disaster.gif

2007年08月05日

古代ハス…でも明日が気になる…

今日はかねてから母が行きたがっていた「あしかがフラワーパーク」の「古代ハス」を見に行ってきました。7月中旬に一度行こうとしたのですが、結局行かず、今日になってしまいました。

会社でも「古代ハスを見に行くんだー」と同僚に話していたのですが、「ハスとスイレンってどう違うの?」という話になりました。そういえば、どこが違うのか知りませんでした。なんとなくは分かるけど。というか、そもそも「スイレン」は良く見る機会があっても「ハス」って見る機会があまりない。レンコンならあるけど。

予め調べた情報だと、ハスは早朝咲くとのこと。今日は出れる時間が朝早くは無理だったので、着く時間に咲いてるか不安だったのですが…。

「あしかがフラワーパーク」に到着し、園内に入ろうとチケット売り場に行ったら「今日は足利の花火との協賛で無料です」と言われました。ラッキーるんるん

園内に入り、母と伯母はその辺の花をじっくり見始めたのですが、のんびりしているとハスがしぼんじゃうかもしれない。先に古代ハスを見よう、といって古代ハスの池を目指しました。すると…

これ下、畑じゃないですよ、池です。
一面に古代ハスが生えています。極楽浄土って感じ。
DSC_0289s.JPG

ハスの花・葉の大きさに驚きました。
しかも背丈が私の背より高いです。
とっても気品があって、きれいです。
ハスってやっぱり仏教的ですね。
070804_1129~0001.jpg

花の中はこんな感じ。中に果托が見えています。
DSC_0293s.JPG

花びらが散り、果托だけになるとこんな感じ。
蜂の巣のようです。さすがハチスですね。
DSC_0308s.JPG

ハスとスイレンの違い、ネットで調べたら載ってました。
「あしかがフラワーパーク」には「モネの池」もあります。
モネだから、スイレンでしょうね。
これがそこに咲いてたものです下
DSC_0319s.JPG

今年はハスはもう終わりの時期だったようです。7月中旬に来てたらもっと沢山咲いてたのかなぁ。きれいだったけど、次回はもっといい時期に来たいです。

ちなみに、英語ではハスはLotusですが、スイレンはどうなんだろうと同僚と話していました。そしたら、ヨーロッパでは同じLotusだそうですが、アメリカではWater Lilyと使い分けているそうです。

あしかがフラワーパークを後にして、次は桐生の織物参考館に行ってきました。伯母は大阪に住んでいる時洋裁の仕事をずっとやってきて、今は私達家族と同居しています。そんな伯母がずっと行ってみたいと言っていた場所でした。いろんな織機が置いてあって、機織体験なんかもできて、実際に今稼動している工場も見学できます。織物は古代エジプト時代からあったということですから、人間ってすごいなぁと思ってしまいます。

今日は母たちにサービスした1日でしたが、やはり明日の里親会が気になります。だって、ケージが足りないかもとか言うからー。外出中もメールでいろんな人とやり取りし、家に帰ってきてからケージを調達に行ったり手配したり。でもまあ、私がやったことと言えばそれくらいですが。たいした事してません。まあ、明日はなるようになるでしょう。

最終的に明日の里親会は持ち込みの猫が最大8件で18匹(!)です。ニャンコシーズンはまだまだ続きます。犬は1件2匹。ワンコは2匹だけといっても、待機中の子は沢山います。もし興味がおありの方は是非壬生のジャスコまで足を運んでくださいね。

ランキング参加中!クリックご協力お願いします。
にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへにほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ

ニックネーム Chirota at 01:42| Comment(2) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする