disaster.gif

2007年03月07日

里親会は春の陽気

この間の里親会の事をブログに書きたかったのに、ここしばらく旦那にパソコンを占領され、記事がかけませんでした。今日は自分のパソコンを使うらしくやっと書き込めます顔(笑)

この日はワンが3匹決まりました。
2匹は持ち込みの方のワンで、もう1匹は小山支部のボランティアの方の預かりワン。

持ち込みの方のワンコは、2週間前に埼玉から来てくださった方が関心を持っていたのですが、その日は決められずお帰りになったんです。でもその方はやっぱりその子が良かったようで、先週も来てくださったのですが、先週はその持込がなく、せっかく来て頂いたのにワンコがいない状態でした。持ち込みの方に連絡を取ったところ、今回は来て下さり、埼玉の方も三週連続ではるばる栃木まで来て下さり、やっとワンコに会うことが出来ました。通常でしたら開場では譲渡契約のみで、引渡しはこちらがご自宅にお届けするという形をとりますが、今回は特別に連れて帰って頂きました。三週間も来てくださったし、先週はせっかく来たのに会えなかったんですからね。こんな方ならきっと大切にしてくださいますねるんるん

その埼玉に行ったワンコの兄弟も、里親会場のご近所の方のお宅に貰われていきました。こちらと里親さんとの間で若干意見の相違はあったものの、なんとか話がついたようです。仔犬でも室内で飼う事は出来ないということと去勢手術をするしないの話だったようですが・・・。理解してもらうのもなかなか難しいです。まあ、里親会場からも丸見えのところですから、様子を見ることはいつでも出来ますしね。

それから、小山のボランティアさんのワンは、真っ黒で長毛で毛がクルクルとカールしている、ぬいぐるみのようなかわいい子でした。写真だとうまく取れないんだけど。顔も何も真っ黒に写っちゃう。家族みんなで見に来てくださったおうちに決まりました。ちょっと古風な髪型をしたお父さんが「あの黒い子かわいいなぁ」と何度も言っていました。黒いワンコはもう1匹の黒いワンコときょうだいでしたが、小さい子の方が決まりました。

20070304.JPG


結局、支部長宅の沢山のワンたちは減りませんでした。持込のワンのほうがちっちゃかったりするのもあるんでしょうね。どうしても小さい方がかわいいからそっちに目が行っちゃうんですよね。

この日は私のホームページを見てくださった方が沢山の毛布や布団を持ってきて下さいました。コンパクトな車車(セダン)で来られていたのに、中からどんどん毛布や布団がどんどん出てきて・・・うちのエクストレイルの荷台に乗り切らなくて、後部座席まで乗せて、リアガラスが覆われちゃうくらいでした。いったいあの車のどこにそんなに乗っていたんだexclamation&questionってかんじ。その方は「次は軽トラックで来ます」とおっしゃっていました。次はどれだけ持ってきてくださるんだろう・・・ちょっとびっくりです。

帰りにその沢山の救援物資を車に乗せて、支部長宅に寄りました。そこでスタッフみんなで話してた時に一つの疑問が出ました。それは、最近毎週来て下さるお手伝いらしき男の方のこと。この日も毛布運びを手伝ってくださいました。先週は迷子犬を保護した後、リードを持っててくれました。片付けもやってくれるし(大体は支部長が指示しているようですが)。あの人は名前はなんて人?って話になったとき、全員「さぁ〜?」って。どうやら、私のホームページを見てきてくださったようなのですが、誰も名前も把握していません。名前も知らないのに、どんどん使ってしまっています。

ひょっとしたらこのブログもご覧になっているのでしょうか。ごめんなさい、名前・・・教えてくださいねあせあせ(飛び散る汗)
ニックネーム Chirota at 23:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 里親会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする