disaster.gif

2007年08月03日

一ヶ月の猶予期間

先日の記事で「存続の危機」と書きましたが、何が起こったかというと…。

「動物友の会石橋支部」の要だった支部長さんが「動物友の会」離れ、独立されることになりました。会の内部でもいろいろあったようですが…。支部長さんは独立後、新たに里親会会場を確保し、そこを拠点に活動をされるようです。

支部長さんが去った石橋支部、今後どうなるのかというと…先行き不透明です。大元の「動物友の会」から別の方が来て里親会を開催される可能性があります。そうなった時、今まで支部長さんとともに活動を続けてきた石橋支部のメンバーには以下の選択肢があります。

@「動物友の会」を脱会し、支部長さんとともに活動を続ける
A新たな責任者の下で「動物友の会」のメンバーとして活動を続ける
B全く別のところで活動するか、活動をやめる

石橋支部には、支部長さん以外自宅で一時預かりができるメンバーがいませんでした。なので、支部長さんが抜けるということは、保護の要請が来ても受けることができないということです。でも、石橋支部は今、里親会に持ち込みという形で里親探しをしている一般の方を多数抱えています。先日の仔猫を保護した大学生さんもそうです。その方達のためには、なんとしても里親会を開催しなければなりません。

自分が今後どうするのか、全く決められない状態でいたところに、支部長さんとともに石橋支部を立ち上げ、長年ずっとともに活動を続けて来られた男性ボランティアさんが、「8月末まで、今のメンバーで壬生の会場で持ち込みの方のための里親会を開催する許可を会長から得た」と連絡が来ました。

今そのための様々な手配をするために、男性ボランティアさんが奔走されています。「壬生を今のメンバーで守ります」と会長におっしゃったそうです。
メンバー全て、今後どうするかは未定ですが、とりあえず会長から「好きなようにやってごらん」と言われた1ヶ月間は仲間とともに私も頑張ってみようと思います。

直近で困っていることといえば、ニャンコが沢山持ち込まれるのに、ケージが足りないんです。前は支部長さんのところのと、他のメンバーが会のために買ってくれたやつで事足りてたのですが(他にも借りたりしてましたが)、支部長さんのところのあてがなくなったので、今ケージが必要数確保できていませんふらふら。他のところにも打診はしているのですが…。最悪購入しなければならないかもしれません。

近郊にお住まいの方、もしおうちで眠っているペットケージ(折り畳み)があるようでしたら譲っていただけないでしょうか??

ランキング参加中!クリックご協力お願いします。
にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへにほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ


ニックネーム Chirota at 21:00| Comment(4) | TrackBack(1) | 里親会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする