもムック、最初私のところに来てくれたくせにそのまま私をトンネルにしてくぐっていき、後ろにいた車掌さんにひたすら甘えていました。ムック〜それはひどいよ〜。私にも触らせてよー。

DSC_0048s.JPG

おもちゃも沢山もらってるみたいで、ケージの中から加えて運んでは、私たちの足元に落としました。沢山おもちゃもらってよかったね。トイレのしつけも、最初は失敗したものの、今ではシートでしかやらないというので安心しました。この子は将来どんな大きさになるか分かりません。4人の獣医さんに聞いて、2人は20kgクラスの大型になるだろう、と言い、2人はそんなに大きくならず、10kgちょい程度だろう、と言っていたそうです。里親様は「将来どんな大きさになるか楽しみ」と言ってくださいました。小さい犬が喜ばれる今の世の中、里親を希望される人の中には「あんまり大きくなるのは困る」と言う方もいます。そんな中でこういう言葉は嬉しいですよね。

DSC_0060s.JPG

3件目は横浜の「さくらちゃん」里親様。ちょっと道が込んでて遅くなってしまいました。ちょうど夕飯時の忙しい時間だったでしょうに、お邪魔してしまって申し訳なかったです。この日は午前中運動会で、連れて行ってもらったらしく、ちょっとお疲れモードで私たちが行った時もサークルで寝ていました。

DSC_0072s.JPG

ここのおうちはお子さんが2人いて、さくらちゃん効果絶大で早起きするようになったとか。家族がみんなでお世話してくださっているそうで、とってもうれしいです。子犬の頃は無条件に可愛いですよね。みんなお世話したくてしょうがないかもしれません。それが今だけの話ではなく、この子が大きくなっても変わることなく是非続けて欲しいです。
お庭もこの子のために改造してくれるとか。どんな風になるのかな。子供たちとともにこの子がここで成長していくのが楽しみです。

訪問させて頂いた皆さんにもまだお礼メールが出せていません。あとで必ず出しますね。申し訳ありません。「いっちゃん」「ムック」「さくらちゃん」をこれからも宜しくお願いしますね。

日曜日の里親会の事も書きたかったけど、ここまでで結構盛りだくさんになっちゃったからまた別記事で書くことにします。


ニックネーム Chirota at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 里親会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月05日

いっちゃん栃木最後の通院&三毛引越し

火曜日と木曜日、シャムのいっちゃんの耳ダニ治療に行ってきました。だいぶきれいになったけど、まだ完治していません。

icchan3.JPG

そして、問題はやっぱり移動の時のウ○チ対策。キャリーでもケージでもウ○チしちゃうから、どうしようかと思案していたのですが、「抱っこしてあげてればやらないのでは?」と思いました。そして、用意したのが、昔チロタを病院に連れて行ってた時に使っていたチロタ袋。手作りの猫袋です。チロタはここから顔だけ出して、抱っこして通院させていました。

同じようにいっちゃんを袋に入れ、顔だけ出して口を絞って紐を縛りました。その状態で抱っこして、車に乗り込みました。母は「その中でウ○チしたらどうするの!?」って言ってたけど、なんとなく、この中じゃならないだろうという気がしていました。きっといっちゃんは狭いところに閉じ込められて一人にされて、不安でウ○チしてしまったのだと思うんです。だから、ずっと抱っこしてあげてれば安心するだろうと。

icchan4.jpg

最初いっちゃんは身動きが取れない状態なので、嫌がって袋から出たがりましたが、そのうち慣れたようです。そして、無事ウ○チされることなく病院に行くことができました!耳ダニ治療の際の耳掃除も、袋に入れたままやると暴れても押さえてなくて済むから便利♪木曜日なんて、車の中でずっとひざに抱かれて気持ちよさそうにして、時々私の顔を見て「ニャー」と話しかけていました。ほんとは抱っこしながらの運転、危ないんですけどね。この方法ならお届けもばっちりです!

そうそう、いっちゃんは今週の土曜日、里親さんのお宅に届けることが決まりました。やっとおうちに行けるね。耳ダニにの治療が終わらなかったのがとても申し訳ないのですが…。この日はついでに都心方面に里子に行った子達の訪問も2件したいと思っているので、ちょっと忙しくなりそうです。


話は変わって、実家で保護している野良の三毛ちゃん、最近お外が寒いので、いっちゃんの入らない別の部屋に隔離して、もっと大きいケージに移して家の中に入れてあげることにしました。

あの外の狭いケージじゃかわいそう、って思っていたのですが、三毛ちゃん的にはその環境になれて最近ではくつろいでいたようです。母も夜寒くないように、父がダンボールで作ってくれた猫ハウスを入れてあげて、ホッカイロも入れて、上からビニールや毛布もかぶせてくれていました。

そこから家の中に移動させたら、逆にびっくりしちゃって、ハウスの中から出てこなくなっちゃいました。だいぶ人馴れしましたが、まだほんのちょっとの物音にビクビクしています。

michan.JPG

でも、1週間前の状態を考えると、よくここまで馴れたなぁって感じです。なでてあげると気持ちよさそうにスリスリして、ゴロゴロ言います。おなかを見せてクタンクタンになっちゃいます。目も母がよく拭いてくれてるので、以前よりパッチリして、毛並みもきれいになって、とっても美人さんになりました。こんな風に変わったのも、母が愛情たっぷり、面倒見てくれてるからですね。母に感謝です。

michan3.JPG

まだコクシの治療も終わってないし、まだ怖がりなので、母は里親会に出すのを渋っていたのですが、待っているとあっという間に大きくなります。なので、引渡しは後にするとしても、とりあえずは里親会に出して、1回でも多く希望者さんに見てもらったほうがいいかなとおもって、次回の里親会に連れて行こうと思います。

この三毛ちゃん、母は「ミーちゃん」と呼んでいるようです。三毛だとミーちゃんって、多いですよね。昔飼ってた三毛猫は親猫は「三毛ちゃん」だったけどその子供の三毛は「ミー子」って呼んでました。ミーちゃんデビューまでもう少し馴れてくれるといいな。土曜日からはいっちゃんがうちからいなくなるので、家の中に放してもらえるだろうし。そうしたらだいぶ慣れるんじゃないかなぁ。あとコクシも早く落ちてくれないかなー。


ランキング参加中!クリックご協力お願いします。
にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへにほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ

ニックネーム Chirota at 07:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 保護日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月03日

冷たい雨だったけど

日曜日は里親会の日でした。
天気予報は雨雨。しかも気温20℃を下回っていました。なんでいきなり寒くなるのexclamation&questionしかも先週も雨だったし。大蔵大臣さんがお仕事でお休みだったので、スタッフは1人欠員。でも小山支部の方のスタッフさんが来てくださることになっていたり、持ち込みの方でずっと前から近所の野良猫を保護しては里親会に出していた方が来てくれることになっていたので、助かりました。この持込の方はスタッフではないのですが、来てくださるとほとんどスタッフと同じような働きっぷりなので、私たちも心強いです。

雨の天気の上に、この日は色々な所で里親会が開催されていたようだったので、お客さんは少ないだろうなー、と思っていたのですが、思いのほか沢山のお客さんが。しかも今回の新聞広告は先週デビューの壬生町の保育園に住みついている仔猫を出したのですが、その新聞を見て来てくださった方が新聞に載っていた子を希望され、めでたく里親さんに決定しました!

DSC_1104.JPG

その子のきょうだいの三毛ちゃんも決まりました。この子達は普段外にいて、先週里親会に出すのに保育園の職員さんが捕まえてきてくれたのですが、とってもノミだらけだったんです。先週は大蔵大臣さんとスタッフのAさんがせっせとノミ取りをしてくださいました。残る1匹は薄い三毛の子。以前ブログにも書きましたが、「ダイリュートキャリコ」です。この日デビューだったので、Aさんがフロントライン&ノミ取りをしてくださいました。

下この子は決まった三毛ちゃんです。
DSC_1115.JPG

あと決まったのが、小山支部の方の保護していた茶トラのニャンコ。白黒のニャンコと2匹で出されていましたが、この2匹、オス同士ですがとっても仲良しなんだそうです。白黒くんがとっても面倒見がよくて、茶トラくんをとっても可愛がってくれているそうです。そして、この日、茶トラくんだけ里親さんが決まりました。ケージから茶トラだけ出され、一人になると白黒くんは落ち着かない様子で鳴き始めました。ずっと一緒だったのにね。さみしいね。

DSC_1132.JPG

翌日、その茶トラくんの里親さんから問い合わせがあったそうです。なんでも、茶トラくんは里親さんのおうちで落ち着かず、暴れまわったり物陰からずっと出てこなかったり、誰かを探すように鳴くんだとか。きっと白黒君を探してるんですね…。それで、里親さんに白黒君のことを伝えて、2匹の仲の良さを話したところ、なんと、その白黒君も里子に迎えてくれることになったそうです!

Tom.jpg

保護していた小山のスタッフさんが白黒君を届けに行くと、どこかに隠れていた茶トラ君が出てきて白黒君の後をついて歩いたそうです。それだけ2匹の絆は強かったんですね。オス同士なのが気になるところですけど、様子を見ることにしたそうです。理解のある里親さんで2匹が幸せになりました。なんか心があったまりますね。せっかく仲良かったのに、2匹一緒の写真撮り忘れちゃった顔(泣)

この日デビューの子もいました。1匹はキジトラの4ヶ月の男の子。里親会のケージに入れたらちょっと怖がってビクビクしてかわいそうでした。でもたいていの猫は1回目はそうですからね。

DSC00102_R.jpg

あともう1匹もこれまたちょっと大きくなってしまった5ヶ月の男の子。見た感じメインクーンの血が入ってそうな感じです。毛が柔らかくてふさふさしてて、尻尾の毛も長くてゴージャスです。指の隙間からも長い毛が出ていて、長毛種の血を感じさせます。模様は白×黒トラだけど、トラ模様もきれい。それからちょっと足が短い感じがします。マンチカンの血も入ってるのかな?

DSC_1137.JPG

スタッフのAさんは、この子のことを「デブ猫ピヤ君みたい!」って言ってました。皆さん動物奇想天外はご覧になってますか?あれで登場するデブ猫ちゃん。確かにちょっと似てるかも??ちょっと大きくなっちゃってるけど、この子なら里親さん見つかるんじゃないかな。

火曜日は実家で預かってるシャムのいっちゃんを病院に連れて行きました。その事とか、実家で保護した三毛ちゃんの事も書きたいけど、すでに結構長くなっちゃったので、また日を改めて書くことにします。

ランキング参加中!クリックご協力お願いします。
にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへにほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ



ニックネーム Chirota at 22:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 里親会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする